イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2004. 04.15

カリフォルニア州控訴裁判所は既に公開されている情報のネット掲載を禁じる差止命令は言論の自由の侵害であると判断

企業秘密を保護するための差止命令に係わる控訴審の判断としては極めて異例な判断として、カリフォルニア州控訴裁判所は、先般、原告DVD Copy Control Association ("DVD CCA")が従来秘密としていたDVDコピープロテクトコード情報を被告がネット上に掲載することを禁止できないという判断を下した。同裁判所は、当該情報が掲載された当時に、その情報は既に一般の人々が広く入手でき、当該情報が不正に入手された証拠は「不十分」であり、また「仮差止命令は、DVD CCAの財産権を保護するために必要以上に言論の自由を制限している」、という理由から一審の裁判所が認めた仮差止命令を破棄している。DVD Copy Control Assoc. Inc. v. Bunner, 2004 Cal App. LEXIS 234, *17, *20, *26 (February 27, 2004).

控訴裁判所は、以前の審理において、一審の裁判所の差止命令は言論の自由を侵害する憲法違反であると判断していた。Id. at *2. しかしながら、カリフォルニア州最高裁判所は、その審理において、「一審の裁判所による差止命令がカリフォルニア州企業秘密法に基づく正当なものであるとすれば」、当該仮差止命令は米国合衆国憲法およびカリフォルニア州憲法の言論の自由を侵害しないと、判示した。Id. 差戻審において、同控訴裁判所は、この仮差止命令はカリフォルニア州の統一企業秘密法(Uniform Trade Secrets Act)("UTSA")の下で適正なものではないと判断し、仮差止命令が言論の自由を侵害したという判決を復活させた。Id. at *2, *28.

この事件は、映画産業界がDVDを「違法コピー」から保護するために開発した技術に関係するものであった。「CSS」という名称の当技術は、DVDディスクのデータにスクランブルを施すものである。「スクランブル」によって、DVDの内容のコピーが妨げられ、DVDは保護されたコードを解読可能な「対応 DVD プレーヤー」を利用してはじめて再生可能となるものであった。

控訴裁判所は、映画産業界が厳格なライセンス制度を考案し、技術秘密を厳重に守ることに同意することをすべてのライセンシーに要求することなど、CSS技術の秘密を守る合理的な措置を講じたと指摘している。Id. at *4-5. 控訴裁判所はまた、違法コピーを防ぐためのDVD保護技術が使われるようになると、「相当数の人々が、CSS保護システムの秘密を破ることに関心を持つようになった」と述べている。Id. at *7. とりわけ、リナックス(Windows代替OS)のユーザーは、リナックスを用いるコンピュータ上ではCSSによって暗号化されたDVDは読めなかったためにCSS技術の解読に関心を持つことになった。DVD CCAは、リナックス上で動くコンピューターのためのDVDドライブの生産者にCSS技術のライセンスを与えていなかったからである。Id. 裁判所は、「CSSは暗号に関する学会や・・・・・コンピュータープログラマーの間で人気のあるwww.slashdot.orgなどのウェブサイトで幅広く分析され議論の対象とされた」と述べている。Id. at *8.

slashdot.orgの会議を読んだり、それに参加することによって、被告Andrew Bunnerは、CSSのコードが破られ、「DeCSS」コード技術がウェブ上で入手でき、CSSの暗号の入ったDVDを読んだり、コピーするのに使えることを1999年の10月に知り、「BunnerはDeCSSが他のリナックス・ユーザーにとっても役立つと考え」、DeCSSに関する情報やDeCSS コードへのリンクを自分のウェブ上に掲載した。Id. at *9.

DVD CCAは、Bunnerを含め、DeCSSに関する情報を掲載または配布していたことを認定できたすべての人を訴えた。「この訴訟は、プログラム業界の多くの関係者の怒りを招いた。」Id. at * 11. DeCSSの支持者たちは、「コードの一部が背中の部分に印刷されたTシャツを着て」、「[DeCSS]情報を急速に広めるためのアイディアを募るコンテスト」を行った。

DVD CCAは、一審の裁判所に仮差止命令を求めた。一審裁判所は仮差止命令を出し、次のように判示した。

  1. 「情報が単にインターネットに掲載されたからといって、企業情報の秘密性が失われたと見なされるべきではない。「秘密性が失われたと解釈することは、企業秘密の不正利用者に対して、不正行為によって得られた結果を、できるだけ速やかに、かつ広範にインターネットに掲載して、それによって企業情報の秘密性を永久に奪うことを奨励することに他ならないからである。」Id. at *12 (第一審の裁判からの引用).
  2. 企業秘密がライセンス契約の条件に違反するリバースエンジニアリングによって入手されたことは「かなり明白」なことであり、一部の被告が法の無視を自慢していることから判断すれば、企業秘密が不正な方法によって入手されたものと推断できる」。Id.
  3. 「衡平さの比較考量は、DVD CCAに傾く」。Id.

第一審裁判所は、被告がDeCSS情報を配布することを差し止められなければ、「CSSを企業秘密として保護し、DVDの違法コピーを防ぐ権利を失うので」、DVD CCAは回復不可能な損害を蒙る、と判断した。Id.

カリフォルニア州控訴裁判所は、第一審の判断を破棄し、仮差止命令は不当であったと判断した。同裁判所は、仮差止命令が正当であるためには、訴訟の本案において勝訴する可能性が高いことと、差止命令が認められない場合には、差止命令を求める当事者に「相対的中間損害」が発生することが証明される必要がある。Id. at *16. 裁判所は、「企業秘密の判断基準は、保護を求められている事項が、(1)他の人に知られていないために価値を有し、かつ(2)その所有者がその秘密を維持する努力をした情報であるか否かである」と判断している。Id. at *17. 裁判所は、被告が当該情報を掲載した時点においては、すでにDeCSSは広く入手できた、と述べている。「DeCSSに含まれていると主張されている専有情報が・・・・・第一審の裁判所による仮差止命令が行われる前に公知のものとなっていれば、DVD CCAが中間損害を証明できず、差止命令(開示だけを禁止できる)は不当であった。」Id.

同裁判所は、「企業秘密の不正利用が成立するためには、(1)他者の企業秘密が不正な手段によって入手されたことを現に知っているか、または知りうべき人によって、その他者の企業秘密を入手したこと、または(2)他者の企業秘密が・・・・・明示もしくは黙示の承諾なしに、その開示もしくは利用の時において、企業秘密に関する自分の知識が、不正手段を利用して当該情報を入手した人から、またはかかる人を通じて得られたものであることを現に知り、または知りうべき人によって開示もしくは利用されたことが必要である」と述べている。Id. at *18.

裁判所は、「秘密を侵害するプログラムが実際に不正な手段によって作成された」ことを示す証拠は乏しいためで、DVD CCAは勝訴の可能性を証明できなかったと判示した。リバースエンジニアリングそれ自体は不当な方法ではない。Id. at *20-21. 更に、裁判所は、DeCSSが不正な方法によって入手されたとしても、「誰もが情報を入手できる状態となった以上、情報がもともと非倫理的なものであることを知っていたからと言って、当該情報を再掲載したことに対して[当該情報を配布した]すべての人が企業秘密法に基づく責任を問われることにはならない」と述べている。Id. at *21.

裁判所は、「損害の比較考量」においても、DVD CCA側に有利な判断はできない、その理由は「DVD CCAがDeCSSの公開を止めさせるための法的手段を講じる前に、当該技術はその入手に強い関心がある人々にとってすでに入手可能なものとなっていた」からだと判断している。Id. at *26. 従って、DVD CCAは、仮差止命令によって原告が既に蒙った「損害以外の損害や新たな損害」の発生を防ぐことができる旨を証明できなかった。Id. 更に、同裁判所は、双方が蒙る損害を対照する際に、第一審の裁判所は被告の合衆国憲法修正第1条の権利を考慮に入れていないと述べている。裁判所は、仮差止命令がUTSA法上正当と言えず、従って、「DVD CCAの財産権を保護するために必要な範囲を超えて言論の自由を制限し、被告Bunnerの言論の自由に対する違法な事前抑制であった」と判示している。Id. at *28 (citing DVD Copy Control Assoc. Inc. v. Bunner, 31 Cal. 4th 864, 889 (2003)).

今回の判決は、企業秘密である技術を守る際に直面する複雑な問題点を示すものである。多くの人々がセキュリティー技術の秘密を破ることに関心を抱いている現状では、UTSAは企業が望んでいる保護を与えてくれない可能性がある。既に公開されて、秘密ではなくなった情報を単に「再公開」するだけの人々の責任を問うのではなく、企業はまず情報の秘密を守り、情報の最初の不正利用者に目標を定める必要性が増したことになる。


The Trade Secret's Out: Injunctive Relief to Prevent Web-Posting of Already Public Information Violates Free Speech

In a rare appellate decision involving injunctive relief to protect trade secrets, the California Court of Appeal recently held that a defendant could not be enjoined from posting plaintiff DVD Copy Control Association's ("DVD CCA") formerly secret anti-DVD copying code information on a website. The Court reversed the trial court's grant of a preliminary injunction, because the information was already widely available to the public at the time of the posting, there was only "sparse" evidence that the information had been improperly obtained, and "the preliminary injunction burden[ed] more speech than was necessary to protect the DVD CCA's property interest." DVD Copy Control Assoc. Inc. v. Bunner, 2004 Cal App. LEXIS 234, *17, *20, *26 (February 27, 2004).

The appellate court had already determined, in a prior proceeding, that the trial court's injunction was an unconstitutional restraint on free speech. Id. at *2. However, the California Supreme Court granted review, and held that "assuming the trial court properly issued the injunction under California trade secret law," the preliminary injunction would not violate the free speech clauses of the United States and California Constitutions. Id. On remand, the appellate court determined that the preliminary injunction was not warranted under California's Uniform Trade Secrets Act ("UTSA") and therefore reinstated its holding that the preliminary injunction violated free speech. Id. at *2, *28.

This case involved technology developed by the motion picture industry to protect DVDs from being "pirated" or copied without authorization. The technology, known as "CSS," scrambles the data on a DVD disk. This "scrambling" prevents the DVD's content from being copied, and only allows the DVD to be played on a "compliant DVD player," i.e., a player equipped to unscramble the security code.

The appellate court indicated that the motion picture industry took reasonable steps to keep the CSS technology secret, including devising a restrictive licensing scheme that required all licensees to agree to strictly maintain the confidentiality of the technology. Id. at *4-5. The appellate court also noted that once manufacturers started using the DVD-security technology to prevent copying, "a number of people became interested in unraveling the CSS security system." Id. at *7. In particular, users of Linux (an alternative operating system to Windows) were interested in decoding the CSS technology, because computers using Linux were incapable of reading the CSS-encrypted DVDs, as the DVD CCA had not licensed the CSS technology to anyone making DVD drives for computers that run Linux. Id. The Court noted, "CSS was widely analyzed and discussed in the academic cryptography community . . . [and] on websites popular with computer programmers," such as www.slashdot.org Id. at *8.

As a result of reading and participating in discussions on slashdot.org, the defendant in this case, Andrew Bunner, got wind in October 1999 that the CSS code had been cracked, and that "DeCSS" code technology was available on the web and could be used to read or copy DVDs that were CSS-encrypted. "Bunner thought DeCSS would be useful to other LINUX users" and therefore posted information about DeCSS, and links to the DeCSS code on his website. Id. at *9.

The DVD CCA brought suit against anyone it could identify that was posting or disseminating information about DeCSS, including Bunner. "The lawsuit outraged many people in the programming community." Id. at * 11. Proponents of DeCSS wore "tee shirts with parts of the code printed on the back" and held "contests encouraging people to submit ideas about how to disseminate the [DeCSS] information as widely as possible."

The DVD CCA sought a preliminary injunction from the trial court. The trial court issued a preliminary injunction, finding that:

  1. "[T]rade secret status should not be deemed destroyed merely because the information was posted on the Internet, because 'to hold otherwise would do nothing less than encourage misappropriaters [sic] of trade secrets to post the fruits of their wrongdoing on the Internet as quickly as possible and as widely as possible thereby destroying a trade secret forever.'" Id. at *12 (quoting the trial court).
  2. "[T]he evidence was 'fairly clear' that the trade secret had been obtained through a reverse engineering procedure that violated the terms of [the] license agreement and, based upon some defendants' boasting about their disrespect of the law, it could be inferred that the trade secret had been obtained through improper means." Id.
  3. "The balancing of the equities favored DVD CCA." Id.

The trial court found that unless the defendants were enjoined from disseminating DeCSS, DVD CCA would be irreparably harmed as it would "lose the right to protect CSS as a trade secret and to control unauthorized copying of DVD content." Id.

The California Court of Appeal reversed, holding that the preliminary injunction was not proper. The Court stated that for a preliminary injunction to be proper, there must be a showing of a likelihood of success on the merits and of "relative interim harm" to the party seeking the injunction if the injunction does not issue. Id. at *16. The Court stated, "the test for a trade secret is whether the matter sought to be protected is information (1) that is valuable because it is unknown to others and (2) that the owner has attempted to keep it secret." Id. at *17. The Court held that by the time the defendant posted the information, the DeCSS was already widely available to the public.
"[I]f the allegedly proprietary information contained in
DeCSS . . .had become public knowledge by the time the trial court granted the preliminary injunction, the injunction (which only prohibits disclosure) would have been improper because DVD CCA could not have demonstrated interim harm." Id.

The Court delineated that "misappropriation of a trade secret requires "(1) acquisition of a trade secret of another by a person who knows or has reason to know that the trade secret was acquired by improper means; or (2) Disclosure or use of a trade secret of another without express or implied consent by a person who . . . At the time of disclosure or use, knew or had reason to know that his or her knowledge of the trade secret was derived from or through a person who had utilized improper means to acquire it." Id. at *18.

The Court held that DVD CCA could not demonstrate a likelihood of success on the merits because there was only "sparse" evidence that "the offending program was actually created by improper means. Reverse engineering alone is not improper means." Id. at *20-21. Furthermore, the Court held that even if DeCSS had been obtained by improper means, "it does not necessarily follow that once the information became publicly available everyone else [who distributed the information] would be liable under the trade secret laws for republishing it simply because they knew about its unethical origins." Id. at *21.

The Court also held that "the balance of the harms" did not favor DVD CCA because before "DVD CCA first took legal action to stop publication of DeCSS, the technology had already become available to those most interested in obtaining it." Id. at *26. Therefore, DVD CCA could not show that a preliminary injunction would prevent "more or different harm" than the plaintiff had already suffered. Id. Additionally, the Court noted that, in balancing the relative hardships, the trial court had failed to take into account the defendant's First Amendment rights. The Court held that the preliminary injunction was not proper under the UTSA, and therefore "burden[ed] more speech than necessary to protect DVD CCA's property interest and was an unlawful prior restraint upon Bunner's right to free speech." Id. at *28 (citing DVD Copy Control Assoc. Inc. v. Bunner, 31 Cal. 4th 864, 889 (2003)).

This decision evidences the complicated issues involved in attempting to protect valuable trade secret technology. When faced with large segments of the public interested in circumventing secret security technology, companies may not find the refuge they hope for in the UTSA. Rather than going after mere "re-publishers" of already publicly available former secrets, companies will need to focus on greater measures to keep their information secret, and on targeting the people originally responsible for any misappropriation.

page up