イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Events

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2005. 10.06

【セミナー終了】 「独占禁止法セミナー 2005」開催(東京、大阪)

独占禁止法改正と各国の競争法の最新動向
-日本、米国、EUの法制度と判断基準を見据えたビジネス構築-
One World, Different Standards :
Recent Developments in Japanese, U.S. and European Competition Law

Tokyo : October 4, 2005 Tokyo Kaikan 9F Rose Room
東京:2005年10月4日 東京會舘 9階 ローズルーム

Osaka : October 6, 2005 The Ritz-Carlton Osaka, 2F The Grand Ball Room
大阪:2005年10月6日 リッツカールトン大阪 2階 ザ・グランド・ボールルーム


上記セミナーを10月4日(火)東京、10月6日(木)大阪にて各々開催させていただくことになりました。ご多忙中とは存じますが、ご参加いただきたくご案内申し上げます。

 独占禁止法(競争法)は来年の企業のビジネスにとって一つの鍵となるでしょう。
 公正取引委員会は来年から改正独禁法の下で極めて強力な調査権限と法執行力を付与されますが、この話題は世界有数のメディアでも取り上げられています。その一方で、国際的にビジネスを展開する企業は、他の重要な国の競争法の最新動向にも常に注意を払っていなければなりません。モリソン・フォースターの日米EUの独禁法弁護士が、自国の競争法の最新動向を解説するとともに、統一された企業の世界戦略にそれぞれの国や地域で異なる基準がどのように適用されるのかを議論します。

第一部
各国競争法の最新動向

第一部では、最初に伊藤 見富法律事務所の雨宮 慶弁護士が、改正独占禁止法を中心に日本の独禁法の最新動向についてお話しします。
 来るべき改正法の施行に備えて、企業は独禁法の何が変わり、それに対して企業が何を準備すべきかを知っておかねばなりません。そこで、雨宮弁護士が改正法の要点と企業の注意点を解説し、併せて、昨年公表された新しい企業結合ガイドラインに基づく公取委の企業結合審査の最近の動向を検討します。

次に、モリソン・フォースターの反トラスト法(独占禁止法)業務グループを共同統括するワシントンD.C.オフィスのスティーブン・スミス弁護士が、米国反トラスト法の最新動向をお話しします。
米国の競争当局の反トラスト法執行の最重要課題はやはりM&Aやジョイント・ベンチャー(保有割合を問いません)です。米国当局が詳細審査を行う場合、ほとんどの事案で事業の一部分割が求められます。しかし、最近になって当局は3つの大きな事件で敗訴しました。ここ数年の間に、数十億ドルに及ぶ様々な巨額取引について代理した経験をもつスミス弁護士が、これらの反トラスト法執行のトレンドがM&Aや戦略的提携を行う日本の企業にとってどのように影響するのかを解説します。
続いて、ロサンゼルスオフィスのキャサリン・オブライエン弁護士が反トラスト法と知的財産権がクロスオーバーする領域についてお話しします。

次にモリソン・フォースターのブリュッセルオフィスのロニーゲリッツ弁護士が、EU競争法についてお話しします。
 当初1960年に立法されたEC競争法はここ5年間でほとんど全て改正されました。新法は契約の文言よりも経済的効果を重視します。唯一残されたパズルのピースはEC条約(ローマ条約)82条ですが、それもあと数ヶ月で改正されます。
 また、EC競争法の「連邦化」に伴って、25のEC加盟国はEC条約81条を適用する権限が与えられましたが、それに伴っていくつもの新たな論点が生じてきました。そのうちの一つがリーニエンシーの申請です。
 そこで、ゲリッツ弁護士はEC条約82条及びEUと加盟国のリーニエンシー制度の違いを中心にEU競争法の最新動向を解説します。

第二部
パネルディスカッション

第二部では、実際に起こった事件をもとに仮想の事例を作成し、市場における有力な企業がその競争業者の取引に影響を与える新しい販売政策を計画した場合、日本、米国、EUの競争法の下でそれがどのように取り扱われるのかを、パネルディスカッション形式で検討します。自国の競争法を熟知した弁護士が、それぞれの制度の異同を比較検討します。

当日は、講演後に質疑応答の時間を設け、セミナー終了後にはレセプションを予定しております。セミナーの参加費は無料で、日英の同時通訳をご用意いたします。ご参加ご希望の方は、e-mail( tkseminar@mofo.com )にて2005年9月30日(金)までにお申し込み下さい。
貴殿の他にも当セミナーにご興味をお持ちの方々がいらっしゃる場合は本招待状をご回覧いただければ幸いです。席には限りがありますのでお早めにお申し込み下さい。


We are pleased to invite you to our seminar addressing recent developments in Japanese, U.S., and European Competition Law.

The Anti Monopoly Act (the "AMA"), or competition law, will be a key consideration for Japanese business next year, as it will significantly expand the antitrust investigation and enforcement authority of the Japan Fair Trade Commission. Those companies doing multinational business should also keep abreast, however, of the latest developments in antitrust law in other key jurisdictions to successfully achieve their business goals. Prominent antitrust lawyers of Morrison & Foerster LLP in each of Japan, US and EU will make presentations on the most recent developments in antitrust law in their respective jurisdictions and will also address how these jurisdictions may apply different standards in assessing the lawfulness of a company's unified global business strategy.

PART I
RECENT DEVELOPMENT IN EACH JURISDICTION

Kei Amemiya, Ito & Mitomi / Morrison & Foerster Tokyo Office will address the new Anti Monopoly Act, which will come into force next year. Mr. Amemiya will discuss what companies need to know about changes in the AMA and how those changes may affect their business. Mr. Amemiya, a leading antitrust attorney in Japan, will present a roadmap to help companies avoid pitfalls under the new AMA. He will also discuss JFTC's merger review enforcement trends since it published new merger review guidelines last year.

W. Stephen Smith, co-chair of the firm's Antitrust Practice Group will address recent developments in U.S. antitrust law.
Antitrust issues arising from mergers, acquisitions and joint ventures - including acquisitions of non-controlling interests - remain at the top of the U.S. antitrust agencies' enforcement agenda. The U.S. agencies continue to seek divestitures in most transactions that are subject to detailed investigations. Recently, however, the U.S. agencies have lost three major merger cases in court. Mr. Smith, who has represented parties in several multi-billion dollar transactions in the last few years, will discuss what these enforcement trends mean for Japanese companies involved in mergers, acquisitions or strategic alliances.
Kathyleen O'Brien, a leading antitrust litigator in Morrison & Foerster's Los Angeles Office will discuss Litigating in the Intersection of Antitrust and Intellectual Property Rights.

Rony Gerrits, a well-known competition law expert in Morrison & Foerster's Brussels Office, will address recent developments in EU competition law, with special emphasis on Article 82 EC Treaty and leniency applications under EC Competition Law.
EC competition law, originally enacted in the 1960s, has been completely reformulated during the past five years. A new set of rules has been adopted, which focus on the economic effects of an agreement, rather than singling out specific contractual provisions. The only piece of the puzzle that is missing is the modernization of Article 82 EC Treaty, which is expected to be modified in the coming months. Also following the federalization of EC competition law, the 25 Member States obtained the power to apply Article 81 EC Treaty. This raises a number of novel questions, particularly in the context of leniency applications. This presentation will focus on the differences between the EU and Member State leniency programs, and how this impacts on a company's decision whether or not to cooperate.

PART II
PANEL DISCUSSION

The panel will explore a hypothetical case based on actual cases in Japan, US and EU in which an influential company with market power tries to set up a new business structure that will impact its major competitors' ability to deal with customers. The panelists will have an active discussion of how each jurisdiction would treat this business structure under its antitrust laws and how the company can implement a unified global strategy.

To make a reservation to attend the seminar, please send us an e-mail by September 30 to tkseminar@mofo.com . If you believe that someone else in your company would like to attend the seminar, please pass this invitation along to that person. Space is limited, so please reserve your space early. We look forward to seeing you in the seminar.


< Program プログラム >
Program/Agenda

1:30 - 1:40
ご挨拶
Welcome and Introduction

1:40 - 2:20
2006年独占禁止法はこう変わる
Trend of Anti Monopoly Act enforcement in 2006
●2005年改正独占禁止法-企業は何を知っておくべきか
2005 Amendments to the Anti-Monopoly Act - What Businesses Should Know

●公正取引委員会の合併審査の最近の傾向
Recent Trends in JFTC's Merger Review

雨宮 慶 伊藤 見富法律事務所 / モリソン・フォースター 東京オフィス
Kei Amemiya, Ito & Mitomi / Morrison & Foerster Tokyo Office


2:20 - 3:00
米国法の最近の動向
Recent Developments in U.S. 

●当局の合併、ジョイント・ベンチャー、戦略的提携の審査
Agency Review of Merger, Joint Ventures and Strategic Alliances

W.スティーブン・スミス モリソン・フォースター ワシントンD.C.オフィス
W. Stephen Smith, Morrison & Foerster Washington D.C. Office

●クロスオーバーする反トラスト法と知的財産権
Litigating in the Intersection of Antitrust and Intellectual Property Rights

キャサリン・オブライエン モリソン・フォースター ロサンゼルスオフィス
Kathyleen O'Brien , Morrison & Foerster Los Angeles Office


3:00 - 3:40
EUの最近の動向
Recent Developments in European Union 

●支配的地位の濫用(EC条約82条) - 吼えなかった番犬
Article 82 Abuse of Dominance - The Dog That Didn't Bark

●リーニエンシーの申請 - EUと各国の制度の狭間で
Leniency Applications - Between a Rock and a Hard Place

ロニー P. ゲリッツ モリソン・フォースター ブリュッセルオフィスRony P. Gerrits,Morrison & Foerster Brussels Office


3:40 - 4:00
***休憩  BREAK ***


4:00 - 5:00
ケーススタディ: 競争者を排除する行為は日米EUそれぞれの競争法上どのように扱われるか
Case Study: Multi-Jurisdictional Analysis of Exclusionary Practices


雨宮 慶 伊藤 見富法律事務所 / モリソン・フォースター 東京オフィス
Kei Amemiya:Ito & Mitomi / Morrison & Foerster Tokyo Office

ロニー P. ゲリッツ モリソン・フォースター ブリュッセルオフィス
Rony P. Gerrits, Morrison & Foerster Brussels Office

W.スティーブン・スミス モリソン・フォースター ワシントンD.C.オフィス
W. Stephen Smith: Morrison & Foerster Washington D.C. Office

キャサリン・オブライエン モリソン・フォースター ロサンゼルスオフィス
Kathyleen O'Brien , Morrison & Foerster Los Angeles Office

 

5:00 - 5:10
質疑応答   Question and Answer Session


5:10 - 6:00
レセプション Reception


*****
Morrison & Foerster LLP (provider # 2183) certifies that this activity has been approved for MCLE credit by the State Bar of California in the amount of 3.0 hours

 

東京會舘 9階 ローズルーム
Tokyo Kaikan 9F Rose Room

http://www.kaikan.co.jp/

tokyokaikan.gif

 

リッツカールトン大阪 2階 ザ・グランド・ボールルーム
Ritz-Carlton Osaka 2F The Grand Ball Room

http://www.ritz-carlton.co.jp/

ritz.jpg

 

page up