イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2007. 04.01

Sinochem International 対 Malaysia International Shipping: 連邦最高裁判所が、フォーラム・ノン・コンビニエンス(Forum Non Conveniens)を理由とする却下について重要な判決を下す

2007年3月5日、米国連邦最高裁判所は、Sinochem International Co., Ltd. 対 Malaysia International Shipping Corp.事件(127 S.Ct. 1184 (2007))において、地方裁判所が申立に対して事物管轄権を有するか、または被告に対して人的管轄権を有するかを判断する前に、フォーラム・ノン・コンビニエンスを理由として直ちに申立を却下する裁量権を有する旨の決定を全員一致で下しました。フォーラム・ノン・コンビニエンスとは、他の裁判所が紛争を審理する上で適切、かつより便宜な法廷地であると認められる場合には、申立を却下することができるという法理です。

本件では、中国の国営貿易会社であるSinochem International Co., Ltd. (「シノケム社」)がMalaysia International Shipping Corp.(「マレーシア・インターナショナル社」)に対して、中国で海事訴訟を提起しました。中国の裁判所は、本件が解決されるまで、マレーシア・インターナショナル社の船舶を差押さえる旨を命じました。中国での本件の係属中に、マレーシア・インターナショナル社は、ペンシルバニア州フィラデルフィアの連邦地方裁判所において、中国における船舶の差押が、シノケム社の中国の裁判所に対する申立における不当な主張に基づくものであるとして、シノケム社に対して訴訟を提起し、不当な差押についての損害賠償を求めました。

シノケム社は、特に、人的管轄権の欠如、事物管轄権の欠如およびフォーラム・ノン・コンビニエンスの理論を主張して、地方裁判所が本件を却下するよう求めました。地方裁判所は、事物管轄権があり、また、ペンシルバニア州のロングアーム法の下ではマレーシア・インターナショナル社に対して人的管轄権を有しないが、証拠開示手続きにより、連邦民事訴訟規則に基づき人的管轄権を基礎づけるに足りる国内の関係が明らかにされる可能性があると判断しました。しかしながら、地方裁判所は、管轄権に関する証拠開示を命じることなく、中国の裁判所が本件を審理するためにより適切な法廷地であるとして、フォーラム・ノン・コンビニエンスの法理に基づき本件を却下しました。

第3巡回控訴裁判所は、原決定を破棄し、フォーラム・ノン・コンビニエンスが本件の実体的事項に無関係な却下の根拠であるとしても、裁判所はなお、フォーラム・ノン・コンビニエンスの理論によって却下することが適切であるか否かの問題を判断する前に、事物管轄権および人的管轄権の双方を有するか否かを判断しなければならないと判示しました。つまり、マレーシア・インターナショナル社に対する人的管轄権が存在するか否かを判断するために、管轄権に関する証拠開示手続きが必要であるというのです。

最高裁判所は、巡回控訴裁判所でこれまでの判断が分かれていたため、本件を審理し、第3巡回控訴裁判所の結論を覆しました。最高裁判所は、実体的事項の審理に入る前に訴えを却下することについて覊束的な順序はなく、地方裁判所はどの根拠によるのかについて裁量を有し、「審理の便宜、公平性および訴訟経済からみて適切であると認めた場合には、事物管轄権および人的管轄権の問題を判断することなく、フォーラム・ノン・コンビニエンスを理由に裁判を却下する・・・ことができる」と判示しました。最高裁判所はまた、本件の事実からすれば、本件は「フォーラム・ノン・コンビニエンスによる即時却下の典型的な事案」であるとも判示しました。最高裁判所は、たとえ地方裁判所がシノケム社に対して人的管轄権を有すると判断したとしても、本件がすでに中国の裁判所で相当の期間審理されており、マレーシア・インターナショナル社の主張の当否-シノケム社が中国の裁判所に対して不当な主張を行ったか否か-は、中国の裁判所で解決されることが最も望ましいことからすれば、いずれにせよフォーラム・ノン・コンビニエンスを理由として本件が却下されることになると考えられるので、シノケム社を人的管轄権についての問題について証拠開示手続きに服させることは、シノケム社に不必要な費用を被らせることになって、訴訟経済に資することにはならないと指摘しています。

本決定は、ある事案について審理する適切かつより便宜な他の法廷地がある場合には、しばしば煩雑で費用のかかる管轄権に関する証拠開示手続きを行う前に、フォーラム・ノン・コンビニエンスを理由として事件を却下することができるとした点において重要です。これにより、当事者が、紛争を審理することが不適切な法廷地において費用のかかる不必要な訴訟を並行して行う必要性が軽減されることになるでしょう。


Sinochem International v. Malaysia International Shipping: U.S. Supreme Court Issues Important Ruling Regarding Dismissals on the Grounds of Forum Non Conveniens

Sinochem International v. Malaysia International Shipping: U.S. Supreme Court Issues Important Ruling Regarding Dismissals on the Grounds of Forum Non Conveniens

On March 5, 2007, the United States Supreme Court, in Sinochem International Co., Ltd. v. Malaysia International Shipping Corp., 127 S.Ct. 1184 (2007), ruled unanimously that a District Court has the discretion to dismiss a case immediately on forum non conveniens grounds before the court has established that it has subject-matter jurisdiction over the case or personal jurisdiction over the defendant. Forum non conveniens is a legal doctrine under which a court may dismiss a case where a foreign court is deemed to be an adequate and more convenient forum for hearing the dispute.

In this case, Sinochem International Co., Ltd. ("Sinochem"), a Chinese state-owned importer, initiated an admiralty action in China against Malaysia International Shipping Corp. ("Malaysia International"). The Chinese court ordered that a Malaysia International ship be seized pending resolution of the case. While the Chinese case was pending, Malaysia International sued Sinochem in United States District Court in Philadelphia, Pennsylvania alleging that the seizure of the ship in China was based on a misrepresentation in Sinochem's application to the Chinese court and Malaysia International sought damages to compensate it for the wrongful seizure.

Sinochem moved to dismiss the District Court case on the grounds of lack of personal jurisdiction, lack of subject-matter jurisdiction, and forum non conveniens, among other grounds. The District Court found that there was subject-matter jurisdiction, and although there was no personal jurisdiction over Malaysia International under Pennsylvania's state long arm statute, discovery might reveal sufficient national contacts to support personal jurisdiction under the Federal Rules of Civil Procedure. Rather than order jurisdictional discovery, however, the District Court dismissed the suit under the doctrine of forum non conveniens on the grounds that the Chinese court was a better forum to adjudicate the controversy.

The Third Circuit Court of Appeals reversed, holding that although forum non conveniens was grounds for dismissal unrelated to the merits of the case, the court still had to determine whether it had both subject-matter and personal jurisdiction before turning to the question of whether forum non conveniens dismissal was appropriate. This meant that jurisdictional discovery would have been required to resolve whether there was personal jurisdiction over Malaysia International.

The Supreme Court granted review of the case because of conflicting rules that developed among the Circuit Courts of Appeal, and reversed the Third Circuit. The Supreme Court held that there was no mandatory sequence for considering non-merits grounds for dismissal, a district court has discretion to choose among the grounds, and the court "may . . . dispose of an action by forum non conveniens dismissal, bypassing questions of subject-matter and personal jurisdiction, when considerations of convenience, fairness, and judicial economy so warrant." The Supreme Court also found that the facts made this case "a textbook case for immediate forum non conveniens dismissal." The Court took note that subjecting Sinochem to discovery on the question of personal jurisdiction would cause Sinochem to incur unnecessary costs and would not serve the interest of judicial economy because even if the district court were to find that it had personal jurisdiction over Sinochem, it would likely dismiss the case on forum non conveniens grounds anyway because the case had already progressed for some time in the Chinese courts and the essence of Malaysia International's claim - that Sinochem had made misrepresentations to the Chinese court - was an issue that would be best resolved by the Chinese court.

This ruling is important because it means that a court may dismiss a case on forum non conveniens grounds before the parties have to go through the often burdensome and costly process of jurisdictional discovery if there is a foreign forum that can adequately and more conveniently hear the dispute. This reduces the likelihood that parties will need to engage in expensive and unnecessary parallel litigation in forums that are inappropriate to hear the dispute.

page up