イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2009. 02.16

CPSIA改正に関する最新情報: 輸出業者、販売業者および小売業者に対する法令順守・商取引上の重大な影響

Tokyo Litigation Client Bulletin

東京訴訟部
マックス・オルソン  マーク・ダーニー  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ  一色 太郎  
ダニエル P. レヴィソン


PDF版は こちら
Please click
here for English version.

(参考訳)

執筆者 ロバート L. ファルク
リンダ L. レーン
ステイシー L. カプラン

背景

本アップデート情報には、フタル酸エステルまたは鉛を含有する衣料品、玩具または子供向け製品の在庫の対米輸出業者にとって重要な情報が含まれています。

2008年8月14日に署名・成立した2008年消費者製品安全性改善法(「CPSIA」)は、その前身となる消費者製品安全法(「CPSA」)を大幅に改正するものであり、玩具等アジアで製造された様々な消費者製品のリコールに端を発した社会不安の高まりを受けて策定されました。CPSIAでは特に、2009年2月10日以降米国で販売される玩具および子供向け製品について、新たに鉛およびフタル酸エステルの含有量に関する厳しい規制が課されました。(CPSIAに関する一般的な情報については、製造物責任に関するこれまでのリーガル・アップデートをご参照ください。)

2009年2月6日、CPSCが2009年2月10日施行予定のCPSIAの要件を明確化

CPSIAについては、2008年8月の制定以来、消費者製品安全委員会(「CPSC」)がその実施にあたり、相次いで明瞭化や手直しを行ってきました。2009年1月30日、CPSCは、その鉛およびフタル酸エステルの含有量に関する新たな規制が遵守されていることを証する、認定された第三者機関の認証書を取得するためのCPSIAの要件の実施を、少なくとも1年間事実上延期することを決定しました。また、2009年2月6日には、2009年2月10日施行予定のCPSIAのほかの側面に関する実施方針をを明確に示しました。

第一に、CPSCによれば、CPSCが、次のカテゴリーに属する子供向け製品については、たとえそれが後になって、その鉛含有量がCPSIAが新たに設定する上限を超えた「子供がアクセスできる」構成材を含むことが判明した場合であっても、その製造、販売または配布を行ったことを理由としてメーカー、輸入業者、販売業者または小売業者を告訴することはないということです。

  • これまでCPSCが鉛を含有するとすることはまずなかった天然材料(木材、綿および特定の金属類および金属合金類を含む)でできた子供向け製品
  • 1985年以降に出版された子供向けの書籍
  • 衣料品、毛布その他の織物製品(プラスチック製または金属製のファスナーのついていないもの)の非金属糸および装飾を含む、大部分の染色繊維製品または非染色繊維製品

第二に、CPSCは、玩具その他の子供向け製品の電子部品について、もうひとつ別の鉛含有量の上限を設定しました。鉛を含有する電子部品であっても、子供が「アクセスできない」ものであると思われる場合は、CPSIAが設定した鉛含有量の上限規制は適用されません。アクセスできる電子部品であっても、新たに発表された適用除外対象の9つの具体的なカテゴリーのうちのいずれかに該当する場合は、CPSIAが設定した鉛含有量の規制が適用されないこともあります。

CPSIAのフタル酸エステル規制、過去製造分の在庫に適用拡大

CPSCが発表した最も重大な変更は恐らく、CPSIAのフタル酸エステル規制[範囲]に対する従来の態度の180度の転換でしょう。CPSCのジェネラル・カウンセルは2008年11月17日に、CPSIAのフタル酸エステル規制は、鉛含有量の規制とは異なり、会社の現在庫には適用されないという意見書を出しています。2009年2月6日、CPSCは、National Resources Defense Council, Inc. et al. v. CPSC, 08-civ-10507 (S.D.N.Y.、2009年2月5日)における決定(CPSIAのフタル酸エステル規制は、2009年2月10日以前に製造された子供向け製品および育児用品の現在庫にも適用されるとするもの)を根拠としてその態度を覆したのです。その結果、CPSIAのフタル酸エステル規制は、2009年2月10日をもって現在庫にも適用されることとなり、このことはジェネラル・カウンセルが以前出した見解を信頼していた小売業者やその仕入業者に非常な驚きと動揺をもたらしました。

結論

フタル酸エステルまたは鉛を含有する衣料品、玩具その他の子供向け製品の輸出業者は、これらの進展状況に対し細心の注意を払うべきです。影響を受ける事業者は、CPSIAの実施に関するCPSCの最新の発表に対応するべく(またはこの機会を活かすよう)奔走しなければならなくなる可能性があります。また、CPSIAの要件および適用除外に関し、向こう数ヶ月から数年にわたり、多数の変更・改良が加えられ、さらに明瞭化されることも十分予想されます。追跡ラベル要件、耐久育児用品についての必須規格、育児用品の登録、鉛含有量上限値の更なる引き下げ、およびラベル貼付手続要件に関する期限等、施行延期前のCPSIAに基づくあらゆる期限が間近に迫っていますが、当事務所では引き続き状況をモニターし、その影響についてクライアントに対し助言を提供してまいります。

詳細な情報については、上海オフィスのマイケル・ヴェラ(Michael Vellamvella@mofo.com)、東京オフィスのダン・レヴィソン(Dan Levisondlevison@mofo.com)、サンディエゴ・オフィスのリンダ・レーン(Linda Lanellane@mofo.com)またはサンフランシスコ・オフィスのロバート・ファルク(Robert Falkrfalk@mofo.com)までお問い合せください。


Late Breaking Changes to the CPSIA: Significant Compliance and Business Implications for Exporters, Distributors, and Retailers

by Robert L. Falk, Linda L. Lane and Stacy L. Kaplan

Background

This update includes important information for exporters to the United States of apparel, toys or any children's products in inventory that contain phthalates and/or lead.

The Consumer Product Safety Improvement Act of 2008 ("CPSIA") was signed into law on August 14, 2008. The CPSIA represents a major overhaul of the earlier Consumer Product Safety Act ("CPSA") and was drafted in the wake of strong public concern arising from recalls of a variety of consumer products, including toys, manufactured in Asia. Among other things, the CPSIA imposed stringent new lead and phthalate content restrictions on toys and childcare articles offered for sale anywhere in the U.S. after February 10, 2009. (For additional general information on the CPSIA, please see earlier Product Liability updates.)

February 6, 2009 CPSC Clarification of CPSIA Requirements Taking Effect on February 10, 2009

Since its enactment in August 2008, there has been a flurry of clarifications and refinements with respect to the U.S. Consumer Product Safety Commission ("CPSC") implementation of the CPSIA. On January 30, 2009, it effectively put off for at least a year the CPSIA's requirements for obtaining accredited third party certification that its new lead and phthalate content restrictions are being met. On February 6, 2009, the CPSC clarified its enforcement policy with regard to other aspects of the CPSIA scheduled to take effect on February 10, 2009.

First, the CPSC stated that it will not prosecute any manufacturer, importer, distributor or retailer for making, selling or distributing children's products in the following categories, even if such products are later found to contain "accessible" components that exceed the CPSIA's new lead content limits:

  • children's products made of all natural materials, including wood, cotton, and certain fine metals and fine metal alloys that the CPSC has recognized rarely, if ever, contain lead;
  • children's books printed after 1985; and
  • most dyed or undyed textiles, including non-metallic thread and trim on apparel, blankets, and other fabric products (without plastic or metal fasteners).

Second, the CPSC established alternative lead limits for electronic components of toys and other children's products. If a lead-containing electronic component is deemed "inaccessible" to children it will be exempted from the lead content limits established in the CPSIA. Even accessible electronic components may be exempted from the CPSIA's lead content restrictions if they fall into one of nine specific categories of newly announced exemptions.

Application of CPSIA's Phthalate Limits Expanded to Previously Manufactured Inventory

Perhaps the most significant change the CPSC announced concerned a reversal of its prior position on the reach of the CPSIA's phthalate restrictions. The CPSC's General Counsel had previously issued an Opinion Letter on November 17, 2008, stating that, unlike the CPSIA's lead content restrictions, its phthalate prohibitions would not apply to a company's existing inventory. The CPSC reversed this position on February 6, 2009, based on a decision issued in National Resources Defense Council, Inc. et al. v. CPSC, 08-civ-10507 (S.D.N.Y. , Feb. 5, 2009) (holding that the phthalate prohibitions contained in the CPSIA apply to existing inventory of children's products and child care articles, even if manufactured prior to February 10, 2009). As a consequence, much to the surprise and dismay of retailers and their suppliers who had relied on the prior General Counsel opinion, the CPSIA's phthalate prohibitions are now applied to existing inventory as of February 10, 2009.

Conclusion

Exporters of apparel, toys or other children's products containing phthalates and/or lead should play close attention to these ongoing developments. Affected businesses may have to scramble to address (or take advantage of) the CPSC's late breaking announcements concerning implementation of the CPSIA. They can also likely expect more changes, refinements and clarifications concerning the CPSIA's requirements and exemptions over the next months and years. Many deadlines under the original CPSIA are looming, including deadlines for required tracking labels, mandatory standards for durable nursery products, registration of nursery products, further reduced lead content limits, and required procedures for labeling. Morrison & Foerster will continue to monitor these developments for its clients and advise them on their implications.

For further information, please contact Michael Vella (mvella@mofo.com) in Shanghai, Dan Levison (dlevison@mofo.com) in Tokyo, Linda Lane (llane@mofo.com) in San Diego or Robert Falk (rfalk@mofo.com) in San Francisco.

page up