イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2006. 08.01

テキサス連邦地方裁判所は、クライアントのために特許鑑定を行った弁護士が所属する法律事務所が、特許訴訟において訴訟代理人となることを禁じる決定を行った

Crossroads Systems (Texas) Inc. v. Dot Hill Systems Corp., 2006 U.S. Dist. LEXIS 36181 (W.D. Tex. 2006).

テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、最近、相反する内容の規定を含む弁護士の倫理と行動に関する規則群について重要な決定を下し、同一の法律事務所に所属する弁護士が、同じ事件に関して侵害の主張を受けた被告 の ために鑑定書を既に作成している場合、その法律事務所は特許侵害訴訟において訴訟代理人を務めることができないと判示しました。トライアルにおいて、侵害の主張を受けている被告は鑑定書に依拠したことを抗弁に用いようとしました。同裁判所は、同訴訟代理人が失格とされない限り、鑑定書の信頼性を主張することによって、侵害の主張を受けている被告が「厄介で、見苦しい立場」に置かれること、利益相反の可能性が発生すること、さらに「陪審の混乱を招く」と判示しました。同裁判所は、かかる事態を「重大な危険」と評価し、失格を避けるためにトライアルを分けて行うことも拒否しました。 Crossroads Systems ( Texas ) Inc. v. Dot Hill Systems Corp., 2006 U.S. Dist. LEXIS 36181 at *32-36 (W.D. Tex. 2006).

背景

この訴訟は、リモート・ストレージ・デバイス上に、コンピューターやワークステーション用のバーチャル・ローカル・ストレージを提供する技術に関係するものです。この技術は、コンピューター・ネットワークと最適化されたネットワーク・ルーターを使って、あたかも個々のコンピューター専用のローカル・ストレージ・デバイス上にデータを保存するかのように、複数のコンピューターが共有ストレージ・デバイス上にデータを保存することを可能とするものです。 Crossroads Systems ( Texas ) Inc. ( 以下「 Crossroads 」 ) は、 Dot Hill Systems Corp. ( 以下「 Dot Hill 」 ) に対して特許侵害訴訟を 2003 年に提起し、米国特許第 6,425,035 号および同第 5,941,972 号の侵害を主張しました。 Morgan & Finnegan, LLP ( 以下「 Finnegan 」 ) など、 3 つの事務所が、 Dot Hill のトライアルにおける代理人を務める予定となっていました。

2004 年に行われたディスカバリーに関するヒアリングにおいて、 Dot Hill は Finnegan の弁護士から提訴にかかる特許を侵害していないとの鑑定書の提供を受けていたことを明らかにしました。同裁判所は、同事務所の他のメンバーが作成した鑑定書が Crossroads の故意侵害の主張に対する抗弁の根拠として提出される場合には、「 Morgan & Finnegan が訴訟代理人を務めることは認められないであろう」と判示しました。 Id. at *26. そして、 Dot Hill が特許権者による故意侵害の主張に対する抗弁として鑑定書に依拠したことを主張しようとしたとき、 Crossroads は Finnegan は訴訟代理人として失格であるとの申立てを行いました。

同裁判所による失格判断

2006 年 5 月 31 日付けの決定書の中で、同裁判所は連邦第 5 巡回控訴裁判所の判例の下で、連邦地方裁判所における失格申立ては少なくとも次の 4 つの異なる倫理基準に基づいて判断されると指摘しています。その 4 基準とは、同地方裁判所のローカルルール、アメリカ法律家協会 ( 以下「 ABA 」 ) の弁護士行動準則模範規則(以下「模範規則」)、 ABA 弁護士責任模範規範(以下「模範規範」)、同裁判所の所在地の弁護士協会によって採用されている弁護士行動準則です。 Id. at *27-28 ( FDIC v. U.S. Fire Ins.Co., 50 F.3d 1304, 1312 (5th Cir. 1995) を引用 ) 。

これらの基準はすべて、当該訴訟のトライアルで証人となることが明らかになった段階で、その個々の弁護士は訴訟代理人として失格とされることを要求しています。しかしながら、かかる弁護士が所属する法律事務所全体が失格とされるか否かについては取扱いが異なっています。模範規則は、利益相反のルールによって禁止されない限り、同じ法律事務所が訴訟の代理人を務めることを認めています。模範規則 3.7(b) を参照。テキサス州の弁護士行動準則は、クライアントのインフォームドコンセントがある場合にのみ代理人を務めることを認めています。テキサス州弁護士行動準則 3.08(c) 参照。模範規範は、法律事務所全体を個々の弁護士と同様に取り扱い、その結果、鑑定書を作成した弁護士の所属する法律事務所全体が訴訟代理人失格とされます。 DR 5-101, DR 5-102 を参照。同地方裁判所のローカルルールは、この問題について触れていません。 Crossroads Systems at *30 を参照。

同裁判所は、本件の具体的状況に照らして、証言を行う弁護士の所属する事務所の全メンバーが訴訟代理人を務めることを禁じることが妥当であると判断しました。 id. *31 ( Dynasty Apparel Indust., Inc. v. Rentz, 206 F.R.D. 596, 599 (S.D. Ohio 2001) を援用 )。 同裁判所は、 Dot Hill による鑑定書への依拠の合理性を Crossroads が 攻撃することが予想され、その場合には、 Finnegan 事務所の弁護士の信頼性と法的な能力が問題とされることになると理由付けしています。 Finnegan 事務所の弁護士が、トライアルにおいて Dot Hill の訴訟代理人となれば、 Finnegan 事務所は、「同じ事務所のパートナーの証言の信頼性と信憑性を擁護するという、「厄介で、見苦しい立場」に置かれることになります。 Id. at *32. さらに、 Dot Hill と鑑定を行った弁護士との間で(鑑定書の記載内容以外に)、当該訴訟と関連するいかなる内容の秘匿特権対象外の交信が行われたのかなど、その他の事実関係に関する問題をも生じさせます。確かに、

更に不都合なことに、証言を行う Morgan & Finnegan 事務所の弁護士が Dot Hill の利益に反する証言を行えば、訴訟代理人である弁護士は利益相反の問題に直面し、クライアントと所属事務所の両者に対する相反する責務に苦しむことになります。 Id.

同裁判所は、それ以外の問題が生じる可能性も指摘しています。

  • 訴訟弁護士は、クライアントの鑑定書に対する依拠に合理性があったことを主張する過程で、所属事務所のメンバーの職務活動の成果についてコメントし、その内容を積極的に賞賛せざるを得ない立場に置かれることになる。
  • 訴訟外の問題が訴訟に持ち込まれる可能性があること。例えば、 Crossroads は Finnegan 事務所が鑑定書の作成によって得た報酬額について質問することができ、かかる質問は、 Dot Hill の訴訟代理人である Finnegan の 弁護士の信頼性に関する不当な疑義を誘起する可能性があること。
  • Finnegan の鑑定を行った弁護士を証人として召喚することを求める当事者それぞれの動機に疑念が生じること。同裁判所は、この点について詳述していないが、 Crossroads または Dot Hill が Finnegan の鑑定を行った弁護士を、期待される証言内容とは無関係な理由から証人として召還するケースを想定したものと思われる。

同裁判所はさらに、他の 2 つの法律事務所が Finnegan 事務所による Dot Hill の代理活動を支援しているので、 Finnegan 事務所が失格とされても Dot Hill が訴訟弁護士を失うことにはならないと述べています。 Id. at *32 ( U.S. Fire Ins., 50 F.3d at 1312) との相違点を指摘 )。 また、同裁判所が Finnegan 事務所の弁護士が鑑定と訴訟代理人の業務を兼任することに反対していることを被告は 2004 年の段階から知っており、 Dot Hill には失格とされた場合に対応する充分な時間的余裕があったので、 Dot Hill に不利益が及ぶ危険は殆ど無い、と判断しています。 Id. at *35.

要約すると、同裁判所は Finnegan を Dot Hill の訴訟弁護士として失格とすることを求める Crossroad の申立てを認め、 Finnegan のメンバーは本訴訟のトライアルにおける訴訟代理活動の支援を行ってはならないと命令しました。

この Crossroads の判決は、特許訴訟において鑑定書を既に作成している法律事務所が当該訴訟の代理人を務めることにまつわる複雑な問題と危険性を再認識させるものです。この Crossroads 訴訟の裁判所は、同じ法律事務所の弁護士であっても、別の弁護士であれば鑑定と訴訟代理人を適正に務めることができるという議論を採用しませんでした。他の連邦裁判所が今回の結論を支持するかどうかを見守る必要があります。


Texas District Court Rules In Patent Case That Lawyers From Same Law Firm May Not Represent Client As Both Opinion Counsel And Trial Counsel: Crossroads Systems (Texas) Inc. v. Dot Hill Systems Corp., 2006 U.S. Dist. LEXIS 36181 (W.D. Tex. 2006).

In a significant decision involving conflicting rules of ethics and professional conduct, the U.S. District Court for the Western District of Texas recently disqualified a law firm from serving as trial counsel in a patent infringement case where lawyers from that firm had previously prepared opinions of counsel on behalf of the accused infringer. At trial, the accused infringer sought to rely on the opinions. The court held that unless disqualification of the trial counsel were ordered, defending the reliability of the opinions would likely put the accused infringer in an "awkward and unseemly position," raise potential conflicts of interest, and "invite[e] jury confusion." The court characterized these as "grave dangers" and refused to bifurcate the trial to avoid the disqualification. Crossroads Systems ( Texas ) Inc. v. Dot Hill Systems Corp., 2006 U.S. Dist. LEXIS 36181 at *32-36 (W.D. Tex. 2006)

Background

This case involved technology for providing virtual local storage for computers or work stations on remote storage devices. The technology uses a computer network and optimized network router to allow multiple computers to each store data on shared storage devices as though on a storage device that is local and dedicated to the individual computer. Crossroads Systems ( Texas ) Inc. ("Crossroads") filed a patent infringement action in 2003 against Dot Hill Systems Corp. ("Dot Hill"), asserting U.S. Patents No. 6,425,035 and 5,941,972. Dot Hill was to be represented at trial by three firms, including Morgan & Finnegan, LLP ("Finnegan").

During a discovery hearing in 2004, Dot Hill disclosed that lawyers from Finnegan had provided it with opinions of noninfringement of the patents at issue. The court ruled that it "would not permit the Morgan & Finnegan firm to serve as trial counsel if the opinions of other members of the firm were offered in support of Dot Hill's defense to Crossroads's willfulness allegations." Id. at *26. When Dot Hill sought to rely on the opinions as a defense against the patentee's allegations of willful infringement, Crossroads moved to disqualify Finnegan from serving as trial counsel.

The Court's Disqualification Ruling

In its opinion of May 31, 2006, the court indicated that under the precedent of the U.S. Fifth Circuit Court of Appeals, a disqualification motion filed in a federal district court is governed by at least four separate ethical standards: the district court's local rules, the American Bar Association ("ABA") Model Rules of Professional Conduct ("Model Rules"), the ABA Model Code of Professional Responsibility ("the Model Code"), and the rules of professional conduct employed by the bar of the state in which the court sits. See Id. at *27-28 (quoting FDIC v. U.S. Fire Ins. Co., 50 F.3d 1304, 1312 (5th Cir. 1995)).

All of these standards require that an individual attorney be disqualified from serving as trial counsel when it becomes clear that he or she will be a witness in the trial of the case. However, the authorities are split on the issue of whether to disqualify an attorney's entire law firm in that event. The Model Rules allow the law firm to serve as trial counsel unless conflict of interest rules would prohibit its service. See Model Rules at 3.7(b). The Texas rules of professional conduct allow service only if the client gives informed consent. See Tex. Disc. R. Prof. Conduct 3.08(c) . The Model Code treats the entire law firm in the same manner as the individual lawyer, with the result that the entire law firm of a lawyer who prepared an opinion of counsel must be disqualified from serving as trial counsel. See generally DR 5-101, DR 5-102. The local rules of the district court do not address the issue. See Crossroads Systems at *30.

The court found that under the circumstances of the case, it was appropriate to prohibit all members of the testifying lawyer's firm from serving as trial counsel. See id. at *31 (citing Dynasty Apparel Indust., Inc. v. Rentz, 206 F.R.D. 596, 599 (S.D. Ohio 2001)). The court reasoned that Crossroads would seek to attack the reasonableness of Dot Hill's reliance on the opinions, thereby putting at issue the credibility and legal skill of Finnegan attorneys. If Finnegan attorneys were to represent Dot Hill at trial, this would put Finnegan in the "awkward and unseemly position of having to advocate for the credibility and reliability of the testimony of their law partners." Id. at *32. It would also raise other factual questions, such as what relevant, non-privileged communications (besides those contained in the opinion letters) were exchanged between Dot Hill and its opinion counsel. Indeed,

[e]ven worse, if the testifying Morgan & Finnegan attorneys were to give testimony that was adverse to Dot Hill's interests, the attorneys serving as trial counsel would be squarely confronted with a conflict of interest in grappling with competing duties to the client and to the firm. Id.

According to the court, there would be other potential problems:

  • The trial counsel would be put in the position of having to comment on and actively praise the work product of members of their own firm in the course of arguing that the client reasonably relied on the opinion.
  • Extraneous issues would likely be injected into the case. For example, Crossroads could inquire into the amount of fees that were generated by Finnegan in the production of the opinion letters. Such an inquiry might lead to inappropriate questions about the credibility of the Finnegan lawyers representing Dot Hill at trial.
  • The parties' respective motives for calling the Finnegan opinion counsel to testify might become suspect. The court did not elaborate on this point, but appeared to have in mind a scenario in which Crossroads or Dot Hill called the Finnegan opinion counsel as a witness at trial for reasons unrelated to any expected testimony.

The court further noted that disqualification of Finnegan would not leave Dot Hill without trial counsel because two other law firms were also assisting Finnegan in representing Dot Hill. See id. at *32 (distinguishing U.S. Fire Ins., 50 F.3d at 1312). Also, the court found that there was little danger of prejudicing Dot Hill because the defendant had known of the court's objections to using Finnegan as both opinion and trial counsel as early as 2004, and Dot Hill had sufficient time to prepare for potential disqualification. See id. at *35.

In sum, the court granted Crossroad's motion to disqualify Finnegan as Dot Hill's trial counsel and ordered that no member of Finnegan could assist in the presentation of this case at trial.

This recent Crossroads decision underscores the complexities and risks of seeking to retain as trial counsel a law firm that has already prepared an opinion of counsel in a patent case. The Crossroads court was unpersuaded that different attorneys from the same firm could reasonably serve as both opinion and trial counsel. It remains to be seen whether other federal courts will adopt this conclusion.

page up