Home > 弁護士・外国弁護士のご紹介 > 伊藤 見富法律事務所 > 雨宮 慶 Kei Amemiya

雨宮 慶 Kei Amemiya

伊藤 見富法律事務所のパートナー。
独占禁止法(競争法)、不正競争防止法をはじめ商品販売・流通政策、ブランド・商標戦略、トレードシークレットなどの取引、紛争・訴訟、コンプライアンス、内部調査などを主に取り扱う。近時はデータの権利関係の管理・取引や製薬業界の事案にも注力している。

公正取引委員会が任期付任用制度の下で採用した初めての弁護士として、2001年から2004年まで同委員会において審査専門官として、独占禁止法違反事件や企業結合事案の審査・審判案件などに集中的に携わる。

弁護士復帰後も、International Competition Network (ICN、世界主要100カ国の政府競争当局間の組織)の非政府アドバイザー(Non Governmental Advisor)を務め、国際会議での発表や、カルテル審査や企業結合審査に関して企業の代理人の立場から当局への継続的なアドバイスを行っており、各国の競争当局の動向や実務にも通じている。

近時はビッグデータ、医療情報をはじめとするデータの取扱いや製薬業・再生医療に関する法律問題、内部調査などにも積極的に取り組んでいる。

東京弁護士会所属。ニューヨーク州弁護士登録。アメリカ法曹協会(ABA)、ニューヨーク州法曹協会(NYSBA)、国際法曹協会(IBA)会員。2013年から2016年まで司法試験考査委員(経済法)。

担当の業務分野

学歴

  • 1989年   中央大学法学部卒
  • 1993年   最高裁判所司法研修所(第45期) 修了
  • 1998年   ミシガン大学ロースクール LL.M.取得

page up