イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Events

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2008. 11.27

【セミナー終了】 「シンポジウム2008 ~アメリカ知的財産法の最新情勢~」(主催:PRIP Tokyo 協賛:モリソン・フォースター)

2008年10月

各位

PRIP Tokyo (特定非営利活動法人 知的財産研究推進機構)
理事長 安念 潤司

シンポジウム 2008 ~アメリカ知的財産法の最新情勢~

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

このたび、PRIP Tokyo(特定非営利活動法人 知的財産研究推進機構)は、知的財産分野に携わる方々を対象としたシンポジウムを開催いたします。
主なスピーカーとして、米国連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)のランドール・レーダー判事、ジョージ・ワシントン大学ロースクールのマーティン・エーデルマン教授にお越しいただくほか、大手の国際法律事務所であるモリソン・フォースターのご協力を得て、マーク・ダーニー弁護士、ジャック・ロンデン弁護士、およびロバート・ホーリングスヘッド弁護士をお迎えすることができました。さらに今年は、東京高等裁判所知的財産部(現知財高裁)の元判事である長沢幸男弁護士をお迎えし、日本における知財法の観点からもご講演いただく予定です。

第一セッションでは、「パテント・プールと標準化に対する独禁法の影響」と題しまして、独禁法をめぐる最近の事例とFRAND(Fair, Reasonable and Non-Discriminatory)要件の境界線について、エーデルマン教授とダーニー弁護士に講演していただきます。第二セッションでは、「アメリカ特許法の最近の発展」と題しまして、特許消尽に関する最高裁判決(Quanta事件)ならびに特許可能な保護対象に関する最近のCAFC判決(Bilski事件)についての考察と、これらの判例が特許訴訟に与える影響を中心に、レーダー判事、ロンデン弁護士およびホーリングスヘッド弁護士に講演いただいた後、長沢弁護士より、日本の知的財産権をめぐる現状についてご講演いただきます。各セッションの後半にパネル・ディスカッションを予定しています。

本シンポジウムは、実務界と学界から最高水準の講演者をお招きし、知的財産権における日米の最新情勢についての洞察とその意義を深めていただく恰好の機会ですので、ご多忙とは存じますが、是非皆様のご参加をお待ち申し上げております。
ご参加を希望される方は、Eメールに必要事項をご明記の上、tkseminar@mofo.com 宛に2008年11月20日(木)までにお申し込み下さいますようお願い申し上げます。

敬具

- 記 -

主催: 特定非営利活動法人 知的財産研究推進機構 (NPO PRIP Tokyo)
後援: モリソン・フォースター
日時: 2008年11月27日(木)13:30~17:30
会場: コンラッド東京、別館2F「風波」
参加費用: 無料(同時通訳付)
参加申込: 貴社名・ご所属・お役職・ご氏名・Eメールアドレスを明記し、Eメールでtkseminar@mofo.com 宛に2008年11月20日(木)までにお申込み下さい。
*申込者多数の場合は申込を締切させていただく場合がございます

- プログラム -

13:30 - 13:40
オープニングスピーチ
安念潤司 NPO法人知的財産研究推進機構 理事長/成蹊大学教授

13:40 - 14:50
セッション 1. パテント・プールと標準化に対する独禁法の影響

 13:40 - 14:10
 パテント・プールと標準化に対する独禁法の影響
 マーティン J. エーデルマン ジョージワシントン大学ロースクール教授

 14:10 - 14:30
 標準規格における必須特許の実施:FRAND要件の境界線
 マーク W. ダーニー モリソン・フォースター

14:30 - 14:50 パネルディスカッション
【パネリスト】
マーティン J. エーデルマン教授
マーク W. ダーニー弁護士
【モデレーター】
安念潤司 NPO法人 知的財産研究推進機構理事長/成蹊大学教授

14:50 - 15:10
休憩

15:10 - 17:30
セッション 2. アメリカ特許法の最近の発展

 15:10 - 15:50
 アメリカ特許法の最近の発展 ~最高裁と連邦巡回区裁判所の相互作用~
 ランドール R. レーダー 米国連邦巡回区控訴裁判所判事

 15:50 - 16:10
 国際消尽について:米国外におけるビジネスへの影響~Quanta事件判決の結果をうけて~
 ジャック W. ロンデン モリソン・フォースター

 16:10 - 16:30
 特許可能な対象:Bilski判決の影響 (米国連邦巡回区控訴裁判所 2008)
 ロバート J. ホーリングスヘッド モリソン・フォースター

 16:30 - 16:50
 国際的視野から見た日本特許法の発展
 長沢幸男弁護士(元東京高等裁判所知的財産部(現知的財産高等裁判所)判事

16:50 - 17:30  パネルディスカッション
【パネリスト】

ランドール・レーダー判事
長沢幸男弁護士
ジャック W. ロンデン弁護士
ロバート J. ホーリングスヘッド弁護士
【モデレーター】
玉井克哉 NPO法人 知的財産研究推進機構理事/東京大学教授


Symposium 2008
"Recent Developments in the U.S. Intellectual Property Law"

October 2008

Dear Sirs & Madams:

PRIP Tokyo (a non-profit organization for the Promotion of Research on Intellectual Property) is pleased to announce that it will be holding a symposium for persons involved in the field of intellectual property.

The main speakers at the symposium will be Judge Randall R. Rader (Circuit Judge on the United States Court of Appeals for the Federal Circuit) and Martin J. Adelman (Professor of Law, The George Washington University Law School). Through the cooperation of Morrison & Foerster LLP, a prominent international law firm, we are delighted to have Messrs. Jack W. Londen, Robert J. Hollingshead and Mark W. Danis as well as Mr. Yukio Nagasawa (Former Judge on the Intellectual Property Division of the Tokyo High Court) as speakers.

In the first session, entitled "Antitrust Implications for Patent Pools and Standard-Setting Bodies," Professor Adelman and Mr. Danis will discuss recent key developments in U.S. antitrust law and the boundaries of FRAND (Fair, Reasonable and Non-Discriminatory) obligations.
In the second session of the program, entitled "Recent Development in the U.S. Patent Law," Judge Rader, Messrs. Londen and Hollingshead will discuss various key developments, including the U.S. Supreme Court's decision on patent exhaustion (Quanta), as well as a recent decision by the CAFC on patentable subject matter (In re Bilski). Mr. Nagasawa will offer an international perspective on developments in Japanese Patent Law. Each session will be followed by a panel discussion.

We believe that this symposium, offering the views of intellectual property experts in the judiciary, academia, and legal profession, offers an excellent opportunity to gain insight into these recent key developments in intellectual property.
To register, please send an E-mail to tkseminar@mofo.com by Thursday, November 20, 2008.

With best regards,

Junji Annen
Chief Executive Director, PRIP Tokyo

Organized by PRIP Tokyo / Sponsored by Morrison & Foerster
Date and Time: Thursday, November 27, 2008 13:30 - 17:30
Place: Conrad Tokyo, Annex 2F, "Kazanami"
Attendance Fee: Free (Simultaneous interpretation will be provided)

To register, please send an e-mail with your name, company name, department and e-mail address by Thursday, November 20, 2008 to tkseminar@mofo.com

- Program -

13:30 - 13:40
Opening Speech
Prof. Junji Annen, Seikei University / Chief Executive Director, PRI

13:40 - 14:50
Session 1. Antitrust Implications for Patent Pools and Standard-Setting Bodies

 13:40 - 14:10
 Observations on Antitrust Implications for Patent Pools and Standard-Setting Bodies
 Prof. Martin J. Adelman, The George Washington University Law School

 14:10 - 14:30
 Enforcing Patents Essential to Standard: Boundaries of FRAND Obligations
 Mr. Mark W. Danis, Morrison & Foerster

14:30 - 14:50 Panel Discussion
[Panelists]
Prof. Martin J. Adelman
Mr. Mark W. Danis
[Moderator]
Prof. Junji Annen

14:50 - 15:10
Coffee Break

15:10 - 17:30
Session 2. Recent Developments in the U.S. Patent Law

 15:10 - 15:50
 Observations on Recent Developments in the U.S. Patent Law - Interaction of the Supreme Court and the Federal Circuit
 Hon. Randall R. Rader, Circuit Judge on the United States Court of Appeals for the Federal Circuit

 15:50 - 16:10
 International Exhaustion: Implications of Supreme Court's Quanta Decision for Businesses  Operating Outside the U.S.
 Mr. Jack W. Londen, Morrison & Foerster

 16:10 - 16:30
 Patentable Subject Matter: Implications of In re Bilski (CAFC 2008)
 Mr. Robert J. Hollingshead, Morrison & Foerster

 16:30 - 16:50
 An International Perspective on Developments in Japanese Patent Law
 Mr. Yukio Nagasawa, Attorney (Former Judge on Tokyo High Court)

16:50 - 17:30  Panel Discussion
[Panelists]
Hon. Randall R. Rader
Mr. Yukio Nagasawa
Mr. Jack W. Londen
Mr. Robert J. Hollingshead
[Moderator]
Prof. Katsuya Tamai, University of Tokyo

 

Speakers/講師紹介 

Randall.jpg

ランドール R. レーダー
全米の特許事件を専属的に管轄する連邦巡回区控訴裁判所判事。1974年ブリンガム・ヤング大学でB.A.を、1978年ジョージ・ワシントン大学でJ.D.を取得。1988年レーガン大統領の任命により合衆国請求裁判所判事、1990年ジョージ・ブッシュ大統領より現職に任命される。裁判官職を務める傍ら、教育者としても積極的に活動しており、現在はジョージ・ワシントン大学ロー スクールにて教鞭を執る。

Randall R. Rader is a Circuit Judge on the United States Court of Appeals for the Federal Circuit. He obtained a B.A. in English from Brigham Young University in 1974 and a J.D. from George Washington University in 1978. President Ronald Reagan appointed him to the United States Claims Court in 1988. President George Bush nominated Judge Rader to the Court of Appeals for the Federal Circuit in 1990. Judge Rader is also an educator and now teaches several classes including Trial Advocacy at The George Washington University Law School.

Martin.jpg

マーティン J. エーデルマン
ジョージ・ワシントン大学ロースクールの知的財産法・先端技術法の教授、知的財産法プログラムの共同ディレクター、ジョージ・ワシントン大学の知的財産研究所Dean Dinwoodeyセンターの共同ディレクター。現在は主に特許法の分野において教鞭を執るが、1999年 ジョージ・ワシントン大学に転ずる前は、1973年よりミシガン州立ウェイン大学の知的財産および反トラスト法専門の教授であり、デトロイト地区において特許弁護士を務めた経験がある。

Martin J. Adelman is the Theodore and James Pedas Family Professor of Intellectual Property and Technology Law; Co-Director of the Intellectual Property Law Program; Co-Director of the Dean Dinwoodey Center for Intellectual Property Studies at The George Washington University Law School. Earlier, Professor Adelman had been a professor of law at Wayne State University Law School, and practiced as a patent attorney in the Detroit area. The current focus of his teaching is in the field of patent law.

nagasawa.jpg

長沢幸男
知的財産研究推進機構アジア知財戦略研究部門長。20年に及ぶ裁判官経験を生かし、弁護士・弁理士として各種訴訟を担当。また、通算13年余に及ぶ最高裁判所調査官(知的財産訴訟)、東京高等裁判所知的財産部判事、東京地方裁判所知的財産部判事補としての経験を生かし、各種知的財産案件を担当。長年の知的財産分野における活動を通じ、世界各国の知的財産実務家の間においても実務協力を推進。民事訴訟、特に知的財産分野における日本語、英語の著書、講演多数。

Yukio Nagasawa is the head of the PRIP Tokyo, Asian Intellectual Property Strategy Research Division. Making use of his 20 years' experience as a judge, he is responsible for all types of litigation as an attorney and patent attorney. Making the most of his 13 years' experience as a Supreme Court research judge (intellectual property litigation), judge at the Intellectual Property Division of the Tokyo High Court and judge at the Intellectual Property Division of the Tokyo District Court, he is in charge of all types of intellectual property matters. Through his many years of activity in the intellectual property field, he has promoted cooperation among intellectual property practitioners from around the world. He has written and lectured extensively in English and Japanese on civil litigation matters, and in the intellectual property field in particular.

Mark02.jpg

マーク W. ダーニー
モリソン・フォースターLLP 訴訟グループに所属。1982年にカリフォルニア大学バークレー校でB.A.、1989年にカリフォルニア大学ヘイスティングス・カレッジ・オブ・ザ・ローでJ.D.を取得。ニューヨーク州の第2巡回区連邦控訴裁判所勤務を得て、1990年にモリソン・フォースターLLP に入所。特許、トレードシークレットを始めとする知的財産に関わる紛争の裁判・調停ならびにその他の複雑な民事訴訟を専門とする。

Mark W. Danis is a partner in Morrison & Foerster's Tokyo office. He specializes in the trial and arbitration of patent, trade secret, product liability, and other complex litigation matters. He received his J.D., magna cum laude, from the University of California, Hastings College of the Law in 1989, and his undergraduate degree in philosophy from the University of California, Berkeley. He clerked for Judge Lawrence W. Pierce of the United States Court of Appeals for the Second Circuit and joined Morrison & Foerster in 1990.

Jack02.jpg

ジャック W. ロンデン
モリソン・フォースターLLP 訴訟部門に所属。1975年ハーバード大学でA.B.、1978年にエール大学ロースクールでJ.D.を取得。1986年ミシガン大学でJ.D.を取得。1980年モリソン・フォースターに入所し、1984年パートナー就任。連邦裁判所や州裁判所の第一審から上訴審にいたる特許訴訟をはじめとする多くの複雑な商事訴訟を手がけ、法廷弁護士として約30年にわたる豊富な経験を有している。

Jack W. Londen is a trial lawyer with almost 30 years of experience in patent litigation and other areas of complex commercial litigation in federal and state courts at the trial court and appellate levels. He has also handled many commercial arbitration matters arising from merger and acquisition transactions. He received his A.B. degree from Harvard College in 1975, magna cum laude, and his J.D. degree from Yale Law School in 1978. In 1980, he associated with Morrison & Foerster and became a partner of the firm in 1984.

Robert02.jpg

ロバート J. ホーリングスヘッド
モリソン・フォースターLLP ビジネス部門および訴訟部門に所属。1992年にメリーランド大学でB.S.、1995年にジョンズ・ホプキンス大学でM.S.、1999年にカトリック大学コロンバス・スクール・オブ・ローでJ.D.を取得。Morgan, Lewis&Bockius法律事務所を経て、2008年にモリソン・フォースターに入所。主に特許訴訟、提訴前カウンセリング、仲裁、特許意見書関連業務、敵対的交渉及び知的財産取引に携わる。

Robert J. Hollingshead is a partner and registered patent attorney working in Morrison & Foerster's Business and Litigation groups. His practice focuses on serving clients in the areas of patent litigation, pre-litigation counseling, arbitration, opinion work, adversarial negotiations, and intellectual property transactions. He received his J.D. from the Catholic University of America, Columbus School of Law. He holds an M.S. degree in electrical engineering from the Johns Hopkins University and dual B.S. degrees in electrical engineering and mathematics from the University of Maryland.

<会場へのアクセス>
【地下鉄】 都営大江戸線 汐留駅 9番出口 徒歩1分
都営浅草線 新橋駅 徒歩7分
東京メトロ銀座線 新橋駅 徒歩7分
【JR】 新橋駅 汐留口より 徒歩7分
【ゆりかもめ】 汐留駅 徒歩1分

conrad_map.jpg

 

 

page up