イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2007. 03.01

パイオニアエレクトロニクス社 対 上級裁判所: カリフォルニア州最高裁判所は、企業に苦情申立てを行った消費者の連絡先を原告が求める際の、消費者のプライバシー権について判断

消費者集団訴訟において、企業に対して同一の苦情を申立てた他の消費者の身元情報を開示するよう原告が求める場合が多くあります。本年1月25日、カリフォルニア州最高裁判所は、苦情を申立てた消費者に適切に通知が行われ、開示に対する異議の機会および情報開示からの除外(オプト・アウト)の機会が与えられていれば、消費者の氏名及び電話番号を原告に開示できると判示しました(Pioneer Elecs. (USA), Inc. v. Superior Court (Olmstead), 40 Cal. 4th 360 (2007))。その際、最高裁判所は、苦情申立消費者が当該開示に積極的に同意し、開示に含まれるという選択(オプト・イン)を行う必要があるとした控訴裁判所の判決を破棄しました。実際問題としては、消費者集団訴訟の被告となる場合には、苦情を申立てている他の消費者の氏名を開示するよう命じられる可能性があります。

本件は、オルムステッド氏が、パイオニアエレクトロニクス社が欠陥のあるDVDプレイヤーを販売したと主張する、推定の消費者集団訴訟に関わるものでした。ディスカバリー(開示手続)において、パイオニアエレクトロニクス社は、消費者から受け取った苦情に関する文書を提出しましたが、いずれの文書からも、苦情申立消費者の身元を特定できませんでした。原告が苦情を申立てた他の消費者の氏名や住所を求めたところ、同社は、カリフォルニア州憲法(第一章第一条)に基づく消費者のプライバシー権を理由に、開示に異議を唱えました。

事実審裁判所(ロサンゼルス郡上級裁判所)のウェンデル モルティマー ジュニア判事は、同社に対して700名から800名にのぼる苦情申立消費者に通知書を送付するよう命令することで本争点の解決を図ろうとしました。この命令は、苦情申立消費者に訴訟の存在および原告が身元情報を要求している旨を伝える書簡を出すよう命じました。さらに、書簡は、自らの身元情報の開示に異議を示すことができること、また、異議を示さなかった場合には、身元情報の開示に同意したとみなされることについても、苦情申立消費者に伝えるものでした。つまり、この命令では、同社は、消費者が身元情報開示からオプト・アウトするための積極的方策をとらない限り、当該消費者の身元情報を開示する義務がありました。

パイオニアエレクトロニクス社は、この命令を控訴しました。控訴裁判所は、(1)実際の通知をなされるよう適切な措置をとることが、消費者のプライバシー権の放棄を推認する前提条件となること、また、(2)事実審裁判所がとった措置が不適切なものであったと判示しました(Pioneer Elecs. (USA), Inc. v. Superior Court (Olmstead), 128 Cal. App. 4th 246, 250 (2005))。控訴裁判所は、プライバシー権等の権利の放棄については、明確かつ説得力のある証拠による立証が必要であるという要件に焦点を当てました(上記判決256ページ)。控訴裁判所は、プライバシーという基本的権利の放棄は、同社の通知書が受領され、開封され、読まれたという「確定的推定」に基づくことができないとしました(同259ページ)。控訴裁判所は、「本件では、受動的行為のみにより権利放棄を推定するのではなく、消費者の明示的な同意を要求することが適切である」と判示しました(同259-260ページ)。

カリフォルニア州最高裁判所は、上記判決と反対の結論を得るために、ヒル対全米大学競技協会事件(Hill v. Naional Collegiate Athletic Assn., 7 Cal. 4th 1 (1994))におけるプライバシーの侵害に関する利益衡量基準に依拠しました。この基準は、プライバシー権の性質、特定の状況下での権利保有者が有する妥当な期待、違反の深刻度、開示による比較利益、侵害を最小限に抑え得る防護措置等の手段を比較衡量するものです。最高裁判所は、「当初、パイオニアエレクトロニクス社に対し製品に関する苦情を申し立てた消費者は、おそらく当該苦情に関して更にやり取りを行う目的で同社に自由に提供した自らの身元情報に関しては、プライバシーや秘密性への期待値が減少している」という点で原告に同意しました。さらに、最高裁判所は、想定される開示情報が(個人的医療情報や財務情報と比較して)特に機微でないこと、また、集団訴訟の潜在的メンバーの身元情報は、ディスカバリーの適切な対象となることを認めました。さらに、最高裁判所は、「各消費者が開示に対して異議を唱える方法を通知書が明確かつ目立つ形で説明したと仮定しても」、通知書が捨てられ読まれない可能性があるとする控訴裁判所の懸念を退けました。そして、最高裁判所は、本件では、事実審裁判所による「通知とオプトアウト」というアプローチが、プライバシー権を適切に保護していると判示しました。

その際、最高裁判所は、バレーバンク(ネバダ州)対上級裁判所事件(Valley Bank of Nevada v. Superior Court of San Joaquin County 15 Cal. 3d 652 (1975))において自らがとったアプローチを再確認しました。当該事件では、銀行(原告)が保有する約束手形の債務不履行について訴えられた被告が、銀行の7名の顧客に関して、銀行が当該顧客の利益を保護するために不祥事に関与したとする抗弁の裏づけとして、当該顧客の銀行記録の開示を求めました。関連情報の開示の必要性と財務情報に関するプライバシーの権利との間の均衡をとるにあたり、最高裁判所は、「民事事件の開示手続において機密の顧客情報が開示対象となりうる前に、銀行は、以下の二点のために適切な措置をとらなければならない。すなわち、(1)手続が行われていることを当該顧客に通知すること、および(2)開示に異議を唱えたり、適切な保護命令を求めたり、開示を求められる事柄の範囲や性質を制限するために他の訴訟を提起することにより、顧客が自らの利益を主張するための公正な機会を与えられることである。」としました(同判決658ページ)。

パイオニアエレクトロニクス社事件に関する最高裁判所の決定は、当該事件における競合する利益を比較衡量するという、事実審裁判所の広範な裁量を再確認するものですが、本判決は、今後裁判所が衡量が行う際の基準となると考えられます。


Pioneer Electronics (USA), Inc. v. Superior Court (Olmstead); California Supreme Court Addresses Consumer Privacy Rights When Plaintiffs Seek Contact Information of Consumers Who Have Complained to the Company

In consumer class action litigation, plaintiffs often seek to learn the identity of other consumers who have complained to the company about the same alleged problem. On January 25, 2007, the California Supreme Court held that the names and phone numbers of such complaining customers can be disclosed to the plaintiffs -- so long as the complaining customers are given reasonable notice and an opportunity to object and opt out of the disclosure. Pioneer Elecs. (USA), Inc. v. Superior Court (Olmstead), 40 Cal. 4th 360 (2007). In doing so, the Supreme Court reversed the Court of Appeal, which had held that complaining consumers must affirmatively consent and opt in to such a disclosure. As a practical matter, if you are a defendant in a consumer class action, you now may be forced to disclose the names of more complaining customers.

The issue was presented in a putative consumer class action in which Mr. Olmstead alleged that Pioneer Electronics sold defective DVD players. In the course of discovery, Pioneer produced documents relating to complaints that it received from consumers -- but none from which the complaining consumers' identities could be determined. When the plaintiff sought the names and addresses of the complaining consumers, Pioneer objected on the basis of the consumers' rights to privacy under the California Constitution. Cal. Const., art. 1, § 1.

The trial court, Judge Wendell Mortimer, Jr., of the Los Angeles County Superior Court, resolved the issue by requiring Pioneer to send a notification letter to the 700-800 complaining consumers. The trial court's order required that the letter inform the consumers about the lawsuit and the plaintiff's request for identifying information. In addition, the letter informed the consumers that they could object to disclosure of their identifying information, but that a failure to object would be treated as consent to the release of the information. In other words, under the trial court's order, Pioneer would need to disclose the consumer-identifying information unless the consumer affirmatively took steps to opt out of the disclosure.

Pioneer appealed the trial court's order. The Court of Appeal held that having taken adequate steps to insure actual notice is a prerequisite to an assumed waiver of a consumer's right to privacy, and that the measures the trial court had taken were inadequate. Pioneer Elecs. (USA), Inc. v. Superior Court (Olmstead), 128 Cal. App. 4th 246, 250 (2005). The Court of Appeal focused on the requirement that a waiver of a right, such as the right to privacy, must be shown by clear and convincing evidence. Id. at 256. The court concluded that waiver of the fundamental right to privacy could not depend on a "conclusive presumption" that Pioneer's notification letter was received, opened, and read. Id. at 259. The Court of Appeal held that "requiring an express consent from the consumer, rather than inferring waiver from passive conduct alone is appropriate in this case." Id. at 259-60.

In reaching its contrary conclusion, the Supreme Court looked to the invasion of privacy balancing test that it set forth in Hill v. National Collegiate Athletic Assn., 7 Cal. 4th 1 (1994). That test balances the nature of the privacy interest, the holder's reasonable expectation of privacy under the particular circumstances, the seriousness of the subject breach, the countervailing interests in disclosure, and safeguards and other alternatives that may minimize the invasion. The Court agreed with the plaintiff that "consumers who initially contacted Pioneer to express dissatisfaction with its product have a reduced expectation of privacy or confidentiality in the contact information they freely offered to Pioneer for the purpose, presumably, of allowing further communication regarding their complaints." The Court further found that the proposed disclosure was not particularly sensitive (contrasting personal medical or financial information), and that the identity of potential class members was appropriately discoverable. The Court also rejected the Court of Appeal's concern that the notification letter might be discarded and unread "assuming the notice clearly and conspicuously explains how each customer might register an objection to disclosure." As a result, the Court concluded that the trial court's "notice and opt-out" approach adequately safeguarded the privacy rights at issue.

In doing so, the Supreme Court reaffirmed the approach that it took in Valley Bank of Nevada v. Superior Court, 15 Cal. 3d 652 (1975). In that case, the defendants, who were sued for defaulting on a promissory note held by the plaintiff bank, sought discovery of bank records relating to seven of the bank's customers -- in support of a defense that the bank had engaged in misconduct to protect the interests of those seven bank customers. In striking a balance between the need for discovery of relevant information and the right to privacy in financial affairs, the Supreme Court concluded that "before confidential customer information may be disclosed in the course of civil discovery proceedings, the bank must take reasonable steps to notify its customer of the pendency of the proceedings and to afford the customer a fair opportunity to assert his interests by objecting to the disclosure, by seeking an appropriate protective order, or by instituting other legal proceedings to limit the scope or nature of the matters sought to be discovered." Id. at 658.

Although the Pioneer Electronics decision reaffirms a trial court's broad discretion to weigh and balance the competing interests in the cases before them, the case likely will present the starting point from which they will perform their analysis.

page up