イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2007. 02.01

カリフォルニア、電子製品に含まれる有害物質規制のための緊急規則を導入

加州有害物質取締局(DTSC)は2006年12月22日、9つのカテゴリーのビデオディスプレイ電子装置(当初は8つのみ)に含まれる鉛、水銀、カドミウムおよび6価クロムの許容濃度を制限する緊急規則を発布しました。2003年に制定された加州法(上院法案(SB)20号;カリフォルニア保健安全法 § 25214.10)により、DTSCは、2002/95/EC指令に基づく欧州連合(EU)内での電子製品の販売規制を踏襲した(しかし、同一ではない)規則を発布することとされています(EU指令は通常、電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限(略してRoHS)として参照されます)。加州法では、最大許容濃度値(MCV)を超えて規制物質を含有する装置は、EUにより取引が禁止されるであろう場合、州内での販売および販売の申し出が禁止されます。DTSCは同規則において、先般まとめられたRoHS指令を踏まえた加州規則となすべく、発効日および対象外となり得る項目を取扱っています。

加州規則の内容は、EU指令において取り扱われる内容と、意図的に、やや異なるものとされています。例えば、EUのRoHS指令は、加州のものに比べてはるかに広範な電子製品の含有物を規制対象としています。加州では、対角線長4インチを超えるスクリーンのついた特定のビデオディスプレイ製品のみがDTSC規則の対象となります1。EU指令では、加州の要件では対象外とされる、難燃剤として使用される2物質が規制の対象となっています。また、加州規則では、監視装置や制御装置などの産業、商業もしくは医療機器に(またはその一部に)含まれるビデオディスプレイ装置も対象外としています。この対象外範囲および主要な用語の定義に関しては不明な点も多くあります。

しかしながら、上記の相違点にかかわらず、加州とEUの要件は適用対象となる製品に関し、多くの点において一致しています。DTSC規則では、鉛、水銀および6価クロムのMCVを重量ベースで0.1%、カドミウムを0.01%と、EU規制と同値に設定しています。EUのRoHSでは、MCV規制に関し特別な例外が認められています。世界市場での遵守を促進させるため、加州法およびそれを実施するDTSCの新たな緊急規制では、該当するEUの適用除外項目が自動的に採用されます。従って、例えば、EUによるブラウン管ガラスや一部のプラズマディスプレイパネルに含まれる鉛の適用除外は加州でも引き継がれることとなります。

おそらく、同州の新たなDTSC規制における最大の関心は、規制の発効日をいつに設定するかです。この点についてDTSCは3案を慎重に検討してきましたが、最終的に 、2007年1月1日以降に製造される対象製品のみに規制を適用するとし、実務上の配慮を行ったかたちとなりました。従って、製造、購入済みで未出荷、未受取の小売在庫等のビデオディスプレイ製品、もしくは、その他製造済みで輸出のための輸送路上にある同製品は同州の緊急規則の対象外となります。これは、販売業者、供給者および小売業者が、今後入手することとなる製品に関して鉛、水銀、6価クロムおよびカドミウムのMCVの遵守保証を得る機会が得られるように配慮したものです。また、会社は、発効日前に製造された製品の使用および販売に関してある程度の柔軟性が持てることとなりますが、改修、交換または修理が必要となります。

DTSCは2007年中に、さらに詳細にわたる同州規制の枠組の完成を目指しています。これにより、製品の規制方法が拡大されることとなるか、またはEUもしくは加州版RoHSでの適用除外項目がより明確化されることとなるでしょう。

また、この緊急規則に時を同じくして、「電子電気機器廃棄物」を最小限に抑えるまたは禁止することを目的とした、EU、米国EPAおよび加州政府機関による幾つかの電子製品リサイクル規制が発布されます。さらに、同時に中国でも新たな(かつより広範な)RoHS規制が導入されます。モリソン・フォースターの製造物責任および環境法プラクティスグループは、電子製品および廃棄物規制のあらゆる側面、およびその他の環境法分野において、また施設の立地に関して、電子機器製造業者、販売業者、供給者、小売業者およびリサイクル業者への助言に豊かな経験を有しています。カリフォルニア全州、これらの指令の発信元であるヨーロッパ、および多くの製品の生産地であるアジアにおいて、当事務所の各オフィスは、コスト効率良く、当地の要件に配慮して、全世界におけるビジネスを行う上で必要な商業上の取決めに関し法務カウンセリングを提供しています。

加州の新規則を違反した場合に課されることとなる罰則や救済方法の詳細はまだ報告されていませんが、会社は、既存の遵守規定が、州内で流通する該当ビデオディスプレイ製品を対象とした新規制を考慮したものとなっているかを確認するために弁護士と協議するのが賢明でしょう。

脚注

1) 規制対象製品は、ブラウン管付装置(ブラウン管装置)、ブラウン管、ブラウン管付コンピュータモニター 、液晶表示付ラップトップコンピュータ、液晶表示付デスクトップ、ブラウン管テレビ、液晶表示スクリーン付テレビ 、プラズマテレビおよび液晶表示スクリーン付ポータブルDVDプレーヤー。


CALIFORNIA ADOPTS EMERGENCY REGULATIONS TO RESTRICT HAZARDOUS SUBSTANCES IN ELECTRONIC PRODUCTS

The California Department of Toxic Substances Control (DTSC) issued emergency regulations on December 22, 2006 to restrict allowable concentrations of lead, mercury, cadmium, and hexavalent chromium in nine categories (originally only eight) of video display electronics devices. A California law enacted in 2003 (SB20; Cal. Health and Safety Code § 25214.10) had directed DTSC to issue regulations that mirror similar, but not identical, prohibitions on sale of electronics in the European Union (EU) under directive 2002/95/EC. (The EU's directive is usually referenced as the restriction on the use of certain hazardous substances in electrical and electronic equipment or "RoHS" for short.) Under California law, devices containing the substances in excess of allowable maximum concentration values (MCVs) may not be sold or offered for sale in the state if the EU would prohibit those transactions. To implement California's requirements in light of the recent finalization of the RoHS directive, DTSC took up particulars of the effective dates and potential exemptions in its rules.

By design, California's requirements differ somewhat from those addressed in the EU's directive. For example, the EU RoHS directive regulates the content of a much wider range of electronic products than does California. In California, only selected video display products with screens greater than 4 inches measured diagonally are subject to DTSC's regulations.1 The EU directive restricts two additional substances used as flame retardants, which are not covered under California's requirements. California regulations also exempt a video display device that is contained within, or a part of, a piece of industrial, commercial, or medical equipment, including monitoring or control equipment. There is much uncertainty concerning the scope of this exemption and the meaning of its key terms.

However, notwithstanding those differences, in many respects, California and the EU's requirements are the same for those products to which both apply. DTSC's regulations establish the same MCVs as the EU at 0.1% by weight for lead, mercury, and hexavalent chromium and at 0.01% for cadmium. Under the EU RoHS, several special exemptions to the MCV restrictions are allowed. To help facilitate compliance in a global marketplace, California's law and DTSC's new emergency rules implementing it automatically adopt relevant European exemptions. Thus, for example, EU exemptions for lead in CRT glass or in some plasma display panels will be carried over to California.

Perhaps of greatest interest under DTSC's new rules for California is the setting of the effective date for the prohibitions. DTSC previously vetted three alternatives in this regard, but ultimately accommodated practical business considerations by allowing the prohibition to apply only to covered products manufactured after January 1, 2007. Thus video display products on the shelf or in retail inventory, already made and purchased but not yet shipped or received, or which are otherwise made and in pipelines of international commerce will not be subject to California's emergency rules. This consideration grants distributors, suppliers, and retailers an additional opportunity to secure guarantees of compliance with MCVs for lead, mercury, hexavalent chromium, and cadmium regarding products that will come into their hands in the future. Companies will also have some flexibility to use and sell products made before the effective date but that require refurbishment, replacement or repair.

During 2007, DTSC intends to perfect and round out the California regulatory scheme in more detail. Those actions may expand the ways in which products are regulated or further clarify the adoption of EU or California RoHS exemptions.

The emergency rules also coincide with promulgation of several other regulations from the EU, U.S. EPA, and California agencies focused on electronic products recycling designed to minimize or prohibit "E-waste" generation and disposal. They coincide also with the implementation of the new (and broader) RoHS rules issued by China. Morrison & Foerster's Product Liability and Environmental Law practice groups have considerable experience advising electronic equipment manufacturers, distributors, suppliers, retailers, and recyclers in all aspects of electronic product and waste regulation, as well as in other areas of environmental law and with respect to the siting of their facilities. Our offices throughout California, in Europe where these directives originated, and in Asia where many products are made, provide regular counseling on the commercial arrangements necessary to engage in global business cost effectively and with attention to jurisdictional requirements.

While the precise penalties and remedies to be imposed in the event of violation of the new California regulations have yet to be reported, companies would be well advised to consult with legal counsel to ensure that their existing compliance programs take account of the new regulations for relevant video display products distributed within the state.

Footnote

1) The regulated products are cathode ray tube containing devices (CRT devices), cathode ray tubes (CRTs), computer monitors containing CRTs, laptop computers with liquid crystal displays (LCDs), LCD containing desktop monitors, televisions containing CRTs, televisions containing LCD screens, plasma televisions and portable DVD players with LCD screens.

page up