イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2008. 09.12

新たに成立した2008年消費者製品安全性改善法に基づく製品リコール要件

Tokyo Litigation Client Bulletin

東京訴訟部
マックス・オルソン  マーク・ダーニー  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ  一色 太郎  
ダニエル P. レヴィソン


PDF版はこちら
Please click here for English version.

 

(参考訳)

執筆者 チャールズ・カー / ドン・ラッシング / スーザン・リンデン

 

2008年8月14日にブッシュ大統領が署名して成立した2008年消費者製品安全性改善法(Consumer Product Safety Improvement Act of 2008、以下「本法」)は、製品メーカー、販売業者および小売業者に多くの要件を新たに課すものです。本稿は、消費者製品安全法(Consumer Product Safety Act、以下「CPSA」)を大幅に改正し、CPSA第15条(b)に基づく報告、消費者製品のリコールおよびアクションプランの策定に関連する要件を新たに追加する本法第214条について解説します。

報告

CPSA第15条(b)は、欠陥または危険の可能性のある製品のメーカー、輸入業者、販売業者および小売業者を対象とする一定の報告要件を規定しています。本法によって改正されるまでは、消費者製品が、消費者製品安全基準を満たしていないか、実質的な危険を生じさせる可能性のある欠陥を含むか、重大な傷害または死亡の不合理なリスクを生じさせた、との結論を裏付ける情報を入手した場合に限り、報告が義務付けられていました。
本法は、CPSAの第15条(b)を修正するパラグラフ(b)(2)を新たに追加しています。新パラグラフでは報告要件が拡大され、CPSAに基づく規則、規制、基準もしくは禁止令または消費者製品安全委員会(以下「委員会」)が施行したその他の法律に準拠しない消費者製品にも適用されます。さらに、CPSA第15条(b)の変更により、新パラグラフ(b)(2)に基づいてなされた報告は、詐欺または欺瞞の意思の証明がない限り、連邦有害性物質法第5条に基づく刑事訴追の根拠として用いることができないとしています。

公表

また、本法は、市場に流通している製品について実質的な製品の危険を生じさせることを発見した場合、メーカー、販売業者または小売店に対し、一定の公的措置を講じるように命じる委員会の権限を強化しています。本法により、委員会は、(1) 製品流通の中止、(2) 製品を輸送、流通または別途取り扱う者(または製品の輸送、販売もしくは流通を受ける者または別途製品を取り扱う者)全員に対する、製品販売の即時中止の通知、または、(3) 該当する州および地方自治体の公衆衛生担当者への通知を命じる権限を有します。さらに、その他の形式による通知では相当数の消費者に伝わらないと委員会が判断した場合、メーカー、販売業者または小売業者は、自社のウェブサイトおよび製品の販売用のウェブサイトに明瞭かつ目立つ通知を掲示し、ラジオおよびテレビの両方で英語以外の言語による告知を行うことを求められる場合があります。

アクションプラン

委員会は、遵守命令を発した場合、実質的な製品の危険を排除するために必要な措置の実行計画を提出するように要求しなければなりません。委員会は当該計画を承認する場合は書面で行うものとします。また、承認済みのアクションプランが有効もしくは適切ではない、または有効に実行されていないとの判断もできます。この場合、委員会はさらに、アクションプランの修正を求める命令を発することができます。メーカー、小売業者または販売業者がアクションプランに実質的に従っていないことが判明した場合、委員会は、アクションプランの承認を撤回し、当該業者が撤回通知を受領した後に製品の流通目的の販売を禁止することができます。

リコール通知

本法は、リコール通知要件を定める第2064条(i)も新たに追加しています。委員会は、本法成立後180日以内にリコール通知要件のガイドラインを定めなければなりません。ガイドラインには、消費者がリコールされる特定の製品を確認し、当該製品について確認された危険と製品を購入した消費者が利用できる救済措置を理解する上で役に立つ情報を盛り込むこととしています。本法で必要とされるリコール通知の内容とは、(1) 製品の説明(型番または最小在庫管理単位、製品の一般名称および製品の写真を含みます)、(2) 措置の内容、(3) 措置が講じられる製品の個数、(4) 実質的な製品の危険および措置の理由、(5) メーカーおよび重要な小売業者の特定、(6) 製品の製造から販売までの期間、ならびに (7) 製品に関連して発生した死傷事故の件数および説明(死傷者の年齢および委員会が事故情報を入手した日を含みます)です。

結論

CPSAの改正は、消費者製品の流通に携わるすべての事業者に影響を及ぼします。本法によって拡大された報告義務およびリコール通知要件は、米国で販売される消費者製品のすべてのメーカー、販売業者、輸入業者および小売業者に対して影響を及ぼす可能性があります。委員会の予算が増額されたのは、企業に対して是正措置を迅速に講じるように要求できるなど、消費者製品安全要件が執行される機会が増える可能性を示唆しています。企業がこれに従わなかった場合に課される罰金も大幅に引き上げられます(個々の違反につき10万ドル、違反の総体としては1500万ドルを上限としています)。
当事務所は、2008年消費者製品安全性改善法について議会が検討を重ね、最終的に8月中旬にブッシュ大統領が署名して成立する過程を詳細に追って参りました。この分野に利害を有する様々な企業や取引団体を代理して、立法、規制および訴訟案件について助言を行っています。

製造物責任関連問題についての詳細な情報または助言については、ニューヨーク・オフィスのチェット・カー (Chet Kerr、CKerr@mofo.com)、サンディエゴ・オフィスのドン・ラッシング (Don Rushing、DRushing@mofo.com)、上海オフィスのマイケル・ヴェラ (Michael Vella、MVella@mofo.com)、
東京オフィスのマーク・ダーニー (Mark Danis、MDanis@mofo.com)またはダン・レヴィソン(Dan Levison、DLevison@mofo.com)までお問い合わせ下さい。

鉛もしくはフタル酸エステル関連問題についての詳細な情報に関しては、サンフランシスコ・オフィスのミッショル・コラシュ(Michèle Corash、MCorash@mofo.com)、ロバート・フォーク(Robert Falk、RFalk@mofo.com)または、ロサンゼルス・オフィスのピーター・シャオ(Peter Hsiao、PHsiao@mofo.com)までご連絡ください。


Product Recall Requirements Under the New Consumer Product Safety Improvement Act of 2008

 

by Charles L. Kerr / Don G. Rushing / Susan P. Linden

The new Consumer Product Safety Improvement Act of 2008 (the "Act"), which was signed into law by President Bush on August 14, 2008, imposes a number of new requirements on product manufacturers, distributors, and retailers. The focus of this client alert is Section 214 of the Act which significantly revises the Consumer Product Safety Act ("CPSA") to add new requirements relating to reporting under section 15(b) of the CPSA, the recall of consumer products and the preparation of action plans.

Reporting

Section 15(b) of the CPSA establishes certain reporting requirements for manufacturers, importers, distributors, and retailers of potentially defective or hazardous products. Until the changes mandated by the Act, reporting was required only upon receipt of information that would support the conclusion that a consumer product failed to meet a consumer product safety standard, contained a defect that could create a substantial hazard or created an unreasonable risk of serious injury or death.

The Act amends Section 15(b) of the CPSA to add a new paragraph (b)(2) that expands the reporting requirements to apply to consumer products that fail to comply with any rule, regulation, standard or ban under the CPSA, or any other act enforced by the Consumer Product Safety Commission (the "Commission"). The changes to this section of the CPSA also provide that a report provided pursuant to new section (b)(2) may not be used as the basis for criminal prosecution under Section 5 of the Federal Hazardous Substances Act unless there is a showing of intent to defraud or mislead.

Public Notice

The Act also strengthens the Commission's authority to order a manufacturer, distributor or retailer to take certain public actions upon a finding that a product distributed in commerce presents a substantial product hazard. The Act authorizes the Commission to order the following: (1) that distribution of the product cease; (2) notification of all persons that transport, distribute or otherwise handle the product (or to whom the product has been transported, sold, distributed or who have otherwise handled the product) to immediately cease distribution of the product; or (3) notification to appropriate state and local public health officials. In addition, a manufacturer, distributor or retailer may be required to post clear and conspicuous notices on its website, and websites on which the product has been offered for sale, and produce announcements in languages other than English on both radio and television, when the Commission determines that a substantial number of consumers might not be reached by other forms of notice.

Action Plans

When the Commission issues an order to comply, it also must require the submission of a plan to effect the actions required to eliminate the substantial product hazard. Any Commission approval of such plan must be in writing. The Commission also may determine that an approved action plan is not effective or appropriate, or is not being effectively executed. In this case, the Commission may issue a further order requiring amendment of an action plan. If the Commission finds that the manufacturer, retailer or distributor has failed to substantially comply with the action plan, it may revoke approval of the action plan and prohibit distribution in commerce of the product after the company receives a notice of revocation.

Recall Notices

The Act also adds a new Section 2064(i) that specifies requirements for recall notices. The Commission is required to establish guidelines for recall notice requirements no later than 180 days after the Act becomes law. The guidelines must include information that would be helpful to consumers in identifying the specific product being recalled, understanding the hazard identified with such product, and what remedy is available to a consumer who has purchased the product. With respect to the content of any required recall notice, the Act provides that they include (1) a description of the product (including model number or stock keeping unit, names by which the product is commonly known, and a photograph of the product); (2) a description of the action being taken; (3) the number of units of the product for which action is being taken; (4) a description of the substantial product hazard and reason for the action; (5) identification of the manufacturers and significant retailers; (6) the dates between which the product was manufactured and sold; and (7) the number and description of any injuries or deaths associated with the product, including the ages of those killed or injured and the dates on which the Commission received such information.

Conclusion

The changes to the Consumer Product Safety Act will affect all businesses involved in the distribution of consumer products. The Act's expanded reporting obligations and recall notice requirements potentially impact all manufacturers, distributors, importers and retailers of consumer products sold in the United States. The increased budget for the Commission is likely to mean increased enforcement of the consumer product safety requirements, including the ability to demand that companies take corrective action on an expedited schedule. Companies also face significantly higher penalties (up to $100,000 for an individual violation, and $15 million aggregate) for failure to comply.

Morrison & Foerster LLP has closely followed the Consumer Product Safety Improvement Act of 2008 as it evolved in the Congress and ultimately was signed into law by President Bush in mid-August. We represent a variety of companies and trade associations with interests in this area and assist them with legislative, regulatory, and litigation matters.

For further information or assistance on product liability-related matters, please contact Chet Kerr (CKerr@mofo.com) in our New York office,
Don Rushing (DRushing@mofo.com) in our San Diego office, Michael Vella (MVella@mofo.com) in our Shanghai office, or Mark Danis (MDanis@mofo.com) or Dan Levison (DLevison@mofo.com) in our Tokyo office.

For further information or assistance with lead or phthalate-related matters, please contact Michèle Corash or Robert Falk in our San Francisco office at MCorash@mofo.com or RFalk@mofo.com, or Peter Hsiao in our Los Angeles office at PHsiao@mofo.com.  

page up