イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Events

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2004. 11.18

【セミナー終了】 米国企業改革法(2002年サーベンス・オクスレー法)セミナー開催のご案内

「米国企業改革法(2002年サーベンス・オクスレー法)
-その最新動向と日本企業にとっての留意点-」

The Sarbanes-Oxley Act of 2002:
Key Considerations for Japanese Companies

November 18, 2004, Palace Hotel, Tokyo/2004年11月18日 パレスホテル(東京)


セミナー開催のご案内
拝啓 秋晴の候、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、当事務所主催のセミナー「米国企業改革法(2002年サーベンス・オクスレー法)-その最新動向と日本企業への影響-」を11月18日(木)午後2時よりパレスホテルにて開催させていただくことになりました。本セミナーでは、2年前に成立した同法に関する主な動き、またそれが日本企業に及ぼす影響をテーマとして取り上げます。本セミナーへのご参加は無料で、当日は英日の同時通訳をご用意致します。ご多忙中とは存じますが、奮ってご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

2002年7月に施行された同法は、この60年余りの間に米国で行われた最も重要な連邦証券法改革であったと言えます。同法の成立から2年を経て、その間の観察と経験に基づき、同法および米国証券取引委員会(SEC)の関連規則の中でも特に重要ないくつかの側面に焦点を当て、これらが日本企業に及ぼす影響について説明致します。

最初に、当事務所のコーポレート部門共同代表を務めるサンフランシスコ・オフィスのロバート・タウンゼンドから、同法および関連規則に関わる過去2年間の主な動きを要約した上で、米国企業および米国上場の外国企業がどのようにこれらの変化に対応しているかについてお話します。

次に、当事務所の東京オフィスで訴訟部門を統括するA. C. ジョンストンが、企業内部調査、SECによる調査と執行措置および米国司法省による刑事訴追などにおける同法の影響について訴訟弁護士の観点から論じます。

最後に、パネル・ディスカッションを行います。伊藤 見富法律事務所のマネージング・パートナーである見富冬男が座長を務め、東京オフィスのコーポレート・パートナーである渡邉嗣道とスタン・ユコヴィッチがパネリストとして参加します。パネルディスカッションは主に日本語で行い、同法および関連規則に関わる動きのなかでも、米国に上場し同法を遵守しなければならない日本企業、同法の制約を受ける米国企業と活発に取引を行う日本企業など、特に日本企業への影響について討議します。

セミナーの参加費は無料で、日英の同時通訳をご用意いたします。ご参加ご希望の方は、e-mail(tkseminar@mofo.com)にて11月11日(木)までにお申し込み下さい。
貴殿の他にも当セミナーにご興味をお持ちの方々がいらっしゃる場合は本招待状をご回覧いただければ幸いです。席には限りがありますのでお早めにお申し込み下さい。皆様方のご参加をお待ちしております。

敬具

モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所
マネージング・パートナー
ケン・シーゲル


Dear Clients and Friends:

We are pleased to invite you to our seminar addressing key developments relating to the Sarbanes-Oxley Act of 2002 since its passage two years ago, and in particular how those developments impact Japanese companies. We will hold the seminar on Thursday, November 18 at the Palace Hotel Tokyo. The seminar will be free of charge, and simultaneous translation from English to Japanese will be provided. 

The passage of the Act in July 2002 represented the most significant reform of the U.S. federal securities laws in over 60 years. In our seminar - with the perspective of two years of observation and experience since the passage of the Act - we will discuss some of the most important aspects of the Act and the SEC’s related rules, and their impact on Japanese companies.

Rob Townsend, the co-chair of our firm’s corporate department and based in our San Francisco office, will give an overview of key developments under the Act and the related rules during the last two years, and will discuss how U.S. and foreign companies that are listed in the U.S. are coping with these developments.

A. C. Johnston, the head of the litigation practice in our Tokyo office, will discuss the impact of the Act from a litigator’s perspective - including developments affecting internal investigations, SEC investigations and enforcement actions and criminal prosecutions by the U.S. Department of Justice.

The final segment of the seminar will be a panel discussion chaired by Fuyuo Mitomi, the managing partner of Ito & Mitomi, and joined by Tsugumichi Watanabe and Stan Yukevich, corporate partners in our Tokyo office. The panel will discuss developments under the Act and the related rules that particularly impact Japanese companies, including companies that are listed in the U.S and thus must comply with the Act, and companies that deal actively with U.S. companies that are subject to the Act’s requirements. The panel discussion will be conducted primarily in Japanese.

To make a reservation to attend the seminar, please send us an e-mail by November 11 at tkseminar@mofo.com. If you believe that someone else in your company might wish to attend the seminar, please pass this invitation along to that person. Space is limited, so please reserve your space early. We look forward to seeing you on November 18 for the seminar.   

Sincerely,

Ken Siegel
Managing Partner
Morrison & Foerster, Tokyo 

 

<Program プログラム>
November 18, 2004, Palace Hotel, Tokyo/2004年11月18日 パレスホテル(東京)

2:00 - 2:10 p.m. 
ご挨拶  Welcome and Introduction 

ケン・シーゲル
モリソン・フォースター 東京オフィス マネージング・パートナー

Kenneth A. Siegel, Managing Partner, Morrison & Foerster LLP (Tokyo)

2:10 - 3:00 p.m.   
米国企業改革法の最新情報-主な動きと重要分野

Sarbanes-Oxley Update: Key Developments and Areas of Focus

ロバ-ト・タウンゼンド
モリソン・フォースター サンフランシスコ・オフィス パートナー

Robert Townsend, Partner, Morrison & Foerster LLP (San Francisco)


3:00 - 3:50 p.m.  
米国企業改革法-企業内部調査と米国証券法執行手続の動向

Sarbanes-Oxley Act: Developments in Internal Corporate
Investigations and U.S. Securities Enforcement Proceedings

アラン・コープ・ジョンストン
モリソン・フォースター 東京オフィス パートナー

A.C. Johnston, Partner, Morrison & Foerster LLP (Tokyo)

3:50 - 4:10 p.m.    休憩   Break

4:10 - 5:00 p.m.
米国企業改革法に関するパネルディスカッション-日本企業にとっての重要課題と懸念事項

Sarbanes-Oxley Panel Discussion: Key Issues and Concerns for Japanese Companies

見富 冬男 伊藤 見富法律事務所 マネージング・パートナー
渡邉 嗣道 スタン・ユコヴィッチ
モリソン・フォースター 東京オフィス パートナー

Fuyuo Mitomi, Managing Partner, Ito & Mitomi
Tsugumichi Watanabe and Stan Yukevich, Partners, Morrison & Foerster LLP (Tokyo)

5:00 - 6:30 p.m.   レセプション Reception

*****

Morrison & Foerster LLP (provider # 2183) certifies that this activity has been approved for MCLE credit by the State Bar of California in the amount of 2.5 hours.Morrison & Foerster LLP has been certified by the New York State Continuing Legal Education Board as an Accredited Provider of continuing legal education in the State of New York [8/20/2004 - 8/19/2007]. This transitional continuing legal education course has been approved in accordance with the requirements of the Continuing Legal Education Board for a maximum of 3.0 credit hours.


東京パレスホテル ローズールーム(2階)
place_map_j.gif



Palace Hotel Rose Room (2F)

palace_map_e.gif

http://www.palacehotel.co.jp/access/
http://www.palacehotel.co.jp/english/access/access.html

We place strict control on the use of your personal information. We will only use such personal information internally (including our overseas offices) and we will not disclose such personal information to third parties unless we obtain your prior consent or we are required to do so under exceptional circumstances, such as in accordance with applicable law.

 

 

page up