イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2007. 03.02

フィリップモリス社 対 ウィリアムズ氏事件: 懲罰的損害賠償に関し、連邦最高裁判所が重要な判断を示す

2007年2月20日、連邦最高裁判所は、フィリップモリス(米)社 対 ウィリアムズ氏 事件の判決(Philip Morris USA v. Williams, 127 S. Ct. 1057 (2007))において、合衆国憲法のデュー・プロセス条項では被告が訴訟当事者以外の第三者に与えた損害について被告を懲罰する目的で懲罰的損害賠償を使うことが禁じられているとして、フィリップモリス社に対する7,950万ドルの懲罰的損害賠償を破棄しました(懲罰的損害賠償とは、被告が無謀、悪意又は不実により加害行為を行った場合に、実際の損害賠償に加えて認められる損害賠償であり、悪質な行為を罰することを意図したものです)。

本件では、ヘビースモーカーの男性の未亡人が、マルボロの製造メーカーであるフィリップモリス社に対し、死亡が同社の過失及び詐欺的行為によるとして提訴しました。陪審員は、喫煙が死因であること、また、同社が喫煙が無害であると信用させた点には過失及び詐欺があったことを認定しました。オレゴン州の事実審裁判所は、原告に対し、821,000ドルの補償的損害賠償及び7,950万ドルの懲罰的損害賠償を認めました。同社は、上訴に際し、原告側弁護士の主張および陪審員に対する裁判官の法律説示を問題視し、原告以外の第三者に対する損害に基づいて懲罰的損害賠償額が決定された可能性が高いと主張しました。

破棄判決の中で、最高裁判所は、訴訟当事者以外の者への損害に基づき懲罰的損害賠償を科すことは、デュー・プロセスなしに政府が財産を没収することに相当すると判示しました。最高裁判所の説明によると、デュー・プロセスに基づき、裁判所は、処罰を科す前に「利用可能な全ての抗弁を提示する機会」を被告に与える義務がありますが、損害を受けたとされる者が法廷に現れない場合には、この義務が果たせなくなると理由付けました。また、最高裁判所は、第三者への損害に関する事実の評価は推測に基づいており、デュー・プロセスに反すると指摘しました。以上により、最高裁判所は、(訴訟当事者ではない)他の潜在的な原告への損害に関して、陪審が被告に懲罰を与えてはならないと判示しました。

同時に、最高裁判所は、被告の行為が訴訟第三者に損害や損害の危険性を発生させたことを示す証拠を陪審員が考慮してもよいと述べました。被告の行為が繰り返し行われている場合には、この行為が「特に非難されるべきもの」であることの証拠として用いることができます。つまり、懲罰的損害賠償額決定のためではなく、被告の行為の有罪性の判断のために、第三者への損害を考慮してもよいということです。

最高裁判所は、821,000ドルの補償的損害賠償額と比べ7,950万ドルの懲罰的損害賠償額が「極めて過度」であるかについては触れませんでした(この点については、State Farm対 Campbell 事件において、最高裁判所が実際の損害賠償額の10倍以上の懲罰的損害賠償額は憲法のデュー・プロセス条項に違反する可能性が高いとしていたことを考えると、「極めて過度」と判示できたのではと考えられます1)。

製造物責任訴訟における多額の陪審評決の中には、懲罰的損害賠償を与えたものが多く、また、製造物責任訴訟においては、訴訟当事者以外の消費者への損害を含ませようとすることが多くみられます。本判決は、当該裁判所に係争中の訴訟に参加していない消費者への損害を陪審が考慮する能力に限定が与えられたという点で、消費者向け製品の製造メーカーに重要なものと言えます。陪審員は、被告の行為の有罪性の判断に際してのみ第三者への損害を考慮できますが、特定の原告への懲罰的損害賠償額を決定する際には考慮できません。

脚注

1) State Farm Mut. Auto. Ins. Co.対 Campbell 事件(538 U.S. 408 (2003))


Philip Morris USA v. Williams: U.S. Supreme Court Issues Important Ruling Regarding Punitive Damages

On February 20, 2007, the United States Supreme Court, in Philip Morris USA v. Williams, 127 S. Ct. 1057 (2007), overturned a $79.5 million punitive damages award against Philip Morris on the grounds that the U.S. Constitution's Due Process Clause forbids using punitive damages to punish a defendant for injuries to non-parties. (Punitive damages are damages awarded in addition to actual damages when a defendant acts with recklessness, malice, or deceit, and are intended to punish egregious conduct.)

In this case, the widow of a heavy smoker sued Philip Morris, the manufacturer of Marlboro cigarettes, for negligence and deceit in causing the smoker's death. The jury found that the smoker's death was caused by cigarette smoking and that Philip Morris negligently and deceitfully led the smoker to believe that smoking was safe. The Oregon state trial court had awarded the plaintiff $821,000 in compensatory damages and $79.5 million in punitive damages. In appealing the award, Philip Morris argued that based on the plaintiff's lawyer's arguments and the judges instructions to the jury, it was likely that a significant portion of the punitive damages award was based on harm to those other than the plaintiff.

In vacating the award, the Court held that imposing punitive damages for injuries to non-parties amounted to a taking of property without due process of law. Due process, the Court explained, requires that a court afford a defendant "an opportunity to present every available defense" before imposing punishment. This, the Court reasoned, is not possible when the allegedly injured party is not before the court. The Court noted that evaluating the facts regarding the injuries of non-parties would be based on speculation, which would violate due process. As such, the Court held that a jury may not punish a defendant for the harm caused to other potential plaintiffs (who are not parties to that case).

The Court did state, however, that a jury may consider evidence that the conduct caused harm or risk of harm to non-parties. A pattern of such behavior can be used to show that the behavior was "particularly reprehensible." In other words, harm to other people who are not plaintiffs may be considered to determine the culpable nature of a defendant's conduct, but not for purposes of assessing the amount of punitive damages.

The Court did not address whether the $79.5 million punitive damages award was "grossly excessive," based on the $821,000 compensatory damages award (which would seem likely as the Court ruled in State Farm v. Campbell that punitive damages that are more than ten times larger than actual damages likely violate the Due Process Clause of the Constitution1).

Punitive damages can represent a significant portion of large product liability verdicts, and product liability lawsuits also often implicate injuries to consumers other than the named plaintiff. This decision is important to manufacturers of consumer products because the Court has now limited the ability of a jury to consider injuries to consumer plaintiffs who are not part of the lawsuit the court is deciding. The jury may only consider injuries to such non-parties when evaluating the reprehensible nature of a defendant's conduct and not in determining the amount of punitive damages to be awarded to a particular plaintiff.

Footnote

1) State Farm Mut. Auto. Ins. Co. v. Campbell, 538 U.S. 408 (2003).

page up