イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2004. 11.01

連邦控訴裁判所がデジタル・ミレニアム著作権法の迂回禁止条項の適用を制限

最近、連邦巡回区控訴裁判所は、デジタル・ミレニアム著作権法(DMCA、合衆国法典第17巻1201条以下)の迂回禁止条項について、合法的な競争を制限するためにDMCAを使用することはできないという解釈を行いました。チェンバレン社対スカイリンク社の判決は、法律を文字通り適用することで生じる過酷な結果を避ける形で法律を解釈するという米国裁判所の意向が表れています。

DMCAの制定から6年間、エンターテインメント業界およびテクノロジー業界の利害関係者は迂回禁止条項に強い反応を示してきました。映画業界は、DVDの成功により、DMCAを高く評価しています。DMCAの適用により、スタジオおよびその家電業界のビジネスパートナーはDeCSS(DVDで配給される映画を保護している暗号化システムを迂回することができるソフトウエア)の頒布を阻止することが認められました。しかし一方、技術者らはDMCAによりコンピューター・セキュリティーおよび画期的新製品開発の合法的な研究が阻害されたと主張しています。図書館および大学関係者は、著作権の公正使用の法理および図書館免除で認められている合法的な複製がDMCAにより阻まれるという影響があると主張しています。さらに消費者層は、プリンター用トナーのカートリッジおよびガレージドア自動開閉装置のアフター・マーケットの競合相手を強迫するために企業がDMCAを利用していると警戒しています。

1201(a)(1)条は、迂回の目的に関わらず、1201条記載の例外条項により特に認められていなければ、文言上はアクセスコントロールの迂回を禁止しています。同様に、著作権を侵害しない目的で使用される場合であっても、1201条の例外条項に該当しなければ、1201(a)(2)条および1201(b)条は迂回装置の製造・販売を禁止しています。1201(c)(1)条は1201条は著作権侵害に対する抗弁(公正使用を含む)には影響しないと規定していますが、裁判所は、公正使用は迂回による法律違反に対する抗弁にはならないと判断しました。つまり、1201条は、迂回が著作権を侵害する結果となったか否かに拘わらず、迂回行為や装置を禁止しているのだと理解されてきました。

しかしながら、チェンバレン・グループ社対スカイリンク・テクノロジーズ社の連邦巡回区控訴裁判所の判決No. 04-1118, 2004 U.S. App. LEXIS 18513 (Fed. Cir. Aug. 31, 2004) は、この認識を変更しました。スカイリンク事件では、ガレージドア自動開閉装置メーカーが、競合他社がガレージドア自動開閉装置に内蔵されたソフトウエアに不正アクセスするため技術保護対策を迂回したことを理由に、競合他社の共用送信機がDMCAに違反していると主張しました。連邦巡回区控訴裁判所は、被告のサマリージャジメント(即決判決)を認めた地方裁判所の判断を支持して控訴を棄却し、1201(a)条は「著作権法が著作権者に与える保護に合理的な関係があるアクセスの形態のみ禁止する」と解釈し(同67頁)、これが「法律を有意義とする唯一の解釈である」と述べました(同上)。また、裁判所はDMCAにおいて「議会は著作権者と著作権の付与された製品を使用する消費者との法的利益のバランスを取ろうとしている。(中略)我々がバランスをすべて度外視するようなやり方で議会の文言を解釈し、すべての使用を妨げる自由裁量権を著作権者に与えたとすれば、議会の意図が実現されない。」と述べました(同67-68頁)。よって、迂回が「著作権法に保護された権利の侵害または侵害を促す」ことを可能にするアクセスに限って、迂回装置の売買が1201(a)(2)条に違反すると裁判所は判断しました(同69頁)。原告のガレージドアメーカーのチェンバレン社は「アクセスおよび保護の決定的な関連性」を示すことができませんでした(同71頁)。原告は「著作権侵害の主張もせず、また(スカイリンク社の)送信機によるアクセスがどのようにして著作権法が保護する権利の侵害を促しているかということも説明していない」と判断されたのです(同上)。

連邦巡回区控訴裁判所は、当該判決およびUniversal City Studios, Inc. v. Corley, 273 F.3d 429 (2d Cir. 2001)訴訟の判決 (第2巡回区控訴裁判所は、1201(c)(1)条は迂回違反に対する公正使用の抗弁を規定していないと判断した)の間にある明白な矛盾を、最小限にしようとしました。Corley訴訟で原告は、争点となっている迂回プログラムDeCSSによりユーザーがCSS保護システムを迂回して、無許可で映画鑑賞・複製をすることが可能となっている証拠を提出しました。これとは対照的に、スカイリンク社の製品は、チェンバレン社のガレージドア自動開閉装置内蔵のソフトウエアの合法的使用のみを認めています。連邦巡回区控訴裁判所は、Corley訴訟の判決文の中にはアクセスが侵害を促さない場合でも、1201(a)条は責任を問うことを示唆すると解釈され得る文言があると認めました。しかしながら、「第2巡回区控訴裁判所が(中略)著作権法の意味の文脈から「アクセス」という概念を曲解する程極端なものを示唆する意図があったとは思えない(中略)」と主張しています(同55頁)。

スカイリンク社の判決によりDMCAの迂回条項関連の懸念が全て払拭された訳ではありません。本事件では迂回が侵害を促すことができないという状況のみに触れただけで、迂回が侵害および非侵害の両方の使用を促す状況については考慮されていません。連邦巡回区控訴裁判所は脚注において「我々は、107条がいつ1201条の一応の証明のある侵害 (a prima facie violation) に対する積極的抗弁となり得るかについての問題は後の判断に委ねる。」と述べています(同57頁、脚注14)。この問題は、今後の訴訟またはDMCAの法改正により解決されることになるでしょう。

備考

  1. 例えば、2002年10月、当時ホワイトハウスのサイバーセキュリティ特別顧問のリチャード・クラークは、ソフトウエアのセキュリティー上の欠陥を研究するにはDMCAの修正・改正が必要だと述べました。学術研究者に対する脅迫は法律の乱用だと言い、「DMCAはセキュリティの脆弱性の研究を阻害する影響を及ぼす可能性があったことに多くの人々は気付かなかったと思う」と述べました。(Hiawatha Bray、Cyber Chief Speaks on Data Network Security、ボストン・グローブ紙2002年10月17日号、C2)
  2. Universal City Studios, Inc. v. Corley, 273 F.3d 429 (2d Cir. 2001)参照。施行以降の1201条適用に関する考察は、Electronic Frontier Foundationの『Unintended Consequences: Five Years Under the DMCA』をご参照ください。ウェブサイトのアドレスは下記の通りです。
    http://www.eff.org/IP/DMCA/unintended_consequences.php
    (最終参照日: 2004年9月10日)
  3. 1201条の詳細な見解はジョナサン・バンドおよび一色太郎両弁護士のThe New Anti-Circumvention Provisions in the Copyright Act: A Flawed First Step, Cyberspace Lawyer at 2 (1999年2月) を参照。

Federal Appeals Court Narrows Circumvention Provisions of Digital Millennium Copyright Act

The U.S. Court of Appeals for the Federal Circuit recently has interpreted the anti-circumvention provisions of the Digital Millennium Copyright Act ("DMCA"), 17 U.S.C. Section 1201 et seq., in a manner that will prevent the use of the DMCA to restrict legitimate competition. The decision, Chamberlain v. Skylink, demonstrates the willingness of U.S. courts to interpret statutes in a manner that avoids harsh results that would follow from the literal application of the statutes.

In the six years since its enactment, the DMCA's anti-circumvention provisions have generated strong reactions from various stakeholders in the fields of entertainment and technology. The motion picture industry credits the DMCA with the enormous success of the DVD. The DMCA has permitted the studios and their business partners in the consumer electronics industry to prevent the distribution of DeCSS, software that enables the circumvention of the encryption system that protects movies distributed on DVDs. Technologists, however, have argued that the DMCA has chilled legitimate research into computer security and the development of innovative products. Libraries and universities have contended that the DMCA would have the effect of preventing lawful copying permitted under copyright's fair use doctrine or library exceptions. And consumers have noted with alarm that companies have used the DMCA to threaten competitors in after-markets for printer toner cartridges and garage door openers.

By its terms, Section 1201(a)(1) prohibits the circumvention of access controls, regardless of the purpose of the circumvention, unless the circumvention is specifically permitted by one of the exceptions contained in Section 1201. Likewise, Sections 1201(a)(2) and 1201(b) prohibit the manufacture and distribution of circumvention devices, even if they are intended to be used for non-infringing purposes, unless the devices fall within Section 1201's specific exceptions. Although Section 1201(c)(1) provided that Section 1201 did not affect defenses to copyright infringement, including fair use, courts had ruled that fair use was not a defense to a circumvention offense. In sum, Section 1201 was understood to prohibit circumvention activity and devices, regardless of whether the circumvention resulted in infringement.

The decision of the U.S. Court of Appeals for the Federal Circuit in Chamberlain Group, Inc. v. Skylink Techs., Inc., No. 04-1118, 2004 U.S. App. LEXIS 18513 (Fed. Cir. Aug. 31, 2004), changes this understanding. In Skylink, the manufacturer of garage door openers argued that a competitor's universal transmitters violated the DMCA because they circumvented a technological protection measure in order to obtain unauthorized access to the software embedded in the garage door openers. In affirming the district court's grant of summary judgment to the defendant, the Federal Circuit interpreted Section 1201(a) as "prohibit[ing] only forms of access that bear a reasonable relationship to the protections that the Copyright Act otherwise affords copyright owners." Id. at *67. The court ruled that this is the "only meaningful reading of the statute." Id. The court noted that in the DMCA, "Congress attempted to balance the legitimate interests of copyright owners with those of consumers of copyrighted products . . . . Were we to interpret Congress' words in a way that eliminated all balance and granted copyright owners carte blanche authority to preclude all use, Congressional intent would remain unrealized." Id. at *67-68. Accordingly, the court said that trafficking in a circumvention device violates Section 1201(a)(2) only if the circumvention enables access that "infringes or facilitates infringing a right protected by the Copyright Act." Id. at 69. Chamberlain, the plaintiff garage door manufacturer, failed to show "the critical nexus between access and protection." Id. at *71. It "neither alleged copyright infringement nor explained how the access provided by the [Skylink] transmitter facilitates the infringement of any right the Copyright Act protects." Id.

The Federal Circuit sought to minimize any apparent inconsistency between its holding and that of Universal City Studios, Inc. v. Corley, 273 F.3d 429 (2d Cir. 2001), where the Second Circuit held that Section 1201(c)(1) did not provide a fair use defense to a circumvention violation. In Corley, the plaintiffs provided evidence that the circumvention program at issue, DeCSS, allowed a user to circumvent the CSS protection system and view or copy a motion picture without authorization. In contrast, Skylink's product only permits lawful uses of the software embedded in the Chamberlain garage door opener. The Federal Circuit acknowledged that some language in the Corley decision could be understood to suggest that Section 1201(a) imposes liability even if the access can not facilitate infringement. The Federal Circuit argued, however, that "[i]t is unlikely . . . that the Second Circuit meant to imply anything as drastic as wresting the concept of 'access' from its context within the meaning of the Copyright Act." Id. at *55.

The Skylink decision does not resolve all concerns with the DMCA's circumvention provisions. Skylink only reached the situation where the circumvention was incapable of facilitating infringement; it did not consider the situation where the circumvention facilitated both infringing and noninfringing uses. The Federal Circuit in a footnote states, "[w]e leave open the question as to when § 107 might serve as an affirmative defense to a prima facie violation of § 1201." Id. at *57 n.14. This open question will be resolved either through litigation or legislative amendment of the DMCA.

Notes

  1. For example, in October 2002, Richard Clarke, then the head of the White House Office of Cyber Security, stated that the DMCA needed amendment to permit the research of security flaws in software. He termed threats against academic researchers as a misuse of the law, and said that "I think a lot of people didn't realize that it would have this potential chilling effect on vulnerability research." Hiawatha Bray, Cyber Chief Speaks on Data Network Security, Boston Globe, Oct. 17, 2002, at C2.
  2. See Universal City Studios, Inc. v. Corley, 273 F.3d 429 (2d Cir. 2001). For a critical discussion of the application of Section 1201 since enactment, see Electronic Frontier Foundation, Unintended Consequences: Five Years Under the DMCA, available at
    http://www.eff.org/IP/DMCA/unintended_consequences.php
    (last visited Sept. 10, 2004).
  3. For a more detailed discussion of Section 1201's provisions, see Jonathan Band & Taro Isshiki, The New Anti-Circumvention Provisions in the Copyright Act: A Flawed First Step, Cyberspace Lawyer at 2 (Feb. 1999).

page up