イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Events

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2009. 11.25

【セミナー終了】 11月25日開催 「シンポジウム2009~アメリカ知的財産法の最新事情~」(主催:PRIP Tokyo/協賛:モリソン・フォースター)

For English information, please click here.


2009年10月

各位                                

PRIP Tokyo(特定非営利活動法人 知的財産研究推進機構)
理事長 安念 潤司

シンポジウム 2009  ~アメリカ知的財産法の最新事情~

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

このたび、PRIP Tokyo(特定非営利活動法人 知的財産研究推進機構)は、知的財産分野に携わる方々を対象としたシンポジウムを開催いたします。

スピーカーとして、米国連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)のランドール・レーダー判事、ジョージ・ワシントン大学ロースクールのマーティン・エーデルマン教授にお越しいただくほか、モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所のご協力を得て、ジャック・ロンデン外国法事務弁護士、スティーブン・コマー米国弁護士、およびテレサ・サマーズ米国弁護士をお迎えすることができました。さらに今年は、秋元浩氏(知的財産戦略ネットワーク株式会社 代表取締役社長、前武田薬品工業の常務取締役)、中村嘉秀氏(アルダージ株式会社 代表取締役社長、元ソニー㈱コーポレート・エグゼクティブ・シニアバイスプレジデント)、ジョゼフ・シーノ氏(Ovidian Group代表、元Yahoo! Inc. グローバルIP・ビジネス戦略担当)をお迎えし、知財法について日米双方の視点からご講演いただく予定です。

第一セッションでは、「アメリカ特許法の最近の動向:プロパテント時代の終焉?」と題しまして、米国の特許法を巡る最近のトレンドについて、レーダー判事、エーデルマン教授、ロンデン弁護士、サマーズ弁護士、コマー弁護士に講演していただきます。第二セッションでは、「イノベーションと特許制度の将来」と題しまして、日本と米国における特許権の保護を取り巻く現状と将来的な展望について、秋元氏、中村氏、シーノ氏にご講演いただいた後、パネル・ディスカッションを予定しています。

本シンポジウムは、実務界と学界から最高水準の講演者をお招きし、知的財産権における日米の最新情勢についての洞察とその意義を深めていただく恰好の機会です。ご多忙とは存じますが、是非皆様のご参加をお待ち申し上げております。

ご参加を希望される方は、下記のセミナー申込ページにアクセスし、必要事項をご明記の上、2009年11月18日(水)までにお申し込み下さいますようお願い申し上げます。

敬具

- 記 -

主   催:  特定非営利活動法人 知的財産研究推進機構(NPO PRIP Tokyo)
後   援:  モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所
日   時:  2009年11月25日(水) 13:00~17:30
場   所:  マンダリンオリエンタル東京 グランドボールルーム

- プログラム -

13:00 - 13:05  開会の辞  安念潤司 PRIP理事長/中央大学教授

13:05 - 14:55  セッション 1.  アメリカ特許法の最近の動向: プロ・パテント時代の終焉?
  13:05 - 13:45
    最近の重要判例とアメリカ特許法の将来
    ランドール R. レーダー 米国連邦巡回区控訴裁判所判事
  13:45 - 14:05
    アメリカ特許法と独禁法の相互関係
    マーティン J. エーデルマン ジョージワシントン大学ロースクール教授
  14:05 - 14:35
    特許権保護の評価指標 - 米国における特許権の価値は上がっているか、下がっているか?
    ジャック W. ロンデン外国法事務弁護士 モリソン・フォースター
    テレサ M. サマーズ米国弁護士 モリソン・フォースター
  14:35 - 14:55
    KSR判決が自明性判断にもたらした影響  
    スティーブン E. コマー米国弁護士 モリソン・フォースター

14:55 - 15:15  休憩 (20分)

15:15 - 17:25  セッション 2.  イノベーションと特許制度の将来
  15:15 - 15:35
    バイオ/医薬品産業における特許戦略の新潮流
    秋元 浩氏 知的財産戦略ネットワーク㈱代表取締役社長
  15:35 - 15:55
    デジタル時代と知的財産問題
    中村嘉秀氏 アルダージ株式会社 代表取締役社長
  15:55 - 16:15
    アメリカにおける知財市場の成長:日本企業にとっての課題とチャンス
    ジョゼフ・シーノ氏 Ovidian Group 代表

  16:15 - 17:25 パネルディスカッション
   パネリスト:
     ランドール R. レーダー判事
     マーティン J. エーデルマン教授
     秋元浩氏
     中村嘉秀氏
     ジョゼフ・シーノ氏
     ジャック W. ロンデン弁護士
     スティーブン E. コマー弁護士
  モデレーター:
     玉井克哉 東京大学教授

17:25 - 17:30  閉会の辞  玉井克哉 PRIP常務理事/東京大学教授

*ニューヨーク州とカリフォルニア州のCLE単位が取得できます。


Symposium 2009 "Recent Developments in the U.S. Intellectual Property Law"

October 2009

Dear Sirs & Madams:

PRIP Tokyo (a non-profit organization for the Promotion of Research on Intellectual Property) is pleased to announce that it will be holding a symposium for persons involved in the field of intellectual property.

The main speakers at the symposium will be Judge Randall R. Rader (Circuit Judge on the United States Court of Appeals for the Federal Circuit) and Martin J. Adelman (Professor of Law, The George Washington University Law School). Through the cooperation of Morrison & Foerster LLP, a leading international law firm, we are delighted to have as speakers Morrison & Foerster's Mr. Jack W. Londen, Mr. Steven E. Comer and Ms. Teresa M. Summers as well as Dr. Hiroshi Akimoto (former managing director of Takeda Pharmaceutical Company Ltd. and current President of Intellectual Property Strategy Network Inc.), Mr. Yoshihide Nakamura (former head of Sony's IP department and current President of ULDAGE Inc.) and Mr. Joseph Siino (former head of Global IP & Business Strategy for Yahoo! Inc. and founder and chief executive of Ovidian Group, an IP advisory firm).

In the first session entitled "Recent Trends in U.S. Patent Law: Is ‘Pro-Patent Era' Ending?", Judge Rader, Professor Adelman, Mr. Londen, Ms. Summers and Mr. Comer will discuss recent key developments and trends in U.S. patent law.  In the second session entitled "Innovation and Future of Patent Protection," Dr. Akimoto, Messrs. Nakamura and Siino will discuss the current state of patent protection and its impact on innovation as well as the future of patent protection. Then the panel discussion by the speakers will follow.

We believe that this symposium, offering the views of intellectual property experts in the judiciary, academia, and legal profession, offers an excellent opportunity to gain insight into recent key developments in intellectual property. We hope that you will be able to join us.

To register, please send an e-mail with your name, company name, department name and e-mail address to tkseminar@mofo.com by Wednesday, November 18, 2009.

With best regards,

Junji Annen
Chief Executive Director, PRIP Tokyo

Organized by PRIP Tokyo / Sponsored by Morrison & Foerster
Date and Time:    Wednesday, November 25, 2009, 13:00 - 17:30
Place:                 Mandarin Oriental Tokyo, Grand Ballroom
Attendance Fee:  Free (simultaneous interpretation will be provided)
To register, please send an e-mail with your name, company name, department name and e-mail address to tkseminar@mofo.com by Wednesday, November 18, 2009.

— Program —

13:00 - 13:05
Opening Speech 
    Prof. Junji Annen
    Chief Executive Director, PRIP / Professor, Chuo University

13:05 - 14:55   Session 1. Recent Trends in U.S. Patent Law: Is "Pro-Patent Era" Ending?
13:05 - 13:45
  "Recent Key Decisions in U.S. Patent Law and Direction of U.S. Patent Protection"
    Hon. Randall R. Rader
    Circuit Judge on the United States Court of Appeals for the Federal Circuit
13:45 - 14:05
  "Intersection of U.S. Patent Law and Antitrust Law"
    Prof. Martin J. Adelman
    The George Washington University Law School
14:05 - 14:35
  "Metrics of Patent Protection - Is the Value of U.S. Patent Rights Rising or Falling?" 
    Mr. Jack W. Londen
    Ms. Teresa M. Summers
    Morrison & Foerster
14:35 - 14:55 
    "What Impact Has KSR Had On Obviousness" 
    Mr. Steven E. Comer
    Morrison & Foerster

14:55 - 15:15 Coffee Break

15:15 - 17:25   Session 2. Innovation and Future of Patent Protection
15:15 - 15:35 
    "New Paradigm for Patent Strategy in Biotechnology and Pharmaceutical Industries" 
    Dr. Hiroshi Akimoto
    President, Intellectual Property Strategy Network Inc.
15:35 - 15:55 "Intellectual Property Issues in the Digital Era" 
    Mr. Yoshihide Nakamura
    President & CEO, ULDAGE Inc.
15:55 - 16:15 
    "The Evolving IP Marketplace in the U.S.: Challenges and Opportunities for Japanese Companies" 
    Mr. Joseph Siino
    CEO, Ovidian Group LLC

16:15 - 17:25 Panel Discussion
    Panelists:
     Hon. Randall R. Rader
     Prof. Martin J. Adelman 
     Dr. Hiroshi Akimoto
     Mr. Yoshihide Nakamura
     Mr. Joseph Siino
     Mr. Jack W. Londen
     Mr. Mr. Steven E. Comer 
    Moderator:
     Prof. Katsuya Tamai, University of Tokyo

17:25 - 17:30   Closing Speech
    Prof. Katsuya Tamai
    Executive Director, PRIP / Professor, University of Tokyo

Morrison & Foerster LLP has been certified by the New York State Continuing Legal Education Board as an Accredited Provider of continuing legal education in the State of New York.
This non-transitional continuing legal education program has been approved in accordance with the requirements of the Continuing Legal Education Board for a maximum of 3.5 credit hours, of which 3.5 credit hours can be applied toward the Professional Practice requirement.

Morrison & Foerster LLP (Provider #2183) certifies that this activity has been approved for MCLE credit by the State of California in the amount of 3 hour.

Speakers/講師紹介

PRIP2009 Rader.jpgランドール R. レーダー  全米の特許事件を専属的に管轄する連邦巡回区控訴裁判所判事。1974年ブリンガム・ヤング大学でB.A.を、1978年ジョージ・ワシントン大学でJ.D.を取得。1988年レーガン大統領の任命により合衆国請求裁判所判事、1990年ジョージ・ブッシュ大統領より現職に任命される。裁判官職を務める傍ら、教育者としても積極的に活動しており、現在はジョージ・ワシントン大学ロー スクールにて教鞭を執る。
Randall R. Rader is a Circuit Judge on the United States Court of Appeals for the Federal Circuit. He obtained a B.A. in English from Brigham Young University in 1974 and a J.D. from George Washington University in 1978. President Ronald Reagan appointed him to the United States Claims Court in 1988. President George Bush nominated Judge Rader to the Court of Appeals for the Federal Circuit in 1990. Judge Rader is also an educator and now teaches several classes including Trial Advocacy at The George Washington University Law School.

PRIP2009 Adelman.jpgマーティン J. エーデルマン  ジョージ・ワシントン大学ロースクールの知的財産法・先端技術法の教授、知的財産法プログラムの共同ディレクター、知的財産研究所Dean Dinwoodeyセンターの共同ディレクター。現在は主に特許法の分野において教鞭を執るが、1999年 ジョージ・ワシントン大学に転ずる前は、1973年よりミシガン州立ウェイン大学の知的財産および反トラスト法専門の教授であり、デトロイト地区において特許弁護士を務めた経験がある。
Martin J. Adelman is the Theodore and James Pedas Family Professor of Intellectual Property and Technology Law; Co-Director of the Intellectual Property Law Program; Co-Director of the Dean Dinwoodey Center for Intellectual Property Studies at The George Washington University Law School. Earlier, Professor Adelman had been a professor of law at Wayne State University Law School, and practiced as a patent attorney in the Detroit area. The current focus of his teaching is in the field of patent law.

PRIP2009 Akimoto.jpg秋元 浩  知的財産戦略ネットワーク㈱ 代表取締役社長。1970年東京大学薬学系大学院博士課程修了。1970~72年ペンシルバニア大学研究職員。1972年武田薬品工業入社。創薬第三研究所所長、知的財産部部長、常務取締役知的財産部長などを歴任。2008年より日本製薬工業協会知的財産顧問、バイオインダストリー協会知的財産委員会委員長。2009年知的財産戦略ネットワーク㈱を設立、代表取締役社長に就任。
Hiroshi Akimoto is the president of Intellectual Property Strategy Network Inc. He complete his Ph.D. in pharmacology at Tokyo University in 1970 and studied at University of Pennsylvania from 1970 to 1972. Dr. Akimoto joined Takeda Pharmaceutical Company Ltd. in 1970 and served in a variety of posts, including as Director of drug discovery research institute and Managing Director in charge of IP Division. He was appointed in 2008 as Special Advisor of Japan Pharmaceutical Manufacturers Associations and chairman in charge of IP committee of Japan Bioindustry Association. In 2009, Dr. Akimoto founded Intellectual Property Strategy Network Inc. and became its president.

PRIP2009 Nakamura.jpg中村嘉秀  アルダージ株式会社代表取締役社長。1968年ソニーに入社し、知的財産担当兼知的財産渉外部長などを務める。1998年に同社コンピュータペリフェラル&コンポーネントカンパニーのプレジデント、2000年にソニーケミカル代表取締役社長、2003年にソニーの知的財産センター長、業務執行役員常務などを歴任。2005年にソニー㈱コーポレート・エグゼクティブ・シニア・バイス・プレジデントに就任。2006年にソニーを退社し、アルダージ株式会社代表取締役社長に就任。
Yoshihide Nakamura is the president and CEO of ULDAGE Inc. Mr. Nakamura joined Sony Corporation in 1968 and continued to serve in various positions such as Contract Relation Manager of IP Group, President & Executive Director of Computer Peripheral & Component Company, Representative Director & President of Sony Chemical Corporation, and Group Executive Officer/ Senior General Manager of IP Division and Senior Vice President of Sony Corporation. In 2005, he became Corporate Executive, Senior Vice President of Sony. Mr. Nakamura retired from Sony Corporation in 2006 and became president of ULDAGE Inc.

PRIP2009 Siino.jpgジョゼフ・シーノ  Ovidian Groupの創設者・最高経営責任者。Ovidian設立前は、世界有数のインターネット・メディア企業であるYahoo! Inc.にてグローバル知的財産・事業戦略担当シニアヴァイスプレジデントを務める。Yahoo!では、同社の特許、商標権その他の知財資産の大型ポートフォリオを担当する知財専門家からなる国際チームを構成・管理するとともに、同社の知財事業戦略および多岐にわたる国際案件を自ら指揮した。Yahoo!入社前には、知的財産アドバイザー、投資家、起業家、弁護士として約20年間にわたる経歴を有する。
Joseph Siino is the principal founder and chief executive officer of Ovidian Group. Prior to founding Ovidian, Mr. Siino served as Senior Vice President, Global Intellectual Property & Business Strategy for Yahoo! Inc., one of the world's leading Internet/media companies. At Yahoo!, Mr. Siino built and managed a global team of IP professionals responsible for Yahoo!'s large portfolio of patent, trademark and other IP assets, and personally led Yahoo!'s IP business strategy and a wide range of international deals. Prior to Yahoo!, Mr. Siino spent approximately 20 years as an IP advisor, investor, entrepreneur and attorney.

PRIP2009 Londen.jpgジャック W. ロンデン  モリソン・フォースター訴訟部門に所属。1975年ハーバード大学でA.B.、1978年にエール大学ロースクールでJ.D.を取得。1986年ミシガン大学でJ.D.を取得。1980年モリソン・フォースターに入所し、1984年パートナー就任。連邦裁判所や州裁判所の第一審から上訴審にいたる特許訴訟をはじめとする多くの複雑な商事訴訟を手がけ、法廷弁護士として約30年にわたる豊富な経験を有している。
Jack W. Londen is a trial lawyer with almost 30 years of experience in patent litigation and other areas of complex commercial litigation in federal and state courts at the trial court and appellate levels. He has also handled many commercial arbitration matters arising from merger and acquisition transactions. He received his A.B. degree from Harvard College in 1975, magna cum laude, and his J.D. degree from Yale Law School in 1978. In 1980, he associated with Morrison & Foerster and became a partner of the firm in 1984.

PRIP2009 Comer.jpgスティーブン E. コマー  モリソン・フォースター訴訟部門に所属。1991年にバンダービルト大学でJ.D.を取得。1991年カリフォルニア州で弁護士登録。知的財産関連の訴訟弁護士としての専門知識をもち、長年にわたりアメリカにおいてライフサイエンスおよび消費者製品分野のクライアントの信頼を得ている。最近はライフサイエンス分野のクライアントの特許紛争を扱う一方、営業秘密および商標権関連の訴訟も扱っている
Steven E. Comer is working in Morrison & Foerster's Litigation group. Clients in the life sciences and consumer products industries have long relied on Steve Comer's expertise as an intellectual property litigator. While his most recent cases have been patent disputes for life sciences clients in the United States, he has also involved in trade secret and trademark cases. He received his J.D. from Vanderbilt University of America in 1991. Mr. Comer was admitted to practice in California in 1991.

PRIP2009 Summers.jpgテレサ M. サマーズ  モリソン・フォースターワシントンD.C.オフィス訴訟部門に所属。1992年にカリフォルニア大学でB.S.(生物学・生体医用工学)、2003年にジョージタウン大学ローセンターでJ.D.を取得。特許訴訟、ライセンシング、ならびにFDA(米食品医薬品局)関連の訴訟において、訴訟代理および助言提供に従事している。生物医科学、医薬品、半導体、衛星通信、家電およびコンピューターハードウェア・ソフトウェアの各分野の特許業務を手掛けている。
Teresa M. Summers is an associate in the Litigation Department of Morrison & Foerster's Washington, D.C., office. Ms. Summers assists clients in patent litigation and counseling, and licensing, as well as FDA-related litigation and counseling. Her patent practice focuses on biomedical sciences, pharmaceuticals, semiconductors, satellite telecommunications, consumer electronics and computer hardware and software. Ms. Summers received her B.S. in Biology/Biomedical Engineering from the University of California in 1992, and her J.D. from the Georgetown University Law Center, magna cum laude, in 2003.

マンダリンオリエンタル東京 「グランドボールルーム」
Mandarin Oriental Tokyo, Grand Ballroom
東京都中央区日本橋室町2-1-1
2-1-1 Nihonobashi Muromachi Chuo-ku, Tokyo

<会場へのアクセス>
東京メトロ銀座線 半蔵門線「三越前駅」 地下通路直結
JR総武本線「新日本橋駅」 地下通路直結
東京メトロ東西線 都営浅草線「日本橋駅」 徒歩7分
JR各線「神田駅」 徒歩7分
JR各線「東京駅」日本橋口より 徒歩8分

<ACCESS>
Tokyo Metro Ginza Line & Hanzomon Line, Mitsukoshimae Station, direct access
JR Sobu Line, Shin-Nihonbashi Station, direct access
Tokyo Metro Tozai Line & Toei Asakusa Line, Nihonbashi Station, 7 minutes on foot
JR Kanda Station, 7 minutes on foot
JR Tokyo Station, 12 minutes on foot
  Mandarin Oriental Map.jpg

PDF(PRIP Symposium 2009).pdf

 

page up