イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2004. 08.01

米国のディスカバリー手続は、米国外の行政訴訟と裁判手続でも活用可能

ジェームズ・ハフ
伊藤 彰浩

米国での訴訟は、米国法が公判前のディスカバリー手続を広範に許容しているため、通常、米国外での訴訟より多額の費用を要します。しかし、連邦裁判所には、米国外での訴訟で利用される場合にも、米国での訴訟と同様の広範なディスカバリーを命じる権限がある点は、あまり訴訟当事者に知られていません。連邦最高裁は、先日、インテル対アドバンスト・マイクロ・デバイシーズ(AMD)訴訟*1 において、米国のディスカバリー手続が米国外での訴訟手続でも米国内と同様に幅広く活用可能であると判示しつつ、制度の乱用を防止するための重要な制限を課しました。

同訴訟は、AMDが、インテルの競争阻害行為の調査に当たっている欧州委員会に対し、インテルの行動に関する情報を提供するために、ディスカバリー請求を行ったことに端を発しています。(欧州委員会の調査は、AMDの不服申立を踏まえて開始されました。)AMDがその主張の根拠とした(米国法典セクション 1782)*2は、 「あらゆる利害関係者」の要求に基づいて「米国外の法廷あるいは国際法廷における訴訟手続において使用するために」文書のディスカバリー及び宣誓供述書による証言を命じる権限を連邦裁判所に認めています。

最高裁判所の判決は、4つの重要論点に触れ、AMDの主張するセクション1782の広義な解釈を概ね認めました。

  • 「米国外でのディスカバリーの要件」は存在しない。従来、連邦巡回控訴裁判所は、セクション1782の解釈に関し、同セクションが米国のディスカバリー制度を、同様のディスカバリーを認めていない国で利用する目的で使うことを許容するかについて、見解が一致していませんでした。こうした控訴裁判所間の解釈の相違を解決するため、最高裁判所は、同セクションの文理解釈や立法過程の検討に基づき、同セクションが米国のディスカバリーを利用できるのは、係争地である米国外の国が米国と同様のディスカバリーを認めている場合に限定されないと判断しました。
  • 「あらゆる利害関係者」もセクション1782に基づいて保護を求めることができる。最高裁判所は、セクション1782が「あらゆる利害関係者」(「裁判所による保護を求める合理的な利益」を有する人として定義)のディスカバリー請求を許容する旨判示しました。同裁判所は、「利害関係者」が米国外の訴訟手続での実際の当事者に限定されるとするインテルの主張を退けました(AMDは調査対象者ではありませんでしたが、上述のとおり、AMDの申立を部分的な根拠として、欧州委員会は調査開始決定を行いました。)
  • 「法廷」とは、「第一審の裁判機関」を意味します。セクション1782は、「米国外法廷または国際法廷」の関係者を保護する趣旨です。最高裁判所は、米国外の裁判管轄地域には多様な司法手続、準司法的手続および行政訴訟手続があることからして、いかなる性質の手続についてディスカバリーが認められるかを指針で明らかにすることが賢明であると判断しています。同裁判所は、「第一審裁判所」の役割を果たしている機関は、「法廷」の条件を満たすと判断しています。
  • 訴訟手続は「係属中」である必要はない。最高裁判所は、セクション1782が「係属中の」訴訟手続に限定されているというインテル側の主張を否定しました。「刑事、民事、行政その他の性質」の「訴訟手続または調査」は、それに基づいて再審可能な判決が「合理的に予想される」場合には、常にセクション1782が適用されると判示しています。

最高裁判所が、セクション1782に基づく要求を評価する場合、連邦地方裁判所として考慮すべき要素に触れている点は、重要です。当事務所では、セクション1782の適用範囲の限定を求める側は、これら要素をその根拠として今後頻繁に援用すると予想しています。

  • ディスカバリー手続の申立人が米国外で行われている訴訟手続の参加者であるか否か。(最高裁判所は、米国外で行われている訴訟手続の参加者に対して、当該国外法廷が証拠の提示を命じることが可能であると推定されるとしています。他方、米国外の法廷が訴訟参加者以外の者に対する裁判管轄権をもたない場合がありうるので、訴訟参加者以外の者から証拠を収集する方法は、セクション1782措置に限られる場合がありえます。)
  • 米国外の法廷の性質、訴訟手続の性格、米国連邦裁判所による司法扶助を外国の政府、裁判所、その機関が受容する可能性。
  • ディスカバリー申立が、当該米国外裁判所の管轄または米国での証拠収集に関する制限または方針を逸脱する意図のものであるかどうか。
  • 申立が不当な侵害であるか、煩瑣なものであるか。

今回の最高裁判所の判示事項は広範囲ですが、セクション1782申立に関しては何点かの重要な点が未解決です。

  • 米国外の法廷から当該情報を求める請求がなく、またその裁判権が行使される国において同様なディスカバリー手続が許容されていない場合、国外の訴訟当事者にディスカバリーを命じることが妥当である時とは、いかなる時か。
  • いかなる範囲で当該ディスカバリー請求が許容されるべきか。相互的なディスカバリーが許容されている必要性があるかどうか。
  • 訴訟当事者の請求に基づいて、関連情報を有する第三者に対して当該情報の開示を強制することが可能なのか。当該請求に制限を設ける必要があるとすれば、いかなる制限を課すべきであるか。
  • 連邦裁判所は、外国の「法廷」が自身を「法廷」として認識しているか、「法廷以外」の性質のものであると認識しているのかを、どの程度考慮すべきか。本件では、最高裁判所は、欧州委員会が行った「法廷」に該当しないという主張を明らかに無視していますが、こうした結果は、連邦議会がセクション1782を立法したのは、国際協力を促進する趣旨であったことからすれば奇妙です。
  • 類似した状況の下で、外国法と連邦法の双方とも当事者によるディスカバリーの請求を許容していない場合においても、ディスカバリーが許容されるべきか。
  • 判決中の少数意見は、連邦民事訴訟手続規則には、訴訟参加者以外の者によるディスカバリー請求を制限する規定があり、これは、競合他社から情報を入手する目的のためのみに企業間でディスカバリ--を利用した争いを避ける趣旨であることを指摘しています。

U.S. Discovery Procedures May Be Used For Foreign Administrative and Court Proceedings

James Hough
Akihiro Itoh

American litigation is often more expensive than litigation in other countries because of the extensive pre-trial discovery procedures American law provides. Many litigants do not realize that federal courts are authorized to provide the same broad discovery for use in foreign proceedings. A recent decision by the U.S. Supreme Court, Intel Corporation v. Advanced Micro Devices*1, confirmed the broad availability of U.S. discovery procedures for foreign proceedings, but at the same time imposed important limitations intended to deter abuse.

The case arose from AMD's request for discovery in order to provide the information to the European Commission investigating alleged anticompetitive conduct by Intel. (The EC investigation was commenced, at least in part, based on a complaint by AMD.) The statute invoked by AMD ("Section 1782")*2 permits federal courts to order document discovery and deposition testimony "for use in a proceeding in a foreign or international tribunal" upon the request of any "interested person."

The Supreme Court's decision addressed four principal issues and largely confirmed AMD's broad interpretation of the statute:

  • There is no "foreign discovery requirement": Lower appellate courts had expressed conflicting views on whether Section 1782 permits U.S. discovery for use in countries where similar discovery is not available. The Supreme Court resolved this conflict by holding that nothing in the text of the statute or in the legislative history limits its availability to situations where the U.S. discovery sought is similar in kind to the discovery available in the foreign country at issue.
  • "Any interested person" may request assistance under Section 1782: The Supreme Court held that Section 1782 permits discovery requests by "any interested person," which it defined as a person with a "reasonable interest in obtaining judicial assistance." The Court rejected Intel's argument that "any interested person" should be limited to actual litigants in the foreign proceeding. (AMD was not a party to the EC investigation, even though its complaint had played some role in the EC's decision to open an investigation.)
  • "Tribunal" means a "first-instance decision maker": Section 1782 is designed to assist those involved in a "foreign or international tribunal." With many types of legal, quasi-legal, and administrative proceedings in foreign jurisdictions, the Supreme Court deemed it prudent to provide guidance on what kinds of proceedings qualified as such. The Court ruled that a body acting as a "first-instance decision maker" fulfilled the requirements of a "tribunal."
  • The proceedings need not be "pending": The Court rejected Intel's argument that Section 1782 is limited to "pending" proceedings. The Court held that a "proceeding or investigation," of a "criminal, civil, administrative, or other nature" qualifies under Section 1782 whenever a reviewable, dispositive ruling is within "reasonable contemplation."

Significantly, the Supreme Court noted several factors that federal district courts should consider when evaluating a Section 1782 request. We expect these factors will be heavily relied on by those seeking to limit the reach of Section 1782:

  • Whether the applicant for aid is a participant in the foreign proceeding. The Court noted that for participants in foreign proceedings, such a foreign tribunal would presumably be able to order such participants to produce evidence. On the other hand, Section 1782 assistance may be the only method available to gather evidence from nonparticipants, as the foreign tribunal may not be able to exercise jurisdiction over such parties.
  • The nature of the foreign tribunal, the character of the proceedings, and the receptivity of the foreign government, court or agency to U.S. federal court judicial assistance.
  • Whether the request is an attempt to circumvent the evidence gathering restrictions or policies of that foreign jurisdiction or the United States.
  • Whether the request is unduly intrusive or burdensome.

While extensive, the Supreme Court's decision did not resolve several important issues relating to Section 1782 requests:

  • When, if ever, will it be appropriate to order discovery from a party to a foreign proceeding if the foreign tribunal has not requested the information and does not permit comparable discovery within its jurisdiction?
  • What is the proper scope for such a discovery request? Will reciprocal discovery be required?
  • Will third parties with relevant information be compelled to produce relevant information at the request of parties to the proceedings? What limitations, if any, will be imposed on such requests?
  • How much attention a federal court should pay to a foreign entity's own view of its "tribunal" or "non-tribunal" status. In the instant case, the Court apparently ignored the European Commission assertions that it was not a "tribunal," a result that seems strange in view of the fact that Congress intended Section 1782 to improve international cooperation.
  • Whether discovery should still be permitted when a private party seeking discovery would not be entitled to that discovery both under foreign and under federal law in analogous circumstances.
  • The dissenting opinion pointed out that the Federal Rules of Civil Procedure has limited provisions for nonlitigants to obtain certain discovery, and are designed to avoid discovery battles by firms simply seeking information from competitors.

*1: 542 U.S. 241; 124 S. Ct. 2466; 159 L. Ed. 2d 355; (2004)
*2: 28 U.S.C. §1782(a)

page up