イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Events

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2007. 11.19

【セミナー終了】 「シンポジウム2007 ~アメリカ知的財産法の新たな展開~」(主催:PRIP Tokyo 協賛:モリソン・フォースター)

2007年10月

各位

PRIP Tokyo (特定非営利活動法人 知的財産研究推進機構)
理事長 安念 潤司

シンポジウム 2007 ~アメリカ知的財産法の新たな展開~

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
このたび、PRIP Tokyo(特定非営利活動法人 知的財産研究推進機構)は、知的財産分野に携わる多くの方々のために、シンポジウムを開催いたします。

主なスピーカーとして、米国連邦巡回区控訴裁判所(「CAFC」)のランドール・レーダー判事、ジョージ・ワシントン大学ロースクールのマーティン・エーデルマン教授にお越しいただくほか、ビジネス法分野で国際的に極めて著名な法律事務所であるモリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所(外国法共同事業 伊藤 見富法律事務所)のご協力を得て、マックス・オルソン弁護士(東京オフィス)、チャールズ・バーキスト弁護士(ロサンゼルスオフィス)、および雨宮慶弁護士(伊藤 見富法律事務所)をお迎えすることができました。

本年も、アメリカでは、合衆国最高裁判所とCAFCにおいて、いくつもの重要な判決が出されました。それを踏まえ、第一セッションでは、「アメリカ特許法の新たな相貌」と題しまして、自明性に関する最近の最高裁判決(KSR v. Teleflex事件)、および故意侵害に関するCAFC判決(In re Seagate Technology事件)についての考察と、これらの判決が特許訴訟に与える影響を中心に、最近の米国における特許法の動向について、レーダー判事、オルソン弁護士およびバーキスト弁護士に講演していただきました後、パネル・ディスカッションを予定しています。
また、第二セッションでは、「独禁法/日米欧における新たな動き」と題しまして、最低再販売価格に関する米国最高裁判決(Leegin Creative Leather Products v. PSKS)を始めとする日米欧における最近の独禁法に関する動向とその影響について、エーデルマン教授と雨宮弁護士に講演していただきました後、パネル・ディスカッションを予定しています。そして、二つのセッション終了後には、ご参加の皆様との質疑応答の時間を設けさせていただいております。

知的財産権をめぐる判例が作り上げつつある大きな動きを理解し、その意義を知るには、実務界と学界から最高水準の講演者を招いた絶好の機会と自負しております。ご多忙とは存じますが、ご参加をお待ち申し上げております。
つきましては、Eメールに必要事項をご明記の上 tkseminar@mofo.com に2007年11月12日(月)までにお申し込み下さいますようお願い申し上げます。

敬具

- 記 -

主催: 特定非営利活動法人 知的財産研究推進機構 (NPO PRIP Tokyo)
日時: 2007年11月19日(月)13:30~18:00
会場: 帝国ホテル「光の間」 (同時通訳付)
参加費: 無料
参加申込:貴社名・御所属・御氏名・メールアドレスを明記し Eメールで tkseminar@mofo.com宛に2007年11月12日(月)まで御送付ください。

- プログラム -

13:30 - 13:40
オープニングスピーチ
安念潤司 NPO法人知的財産研究推進機構 理事長/成蹊大学教授

セッション 1. アメリカ特許法の新たな相貌

13:40 - 14:20
KSR v. Teleflex事件判決以降の自明性判断 ~CAFCによるその後の判例を踏まえて~
ランドール・R・レーダー 米国連邦巡回区控訴裁判所判事

14:20 - 14:40
故意侵害行為について ~In re Seagate Technology事件判決の結果をうけて~
マックス・オルソン モリソン・フォースター(東京オフィス) 米国弁護士

14:40 - 15:00
KSR事件およびSeagate事件判決が特許訴訟におよぼす影響について
~Forgent v. Echostar (E.D. Texas 2007)事件における無効性判断に関する評決の事例解説~
チャールズ・バーキスト モリソン・フォースター(ロサンゼルスオフィス) 米国弁護士

15:00 - 15:40
パネルディスカッション
【パネリスト】
・ランドール・レーダー判事
・マックス・オルソン弁護士
・チャールズ・バーキスト弁護士
【モデレーター】
・玉井克哉 NPO法人 知的財産研究推進機構 理事/東京大学教授

15:40 - 16:00
休憩

セッション 2. 独禁法/日米欧における新たな動き

16:00 - 16:30
Leegin事件判決が最低再販売価格にもたらした影響と、独占禁止法をめぐるその他の主要問題
マーティン J. エーデルマン ジョージワシントン大学ロースクール教授

16:30 - 16:50
最近の独禁法における動向が日本企業に与える影響
雨宮 慶 伊藤 見富法律事務所 弁護士

16:50 - 17:30
パネルディスカッション
【パネリスト】
・マーティン J. エーデルマン教授
・雨宮 慶弁護士
【モデレーター】
・安念潤司 NPO法人 知的財産研究推進機構 理事長/成蹊大学教授

17:30 - 18:00
質疑応答


Symposium 2007
"New Developments in U.S. Intellectual Property Law"

October 2007

Dear Sirs and Madams:
PRIP Tokyo (a non-profit organization for the Promotion of Research on Intellectual Property) is pleased to announce that it will be holding a symposium for persons involved in the field of intellectual property.

The main speakers at the symposium will be Judge Randall R. Radar (Circuit Judge on the United States Court of Appeals for the Federal Circuit) and Martin J. Adelman (Professor of Law, The George Washington University Law School). In addition, through the cooperation of Morrison & Foerster LLP, a prominent international law firm, we are delighted to have Mr. A. Max Olson (Tokyo Office), Mr. Charles Barquist (Los Angeles Office) and Mr. Kei Amemiya (Ito & Mitomi, Registered Associated Office of Morrison & Foerster) as speakers.

In the first session of the program, entitled "Recent Developments in U.S. Patent Law," Judge Radar, Messrs. Olson and Barquist will discuss various key developments, including the U.S. Supreme Court's decision on obviousness (KSR v. Teleflex), recent decision by the CAFC on willful infringement (In re Seagate Technology) and the impact of these decisions have had on trial of patent cases. In the second session, entitled "Recent Developments in U.S. Antitrust Law and Interplay with Japanese and European Laws," Professor Adelman and Mr. Amemiya will discuss recent key developments in U.S. antitrust law such as the U.S. Supreme Court's decision on minimum resale price maintenance (Leegin Creative Leather Products v. PSKS) and impact of these developments on Japanese businesses. Each session will be followed by a panel discussion. After the second panel discussion, there will be an informal Q&A session.

As you are, no doubt, aware, numerous decisions relating to intellectual property law have been rendered by the U.S. courts during the past year. We believe that this symposium, offering the views of intellectual property experts from business and academia, is an excellent opportunity to gain insight into these recent key developments in intellectual property.
To register, please send an e-mail to tkseminar@mofo.com. The deadline is November 12, 2007.

With best regards,

Junji Annen
Chief Executive Director PRIP Tokyo (NPO for the Promotion of Research on IP)

Organized by PRIP Tokyo
Date and Time: November 19, 2007 13:30 - 18:00
Place: Imperial Hotel, Hikari Room
Attendance Fee: Free

To register, please send an email with your name, company name, department and contact email by November 12, 2007 to: tkseminar@mofo.com 

- Program -

13:30 - 13:40
Opening Speech
Prof. Junji Annen, Seikei University / Chief Executive Director, PRIP

Session 1. Changing Landscape in U.S. Patent Law

13:40 - 14:20
Obviousness After KSR v. Teleflex
Hon. Randall R. Rader, Circuit Judge on the United States Court of Appeals for the Federal Circuit

14:20 - 14:40
Willful Infringement After In re Seagate Technology
Mr. A. Max Olson, Morrison & Foerster (Tokyo Office)

14:40 - 15:00
Trying Patent Cases After KSR and Seagate Decisions: A Case Study of Jury's Invalidity Verdict in Forgent v. Echostar (E.D. Texas 2007)
Mr. Charles Barquist, Morrison & Foerster (Los Angeles Office)

15:00 - 15:40
Panel Discussion
[Panelists]
・Hon. Randall R. Rader
・Mr. A. Max Olson
・Mr. Charles Barquist
[Moderator]
・Prof. Katsuya Tamai, University of Tokyo

15:40 - 16:00
Coffee Break

Session 2. Recent Developments in U.S. Antitrust Law and Interplay With Japanese and European Laws

16:00 - 16:30
Minimum Resale Price Maintenance After Leegin Decision and Other Key Developments in Antitrust Law
Prof. Martin J. Adelman, The George Washington University Law School

16:30 - 16:50
Impact of Recent Developments in Antitrust Law to Japanese Businesses
Mr. Kei Amemiya, Ito & Mitomi (Registered Associated Office of Morrison & Foerster)

16:50 - 17:30
Panel Discussion
[Panelists]
・Prof. Martin J. Adelman
・Mr. Kei Amemiya
[Moderator]
・Prof. Junji Annen

17:30 - 18:00
Informal Question and Answer Session

Morrison & Foerster LLP (Provider #2183) certifies that this activity has been approved for MCLE credit by the State of California for a maximum of 3.5 hours. New York non-transitional CLE credit pending.

講師紹介/Speakers


Randall.jpgランドール R. レーダー
全米の特許事件を専属的に管轄する連邦巡回区控訴裁判所判事。1974年ブリンガム・ヤング大学でB.A.を、1978年ジョージ・ワシントン大学でJ.D.を取得。1988年レーガン大統領の任命により合衆国請求裁判所判事、1990年ジョージ・ブッシュ大統領より現職に任命される。裁判官職を務める傍ら、教育者としても積極的に活動しており、現在はジョージ・ワシントン大学ロー スクールにて教鞭を執る。

Randall R. Rader is a Circuit Judge on the United States Court of Appeals for the Federal Circuit. He obtained a B.A. in English from Brigham Young University in 1974 and a J.D. from George Washington University in 1978. President Ronald Reagan appointed him to the United States Claims Court in 1988. President George Bush nominated Judge Rader to the Court of Appeals for the Federal Circuit in 1990. Judge Rader is also an educator and now teaches several classes including Trial Advocacy at The George Washington University Law School.


Martin.jpgマーティン J. エーデルマン
ジョージ・ワシントン大学ロースクールの知的財産法・先端技術法の教授、知的財産法プログラムの共同ディレクター、ジョージ・ワシントン大学の知的財産研究所Dean Dinwoodeyセンターの共同ディレクター。現在は主に特許法の分野において教鞭を執るが、1999年 ジョージ・ワシントン大学に転ずる前は、1973年よりミシガン州立ウェイン大学の知的財産および反トラスト法専門の教授であり、デトロイト地区において特許弁護士を務めた経験がある。

Martin J. Adelman is the Theodore and James Pedas Family Professor of Intellectual Property and Technology Law; Co-Director of the Intellectual Property Law Program; Co-Director of the Dean Dinwoodey Center for Intellectual Property Studies at The George Washington University Law School. Earlier, Professor Adelman had been a professor of law at Wayne State University Law School, and participated as a patent attorney in the Detroit area. The current focus of his teaching is in the field of patent law.


A.Max.jpgマックス・オルソン
モリソン・フォースターLLP 知的財産グループ所属。現在、東京オフィス訴訟部門の代表を務める。1981年ハーバード大学でB.A.及びM.A.を取得し、1986年ミシガン大学でJ.D.を取得。1995年にモリソン・フォースターLLP のパートナーとなり、2004年から2006年までマネージング・パートナーとしてロサンゼルス・オフィスに勤務。特許訴訟、敵対的特許ライセンス交渉および国際仲裁を特に専門としながら、あらゆる紛争解決を手掛ける。

A. Max Olson is a member of the Intellectual Property Group at Morrison & Foerster LLP and is currently serving as the Chair of the firm's Tokyo office Litigation Department. He received his Master of Arts and Bachelor of Arts from Harvard University in 1981 and his J.D. in 1986 from the University of Michigan. Mr. Olson became a partner in the firm in 1995 and served as Managing Partner of the firm's Los Angeles office from 2004 through 2006. Mr. Olson's practice includes all aspects of dispute resolution, with special emphasis on patent litigation, adversarial patent license negotiations, and international arbitration.


Charles.jpgチャールズ・バーキスト
モリソン・フォースターLLP 訴訟グループに所属。1975年にミシガン大学でB.A.、1978年にハーバード大学ロースクールでJ.D.を取得。Parker Auspitz Neesemann & Delehanty法律事務所を経て1987年にモリソン・フォースターLLP にパートナーとして入所。特許、知的財産、独占禁止、不当競争、テクノロジー関連会社の紛争解決を含むビジネス訴訟を専門に手掛ける。

Charles Barquist is a member of the Litigation Group at Morrison & Foerster LLP. He received his Bachelor of Arts from The University of Michigan in 1975 and his J.D. from Harvard Law School in 1978. Mr. Barquist joined Morrison & Foerster as a partner in 1987 from the firm of Parker Auspitz Neesemann & Delehanty P.C. His practice is focused on business litigation, including patents and other intellectual property, antitrust and unfair competition, and dispute resolution for technology companies.


amemiya.jpg雨宮 慶
伊藤 見富法律事務所弁護士、ニューヨーク州弁護士。独占禁止法(競争法)をはじめM&A、不正競争防止法、知的財産権ライセンスなどの取引や紛争、コンプライアンスなどを主に取り扱う。1989年中央大学法学部卒、1998年ミシガン大学ロースクール修士。2001年から2004年まで公正取引委員会審査専門官。弁護士復帰後も、International Competition Network(ICN、世界主要100カ国の政府競争当局間の組織)のNon Governmental Advisorを務め、国際会議での発表や、企業の代理人の立場から継続的なアドバイスを行っている。

Kei Amemiya of Ito & Mitomi is admitted in Japan and New York. His principal area of practice is antitrust law. He received his LL.B. degree from Chuo University in 1989 and LL.M degree from the University of Michigan Law School in 1998. Mr. Amemiya held the title of Investigator at the Japanese Fair Trade Commission (JFTC) from 2001 to 2004. He has been actively working as a Non Governmental Advisor ("NGA") for the International Competition Network ("ICN"), a forum for more than 100 national competition agencies worldwide, and not only making presentations, but also advising JFTC and ICN committees on major issues from the private counsel viewpoint.



<会場へのアクセス>
【JR】 JR 有楽町駅 徒歩5分、新橋駅 徒歩7分
【地下鉄】 地下鉄 日比谷駅 徒歩3分、銀座駅 徒歩5分、有楽町駅 徒歩7分、内幸町駅  徒歩3分 

Imperial_Hotel.jpg

 

 


page up