イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2009. 04.03

2008年消費者製品安全性改善法のリコール規則案による規制強化

Tokyo Litigation Client Bulletin

東京訴訟部
マックス・オルソン  マーク・ダーニー  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ  一色 太郎  
ダニエル P. レヴィソン


PDF版は こちら
Please click
here for English version.

(参考訳)

執筆者 ロバート L. ファルク
リンダ L. レーン
スーザン・リンデン

 はじめに

2008年消費者製品安全性改善法(Consumer Product Safety Improvement Act of 2008、以下「本法」)が2008年8月14日に成立し、新たに多くの要件が製品メーカー、販売業者および小売業者に課せられることとなりました。本稿は、消費者製品安全委員会(Consumer Product Safety Commission、以下「CPSC」)が2009年3月20日に提言した製品リコール通知のガイドラインおよびその要件を含む規則案を中心に述べておりますが、本法に関する一般的な情報については、これまでのリーガル・アップデートをご参照ください。

本規則案は、(本法で別途規定する「子供向け製品」だけではなく)すべての消費者製品のメーカー(輸入業者も含む)、小売業者および販売業者を対象としています。本規則案はこれまでのリコール関連の手続の実質的な強化を示しており、今後、消費者製品のリコールを行う義務を負う者に対しては著しく重い負担を課すことになると思われます。また、新たな要件は、CPSCが今後の任意の製品リコールの条文を交渉する際に使用するガイドラインにもなります。

CPSCは、2009年4月20日まで本規則案についてのパブリックコメントを受け付けていますが、その後早急に同規則案をまとめた上、官報に掲載するとともに施行する可能性があります。

リコール通知の内容にかかる提案

新規則案に従い、次の事項がリコール通知に盛り込まれることが義務付けられると思われます。

  • 製品の説明(型番または最小在庫管理単位(SKU)、製品の一般名称および製品の写真その他、色、識別タグ、ラベル等の製品を特定する情報)を含む)
  • 製品に関して講じる措置の明瞭で簡潔な記述
  • リコール対象の製品の個数
  • 消費者が製品の使用に伴う潜在的な死傷リスクを確認できる実質的な製品の危険性(リコール対象になる問題点または危険性・リスクを含む)の説明
  • 製品のメーカーおよび主な小売業者の特定
  • 製品の大体の価格または価格帯
  • 製品が製造・販売された期間
  • 製品に関連して発生した死傷事故の件数および説明(死傷者の年齢およびCPSCが事故情報を入手した日を含む)

さらに、本規則案では、「リコール」という文言をリコール通知に含めて、措置に対する消費者およびメディアの関心を引くことも必要となると思われます。

今後のリコール通知の交付にかかる提案

本規則案は、また、「可能な場合は」確認された消費者に対し直接リコール通知を発することが必要となることを示唆しています。これは、消費者に対してより上記の具体的な情報を提供することとなるにとどまらず、集団訴訟において程度の高い方法での通知の配布が義務付けられる和解があるといった事情がない限り、プレスリリースやウェブサイトでの掲載を通じて消費者に対しリコール通知を広く一般に流布するにとどめることが支配的であったこれまでの実務から大きく離れることになると思われます。

結論

予定されている消費者製品安全性法の改正点には、いわゆる「子供向け製品」の製造、流通および販売を行う者だけでなく、消費者製品の流通・販売に携わるすべての事業者に影響を及ぼすものがあると思われます。本法によって拡大されたリコール通知およびその交付要件はこれに該当し、これらの要件の実施を求めるCPSCの規則案は、今後、リコール通知の内容および交付に関する、実質的かつ負担となる可能性のある変更を予告しています。

本法に含まれるより厳格な要件の実施と相まって、CPSCの予算が増額され、オバマ政権の下でCPSC上層部が変わったことは、リコールを含む消費者製品安全要件が執行される機会が増える可能性を示唆しています。企業がこれに従わなかった場合に課される罰金も大幅に引き上げられます(個々の違反につき10万ドル、違反の総体としては1,500万ドルを上限としています。)。

当事務所は、消費者製品安全性改善法について議会が検討を重ね、最終的に8月に成立する過程を詳細に追って参りました。この分野に利害を有する様々な企業や業界団体を代理して、立法、規制および訴訟案件について助言を行っています。

本件に関する詳細な情報または支援に関しては、ニューヨーク・オフィスのチェット・カー(Chet KerrCKerr@mofo.com)、サンフランシスコ・オフィスのロバート・ファルク(Robert FalkRFalk@mofo.com)、サンディエゴ・オフィスのリンダ・レーン(Linda LaneLLane@mofo.com)、上海オフィスのマイケル・ヴェラ(Michael VellaMVella@mofo.com)または東京オフィスのダン・レヴィソンDan LevisonDlevison@mofo.com)までご連絡ください。


Enhanced Recall Regulations Proposed Under the Consumer Product Safety Improvement Act of 2008

by Robert L. Falk, Linda L. Lane and Susan P. Linden

Introduction

The Consumer Product Safety Improvement Act of 2008 (the "Act"), which became law on August 14, 2008, imposes a number of new requirements on product manufacturers, distributors, and retailers. The focus of this client alert is the draft regulations proposed by the Consumer Product Safety Commission ("CPSC") on March 20, 2009 that include guidelines and requirements for product recall notices. (For additional general information on the Act, please see earlier Product Liability updates.)

The proposed regulations would apply to manufacturers (including importers), retailers, and distributors of all consumer products and not just "children's products" otherwise regulated under the Act. They represent a substantial enhancement of past recall-related procedures and likely will impose significantly greater burdens on those who are required to carry out mandatory consumer product recalls in the future. The new requirements will also serve as guidelines the CPSC will use for negotiating the terms of future voluntary product recalls.

The CPSC will be accepting public comments on these regulations until April 20, 2009, after which they are likely to be quickly finalized, published in the Federal Register, and put into effect.

Proposed Content of Recall Notices

Pursuant to the new draft regulations, the following would be required to be included in a recall notice:

  • a description of the product, including model number or stock keeping unit ("SKU"); names by which the product is commonly known; a photograph of the product; and any other identifying information, such as color, identifying tags, or labels;
  • a clear and concise statement of the action being taken with respect to the product;
  • the number of units of the product covered by the recall;
  • a description of the substantial product hazard that clearly enables consumers to identify the risks of potential injury or death associated with the product, including the problem or hazard/risk that lead to the recall;
  • identification of the manufacturers and significant retailers of the product;
  • the approximate price of the product or a price range;
  • the dates between which the product was manufactured and sold; and
  • the number and description of any injuries or deaths associated with the product, including the ages of those killed or injured and the dates on which the Commission received such information.

In addition to the above, under the proposed regulations the word "recall" would also need to be included in the recall notice to help draw consumer and media attention to the action being taken.

Proposed Distribution of Future Recall Notices

The proposed regulations also suggest that direct-recall notices will need to be issued to identified consumers "where possible." In addition to the provision to consumers of the more robust information delineated above, this would represent a fairly significant departure from the past where broad, general distributions of recall notices to consumers at large through press releases and website postings have been the predominant practice absent class action settlements requiring enhanced distribution of notices.

Conclusion

Some of the changes being made to the Consumer Product Safety Act will affect all businesses involved in the distribution of consumer products, not just those who manufacture, distribute, or sell so-called "children's products." The Act's expanded recall notice and dissemination requirements fall into this category, and the CPSC's proposal implementing these requirements portends some substantial and potentially burdensome changes in both the content and distribution of recall notices in the future.

Coupled with its implementation of the more stringent requirements contained in the Act, the increased budget for the CPSC and changes to its leadership under the Obama Administration will likely result in increased enforcement of consumer product safety requirements, including recalls. Companies also face significantly higher penalties (up to $100,000 for an individual violation, and $15 million aggregate) for failure to comply.

Morrison & Foerster LLP has closely followed the Consumer Product Safety Improvement Act as it evolved in the Congress and ultimately was signed into law in 2008. We represent a variety of companies and trade associations with interests in this area and assist them with legislative, regulatory, and litigation matters.

For further information or assistance, please contact Chet Kerr (CKerr@mofo.com) in our New York office, Robert Falk in our San Francisco office (RFalk@mofo.com), Linda Lane (LLane@mofo.com) in our San Diego office, Michael Vella (MVella@mofo.com) in our Shanghai office, or Dan Levison (Dlevison@mofo.com) in our Tokyo office.
 

page up