Home > 弁護士・外国弁護士のご紹介 > 伊藤 見富法律事務所 > 尾花 眞理子 Mariko Obana

尾花 眞理子 Mariko Obana

伊藤 見富法律事務所のシニア・オブ・カウンセル。
一般企業法務に加え、国内外の銀行を代理してのファイナンスや投資を中心に、不動産ファイナンスおよび取得、リーシング、ライセンス契約、販売代理店契約、ジョイント・ベンチャーを取り扱う。

日本およびEU独占禁止法に関して幅広い知識を持ち、証券化に関して格付機関に対するアドバイスの提供、国際仲裁および日本企業の海外での訴訟を手掛けた経験も有する。

また、政府等の各種委員(再就職等監視委員会委員、官民競争入札等監理委員会委員、財務省行政事業レビュー外部有識者、財務省第3入札等監視委員会委員、日本貿易振興機構契約監視委員会委員、海上保安庁入札監視委員会委員、家事調停委員)に就任している。

第二東京弁護士会所属。

担当の業務分野

学歴

  • 1985年   早稲田大学法学部卒業
  • 1990年   最高裁判所司法研修所(第42期)修了
  • 1997年   ルーバン・カソリック大学ロースクールLL.M (European Law degreeを含む)を取得

page up