イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2006. 12.01

米国で連邦商標稀釈化改正法(2006年)が成立

ジェニファー・リー・テイラー
キャスリン・A・ヴァクラヴィック

2006 年 10 月 6 日(金)、ブッシュ大統領の署名により、連邦商標稀釈化改正法( H.R.683 、 Trademark Dilution Revision Act、以下「 TDRA 」という。)が即日発行しました。

TDRA は、著名な商標の識別力をぼやかし、その評判を汚すような使用から著名な商標を保護することを企図しています。国際商標協会( International Trademark Association )により設立された専門家から成る特別委員会の成果である TDRA は、 2003 年の Moseley 対 V Secret Catalogue Inc. 事件 ( 537 U.S. 418 (2003) )の連邦最高裁判決並びに現行の連邦商標稀釈化法( Federal Trademark Dilution Act、以下「 FTDA 」という。)及び米国における著名商標の保護に係る連邦巡回控訴裁判所間の判決の多くのばらつきに対する回答となります。

Moseley 事件 において、 Victoria's Secret は、 FTDA を根拠に、ランジェリー、大人のおもちゃ、その他の様々な性風俗関連の商品の販売を行なっている店を相手取り、「 Victor's Little Secret 」という名称の使用の禁止を求めて提訴しました。最高裁は Victoria's Secret の請求を退ける判断を下すにあたり FTDA の適用範囲を厳しく限定し、また、次の 4 つの点に関し下級審裁判所に混乱と判断の齟齬をもたらしました。

(1) Moseley 事件 において最高裁は、 FTDA の下では、「混同のおそれ」だけではなく、「実際に稀釈が発生したこと」を立証する必要があると判示した。

(2) Moseley 事件 における最高裁の判決は、どんな種類の証拠が実際の稀釈を立証するのに十分であるのか、また、いかなる行為がぼやかし( blurring )による稀釈を構成するかについて明確にしなかった。

(3) Moseley 事件 における最高裁の判決は、後発商標( junior marks )と先行商標( senior marks )が全く同じである場合には実際の稀釈を直接立証する必要はないという可能性を残した(この可能性を採用した下級審裁判所もあるが、拒否した下級審裁判所もある)。

(4) Moseley 事件 における最高裁の判決は、「汚し行為」( tarnishment )を犯した場合、 FTDA の下で、救済を与えられたか否かについて疑問を提起した。

Moseley 事件 で提起されたこれらの問題点に加え、下級審裁判所では FTDA の解釈を巡って、その他のいくつかの問題と疑問が生じていました。中でも、(1)長い期間をかけて識別力を獲得した著名商標(すなわち、識別力を本来的に備えていない商標)は FTDA に基づく保護を受ける資格があるか否かという問題、および(2)ニッチな市場においてのみ著名な商標は FTDA に基づく保護を受け得るか否かという問題が挙げられます。

TDRA は、これらの全ての問題および疑問について、以下のように回答しています:

TDRA は「識別力を有する(識別力を本来的に備えているか、後に獲得したかを問わず)著名商標の権利者は、実際の混同もしくは混同のおそれ、競争、または実際の経済的損害が存在するか否かに関わらず、著名商標権者の商標が著名になった後に、著名商標のぼやかしまたは汚し行為により稀釈化を引き起こす可能性のある同一又は類似の商標(または商号)の使用を開始した者に対し、かかる行為の差止めを請求する権利を有する」と規定します。従って、 TDRA は、「 実際の稀釈 」を立証する要件を排除し、「 稀釈のおそれ 」を示すことで要件を満たすこととしています。また、「 汚し行為 」 は「稀釈化の行為」に含まれ、「 識別力を後に獲得した 」商標も保護されることを明確にしました。

さらに、 Moseley 事件 における最高裁の「ぼやかしは連想の必然的結果ではない」とする意見に明確に答える形で、 TDRA は、ぼやかし行為による稀釈のおそれがあるか否かを決定する際の判断要素として、 (i) 商標(または商号)と著名商標との間の類似性の度合い、 (ii) 著名商標の識別力(本来的に備えているか、後に獲得したかを問わず)の程度、 (iii) 著名商標権者が商標を実質上独占的に使用している範囲、 (iv) 著名商標の認識度、 (v) 商標(または商号)の使用者が著名商標との関連性を想起させることを意図していたか否かということ、および (vi) 商標(または商号)と著名商標との間に現実の関連性があること、等を規定しました。

最後に、 TDRA は「ある商標が米国の一般消費者に広く認識されている場合、その商標は著名である」と規定しましたので、これにより、ある商標がニッチな市場においてのみ著名であることをもって、当該商標が、希釈化の観点において、著名商標とみなされる可能性は排除されました。

結論として、 TDRA は、先の Moseley 事件 における最高裁の判決により弱体化されていた著名商標権者の権利を、当該著名商標が全国的に著名である限りにおいて強力に保護するものとなりましたが、逆に、ニッチな市場においてのみ著名な商標の保護は弱体化されることとなりました。

* * *

ジェニファー・リー・テイラーは サンフランシスコ事務所のパートナー。 知的財産権訴訟およびカウンセリングを中心に、幅広く知的財産権関連業務を主たる業務分野とする。不正競争および虚偽広告に関わる訴訟の他、 特許、商標権および著作権の侵害訴訟を含む様々な 知的財産権訴訟を手掛ける。また、 商標、サービスマークおよび著作権の登録、ポートフォリオの管理、商標権および著作権保護のための監視、ならびにライセンス契約に関する助言など、商標権および著作権に関する事項について クライアントに 助言を行う。

キャスリン・ A ・ヴァクラヴィックはロサンゼルス事務所のアソシエートであり知的財産グループに所属。主な業務分野は、商標権、著作権およびライセンス権などの知的財産権の行使および防御、ならびに虚偽広告および不正競争等の 関連案件に係る訴訟。


U.S. Trademark Dilution Revision Act of 2006 Takes Effect

by Jennifer Lee Taylor, Kathryn A. Vaclavik

On Friday, October 6, 2006, President Bush signed into law H.R. 683, the Trademark Dilution Revision Act of 2006 (the "TDRA"). The law took effect immediately upon the President's signature.

The TDRA is designed to protect famous trademarks from uses that blur their distinctiveness or tarnish their reputation. The product of a select committee of experts formed by the International Trademark Association, the TDRA is a response to the ruling of the Supreme Court in Mosely v. V Secret Catalogue, Inc., 537 U.S. 418 (2003), as well as the many splits in the federal circuits relating to the current federal dilution statute (the Federal Trademark Dilution Act or "FTDA") and the protection of famous marks in the United States.

In Mosely, Victoria's Secret relied on the FTDA to sue a store selling lingerie, sex toys, and various other sex-related novelty items to prevent it from using the name Victor's Little Secret. In denying Victoria's Secret's claim, the Supreme Court's ruling severely restricted the applicability of the FTDA and/or caused confusion and disagreement among the lower courts with respect to four issues:

(1) Mosely held that the Federal Trademark Dilution Act required proof of actual dilution instead of only a likelihood of confusion.

(2) Mosely left unclear what type of evidence would suffice to prove actual dilution and what would constitute dilution by "blurring."

(3) Mosely left open the possibility that no direct proof of actual dilution was necessary where the junior and senior marks were identical -- a possibility that was adopted by some lower courts and rejected by others.

(4) Mosely called into question whether the Federal Trademark Dilution Act provided any relief in the case of tarnishment.

In addition to the issues raised by Mosely , several other problematic issues and questions had arisen in the lower courts regarding the FTDA. Among them were: (1) whether a famous mark that had acquired distinctiveness over time (i.e., a mark that is not inherently distinctive) was eligible for protection under the FTDA, and (2) whether a mark that was famous only in a niche market was entitled to protection under the FTDA.

The TDRA addresses all of these issues and questions:

In relevant part, the TDRA provides: "the owner of a famous mark that is distinctive, inherently or through acquired distinctiveness, shall be entitled to an injunction against another person who, at any time after the owner's mark has become famous, commences use of a mark or trade name in commerce that is likely to cause dilution by blurring or dilution by tarnishment of the famous mark, regardless of the presence or absence of actual or likely confusion, of competition, or of actual economic injury." Thus, the TDRA eliminates the requirement of proving actual dilution as opposed to a likelihood of dilution. It also makes clear that dilution includes tarnishment, and that marks which have acquired their distinctiveness are protected.

In addition, apparently addressing the Supreme Court's comment in Mosely that "'[b]lurring' is not a necessary consequence of mental association," the TDRA provides factors to consider in determining whether there is a likelihood of dilution by "blurring," including: "(i) The degree of similarity between the mark or trade name and the famous mark. (ii) The degree of inherent or acquired distinctiveness of the famous mark. (iii) The extent to which the owner of the famous mark is engaging in substantially exclusive use of the mark. (iv) The degree of recognition of the famous mark. (v) Whether the user of the mark or trade name intended to create an association with the famous mark. (vi) Any actual association between the mark or trade name and the famous mark."

Finally, the TDRA also includes a provision that states: "a mark is famous if it is widely recognized by the general consuming public of the United States," which eliminates the possibility that a mark can be famous for purposes of dilution if it is famous only in a niche market.

In conclusion, the TDRA goes far toward protecting the rights of famous trademark owners, which previously had been eroded by Mosely, so long as their trademarks are famous throughout the country, but it erodes protections for trademarks that are famous only within a niche market.

* * *

Jennifer Lee Taylor is a partner in Morrison & Foerster's San Francisco office. She is engaged in a broad intellectual property practice, with an emphasis in intellectual property litigation and counseling. She has litigated a variety of intellectual property cases, including patent, trademark, and copyright infringement actions, as well as unfair competition and false advertising actions. In addition to litigation, Ms. Taylor regularly counsels clients regarding trademark and copyright matters, including registering trademarks and service marks and copyrights, managing portfolios, policing efforts to protect trademarks and copyrights, and advising clients on licensing arrangements.

Kathryn A. Vaclavik is a litigation associate in the Los Angeles office and is a member of the Intellectual Property Group. Ms. Vaclavik's practice focuses on the enforcement and defense of intellectual property rights, including trademarks, copyrights, and license rights, along with the litigation of related issues such as false advertising and unfair competition.

page up