イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2006. 06.01

連邦巡回控訴裁判所が、故意侵害主張への抗弁として、弁護士鑑定に依拠する場合におけるワークプロダクト特権の放棄の範囲を明確化

ジル・ニーマン

連邦巡回控訴裁判所は、最近の判決、In re EchoStar Comm. Corp.事件(2006 U.S. App. LEXIS 11162(Fed. Cir. May 1, 2006))において、故意侵害に対する抗弁として当事者が弁護士鑑定に依拠する場合におけるワークプロダクトおよび弁護士・依頼者間秘匿特権の放棄に関して初めて分析を加えた。同裁判所は、かかる特権放棄の範囲は連邦巡回法(Federal Circuit law)の下で判断されると判示した。Id. at *6. 同判決は、かかる特権放棄の範囲、特にワークプロダクト特権の放棄の範囲に関する重要な指針を提供するものである。

ワークプロダクト特権の放棄

In re EchoStar事件は、故意侵害主張に対する抗弁の一部として弁護士鑑定に依拠することが、鑑定の主題には関連するが依頼人には伝達されていない弁護士のワークプロダクトの保護を放棄することになるか否かということについて、これまでに見られた地方裁判所間の顕著な意見相違を解決するものである。 連邦巡回控訴裁判所は、 EchoStar および Merchant & Gould 事務所が提起した執行令状の請求を認めるにあたり、 EchoStar に伝達されず、また、弁護士・依頼者間の交信を反映していない Merchant & Gould によるワークプロダクトは、 EchoStar による特権放棄の範囲には入らないと判示した。Id. at *27.

連邦巡回控訴裁判所は、弁護士鑑定に依拠する抗弁に潜在的な関連性を有すると認められる下記の三つの範疇の文書を考慮した。

(1) 訴訟の係争事項に関する弁護士・依頼者間の交信を具現化した文書、例えば従来の鑑定書簡等の文書
(2) 法律、事実、裁判戦略等を分析した文書で弁護士の思考を反映しているが、依頼者には提供されなかった文書
(3) 訴訟の係争事項に関する弁護士・依頼者間の交信について議論した文書ではあるが、それ自体は、依頼者への、または依頼者からの交信ではない文書

Id. at *18-19. (連邦巡回控訴裁判所は、実際の各事件における全てのワークプロダクトが、上記の三つの範疇に必ずしも上手く該当するとは限らないことを認識している。Id. at *19 n.3 )同裁判所は、当事者が故意侵害に対する抗弁として弁護士鑑定に依拠する場合、(1)の文書に関しては、弁護士・依頼者間の秘匿特権およびワークプロダクト特権を放棄すると判示した。Id. at *19. さらに、同裁判所は、ワークプロダクト特権の放棄は、(3)の文書にも及ぶが、(2)の文書には及ばないという判断を下した。Id. at *20.

連邦巡回控訴裁判所は、伝達されていないワークプロダクトの特権放棄に関して適用される連邦巡回控訴裁判所の先例が存在しないこと、および、この問題について地方裁判所の意見が分かれていることを指摘した。Id. at *19-20. ワークプロダクト特権の放棄は依頼者に伝達されなかったワークプロダクト(上記(2)に該当するワークプロダクト)にまで及ばないと判示するに当たって、連邦巡回控訴裁判所はその理由を次のように述べた。「侵害者に故意があったかどうかを裁判所に示唆するものは、当該侵害を主張された者が何を知っていたか、または、信じていたかであり、弁護士が作成したかもしれないが、依頼者に伝達していない文書ではない。」Id. at *22. 従って、ワークプロダクトの特権放棄は、「裁判所に侵害者の心理状態を示唆する限りにおいてのみ及ぶ」。Id. at *21. 依頼者に伝達されなかったワークプロダクトは、裁判所にとって、侵害を主張された者が侵害について認識していたか否かを判断するうえで(たとえあるとしても)殆ど役に立たない。Id. at *24. ワークプロダクト特権の基礎をなすポリシーの方が、未伝達のワークプロダクトの開示から得られる如何なる価値よりも重要である。Id.

上記(3)に該当するワークプロダクト文書に関し、連邦巡回控訴裁判所は、弁護士・依頼者間の交信に言及し、またはそれを記載した文書は、たとえ依頼者に提供されなかったとしても、「どんな交信が依頼者に対してなされたかを判断するうえで当事者の役に立ち、意図するか否かにかかわらず、弁護士・依頼者間の交信を裁判所に対して隠匿することを防ぐことになる」との結論を下した。Id. at *25. しかし、かかる文書が未伝達の法的分析も含む場合には、その情報は文書から削られべきである。Id.

弁護士・依頼者間秘匿特権の放棄

EchoStar判決は、主にワークプロダクトの特権放棄に焦点を当てたものだったが、連邦巡回控訴裁判所は、侵害を主張された者が弁護士鑑定に依拠する場合における弁護士・依頼者間秘匿特権の放棄の範囲についても分析を加えている。先ず第一に、裁判所は、社内調査を監督した社内弁護士から役員に伝えられた鑑定に EchoStar が依拠することは弁護士鑑定への依拠を構成すると判示した。Id. at *8-9. 二番目に、連邦巡回控訴裁判所は、 EchoStar は弁護士鑑定に依拠することにより、「同一主題に関する全ての弁護士・依頼者間の交信について、弁護士・依頼者間秘匿特権を放棄することになる」と判示した。Id. at *9.

また、連邦巡回控訴裁判所は、弁護士・依頼者間秘匿特権およびワークプロダクト特権の放棄の時間的な範囲についても言及した。同裁判所は、訴訟開始後に提供された弁護士鑑定およびワークプロダクトには放棄が適用されないという考え方を否定し、「ワークプロダクトが依頼者に伝達されなかった場合には当てはまるかもしれないが、継続中の侵害が訴訟の争点である限り、鑑定が継続中の故意侵害に関する場合には当てはまらない」と述べた。Id. at *19 n.4.

結論

連邦巡回控訴裁判所が、弁護士・依頼者間秘匿特権およびワークプロダクトの問題に関して先例となる判決を言い渡すことはまれである。In re EchoStar事件は、恐らく長い将来にわたり、故意侵害におけるワークプロダクトおよび弁護士・依頼者間秘匿特権の放棄の範囲に関する指導的判決として引用されるであろう。

 

モリソン・フォースターは、地方裁判所および連邦巡回控訴裁判所において EchoStar を代理し、同訴訟は、現在、再審理および大法廷での再審理を求めて係属中である。

* * *

ジル・ニーマンはモリソン・フォースターのサンフランシスコ事務所のパートナー弁護士で特許訴訟に注力した実務を行っている。


Federal Circuit Clarifies Scope of the Work-Product Waiver when a Party Relies on an Opinion of Counsel as a Defense to Allegations of Willfulness

Jill Neiman

In its recent decision, In re EchoStar Comm. Corp., et al., 2006 U.S. App. LEXIS 11162 (Fed. Cir. May 1, 2006), the Federal Circuit for the first time analyzed the work-product and attorney-client privilege waivers that result when a party relies on an advice of counsel as a defense to willfulness. The Court held that Federal Circuit law governs the extent of the waivers. Id. at *6. The decision provides important guidance concerning the scope of these waivers, particularly the scope of the work-product waiver.

The Work-Product Waiver

In re EchoStar resolves a sharp division among the district courts concerning whether reliance on an opinion of counsel as part of a willfulness defense waives work-product protection for opinion counsel's uncommunicated work product relating to the subject matter of the opinion. In granting petitions for writs of mandamus brought by EchoStar and its opinion counsel, Merchant & Gould, the Federal Circuit held that Merchant & Gould's work product that was never communicated to EchoStar, and does not reflect a communication, is not within the scope of EchoStar's waiver. Id. at *27.

The Federal Circuit evaluated the scope of the work-product waiver by considering three categories of documents that it regarded as potentially relevant to the advice-of-counsel defense:

(1) documents that embody a communication between the attorney and client concerning the subject matter of the case, such as a traditional opinion letter; (2) documents analyzing the law, facts, trial strategy, and so forth that reflect the attorney's mental impressions but were not given to the client; and (3) documents that discuss a communication between attorney and client concerning the subject matter of the case but are not themselves communications to or from the client.

Id. at *18-19. (The Court acknowledged that not all work product in every case will fall neatly into one of these three categories. Id. at *19 n.3.) The Court held that when a party relies on an opinion of counsel as a defense to willfulness, the party waives its attorney-client and work-product privileges with respect to the documents in the first category. Id. at *19. The Court further ruled that the work-product waiver extends to the third category of documents, but does not reach documents in the second category. Id. at *20.

The Court noted the lack of governing Federal Circuit precedent concerning waiver with respect to uncommunicated work product, and the split among the district courts on this issue. Id. at *19-20. In holding that the waiver of the work-product privilege did not extend to work product that was never communicated to the client (category two work product), the Federal Circuit reasoned that "[i]t is what the alleged infringer knew or believed, and by contradistinction not what other items counsel may have prepared but did not communicate to the client, that informs the court of an infringer's willfulness." Id. at *22. Work-product waiver, therefore, "extends only so far as to inform the court of the infringer's state of mind." Id. at *21. Work product that was never communicated to the client can provide little, if any, assistance to the court in making its determination of whether the alleged infringer knew it was infringing. Id. at *24. The policies underlying the work-product privilege outweigh any value that discovery of the uncommunicated work product may have. Id.

With respect to the third category of work-product material, the Federal Circuit concluded that documents that reference or describe a communication between the client and the attorney, though not provided to the client, "will aid the parties in determining what communications were made to the client and protect against intentional or unintentional withholding of attorney-client communications from the court." Id. at *25. To the extent such documents also include uncommunicated legal analysis, however, this information should be redacted. Id.

The Attorney-Client Privilege Waiver

Although the EchoStar opinion focused primarily on the work-product waiver, the Federal Circuit also analyzed the extent of the waiver of attorney-client privilege when an accused infringer relies on an opinion of counsel. First, the Court held that EchoStar's reliance on advice conveyed to its executives by an in-house counsel who supervised an in-house investigation constituted reliance on advice of counsel. Id. at *8-9. Second, the Federal Circuit ruled that by relying on advice of counsel, EchoStar "waived the attorney-client privilege with regard to any attorney-client communications relating to the same subject matter." Id. at *9.

The Federal Circuit also addressed the temporal scope of the attorney-client and work-product waivers. The Court rejected the proposition that the waivers do not extend to attorney advice and work product provided after the commencement of the litigation. It stated, "While this may be true when the work product is never communicated to the client, it is not the case when the advice is relevant to ongoing willful infringement, so long as that ongoing infringement is at issue in the litigation." Id. at *19 n.4.

Conclusion

The Federal Circuit rarely renders precedential opinions concerning attorney-client privilege or work product issues. In re Echostar likely will be relied on as the leading opinion with respect to the scope of the waiver of the work-product and attorney-client privileges in the willfulness context for many years to come.

 

Morrison & Foerster represents EchoStar in the district court and before the Federal Circuit, where the case is still pending on a petition for rehearing and rehearing en banc.

* * *

Jill Neiman is a partner in Morrison & Foerster's San Francisco office. Her practice emphasizes patent litigation.

page up