イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Events

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2011. 04.28

セミナー終了: 東日本大震災から見たリスク管理と評価

2011年4月25日(月)と27日(水)にモリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所は「東日本大震災から見たリスク管理と評価」セミナーを開催し、二日間で130名以上の参加をいただきました。 

2011年3月11日に発生した東日本大震災は複合的、同時多発の災害として多くの日本企業にとって未曾有の商業リスクと潜在的危険をはらむこととなりました。  

これらの問題は企業のサプライチェーンがグローバル化したことで、各国の企業が相互依存の状態であることで悪化し、それが複数の国の法律に関わる議論に発展するリスクも抱えています。そして保険による補償問題、不可抗力の原則、法令、法的責任の契約上の制限などはリスク管理と評価において重要な問題となってきます。 

今回のセミナーでは、実践的議論の場として、それぞれの事象がどのように関連するのかについて講演を行ない、続くパネルディスカッションでは、仮説に基づく事例を取り上げ、今後起こりうる複雑な事象と法律問題について検証しました。 

スピーカー(モリソン・フォースター東京事務所訴訟部門、ビジネス部門所属のパートナー)

 

page up