Home > 弁護士・外国弁護士のご紹介 > モリソン・フォースター > デール 荒木 Dale M. Araki

デール 荒木 Dale M. Araki

Aarki, Dale_16839_PPT J.jpg外国法事務弁護士(第二東京弁護士会外国特別会員 原資格国:アメリカ合衆国カリフォルニア州)。
東京オフィスのパートナー。
幅広い分野の国際商取引において、日本、米国の国際企業を代理。

日本、米国、その他アジア諸国で、M&A、企業および不動産の取得および投資、製造および技術に関するジョイントベンチャー、リストラクチャリング等の様々な案件で、世界各国の売主・買主双方の代理を務める。

Chambers Global およびChambers Asia 2012年版、The Legal 500 Asia-Pacific 2011/2012年版、International Financial Law Review (IFLR1000) 2012年版において、コーポレートおよびM&A部門で高い評価を得ている。

当事務所入所前は、オメルベニー・アンド・マイヤーズ法律事務所のパートナーとして米国西海岸の各オフィスと東京オフィスに勤務し、1994年から2002年まで東京オフィス代表を務めた。

1985年には慶應義塾大学の国際研究コースに留学した経験を持つ。日本語に堪能。

担当の業務分野

資格等

  • 米国カリフォルニア州弁護士
  • 第二東京弁護士会外国特別会員(原資格国:アメリカ合衆国カリフォルニア州)

学歴

  • 1982年 ハワイ大学 B.A. 取得
  • 1986年 ハーバード ロースクールJ.D.取得

page up