イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2004. 02.01

連邦巡回控訴裁判所(CAFC)は特許故意侵害と弁護士助言に関する法理の変更に踏みきるか

特許故意侵害の法理は、弁護士・依頼者間の秘匿特権に関して重要な問題を引き起こしている。特許侵害の主張を受けた者は、侵害と特許の有効性について弁護士の助言を求めなければならないのかという問題、ならびに、侵害主張を受けた者が、後に、それらの争点に関して入手した助言内容を開示せずに、弁護士・依頼者間秘匿特権を主張した場合、その入手された助言は当該特許は有効であり、かつ侵害されているとの内容であると推断することが適切なのかという問題である。

故意侵害が認定されれば3倍賠償が認められるために(35 U.S.C. § 284参照)、故意侵害は特許権者、侵害を主張された者の双方にとって重要な特許法の領域となっている。そのため、故意侵害に関するルールの変更を検討するという連邦巡回控訴裁判所 (CAFC) の最近の発表が多方面の関係者の関心を呼んでいる。 CAFCは全米の特許に関する控訴事件を担当しており、米国連邦最高裁判所の判決がなければ、CAFCによる何が故意侵害を構成するかの判決は全米で適用される法となる。

I . 背景: Knorr-Bremse事件

故意侵害とは、「特許権者の特許権を理不尽に無視」した行為のことであると定義されている。 Read Corp. v. Portec, Inc., 970 F.2d 816, 826 (Fed. Cir. 1992)。故意侵害の認定とは、基本的に、侵害を主張された者が特許を知りながら悪意で行動したとの判断である。

他者の特許権を実際に知っていて、それを侵害する可能性のある者は、当該特許を侵害しているか否かについて相当な注意を払わなければならない。この義務には通常「侵害の可能性のある活動を開始する前に弁護士の適格な助言を求め、入手する義務」が含まれる。 Underwater Devices Inc. v. Morrison-Knudsen Co., 717 F.2d 1380, 1389-90 (Fed. Cir. 1983)。また、CAFCは、侵害を主張された者が弁護士の助言を求めたか否かについて沈黙した場合には、助言を求めなかったか、または助言があったとしても、それは当該特許が有効であり、かつ侵害されているという内容のものであったと推断されると判示している。 Kloster Speedsteel AB v. Crucible, Inc., 793 F.2d 1565, 1580 (Fed. Cir. 1986)。

2001年に、一連邦地方裁判所は、侵害者が特許警告を受けた後に弁護士の助言を求めたが、弁護士・依頼者間の秘匿特権を放棄せず、その助言の内容を開示することを拒んだことを理由のひとつとして、その侵害者は故意に空気ディスクブレーキの特許を侵害したと結論している。 Knorr-Bremse Systeme Fuer Nutzfahrzeuge GmbH v. Dana Corp., 133 F. Supp. 2d 843, 863 (E.D. Va. 2001)。2003年9月26日にCAFCは、本案件を自発的に全員法廷で審理することを決定し、侵害を主張された者が弁護士の助言を求めていない場合や弁護士・依頼者間の秘匿特権を主張して、侵害に関する弁護士の助言を開示しなかった場合に故意が推断されるべきかどうかという点についての当該裁判所の先判決例を再検討する旨を発表した。344 F.3d 1336 (Fed. Cir. 2003) (per curiam)。CAFCは当事者に対して次の4つの争点について追加趣意書を提出するよう求めている。

  1. 侵害訴訟の被告が弁護士・依頼者間秘匿特権および/またはワークプロダクト特権を主張した場合、事実認定者が故意侵害について不利な推断を行うことは適切か。
  2. 被告が法的助言を求めていなかった場合、故意侵害について不利な推断を行うことは適切か。
  3. もし、裁判所が法の変更が必要であり、本件においてなされた不利な推断は撤回されるべきであると判断した場合には、本件の結論はどうあるべきか。
  4. 侵害に対する実質的な抗弁の存在は、法的助言が入手されていない場合であっても、故意侵害を否定するに十分なものであるかどうか。

II . 参考意見書の提出

問題点の重要性を認識し、CAFCは弁護士会、業界団体、政府機関に対して参考意見書の提出を求めた。(注: Amicus curiae briefsを本稿では、「参考意見書」と訳している。もともとamicus(複数形はamici)curiaeは「裁判所の友」を意味し、よって、 amicus curiae briefsとは裁判所の友として、継続している訴訟に関心のある第三者が、裁判所の許しを得て意見を述べる趣意書との意味である。)関係団体から合計24の参考意見書が提出され、その中には特許専門書の筆者である Donald S. Chisum(モリソン・フォースターLLPの顧問)がBEA Systems, Inc. およびNovell, Inc.を代理して作成した意見書が含まれている。

興味深いことに、参考意見書はすべてCAFCに対して被告が弁護士・依頼者間の秘匿特権を主張して弁護士見解の開示を拒んだ場合には、故意侵害があったと被告人に不利な推断を認めるルールの変更を求めるものであった。この点について上記モリソン・フォースターによる意見書は、弁護士の助言を求める現在の義務および不利な推断は特許法に特有なものだと指摘している。当意見書は、助言を求めることが実務上必要とされ、また沈黙によって不利な推断がなされるとすれば、侵害の可能性のある者は、問題はないとする見解のみを求めることになり、それによって弁護士・依頼者間の率直な意見交換が阻害されると述べている。他の意見書は、不利益な推断を認めることは、裁判上の戦略その他の秘密情報の開示を望まないことなど、秘匿特権を主張する正当な理由を損なうものだと警告している。

また、ほぼすべての意見書は、弁護士の助言を求めないことを選択した侵害者に対して、不利な推断を行うべきではないと主張している。この点についてモリソン・フォースターによる意見書は、そもそも特許法の分野に限り、弁護士の助言を求めなければならないという独特な義務が存在すべきではなく、弁護士の助言を入手しなかったということを理由に不利な推断が認められるべきではないと述べている。

CAFCが意見を求めた最後の問題−侵害に対する実質的な抗弁が存在する場合には故意侵害の認定が否定されるべきか−については意見書の見解は分かれている。一部の意見書は、訴訟前において侵害に対する実質的な抗弁を承知していた場合は、この抗弁の存在によって侵害者であると主張されている者の善意が示され、故意の認定は排除されると主張する。他方、事実審裁判所は侵害に対する実質的抗弁を、全体的状況考察の一要素として考慮すべきであると主張する意見書もある。

意見提出者と主張されている法的立場を示したチャートはモリソン・フォースターのリーガルアップデート(英語のみ)に記載されている。

III . 結論

Knorr-Bremse 事件のCAFC判決はまだ出されていない。しかしながら、CAFCが当事件の全員法廷による審理を決めたことや、参考意見書の圧倒的多数が故意侵害に関するCAFCのアプローチの根本的変更を支持していることから、侵害主張を受けた者は、将来、侵害の可能性を認知した場合に弁護士の助言を求める必要がなくなる可能性がある。弁護士見解の存在や、侵害を主張された者が侵害に対する実質的な抗弁を有しているかどうかは、故意の認定に当たって裁判所が今後も考慮する対象となるものと思われる。しかしながら、侵害主張を受けた者が弁護士の助言を開示せず、弁護士・依頼者間の秘匿特権を主張した場合に不利な推断を行うことが許されなくなると、特許法は秘匿特権に関して他の分野の法により近い取扱をすることとなる。


Will the Federal Circuit Revise the Law Regarding Willful Patent Infringement and the Advice of Counsel?

The law governing willful patent infringement raises important questions regarding the attorney-client privilege: Is an accused infringer required to seek the advice of an attorney on issues of infringement and patent validity? And if the accused infringer later invokes the attorney-client privilege rather than disclose the advice it obtained on these issues, is it appropriate to infer that the advice received found the patent in question to be valid and infringed?

Because a finding of willful infringement can support an award of treble damages, see 35 U.S.C. § 284, willful infringement is a key area of patent law for patentees and accused infringers alike. That is why the recent announcement of the United States Court of Appeals for the Federal Circuit ("CAFC") that it is considering changing the rules governing willful infringement has attracted widespread attention. The CAFC is charged with resolving all patent appeals nationwide; barring a ruling from the U.S. Supreme Court, its decision about what constitutes willful infringement will be the law of the land.

I . Background: The Knorr-Bremse Case

Willful infringement means acting in "wanton disregard of the patentee's patent rights." Read Corp. v. Portec, Inc., 970 F.2d 816, 826 (Fed. Cir. 1992). A finding of willful infringement is essentially a determination that the accused infringer acted in bad faith once on notice of the patent.

A potential infringer with actual notice of another's patent rights must exercise due care to determine whether he or she is infringing the patent. This duty usually includes "the duty to seek and obtain competent legal advice from counsel before the initiation of possible infringing activity." Underwater Devices Inc. v. Morrison-Knudsen Co., 717 F.2d 1380, 1389-90 (Fed. Cir. 1983). The Federal Circuit has also held that an accused infringer's silence about whether it sought the advice of counsel warrants the inference that either no advice was sought, or that any advice that was obtained found the patent in question to be valid and infringed. Kloster Speedsteel AB v. Crucible, Inc., 793 F.2d 1565, 1580 (Fed. Cir. 1986).

In 2001, a federal district court concluded that an accused infringer had willfully infringed an air disk brake patent, in part because the infringer had obtained advice from counsel after being put on notice of the patent, but had chosen not to waive the attorney-client privilege and thus had refused to disclose that advice. Knorr-Bremse Systeme Fuer Nutzfahrzeuge GmbH v. Dana Corp., 133 F. Supp. 2d 843, 863 (E.D. Va. 2001). On September 26, 2003, the CAFC announced that it was sua sponte granting en banc review of this case to reconsider its precedents on whether an inference of willfulness should be drawn where an accused infringer fails to seek the advice of counsel or invokes the attorney-client privilege rather than disclose attorney advice regarding infringement. 344 F.3d 1336 (Fed. Cir. 2003) (per curiam). The CAFC also invited the parties to submit additional briefing on four questions:

  1. When the attorney client privilege and/or the work product privilege is invoked by a defendant in an infringement suit, is it appropriate for the trier of fact to draw an adverse inference with respect to willful infringement?
  2. When the defendant has not obtained legal advice, is it appropriate to draw an adverse inference with respect to willful infringement?
  3. If the court concludes that the law should be changed, and the adverse inference withdrawn as applied to this case, what are the consequences for this case?
  4. Should the existence of a substantial defense to infringement be sufficient to defeat liability for willful infringement even if no legal advice has been obtained?

II . Amici Submissions

Recognizing the importance of these issues, the CAFC solicited amicus curiae briefs from bar associations, trade or industry associations, and government entities. Twenty-four amicus briefs were submitted by interested parties, including one on behalf of BEA Systems, Inc. and Novell, Inc., signed by patent treatise author Donald S. Chisum (Of Counsel to Morrison & Foerster LLP).

Interestingly, the amicus briefs unanimously advocated that the CAFC change the rule allowing an adverse inference of willful infringement when the defendant invokes the attorney-client privilege to prevent disclosure of an opinion of counsel. On this topic, the Morrison & Foerster brief pointed out that the current duty to obtain advice of counsel and the adverse inference are unique to patent law. This brief also expressed concern that, faced with the practical necessity of obtaining advice and with the adverse inference to be drawn from silence, potential infringers will seek only exculpatory opinions, which in turn will discourage candid attorney-client communications. Other amici warned that such an adverse inference undercuts valid reasons for wishing to assert the privilege, such as not wanting to reveal trial strategies or other confidential information.

Almost all amici took the position that an adverse inference should not be drawn against an infringer who elects not to obtain the advice of counsel. On this question, the Morrison & Foerster brief explained that since there should be no unique duty in the area of patent law to obtain the advice of counsel in the first place, there should be no adverse inference stemming from failure to obtain such advice.

Regarding the final question that the Federal Circuit asked amici to address - whether a substantial defense to infringement should defeat a finding of willfulness - amici were split. Some amici urged that where a substantial defense to infringement is known prior to the lawsuit, the existence of the defense shows the accused infringer's good faith and should preclude a finding of willfulness. Others urged that trial courts should consider a substantial defense to infringement as one factor in a totality of the circumstances review.

A chart showing the identify of all amici and the legal positions they advocated is attached to a separate Morrison & Foerster legal update (English only).

III . Conclusion

A decision from the CAFC in Knorr-Bremse is currently pending. However, the CAFC's grant of en banc review to consider this case, and the overwhelming support of amici for a sea change in the CAFC's approach to willful infringement, may suggest that in the future, an accused infringer will no longer be required to seek the advice of counsel once put on notice of potential infringement. The existence of an opinion of counsel, as well as whether the accused infringer has a substantial defense to infringement, may continue to be considered by courts determining willfulness. However, if a negative inference is no longer allowed where an accused infringer elects to invoke the attorney-client privilege rather than disclose counsel's advice, patent law will fall more closely in line with other law regarding privilege.

page up