イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Events

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2012. 11.27

【セミナー終了】 2012年11月26日「シンポジウム 2012 ~アメリカ知的財産法の最新事情~」(主催:PRIP Tokyo 協賛:モリソン・フォースター)

[PDF]

PRIP Tokyo
(特定非営利活動法人 知的財産研究推進機構)
理事長 安念 潤司

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

このたび、PRIP Tokyo(特定非営利活動法人 知的財産研究推進機構)は、知的財産分野に携わる方々を対象としたシンポジウムを開催いたします。

スピーカーとして、米国連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)のランドール・レーダー首席判事、ジョージ・ワシントン大学ロースクールのマーティン・エーデルマン教授にお越しいただくほか、モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所のご協力を得て、マイケル・ジェイコブス米国弁護士、ジャック・ロンデン外国法事務弁護士、ロバート・ホリングスヘッド外国法事務弁護士、クリント・コナー外国法事務弁護士、寺口由華米国弁護士をお迎えすることができました。さらに今年は、稲葉良幸弁理士(TMI総合法律事務所)、一色太郎外国法事務弁護士(一色外国法事務弁護士事務所代表)と玉井克哉教授(PRIP常務理事、東京大学教授)をお迎えし、日米の知財法の対比という観点からもご講演いただく予定です。

第一セッションでは、「アメリカ特許法に関する最近の動向」と題しまして、米国の特許法に関する最近の主な動向について、レーダー首席判事とエーデルマン教授にご講演いただきます。第二セッションでは「知的財産権訴訟における法的救済」と題しまして、ジェイコブス米国弁護士とロンデン外国法事務弁護士が、衡平法上の救済と特許損害について講演いたします。第三セッションでは、「米国および日本における特許手続きについての考察」と題しまして、米国改正特許法における特許無効手続きに向けての戦略についてコナー外国法事務弁護士に、また日米の対比、日本の法律の観点から玉井教授にご講演をいただいた後、パネル・ディスカッションを予定しています。

本シンポジウムは、実務界と学界から最高水準の講演者をお招きし、知的財産権における日米の最新情勢についての洞察とその意義を深めていただく恰好の機会です。ご多忙とは存じますが、是非皆様のご参加をお待ち申し上げております。

参加をご希望される場合は、下記のセミナー申込ページにアクセスし、必要事項(氏名、会社名、所属・部署名、E-Mailアドレス)をご明記の上、2012年11月20日(火)までにお申し込み下さいますようお願い申し上げます。

敬具

*       *       *

主  催: 特定非営利活動法人 知的財産研究推進機構 (NPO PRIP Tokyo)
協  賛: モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所
日  時: 2012年11月26日(月)10:00~17:15
会  場: 帝国ホテル 「光の間」 <アクセス
参加費用: 無料(同時通訳付)
参加申込: https://www.mofo.jp/topics/event_20121126mon_PRIP2012_entry/entry.htmlよりお申し込み下さい。
※申込者多数の場合は締切日前に締め切る場合がございます。

プログラム

10:00 - 10:05 開会の辞 
  安念潤司 PRIP理事長/中央大学教授
10:05 - 12:10 セッション 1.  アメリカ特許法に関する最近の動向
  10:05 - 11:00 
CAFCと不衡平行為に関する最近の動向:Therasense, Inc. v. Becton, Dickinson & Co.とその後
  ランドール R. レーダー/米国連邦巡回区控訴裁判所主席判事
  11:00 - 11:40 
米国特許法における特許対象適格性について
  マーティン J. エーデルマン/ジョージワシントン大学ロースクール教授
  11:40 - 12:10 
パネル・ディスカッション
  【パネリスト】
ランドール R. レーダー主席判事 
マーティン J. エーデルマン教授
【モデレータ】
寺口由華米国弁護士
12:10 - 13:10 昼食休憩
13:15 - 15:05 セッション 2.  知的財産権訴訟における法的救済
  13:15 - 13:55 
特許救済における近時の動向
   マイケル・ジェイコブス米国弁護士/モリソン・フォースター(サンフランシスコ)
  13:55 - 14:35 
米国連邦巡回区控訴裁判所における特許侵害訴訟の新たな課題と解決
  ジャック・ロンデン外国法事務弁護士/モリソン・フォースター (東京)
  14:35 - 15:05 
パネル・ディスカッション
  【パネリスト】
ランドール R. レーダー主席判事
マイケル・ジェイコブス米国弁護士
ジャック・ロンデン外国法事務弁護士
【モデレーター】
一色太郎外国法事務弁護士
15:05 - 15:20 休憩(15分)
15:20 - 17:15 セッション 3. 米国および日本における特許権の課題
  15:20 - 16:00 
米国改正特許法における特許無効手続きに関する戦略
  クリント・コナー外国法事務弁護士/モリソン・フォースター(東京)
  16:00 - 16:40 
日本特許法の改革と課題
   玉井克哉 PRIP常務理事/東京大学教授
  16:40 - 17:10 
パネル・ディスカッション
  【パネリスト】
マーティン J. エーデルマン教授
稲葉良幸弁理士
クリント・コナー外国法事務弁護士
玉井克哉教授
【モデレーター】
ロバート・ホリングスヘッド外国法事務弁護士
17:10 - 17:15 閉会の辞
  安念潤司 PRIP理事長/中央大学教授

ニューヨーク州ならびにカリフォルニア州のCLE単位が取得できます。
ニューヨーク州: 5時間 (Professional Practice)
カリフォルニア州: 4.25時間


 

Symposium 2012 "Recent Developments in U.S. Intellectual Property Law"

Dear Sirs and Madams:

PRIP Tokyo (a non-profit organization for the Promotion of Research on Intellectual Property) is pleased to announce that a symposium for professionals engaged in the field of intellectual property will be held on Monday, November 26, 2012.

The main speakers at the symposium will include Chief Judge Randall R. Rader (Chief Judge for the United States Court of Appeals for the Federal Circuit) and Martin J. Adelman (Professor of Law, The George Washington University Law School). Through the cooperation of Morrison & Foerster, a leading international law firm, we are delighted to have as speakers Morrison & Foerster's Mr. Michael A. Jacobs, Mr. Jack W. Londen, Mr. Robert Hollingshead, Mr. Clint Conner, and Ms. Yuka Teraguchi. We are also pleased to have as speakers Mr. Yoshiyuki Inaba (TMI Associates), Mr. Taro Isshiki (Isshiki International Law Office), and Professor Katsuya Tamai (Executive Director, PRIP and Professor, University of Tokyo).

In the first session entitled "Recent Developments in U.S. Patent Law," Chief Judge Rader and Professor Adelman will discuss recent key developments and trends in U.S. patent law. At the second session entitled "Remedies in Intellectual Property Cases", Mr. Jacobs and Mr. Londen will discuss developments in equitable remedies and patent damages. In the third session entitled "Challenging Patent Rights in the U.S. and Japan," Mr. Conner will discuss strategies for challenging validity under the AIA and Professor Tamai will compare the AIA with the Japanese law. A panel discussion will follow each session.

We believe that this symposium, offering the views of intellectual property experts in the judiciary, academia, and legal profession, offers an excellent opportunity to gain insight into recent key developments in intellectual property. We hope that you will be able to join us.

To register, please send an e-mail with your name, company name, department name and email address to tokyomarketing@mofo.com.

Sincerely,

Junji Annen
Chief Executive Director, PRIP Tokyo

*       *       *

Organized by PRIP Tokyo / Sponsored by Morrison & Foerster
Date and Time: Monday, November 26, 2012, 10:00 - 17:15
Place: Imperial Hotel, Hikari-no-ma <Access>
Attendance Fee: Free (simultaneous interpretation will be provided)
To register, please send an e-mail with your name, company name, department name and email address to: tokyomarketing@mofo.com.

Program

10:00 - 10:05 Opening Remarks
  Prof. Junji Annen, Chief Executive Director, PRIP / Professor, Chuo University
10:05 - 12:10 Session 1. Recent Developments in U.S. Patent Law
  10:05 - 11:00 
Therasense, Inc. v. Becton, Dickinson & Co. and recent developments in the doctrine of inequitable conduct.
  Hon. Randall R. Rader, Chief Circuit Judge on the United States Court of Appeals for the Federal Circuit
  11:00 - 11:40 
Mayo Collaborative Services v. Prometheus Laboratories, Inc. and the future of 35 U.S.C. § 101.
  Prof. Martin J. Adelman, The George Washington University Law School
  11:40 - 12:10 
Panel Discussion
  Panelists
Hon. Randall R. Rader
Prof. Martin J. Adelman
Moderator
Ms. Yuka Teraguchi
12:10 - 13:10 Lunch Break
13:15 - 15:05 Session 2. Remedies in Intellectual Property Cases
  13:15 - 13:55 
Recent Developments in Patent Remedies
  Mr. Michael A. Jacobs, Morrison & Foerster (San Francisco Office)
  13:55 - 14:35 
Patent Damages: How To Answer the Federal Circuit's New Questions
  Mr. Jack W. Londen, Morrison & Foerster (Tokyo Office)
  14:35 - 15:05 
Panel Discussion
  Panelists
Hon. Randall R. Rader
Mr. Michael A. Jacobs
Mr. Jack W. Londen
Moderator
Mr. Taro Isshiki
15:05 - 15:20 Coffee Break
15:20 - 17:15 Session 3. Challenging Patent Rights in U.S. and Japan
  15:20 - 16:00 
America Invents Act (AIA) Invalidation Strategies
  Mr. Clint Conner, Morrison & Foerster (Tokyo Office)
  16:00 - 16:40 
Issues Raised by the Japanese Patent Law Reform
  Prof. Katsuya Tamai, Executive Director, PRIP/Professor, University of Tokyo
  16:40 - 17:10 
Panel Discussion
  Panelists
Prof. Martin J. Adelman
Mr. Yoshiyuki Inaba
Mr. Clint Conner
Prof. Katsuya Tamai
Moderator
Mr. Robert Hollingshead
17:10 - 17:15 Closing Remarks
  Prof. Junji Annen, Chief Executive Director, PRIP/Professor, Chuo University

Morrison & Foerster LLP (provider # 2183) certifies that this activity has been approved for MCLE credit by the State Bar of California in the amount of 4.25 hours.

Morrison and Foerster LLP has been certified by the New York State Continuing Legal Education Board as an Accredited Provider of continuing legal education in the State of New York.
This continuing legal education program has been approved in accordance with the requirements of the Continuing Legal Education Board for a maximum of 5 credit hours, of which 5 credit hours can be applied toward the Professional Practice requirement.

Speakers/講師紹介

ChiefJudge_Randall Rader.jpg

ランドール R. レーダー
全米の特許事件を専属的に管轄する連邦巡回区控訴裁判所主席判事。1974年ブリンガム・ヤング大学でB.A.を、1978年ジョージ・ワシントン大学でJ.D.を取得。1988年レーガン大統領の任命により合衆国請求裁判所判事、1990年ジョージ・ブッシュ大統領により連邦巡回区控訴裁判所判事に任命され、2010年6月1日に同裁判所首席判事に就任。裁判官職を務める傍ら、教育者としても積極的に活動しており、現在はジョージ・ワシントン大学ロースクール等にて教鞭を執る。

Chief Judge Randall R. Rader is the Chief Circuit Judge on the United States Court of Appeals for the Federal Circuit. He obtained a B.A. in English from Brigham Young University in 1974 and a J.D. from George Washington University in 1978. President Ronald Reagan appointed him to the United States Claims Court in 1988. President George Bush appointed him to the Court of Appeals for the Federal Circuit in 1990. He assumed the duties of Chief Judge on June 1, 2010. Chief Judge Rader is also an educator and has taught classes on patent law and other intellectual property law at various law schools and universities.

  プログラムに戻る】 
Martin Adelman.jpg マーティン J. エーデルマン  
ジョージ・ワシントン大学ロースクールの知的財産法・先端技術法の教授、知的財産法プログラムの共同ディレクター、知的財産研究所Dean Dinwoodeyセンターの共同ディレクター。現在は主に特許法の分野において教鞭を執るが、1999年に ジョージ・ワシントン大学に転ずる前は、1973年よりミシガン州立ウェイン大学の知的財産および反トラスト法専門の教授であり、デトロイト地区において特許弁護士を務めた経験がある。

Martin J. Adelman is the Theodore and James Pedas Family Professor of Intellectual Property and Technology Law; Co-Director of the Intellectual Property Law Program; and Co-Director of the Dean Dinwoodey Center for Intellectual Property Studies at The George Washington University Law School. Earlier, Professor Adelman taught at Wayne State University Law School and practiced as a patent attorney in the Detroit area.
   【プログラムに戻る
Katsuya Tamai.jpg 玉井 克哉  東京大学先端科学技術研究センター 教授
東京大学法学部卒。東京大学助手、学習院大学法学部助教授(行政法) を経て、1990年4 月 東京大学法学部助教授 (行政法・知的財産法)。 1995年10月 東京大学先端科学技術研究センター助教授、1997年より同教授(知的財産法)。マックス・プランク知的財産法研究所(ドイツ、ミュンヒェン)、 ジョージ・ワシントン大学ロー・スクール及び連邦巡回区控訴裁判所での在外研究経験がある。現在は、慶應義塾大学特別招聘教授、政策研究大学院大学客員教授、日本音楽著作権協会(JASRAC)理事。 2004年、PRIPTokyo設立とともに常務理事に就任。

Katsuya Tamai is a professor of Intellectual Property Law at the Research Center for Advanced Science and Technology (RCAST) of the University of Tokyo. Before joining the RCAST, he served as an associate professor at the Faculty of Law. He studied IP law at the Max-Planck-Institute for the IP Law in Munich (1989-92) as well as at the George Washington University Law School and the U.S. Court of Appeals for the Federal Circuit (1999-2000). In addition to his professorship at the University of Tokyo, Prof. Tamai teaches at the National Graduate Institute for Policy Studies (GRIPS) and Keio University as an adjunct professor. He is also a Board Member at Japanese Society for Rights of Authors, Composers and Publishers (JASRAC).
    【プログラムに戻る
Yoshiyuki Inaba.jpg 稲葉 良幸  TMI総合法律事務所パートナー
上智大学理工学部卒業後、鵜沼特許事務所入所。1974年に弁理士登録後、米国へ留学するとともに、ロサンゼルスのコーダ・アンド・アンドローラ法律特許事務所及びワシントンD.C.のスティーブンス・デービス・ミラー・アンド・モーヂャ法律事務所に約2年半勤務。鵜沼特許事務所への復帰を経て、稲葉特許事務所開設。その後、TMI総合法律事務所を開設し現在に至る。特許・商標についての侵害訴訟、審決取消訴訟、無効審判、侵害・有効性の鑑定、プロセキューション、その他知的財産に関するアドバイスに数多く携わる。2004年特定侵害訴訟代理業務付記登録。1998年よりサンタクララ大学ロースクールのサマープログラム担当教授。また、2007年から2008年には日本弁理士会副会長を務めた経験を持つ。

Yoshiyuki Inaba is a co-founding partner of TMI Associates, the fifth largest Japanese law firm. He heads the intellectual property group with his expertise in patent and trademark prosecution and enforcement. He graduated from Sophia University (B.Sc., Mechanical Engineering, 1973) and became qualified as a Japanese patent attorney in 1974. He has over 30 years of experience in the industry and has earned the reputation of being a top-level IP practitioner. He oversees the daily management of each client's IP portfolio, ensuring proper protection is obtained and the client's interests are fully covered. He also handles and supervises patent and trademark lawsuits at both the district and IP high court levels as well as invalidation procedures at the Japan Patent Office. In negotiations, including licensing, transfers, and general cooperative arrangements, his attention to detail promises the parties involved a reasonable, amicable, hassle-free transaction. In addition to his private practice, he has served as a vice-president for the Japanese Patent Attorney Association among other professional organizations. He also teaches a class on Japanese IP law at Santa Clara University (CA).
  プログラムに戻る
taro_isshiki.jpg 一色 太郎
一色外国法事務弁護士事務所設立前は、モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所においてパートナーを務める。同事務所に勤務した13年間中、IP訴訟を含む多岐にわたる商事紛争事案を専門に取り扱う。特許訴訟、敵対的ライセンス交渉及びトレードシークレット紛争に関する案件を中心に取り扱い、またそれ以外にも、著作権、契約違反、製造物責任、詐欺事件等の商事紛争について代理人を務め、これまでに、連邦・州裁判所や国際貿易委員会(ITC)で合計30件以上の訴訟案件を担当した経験を有する。1995年コーネル大学卒業(B.A.)、1998年ジョージワシントン大学ロースクール修了(J.D.)。カリフォルニア州及びワシントンD.C.において弁護士登録。日本国内では外国法事務弁護士(第二東京弁護士会外国特別会員)

Taro Isshiki
Prior to founding Isshiki International Law Office in 2011, Taro Isshiki was a partner at Morrison & Foerster. During his 13 years at Morrison & Foerster, Mr. Isshiki specialized in a variety of commercial disputes, with a particular focus on IP litigation and counseling. He regularly represented clients in patent litigation, adversarial license negotiations and trade secrets disputes. In addition, he represented clients in copyright, breach of contract, product liability, fraud and other commercial disputes. He has represented clients in over 30 cases in federal and state courts as well as before the International Trade Commission. Mr. Isshiki received his B.A. from Cornell University in 1995 and his J.D. from The George Washington University Law School in 1998. He is qualified to practice in California and the District of Columbia. He is a registered foreign lawyer (gaikokuho jimu bengoshi) in Japan.
   【プログラムに戻る
jacobs_michael.jpg マイケル・ジェイコブス 
サンフランシスコオフィス パートナー。ハイテクノロジーおよび知的財産関連の訴訟を主に担当する法廷弁護士。35件を超える特許訴訟において、情報技術、ライフサイエンス関連企業を代理。紛争の早期段階で勝利に導いた案件も多数。また、数多くの注目を浴びた仲裁も手掛け、仲裁手続と裁判手続との相互作用を伴う事案も担当。当事務所の知的財産業務グループの共同創設者であり、現在はライフサイエンス業務グループのトップを務める。1977年スタンフォード大学卒業。1983年イェール大学よりJ.D. 取得。カリフォルニア州で弁護士登録。

Michael Jacobs is a trial lawyer who concentrates his practice on litigation of high-technology and intellectual property matters. He has represented information technology and life sciences companies in over 35 patent lawsuits, often prevailing at early stages of the dispute. He has also handled numerous high-profile arbitrations, several of which involved the interplay between arbitration and court proceedings. Mr. Jacobs is the co-founder of the firm's Intellectual Property Practice Group, and currently heads its Life Sciences Practice Group. He received B.A. from Stanford University in 1977 and J.D. from Yale University in 1983. He is a member of the bar of California.
   【プログラムに戻る
londen_jack.jpg ジャック W. ロンデン 
東京オフィス訴訟部門のパートナー。およそ30年にわたり訴訟業務を担当し、連邦裁判所や州裁判所の第一審から上訴審にいたる特許訴訟をはじめとする多くの複雑な商事訴訟を手がけている。また、M&A取引から生じる多くの商事仲裁事件に携わるほか、公教育、公民権その他公益にかかわる重大な案件を担当している。The Legal 500 Asia Pacific の2011/2012年版では、 紛争解決部門で推薦された。1975年にハーバード大学よりA.B.を準最優等で取得、1978年にイェール大学ロースクールよりJ.D.を取得。カリフォルニア州とアリゾナ州の法曹協会会員。1979年から1980年まで、カリフォルニア州北部地区連邦裁判所において、ウィリアム W. シュワーザー判事のロークラークを務めた。第二東京弁護士会外国特別会員。

Jack Londen is a trial lawyer with almost 30 years of experience in patent litigation and other areas of complex commercial litigation in federal and state courts at the trial court and appellate levels. He has also handled many commercial arbitration matters arising from merger and acquisition transactions. In addition, he has led significant cases involving public education, civil rights, and other public interest matters. Mr. Londen is highly recommended in the field of Dispute Resolution in The Legal 500 Asia-Pacific, 2011/2012 edition. He received his A.B. degree from Harvard College in 1975, magna cum laude, and his J.D. degree from Yale Law School in 1978. He is a member of the bars of California and Arizona. He served as law clerk to the Honorable William W Schwarzer, U. S. District Court for the Northern District of California, during 1979 and 1980.
  プログラムに戻る
hollingshead_robert.jpg

ロバート ホリングスヘッド 
東京オフィスのビジネス部門及び訴訟部門のパートナー。登録パテントアトーニー。主に電子工学、半導体、コンピュータ、ソフトウェア、電気通信、医療機器及び機械工学に関する特許訴訟、提訴前カウンセリング、仲裁、特許意見書関連業務、敵対的交渉及び知的財産取引に携わる。カトリック大学コロンバス・スクール・オブ・ローではCommLaw Conspectus 誌の編集に携わり、同大学よりJ.D.を取得。ジョンズ・ホプキンス大学よりM.S.(電気工学)、メリーランド大学よりB.S.(電気工学及び数学)を取得。ワシントンD.C.、メリーランド州及び連邦巡回控訴裁判所にて弁護士登録。外国法事務弁護士。また、米国特許商標庁にも弁護士登録。

Robert Hollingshead is a partner and registered patent attorney working in Morrison & Foerster's Business and Litigation groups in Tokyo. Mr. Hollingshead's practice focuses on serving clients in the areas of patent litigation, pre-litigation counseling, arbitration, opinion work, adversarial negotiations, and intellectual property transactions concerning electronic, semiconductor, computer, software, telecommunications, medical device, and mechanical technologies. He holds an M.S. degree in electrical engineering from the Johns Hopkins University and dual B.S. degrees in electrical engineering and mathematics from the University of Maryland. Mr. Hollingshead is admitted to practice in the District of Columbia, Maryland, Japan as a Gaikokuho-Jimu-Bengoshi (registered foreign lawyer), the U.S. Court of Appeals for the Federal Circuit, and the U.S. Patent and Trademark Office.

   【プログラムに戻る
conner_clint.jpg

クリントン L. コナー 
東京オフィス訴訟部門のオブ・カウンセル。主に特許訴訟その他の知的財産権関連案件(特許ライセンス供与、訴訟前の特許紛争解決、特許再審査および商標訴訟を含む)を手掛ける。2003年にノースカロライナ大学ロースクールよりJ.D.、1997年にミシガン大学よりIndustrial and Operations Engineeringの理学士号を取得。ロースクール入学前はエンジニアとして国際的な通信会社に勤務。2009年より日本に在住し、東京にある大手渉外法律事務所を経て当事務所に入所。カリフォルニア州、ニューヨーク州にて弁護士登録。米国特許商標庁の代理人資格を有する。外国法事務弁護士(原資格国:アメリカ合衆国ニューヨーク州)。

Clint Conner is an Of Counsel in the Litigation Department of Morrison & Foerster's Tokyo office. His practice focuses on patent litigation and other intellectual property matters, including patent licensing, pre-litigation patent dispute resolution, patent reexaminations, and trademark litigation. Clint received his JD from the University of North Carolina School of Law in 2003 and his BSE in Industrial and Operations Engineering from the University of Michigan in 1997. Clint worked as an engineer with a global telecommunications company before attending law school. He has been a resident of Japan since 2009 and came to Morrison & Foerster from another major international law firm in Tokyo. Clint is admitted to practice law in California, New York, Japan as a Gaikokuho-Jimu-Bengoshi (registered foreign lawyer), and the U.S. Patent and Trademark Office.

   【プログラムに戻る
teraguchi_yuka.jpg 寺口 由華  
東京オフィスのアソシエート。 特許訴訟を中心に知的財産関連の紛争を専門とする。これまでに、コンピュータ/エレクトロニクス産業のさまざまな企業を代理。モリソン・フォースター入所前は、米国連邦巡回区控訴裁判所首席裁判官Randall R. Raderのロークラークを務める。スタンフォード大学にてコンピュータサイエンスのB.S.取得後、ジョージ・ワシントン大学ロースクールにてJ.D.取得。

Yuka Teraguchi is an associate in Morrison & Foerster's Tokyo office. Her practice focuses on intellectual property disputes, with an emphasis on patent litigation. Ms. Teraguchi has previously represented various companies in the computer and electronics industries. Prior to joining the firm, Ms. Teraguchi served as a law clerk to the Honorable Randall R. Rader, Chief Judge at the U.S. Court of Appeals for the Federal Circuit. Ms. Teraguchi earned her J.D. at the George Washington University Law School. She received her B.S. in Computer Science from Stanford University.
  プログラムに戻る

page up