イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Events

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2006. 05.25

【セミナー終了】 「米国訴訟におけるE-ディスカバリー:日本企業が考慮すべき法的かつ戦略的事項」セミナー開催

米国訴訟における E- ディスカバリー:
日本企業が考慮すべき法的かつ戦略的事項

E-Discovery in American Litigation:
Legal & Strategic Considerations for Japanese Companies


2006年5月25日パレスホテル ローズルーム
May 25, 2006, Palace Hotel Tokyo, Rose Room



上記セミナーを 5 月 25 日(木) 東京・皇居前パレスホテル にて開催させていただくことになりました。ご多忙中とは存じますが、ぜひご参加いただきたくご案内申し上げます。

昨今のビジネス取引においては、膨大な電子文書の作成、使用および保管が必須となっています。日本企業においては、今後も米国での訴訟に関与することになると思われるため、電子証拠開示 (E- ディスカバリー ) について理解する必要性がますます高まってきています。

モリソン・フォースター東京オフィスには、 E- ディスカバリー問題に関する豊富な経験を有する訴訟部門の弁護士がおります。当セミナーでは、米国の法律上における電子文書の作成や管理、および訴訟が生じた場合のディスカバリー義務と最初に講じるべき重要な対策について説明します。また、文書保管に関する方針およびディスカバリー中のコスト・シフティング、優先的なレビューおよび E- ディスカバリーに関する新たな連邦規則案における最近の主要な事例や展開についても説明します。

当セミナーの参加は無料で、当日は英日の同時通訳をご用意いたします。(詳しくはプログラムをご参照下さい。)参加ご希望の方は、 e-mail (tkseminar@mofo.com)にて5月22日(月)までにご返送下さい。

各セミナー会場でお会いできることを楽しみにしています。
 

We are pleased to invite you to our firm's seminar, E-Discovery in American Litigation: Legal & Strategic Considerations for Japanese Companies to be held on Thursday, May 25, 2006, at the Palace Hotel in Tokyo .

Current business practices necessarily involve the creation, use, and retention of large volumes of electronic documents. As Japanese companies continue to be involved in litigation in the United States, there is an ever increasing need for understanding of the ins and outs of electronic discovery ("e-discovery").


Litigation attorneys at Morrison & Foerster's Tokyo office are experienced with e-discovery issues, and this seminar will provide the opportunity for audience members to learn not only about the creation and management of electronic documents in a U.S. legal context, but also about discovery obligations and crucial initial steps when litigation arises. We will discuss document retention policies, as well as key recent cases and developments in the areas of cost-shifting during discovery, privilege review, and the proposed new federal rules concerning e-discovery.

Please find the program for the seminar and a reservation form. Attendance at the seminar is free of charge, and simultaneous translation from English to Japanese will be provided. To register for the seminar, please e-mail at tkseminar@mofo.com.

We look forwarding to seeing you at the seminar.


PROGRAM ◆ プログラム

2:30 - 2:35
ご挨拶 Welcome

アラン・コープ・ジョンストン / モリソン・フォースター 東京オフィス
Alan Cope Johnston, Morrison & Foerster Tokyo Office


2:35 - 3:00
法的リスクを極小化するための電子文書の作成および管理
Creating and Managing Electronic Documents to Minimize Legal Risks for Your Company

一色 太郎 / モリソン・フォースター 東京オフィス
Taro Isshiki, Morrison & Foerster Tokyo Office


3:00 - 3:25
訴訟が提起された場合どう対処すべきか:「リティゲーションホールド ( 証拠保全 ) 」の実施
What to Do When Litigation Arises: Implementing the "Litigation Hold"

ジェームズ E. ハフ / モリソン・フォースター 東京オフィス
James E. Hough, Morrison & Foerster Tokyo Office


3:25 -3:50
米国訴訟における E- ディスカバリーの重要性の高まり:重要な問題点と油断による落とし穴
The Growing Importance of Electronic Discovery in U.S. Litigation: Key Issues and Traps for the Unwary

ピーター J. スターン / モリソン・フォースター 東京オフィス
Peter J. Stern, Morrison & Foerster Tokyo Office


3:50 - 4:10 *** 休憩 BREAK ***

4:10 - 5:00
パネルディスカッション:今後の E- ディスカバリーについて / 質疑応答
Panel Discussion: The Future of E-Discovery / Q&A Session

アラン・コープ・ジョンストン / モリソン・フォースター 東京オフィス
Alan Cope Johnston, Morrison & Foerster Tokyo Office

一色 太郎 / モリソン・フォースター 東京オフィス
Taro Isshiki, Morrison & Foerster Tokyo Office

ジェームズ E. ハフ / モリソン・フォースター 東京オフィス
James E. Hough, Morrison & Foerster Tokyo Office

ピーター J. スターン / モリソン・フォースター 東京オフィス
Peter J. Stern, Morrison & Foerster Tokyo Office


*****
Morrison & Foerster LLP (provider # 2183) certifies that this activity has been approved for MCLE credit by the State Bar of California in the amount of 2.0 hours.


東京パレスホテル ローズルーム(2階)

palace-hotel.gif

 
Palace Hotel Rose Room (2F) 

palace-hotel-e.gif

 

 

page up