イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Events

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2006. 03.01

【セミナー終了】 「米国における製造物責任と消費者訴訟」セミナー開催 (大阪、東京)

2006年
「米国における製造物責任と消費者訴訟」
~リスクを回避、対処、軽減するためにできること~

Product Liability and Consumer Litigation in the United States
2006 Seminar
What You Can Do to Prevent, Manage and Mitigate Risk

大阪:2006年2月28日 ザ・リッツカールトン大阪 ザ・テラスルーム
Osaka : February 28, 2006, The Ritz-Carlton Osaka, The Terrace Room

東京:2006年3月1日 帝国ホテル 孔雀西の間
Tokyo : March 1, 2006, Imperial Hotel Tokyo, Peacock Room West

 

上記セミナーを2月28日(火)大阪、3月1日(水)東京にて各々開催させていただくことになりました。ご多忙中とは存じますが、ぜひご参加いただきたくご案内申し上げます。

多くの日本企業が米国において複雑な製造物責任および消費者詐欺の訴訟問題に直面していると思われますが、当セミナーではこのような問題をめぐるリスクを取り上げ、問題が発生する前にそれを回避する方法、提訴された場合の対処や、リスクを軽減するための方法について解説します。欠陥製品に関する米国の製造物責任法の概説に加えて、特に、集団訴訟、複数管轄地訴訟、連邦消費者製品安全法、カリフォルニア州ビジネス・プロフェショナルコードのセクション17200、カリフォルニア州プロポジション65などの製造物責任を基礎づける規制や法制、そして警告、リコール、その他実践的な防止と対処戦略について説明します。また、連邦集団訴訟改革法2005およびカリフォルニア州プロポジション64などの米国内の法律の最新の動向についても解説します。

当セミナーの参加は無料で、当日は英日の同時通訳をご用意いたします。セミナー終了後はレセプションを予定しております。(詳しくはプログラムをご参照下さい。)
参加ご希望の方は、参加申込書にご記入の上、ファックス(03-3214-6512)またはe-mail(tkseminar@mofo.com)にて2月24日(金)までにご返送下さい。

各セミナー会場でお会いできることを楽しみにしています。
席には限りがありますのでお早めにお申し込み下さい。

We are pleased to invite you to our firm's Product Liability and Consumer Litigation in the United States 2006 Seminar: What You Can Do to Prevent, Manage and Mitigate Risk to be held on Tuesday, February 28, 2006, at the Ritz-Carlton Hotel in Osaka and on Wednesday, March 1, 2006, at the Imperial Hotel in Tokyo.

Complex product liability and consumer fraud litigation in the United States is a risk faced by many Japanese companies. This seminar will help you understand and identify the risks, prevent problems before they arise, and, if you are sued, manage and mitigate risk. In addition to a summary of U.S. law on liability for defective products, topics covered will include class actions and multi-district litigation (MDL), regulatory and statutory bases for liability, such as the federal Consumer Products Safety Act, California Business and Professions Code Section 17200 and California Proposition 65, and warnings, recalls and other practical prevention and remediation strategies. We will also discuss recent developments in the law, such as the federal Class Action Fairness Act of 2005 and California Proposition 64.

Please find the program for the seminar and a reservation form. Attendance at the seminar is free of charge, and simultaneous translation from English to Japanese will be provided. The seminar will begin at 2:00 p.m., followed by a reception beginning at 5:15 p.m. To make a reservation, please complete the enclosed RSVP form and return it to us by fax (03-3214-6512) by Friday, February 24, 2006. You can also register for the seminar by sending us an e-mail at tkseminar@mofo.com.

We look forwarding to seeing you at the seminar.


プログラム・PROGRAM

2:00 - 2:05
ご挨拶 Welcome

A.C. ジョンストン/ モリソン・フォースター 東京 オフィス
Alan Cope Johnston, Morrison & Foerster Tokyo Office


2:05 - 2:15
ケーススタディの紹介 Introduction to Case Study

ダニエル P. レビソン / モリソン・フォースター 東京 オフィス
Daniel P. Levison, Morrison & Foerster Tokyo Office


2:15 - 2:40
米国製造物責任法:製造物責任の法的根拠
U.S. Product Liability Law: Understanding the Legal Basis for Liability

ジェームズ W. ヒューストン / モリソン・フォースター サンディエゴ オフィス
James W. Huston, Morrison & Foerster San Diego Office


2:40 - 3:05
訴訟において責任を限定するための手続的な手段と戦略
Procedural Tools and Strategies to Limit Liability in Litigation

チャールズ L. カー / モリソン・フォースター ニューヨーク オフィス
Charles L. Kerr, Morrison & Foerster New York Office


3:05 - 3:30
製造物責任を基礎づける規制および法制:リスクを認識する
Regulatory and Statutory Bases for Liability: Recognizing the Risks

ミシェル B. コーラシュ/ モリソン・フォースター サンフランシス コオフィス
Michele B. Corash, Morrison & Foerster San Francisco Office


3:30 - 3:55
リスクを回避・極小化するための実践的戦略
Practical Strategies to Prevent and Minimize Risk

ダニエル P. レビソン / モリソン・フォースター 東京 オフィス
Daniel P. Levison, Morrison & Foerster Tokyo Office


3:55 - 4:05
*** 休憩・BREAK***


4:05 - 4:45
ケーススタディ:パネルディスカッション
Case Study: Panel Discussion

ジェームズ W. ヒューストン / モリソン・フォースター サンディエゴ オフィス
James W. Huston, Morrison & Foerster San Diego Office

チャールズ L. カー / モリソン・フォースター ニューヨーク オフィス
Charles L. Kerr, Morrison & Foerster New York Office

ミシェル B.コーラシュ/ モリソン・フォースター サンフランシスコオフィス
Michele B. Corash, Morrison & Foerster San Francisco Office

ダニエル P. レビソン / モリソン・フォースター 東京 オフィス
Daniel P. Levison, Morrison & Foerster Tokyo Office


4:45- 5:15    質疑応答・Question and Answer Session

5:15 - 6:15    レセプション・Reception

*****
Morrison & Foerster LLP (provider # 2183) certifies that this activity has been approved for MCLE credit by the State Bar of California in the amount of 3.25 hours


Osaka : February 28, 2006, The Ritz-Carlton Osaka, The Terrace Room
大阪:2006年2月28日(火) ザ・リッツカールトン大阪 ザ・テラスルーム

ritz.jpg

 

Tokyo : March 1, 2006, Imperial Hotel Tokyo, Peacock Room West
東京:2006年3月1日(水) 帝国ホテル 孔雀西の間

Imperial_Hotel.jpg

 

 

page up