イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Events

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2006. 11.20

【セミナー終了】 「シンポジウム2006 ~アメリカ知財法の最新動向を探る~」(主催:PRIP Tokyo 協賛:モリソン・フォースター)

2006年10月

各位

PRIP Tokyo
(特定非営利活動法人 知的財産研究推進機構)
理事長 安念 潤司


シンポジウム2006 ~アメリカ知財法の最新動向を探る~

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
このたび、PRIP Tokyo(特定非営利活動法人 知的財産研究推進機構)は、知的財産分野に携わる多くの方々のために、シンポジウムを開催させていただきます。
主なスピーカーとして、米国連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)のランドール・R・レーダー裁判官、ジョージ・ワシントン大学ロー・スクールのマーティン・J・エーデルマン教授にお越しいただくほか、さらに、ビジネス法分野で国際的に極めて著名な法律事務所であるモリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所のご協力を得て、マックス・オルソン弁護士(東京オフォス)、W.スティーブン・スミス弁護士(ワシントンD.C.オフィス)をお迎えすることができました。
第一セッションでは、「アメリカ特許法の最新動向」と題しまして、グローバル化する世界経済の中で特許権の効力をどのように考えるべきか、レーダー裁判官とオルソン弁護士を中心にご講演とパネル・ディスカッションを予定しております。第二セッションでは、「特許法と独禁法の交錯点」と題しまして、ときに相反する方向で作用する二つの法領域の相互関係につき、エーデルマン教授とスミス弁護士を中心に、やはりご講演とパネル・ディスカッションを予定しております。また二つのセッションの後には、ご参加の皆様とフランクなQ&Aを交わす時間も設けさせていただいております。
ご高承の通り、この一年だけでも、特許法については数々の判例がアメリカでは出ております。それらの意義を知るためには、実務界と学界から最高水準の頭脳を招いた絶好の機会と自負しております。ご多忙とは存じますが、ご参加をお待ち申し上げております。
つきましては、Eメールに必要事項をご明記の上tkseminar@mofo.comに2006年11月16日までにお申し込み下さいますようお願い申し上げます。
敬具

- 記 -

主  催 : 特定非営利活動法人 知的財産研究推進機構
日  時 : 2006年11月20日(月) 13:00-17:30
会  場 : 東京會舘 12階 ロイヤルルーム
参加費 : 無料
参加申込 : 氏名・会社名・所属・Eメールアドレスを明記しEメールで tkseminar@mofo.com 宛てに2006年11月16日までご送付ください

以上


Symposium 2006
"Recent Trends in U.S. Intellectual Property Law"

October 2006

Dear Sirs:

PRIP Tokyo (a non-profit organization for the Promotion of Research on Intellectual Property) is pleased to announce that it will be holding a symposium for persons involved in the field of intellectual property.
The main speakers at the symposium will be Judge Randall R. Radar (Circuit Judge on the United States Court of Appeals for the Federal Circuit) and Martin J. Adelman (Professor of Law, George Washington University Law School). In addition, through the cooperation of Morrison & Foerster LLP, a prominent international law firm, we are delighted to have Mr. A. Max Olson (Tokyo Office) and Mr. W. Stephen Smith (Washington, D.C. Office) as speakers.
In the first session of the program, entitled "Recent Developments in U.S. Patent Law", Judge Radar and Mr. Olson will discuss the effectiveness of patent rights in the global economy. In the second session, entitled "Intersection of Patent Law and Antitrust Law", Professor Adelman and Mr. Smith will discuss how principles developed in the fields of patent and antitrust law can sometimes work at cross-purposes. Each session will be followed by a panel discussion. After the second panel discussion there will be an informal Q&A session.
As you are, no doubt, aware, numerous decisions relating to intellectual property law have been rendered by the U.S. courts during the past year. We believe that this symposium, offering the views of intellectual property experts from both business and academia, is an excellent opportunity to gain insight into these recent judicial developments.

To register, please send an e-mail to tkseminar@mofo.com. The deadline is November 16, 2006

With best regards

Junji Annen
Chief Executive Director
PRIP Tokyo (NPO for the Promotion of Research on IP)

Organized by PRIP Tokyo
Date and Time: November 20, 2006 13:00-17:30
Place: Tokyo Kaikan 12F, Royal Room
Attendance Fee: Free
To register, please send an email with your name, company name, department and contact email by November 16, 2006, to: tksemiar@mofo.com.

- プログラム / Program -

1:00 - 1:30
オープニングスピーチ Opening Speech
荒井 寿光 内閣官房知的財産戦略推進事務局長
Mr. Hisamitsu Arai, Secretariat of IP Strategy Headquarters

1:30 - 3:00
セッション 1. アメリカ特許法における最新動向
Session 1. Recent Developments in U.S. Patent Law:

[プレゼンテーション/Presentation]
ランドール R. レーダー 米国連邦巡回区控訴裁判所判事
Hon. Randall R. Rader, Circuit Judge on the United States Court of Appeals for the Federal Circuit

マックス・オルソン モリソン・フォースター(東京オフィス) 米国弁護士
Mr. A. Max Olson, Morrison & Foerster (Tokyo Office)

[パネルディスカッション/Panel Discussion]
パネリスト/Panelists
ランドール R. レーダー判事
Hon. Randall R. Rader

マックス・オルソン弁護士
Mr. A. Max Olson

マーティン J. エーデルマン ジョージワシントン大学ロースクール教授
Prof. Martin J. Adelman, The George Washington University Law School

玉井 克哉 東京大学教授
Prof. Katsuya Tamai, University of Tokyo

Moderator / モデレーター
安念 潤司 成蹊大学教授 / NPO法人 知的財産研究推進機構 理事長
Prof. Junji Annen, Seikei University / Chief Executive Director, PRIP Tokyo

3:00 - 3:20
Coffee Break 休憩

3:20 - 4:50
セッション 2. 特許法と独占禁止法の交差点
Session 2. Intersection of Patent Law and Antitrust Law

[プレゼンテーション/Presentation]
マーティン J. エーデルマン ジョージワシントン大学ロースクール教授
Prof. Martin J. Adelman, The George Washington University Law School

W. スティーブン・スミス モリソン・フォースター(ワシントンD.C.オフィス) 米国弁護士
Mr. W. Stephen Smith, Morrison & Foerster (Washington D.C. Office)


[パネルディスカッション/Panel Discussion]
パネリスト/Panelists
マーティン J. エーデルマン教授
Prof. Martin J. Adelman

W. スティーブン・スミス弁護士
Mr. W. Stephen Smith

ランドール R. レーダー判事
Hon. Randall R. Rader

安念 潤司教授
Prof. Junji Annen

モデレーター/Moderator
玉井 克哉教授
Prof. Katsuya Tamai

4:50 - 5:30
質疑応答 Informal Question and Answer Session
Drinks & light snacks will be served.


講師紹介 / Speakers 

Randall.jpgランドール R. レイダー
 連邦巡回裁判所の合衆国控訴裁判所の判事。1974年ブリンガム・ヤング大学よりB.A.を、1978年ジョージ・ワシントン大学よりJ.D.を取得。1988年レーガン大統領の任命により合衆国請求裁判所、1990年ジョージ・ブッシュ大統領より合衆国連邦巡回控訴裁判所の判事に任命される。上訴裁判所で判事を務める傍ら、教育者としても積極的に活動。バージニア大学スクール オブ ロー、ワシントンD.C.のジョージタウン大学ローセンター、ジョージ・ワシントン大学ロー スクールにて特許法ならびに知的財産の上級コースで教鞭を執る。
Randall R. Rader, is a Circuit Judge on the United States Court of Appeals for the Federal Circuit. He obtained a B.A. in English from Brigham Young University in 1974 and a J.D. from George Washington University in 1978. President Ronald Reagan appointed him to the United States Claims Court in 1988. President George Bush nominated Judge Rader to the Court of Appeals for the Federal Circuit in 1990. Judge Rader is also an educator and now teaches several clases including Trial Advocacy at The George Washington University Law Shool.
 

 

Martin.jpgマーティン J. エーデルマン
ジョージ・ワシントン大学ロースクールの知的財産およびテクノロジー法の教授、知的財産法プログラムの共同ディレクタ、ジョージ・ワシントン大学の知的財産研究所Dean Dinwoodeyセンターの共同ディレクタ。1999年 ジョージ・ワシントン大学法学部での教授職以前は、1973年よりウェイン州立大学の知的財産および反トラスト法専門の教授。また、それ以前の数年間はデトロイト地区において特許法弁護士を努める。現在は特許法分野における教職と専門研究を中心に活動。
Martin J. Adelman is the Theodore and James Pedas Family Professor of Intellectual Property and Technology Law; Co-Director of the Intellectual Property Law Program; Co-Director of the Dean Dinwoodey Center for Intellectual Property Studies at The George Washington University Law School. Earlier, Professor Adelman had been a professor of law at Wayne State University Law School, and participated as a patent attorney in the Detroit area. The current focus of his teaching is in the field of patent law.

A.Max.jpgマックス・オルソン
 知的財産グループ所属。1981年ハーバード大学でB.A.及びM.A.を同時に準最優等で取得。1986年ミシガン大学でJ.D.を優等で取得。Cravath, Swaine & Moore法律事務所を経て1991年に当事務所に入所、1995年パートナーとなる。特許訴訟、敵対的特許ライセンス交渉および国際仲裁を特に専門としながら、あらゆる紛争解決を手掛ける。
A. Max Olson is a member of the Intellectual Property Group at Morrison & Foerster LLP. He received his Master of Arts and Bachelor of Arts, magna cum laude, simultaneously from Harvard University in 1981 and his J.D., cum laude, in 1986 from the University of Michigan. Mr. Olson was an associate at Cravath, Swaine & Moore before joining the firm in 1991. He became a partner in the firm in 1995. Mr. Olson's practice includes all aspects of dispute resolution, with special emphasis on patent litigation, adversarial patent license negotiations, and international arbitration.

 

W.Stephen.jpg

W.スティーブン・スミス
 当事務所の反トラスト法(独占禁止法)、競争法業務グループを共同統括。企業の合併・買収、合弁事業、ライセンス交渉、販売契約といった案件を中心に、連邦・州の規制当局との折衝における代理、助言および訴訟業務を手掛ける。1978年ノースウェスタン大学卒業(B.A.取得)。1979年ノースウェスタン大学経営大学院卒業(M.B.A.取得)。1983年シカゴ大学ロースクールを卒業し、J.D.を取得。同年モリソン・フォースターに入所。1990年1月にパートナーとなる。
W. Stephen Smoth is co-chair of the firm's Antitrust and Competition Law Practice Group. His practice includes representation of parties before federal and state antitrust enforcement agencies, counseling, and litigation, with emphasis on mergers and acquisitions, joint ventures, licensing and distribution arrangements. Mr. Smith received his B.A. degree from Northwestern University in 1978, his M.B.A. from the Northwestern University Graduate School of Management in 1979, and his J.D. from the University of Chicago Law School in 1983. He associated with Morrison & Foerster in 1983, and became a partner in January 1990.

<会場へのアクセス / Access>
東京會舘
Tokyo Kaikan

tokyokaikan.gif
【JR】
JR東京駅 丸の内南口より徒歩10分
JR有楽町駅 国際フォーラム側口より徒歩5分

【地下鉄】
千代田線 二重橋前駅
有楽町線 有楽町駅
日比谷線、三田線 日比谷駅 B4出口

From JR Tokyo Station:
Take the Marunoichi South Exit
Subways:
Chiyoda Line - Nijubashimae Station
Mita Line - Hibiya Station
Yurakucho Line - Yurakucho Station
Exit B4 is the most convenient exit for all subways.

 

page up