イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > 2011年

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2011年アーカイブ

2011.12.22 規制当局、上院議員の意見に耳を傾ける : シーメンス幹部8名がFCPA違反により起訴
2011.12.20 虚偽の宣誓と証言がFCPA裁判における法人に対する初の陪審評決をくじく
2011.12.15 モリソン・フォースターはM&A AdvisorよりLaw Firm of the Yearを2年連続で受賞致しました
2011.12.05 入江 彬外国弁護士が入所
2011.11.30 The Legal 500 Asia-Pacificにおいて、高い評価を受けました
2011.11.07 【講演】トニー・グランディ外国法事務弁護士、ジョン・ムーア外国弁護士がIFLR Asia Capital Markets Forum 2011にて講演を行ないます 
2011.11.07 クロスボーダーM&A分野で著名なデール 荒木外国法事務弁護士がモリソン・フォースター東京オフィスに入所
2011.11.07 米国特許法改正案による特許訴訟への影響
2011.10.28 日米知財裁判カンファレンス(2011年10月26日、27日)において、モリソン・フォースターの外国弁護士がパネリスト等を務めました。
2011.10.24 FCPAおよび腐敗行為防止法に関する進展:2011年夏までの総括
2011.10.21 M&A Deal of the Year - モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所/伊藤 見富法律事務所が手掛けた案件がThe M&A Advisor 主催の第3回 Annual International M&A Summit & Awards Galaにおいて3部門で受賞
2011.10.21 IFLR1000: The Guide to the World's Leading Financial Law Firms (2012年度版)において、高い評価を受けました。
2011.10.18 【セミナー終了】インドにおける戦略的案件 - 成功のための基本事項および戦略 -
2011.10.17 【講演】 雨宮 慶 弁護士が、公益財団法人 公正取引協会主催の独占禁止法実務講座にて、「競争政策の国際的展開と企業活動の留意点」と題する講演を行います。
2011.10.17 【講演】 雨宮 慶 弁護士が日本弁理士会主催の研修会において講師を務めます。
2011.10.14 通信企業幹部、海外腐敗行為防止法(FCPA)違反で懲役4年 - 休眠会社の元幹部3名は今年中に判決言い渡し予定
2011.10.13 カリフォルニア州、SECが課す紛争鉱物報告義務の遵守を受託業者に義務付ける
2011.10.04 日刊工業新聞のクロスボーダーM&Aと企業結合審査見直しに関する記事に雨宮 慶 弁護士へのインタビューが掲載されました
2011.10.03 亀高 聡子弁護士が入所いたしました。
2011.10.03 日経産業新聞の米国における日本企業カルテルと外国人への制裁強化に関する記事に、雨宮 慶 弁護士のコメントが掲載されました。
2011.09.12 再生可能エネルギー特別措置法(日本版FIT(Feed-In Tariff)法)の概要
2011.09.12 【講演】 雨宮 慶 弁護士が、9月16日(金)開催のACA(Asia Competition Association)年次大会において、企業結合規制についてのパネルディスカッションのパネリストを務めます。
2011.08.31 東日本大震災への継続支援と節電について
2011.08.12 ディアジオ、SECと和解: FCPA執行の傾向と企業が直面する落し穴が明らかに
2011.08.11 中国、海外への贈賄を禁止
2011.08.01 スティーヴン・ウィーラー外国法事務弁護士が入所いたしました
2011.07.22 ニューヨークオフィス パートナーのマイケル・ブラウン外国弁護士の論文が「MARR」8月号に掲載されました
2011.07.20 ALB Japan Law Awards 2011 - モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所がEnergy & ResourcesとM&Aの2部門でDeal of the Yearを受賞
2011.07.19 モリソン・フォースター 香港オフィスにジョン・ムーア弁護士がパートナーとして入所。コーポレート・キャピタルマーケッツ分野を更に強化
2011.07.15 寺澤 幸裕弁護士が執筆した「映画制作に必要な各種契約」「プロダクションコスト」が、公益財団法人ユニジャパンのウェブサイトに掲載されました。
2011.07.11 ジョシュア・マクマリー外国弁護士が入所いたしました
2011.07.04 クリントン L. コナー 外国法事務弁護士がオブ・カウンセルとして入所いたしました
2011.06.23 事前相談制度の廃止を中心とする企業結合規制の見直し
2011.06.16 【セミナー終了】クロスボーダーM&A取引における競争法戦略
2011.06.13 米国証券取引委員会が議論の末、ドッド・フランク法の内部告発者プログラムに関する最終規則を発表
2011.06.09 FCPA アップデート: 米国司法省(DOJ)による「外国公務員」の拡大的な定義に対する新たな挑戦も失敗、しかしDOJの立証負担を明確化
2011.06.08 松村 佳奈 弁護士が執筆(共著)した「中国人留学生のインターンシップ・新卒採用時のチェックポイント」がビジネス法務に掲載されました。
2011.06.07 FCPA: 規制当局による「外国公務員」の定義拡大が非難の的に
2011.06.03 米国最高裁判所は高い基準を設定: 特許侵害の誘引の立証には認識または故意の無知を要する
2011.06.02 2011年度 伊藤 見富法律事務所の事務所説明会について
2011.05.18 Asia Tax Executive's Forum 2011において東京オフィスパートナーのエリック・ルース外国法事務弁護士が講演いたしました。
2011.05.17 【講演】 雨宮 慶弁護士が、公益財団法人 公正取引協会主催の独占禁止法入門講座にて、「私的独占」と題する講演を行います。
2011.05.16 海外腐敗行為防止法の遵守 「内部告発回避に向けて従業員の参加および協力を促進」
2011.05.10 東日本大震災支援のご報告
2011.04.28 セミナー終了: 東日本大震災から見たリスク管理と評価
2011.04.28 Chambers Asia Pacific Awards 2011 - モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所が、国際法律業務部門においてJapan Law Firm of the Yearを受賞
2011.04.15 2011年7月1日施行予定の英国贈収賄法 - 英国法務省が英国贈収賄法の適用に関する指針を発表 -
2011.04.07 IBM、長期間の汚職調査の和解金1千万ドルを支払う
2011.03.31 米国証券取引委員会カンファレンス(The SEC Speaks): 2011年は積極的に執行する機会が増大すると予想
2011.03.31 本格運用開始へのカウントダウン:www.saferproducts.gov
2011.03.31 消費者クラスアクションは欧州連合にやって来るか?
2011.03.30 【著作】 和田 正 弁護士が執筆に参加した「倒産事件処理マニュアル」が新日本法規より出版されました。
2011.03.29 東北地方太平洋沖地震の被害に対する支援について
2011.03.24 【著作】 雨宮 慶 弁護士が執筆に参加した「判例 米国・EU競争法」が出版されました。
2011.03.22 コンゴ民主共和国の紛争鉱物 「SEC新ルール案が日本の製造業に影響を与える」
2011.03.14 東北地方太平洋沖地震による災害お見舞いとお知らせ
2011.03.10 米国最高裁判所、特許侵害の誘引の意図に関する基準を判断する
2011.03.01 国際税務分野を強化 - エリック・ルース外国法事務弁護士と税理士チームがモリソン・フォースター東京オフィスに入所
2011.02.28 Chambers Asia Pacific Awards 2011 - モリソン・フォースターと伊藤 見富法律事務所が、国際および国内法律業務の両部門においてJapan Law Firm of the Yearにノミネートされました。
2011.02.24 セミナー終了: クロスボーダーM&A取引における米国での主要な規制問題
2011.02.22 クラウド(ネットワーク)におけるプライバシー: 個人情報をクラウドに移すための法的枠組
2011.02.22 CPSIAの最新の修正: CPSC鉛規制の一部に追加猶予を与える
2011.02.07 英国法務省、英国贈収賄法施行をさらに延期すると発表
2011.01.31 第8回バイオアジア国際パートナリングカンファレンス(The 8th Annual BIO Asia International Partnering Conference)において会議スポンサーとして参加、またNYオフィスパートナーのマイケル・ブラウン外国弁護士がパネリストとして講演いたしました。
2011.01.24 2010年:またもや記録的なFCPA執行の年‐「新時代」の到来を裏付ける
2011.01.24 蔵原 慎一朗弁護士、児玉 友輝弁護士、藤木 崇弁護士が入所。
2011.01.21 特許訴訟における損害賠償額専門家による実施料の決定にあたり「目安の25%ルール」の適用が不可能となる
2011.01.13 内田 光俊 弁護士、矢倉 千栄 弁護士がパートナーに就任
2011.01.13 Alcatel-Lucent、FCPA訴訟において「史上初」1億3700万ドルで和解

page up