Home > 弁護士・外国弁護士のご紹介 > モリソン・フォースター > マイケル C. グラファーニャ Michael C. Graffagna

マイケル C. グラファーニャ Michael C. Graffagna

Graffagna, Michael_4082_PPT_J web.JPG外国法事務弁護士(第二東京弁護士会外国特別会員 原資格国:アメリカ合衆国ニューヨーク州)。
主な業務分野は、プロジェクト・ファイナンス関連業務。
モリソン・フォースターのプロジェクトファイナンス・開発グループの統括を務める。

原子力、ガス、地熱、石炭および水力による発電施設、採鉱プロジェクト、高速軽量鉄道、LNG再ガス化ターミナルおよび液化施設、ガス・石油パイプライン、油田、石油化学工場、水関連インフラストラクチャー、光ファイバー海底ケーブルプロジェクト、セルラーネットワーク、ならびに半導体製造施設等、多様なプロジェクトを数多く手掛けている。

東京での実務経験は非常に長く、実務レベルの日本語に堪能。

担当の業務分野

資格等

  • 米国ニューヨーク州弁護士
  • 米国カリフォルニア州弁護士
  • 第二東京弁護士会外国特別会員(原資格国:アメリカ合衆国ニューヨーク州)

学歴

  • 1984年 イリノイ州立大学B.A.(summa cum laude)取得
  • 1989年 ハーバード・ロースクールJ.D.(cum laude)取得

page up