イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2009. 02.16

対米輸出に影響を及ぼす重要な進展: 米国消費者製品安全委員会、基質の含有鉛およびフタル酸エステル規制要件に関する試験および認証要件の施行を1年間延期

Tokyo Litigation Client Bulletin

東京訴訟部
マックス・オルソン  マーク・ダーニー  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ  一色 太郎  
ダニエル P. レヴィソン


PDF版は こちら
Please click
here for English version.

(参考訳)

背景

2008年8月14日にブッシュ大統領が署名して成立した2008年消費者製品安全性改善法(「CPSIA」)は、その前身となる消費者製品安全法(「CPSA」)の大幅な改正と、CPSAおよびその規制機関である消費者製品安全委員会(「CPSC」)の改革を目的として策定されました。(CPSIAに関する一般的な情報については、製造物責任に関するこれまでのリーガル・アップデートをご参照ください。)

重要な点として、CPSIAは、その対象製品のメーカーおよび輸入業者に、製品についての一般適合性認証書(「GCC」)の提出を義務付けています。GCCでは、CPSCによる製品安全規制、または当該製品が対象となる法的要件がある場合にはこれを特定する必要があり、また、かかる適用規制もしくは要件がある場合には、各製品試験または相当の試験プログラムに基づいて製品の認証を行う必要があります。さらに、一定のカテゴリーに属する製品については、CPSIAにおいて定める、詳細で、かつ、場合によっては複雑なタイムフレームに沿った独立の第三者機関による試験に基づいて認証を行う必要があります。

これらの第三者機関による試験および認証要件を法定期限内に満たすことに苦心してきた日本企業およびその米国輸入取引業者にとって、今回の法的措置は少なくとも一時的救済になるものと考えられます。

2009年1月30日の延期決定

CPSIAは、2008年8月の制定以来、CPSCが実施するにあたり、たびたび明瞭化や手直しが行われてきました。策定後日が経っていないCPSIAですが、その短い期間におけるめまぐるしい変更の直近の例として、CPSCは2009年1月30日、子供向け製品のメーカーおよび輸入業者に適用される第三者機関による試験および認証要件の施行を1年間延期することを全会一致で可決しました。延期されることとなった要件は下記の内容を含み、2009年2月10日付で実施される予定でした。

  • 子供向け製品に関する総鉛含有量の新たな上限 (2009年2月10日時点で600 ppm、2009年8月10日付で300 ppmに引き下げ)
  • 子供向け玩具および育児用品中の6種類のフタル酸エステル含有量の上限 (1,000 ppm/個未満)
  • ASTM F963に基づく玩具の安全性に関する必須規格

今回の施行延期は2010年2月10日を期限とし、同日付で延期期間終了についてCPSCでの採決が行われます。

今回の施行延期は、実際上、上記の第三者機関による 試験および認証要件にかかるメーカーおよび輸入業者の負担を一時的に軽減するものではありますが、CPSCは、メーカーおよび輸入業者が引き続き、CPSIAの定める鉛およびフタル酸エステル量の実質的な上限規制値、ならびに法定期限に従ったASTM F963玩具規格を遵守する必要があることを明確にしています。

このような明確化がなされたことで、今回の延期はおしなべて意味がないのではないかと見る向きがあります。製品がCPSIAの鉛およびフタル酸エステル規制要件を充足していることを厳密に保証するため、試験の実施が求められる可能性があり、また、子供向け製品および育児用品を販売する小売店が、仕入製品が当該規制要件を満たしている旨の証明書の提供を今後とも求めてくる可能性もあります。

重要なのは、今回発表されたCPSCの施行延期は制限があり、以下の各要件には適用されないという点です。

  • 一定の子供向け製品についての第三者機関による試験および認証に関する次の4つの要件。
    • 塗料その他の表面塗装材の含有鉛に関する禁止事項 (2009年8月10日までは600 ppm、以後90 ppmまで引き下げ)
    • 2009年1月20日より後に製造されるベビーベッドおよびおしゃぶりに関する基準
    • 2009年2月15日より後に製造される製品の小さな部品に関する禁止事項
    • 2009年3月23日より後に製造される製品について適用される子供向け装飾品に含有される鉛に関する制限
  • 2009年4月13日以降に製造される四輪バギーに適用される認証要件。
  • CPSIAの予備試験および認証要件。
  • プールおよびスパの安全性に関する法律(Pool & Spa Safety Act)に基づくプールの配水管カバーに関する要件。

CPSCが第三者機関による試験および認証要件の実施を1年間延期した背景には、CPSCの職員が製品の鉛含有量の測定指針等関連規則案をまとめるまでにもう少し時間を要することもあるとされています。CPSCによれば、これらの規則案には2009年2月10日までには解決できない複雑な問題が含まれているということです。

結論

日本企業およびその米国輸入取引業者においては、CPSCによるCPSIAの実施に対し、向こう数ヶ月から数年にわたり、多数の変更・改良が加えられ、さらに明瞭化されることが予想されます。追跡ラベル要件、耐久育児用品についての必須規格、育児用品の登録、鉛含有量上限値の引き下げ、およびラベル貼付手続要件に関する期限等、施行延期前のCPSIAに基づくあらゆる期限が間近に迫っていますが、当事務所では適時最新情報をお伝えいたします。

当事務所は、CPSIAの実施、同種の州および地方自治体の要件、その他鉛、フタル酸エステルおよび製品の安全性に関する法律および訴訟に関する問題について、多様な消費者製品および子供向け製品のメーカー、販売業者および小売業者ならびにそのいくつかの事業者団体に対し助言を提供しています。詳細な情報については、上海オフィスのマイケル・ヴェラ(Michael Vellamvella@mofo.com)、東京オフィスのダン・レヴィソン(Dan Levisondlevison@mofo.com)、サンディエゴ・オフィスのリンダ・レーン(Linda Lanellane@mofo.com)またはサンフランシスコ・オフィスのロバート・ファルク(Robert Falkrfalk@mofo.com)までお問い合せください。


Important Development Affecting Exports to the United States: United States Consumer Product Safety Commission Grants a One-Year Stay of Testing and Certification Requirements for Lead in Substrates and Phthalates Requirements

Background

The Consumer Product Safety Improvement Act of 2008 ("CPSIA") was signed into law by President Bush on August 14, 2008. The CPSIA represents a major overhaul of the earlier Consumer Product Safety Act ("CPSA") and was drafted in an attempt to modernize the CPSA and the regulating body, the Consumer Product Safety Commission ("CPSC"). (For additional general information on the CPSIA, please see earlier Product Liability updates).

Significantly, the CPSIA mandates that manufacturers and importers of products covered by the CPSIA issue General Certifications of Conformity ("GCC") for their goods. The GCC is required to identify the CPSC product safety regulation, or statutory requirement to which the product is subject, if any, and, where there is such an applicable regulation and/or requirement, the certification of the product must be based on a test of each product or a reasonable testing program. Moreover, for certain categories of products, certification must be based on independent third-party testing pursuant to a detailed and sometimes convoluted timeframe set forth in the CPSIA.

For Japanese companies and their U.S. import partners that have been struggling to comply with these third-party testing and certification requirements before the statutory deadline, a recent legal development should provide at least some temporary relief.

January 30, 2009 Stay

Since its enactment in August 2008, there has been a flurry of clarifications and refinements with respect to the CPSC's implementation of the CPSIA. The most recent event in the CPSIA's short lifespan occurred on January 30, 2009 when the CPSC voted unanimously to issue a one-year stay of enforcement for some third-party testing and certification requirements applicable to manufacturers and importers of children's products. The requirements that have been stayed were set to go into effect on February 10, 2009 and include the following:

  • New total lead content limits for children's products (600 ppm as of February 10, 2009, reduced to 300 ppm as of August 10, 2009);
  • Limits governing the amount of six types of phthalates in children's toys and childcare products (<1,000 ppm/each); and
  • Mandatory toy safety standards under ASTM F963.

The stay will remain in effect until February 10, 2010, at which time a CPSC vote will be taken to terminate the stay.

Although, as a practical matter, this stay on enforcement temporarily relieves manufacturers and importers from the third-party testing and certification requirements set forth above, the CPSC made clear that manufacturers and importers are still obligated to meet the substantive lead and phthalate ppm limits put into place by the CPSIA, as well as the toy standards of ASTM F963 based on the deadlines set forth in the statute.

This clarification leaves some wondering whether the stay is largely a distinction without a difference. To properly ensure that products meet the CPSIA's lead and phthalate limits, testing may be required and retailers that sell children's products and childcare articles may still insist upon being provided with certifications that the limits are being met with respect to the goods they are bringing into their inventories.

Importantly, the recently issued CPSC enforcement stay is limited and does not apply to the following:

  • Four requirements for third-party testing and certification of certain children's products, including:
    • The ban on lead in paint and other surface coatings (600 ppm until August 10, 2009, reduced to 90 ppm thereafter);
    • Standards for cribs and pacifiers for products manufactured after January 20, 2009;
    • The ban on small parts for products manufactured after February 15, 2009; and
    • Limits on lead in children's jewelry effective for products manufactured after March 23, 2009;
  • Certification requirements applicable to ATVs manufactured after April 13, 2009;
  • Pre-CPSIA testing and certification requirements; and
  • Pool drain-cover requirements of the Pool & Spa Safety Act.

One of the stated reasons behind the CPSC's grant of the one-year stay of most third-party testing and certification requirements is to give the CPSC's staff more time to finalize related proposed rules, including guidance for determining lead content in products. The CPSC stated that these proposed rules present complex issues that could not be resolved by February 10, 2009.

Conclusion

Japanese companies and their U.S. import partners can expect many more changes, refinements, and clarifications to the CPSC's implementation of the CPSIA over the next months and years. Many deadlines under the original CPSIA are looming, including deadlines for required tracking labels, mandatory standards for durable nursery products, registration of nursery products, further reduced lead content limits, and required procedures for labeling. Morrison & Foerster will continue to issue timely updates.

Morrison & Foerster is advising a variety of consumer and children's product manufacturers, distributors, and retailers and several of their trade associations on issues relating to the CPSIA's implementation, similar state and local requirements, and other lead, phthalate, and product safety laws and litigation. For further information, please contact Michael Vella (mvella@mofo.com) in Shanghai, Dan Levison (dlevison@mofo.com) in Tokyo, Linda Lane (llane@mofo.com) in San Diego or Robert Falk (rfalk@mofo.com) in San Francisco.

page up