イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2009. 06.15

カリフォルニア州最高裁判所は消費者クラス・アクションを歓迎したのだろうか?

Tokyo Litigation Client Bulletin

東京訴訟部
マックス・オルソン  マーク・ダーニー  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ  一色 太郎  
ダニエル P. レヴィソン  ジャック・ロンデン


PDF版は こちら
Please click here for English version.

 

(参考訳)

 

執筆者 ウィリアムL.スターンデイビッドF.マクダウエル

「カリフォルニア州においてのみ」という表現は非常に陳腐なものではありますが、その表現以外にないという場合もあります。今回はまさにそのようなケースです。

5月18日、第二次煙草訴訟(事件番号S147345)においてカリフォルニア州最高裁判所は、同州の不正競争防止法(Bus. & Prof. Code § 17200(「UCL」))の弊害の抑制を求めた2004年11月の州民発案によるプロポジション64が制定された際の民意について判断を下す機会を得ました。しかしながら、激しい反対の中で下された4対3での本件の決定は、合理的なクラス・アクション法、少なくとも他州および連邦裁判所のクラス・アクション法と類似の法律の制定に向けた同州の取組みが前途多難であることを示しています。

カリフォルニア州法セクション17200およびプロポジション64 旧体制下では、被害を被ったか否かにかかわらず誰もが訴訟を提起することができ、一旦訴訟になれば、原告はクラスの認定なしにクラス全体に対する賠償を請求することができました。このようなクラスとしての認定のないクラス(nonclass class)または市民側代理人による訴訟が当たり前になり、カリフォルニア州の大小さまざまな業界・企業で一様に巻き上げ訴訟が相次ぎ、ついに有権者の59%が「もうたくさんだ。」という台詞を吐く、あるいはそのように考えるにいたりました。

プロポジション64では2つのことが行われました。ひとつは、他人に原告以外の者に対する救済についても、クラスアクションの手続に従わなければならないとすることにより、市民側代理人による訴訟に終止符を打ったのです。もうひとつは、民間係争者に対し当事者適格要件を課したため、これら民間係争者は、「当該不正競争が行われた結果として、実際に損傷を受けたこと、および金銭または財産上の損害を被ったこと」を示さなければならなくなりました。この要件に聞き覚えがあるとすれば、それは他州の「ミニ連邦取引委員会法」を一語一句真似ているからです。

第二次煙草訴訟 - 背景 本件は2001年に提起された、被告企業である煙草メーカーが、自社の煙草製品にはニコチンと呼ばれる依存性の高い薬物が含まれることを隠匿して虚偽の広告を行ったとして訴えられた、UCLに基づくクラス・アクションです。これは人身被害事件ではなく、原告は自らと喫煙者クラスに属する者に対する金銭の払戻を求めたのみです。しかしながら証言を行った3名が全て、証言録取の際に、ニコチンが健康に与える悪影響を軽視したとされる煙草メーカーの広告は、自らの喫煙という意思決定に何ら影響を与えなかったと証言したのです。

第一審裁判所は、クラス構成員が、虚偽とされる広告に晒されながら対象製品を購入したことを証明しさえすればよいという理由で、クラス・アクションの対象期間に少なくとも1本煙草を吸ったカリフォルニア州民をクラスとして認定しました。しかしプロポジション64の可決後、同裁判所は、「晒されていた」だけでは十分でなく、実際に依存したことが必要である、つまり個々人の問題が主要因であるとして、このクラス認定を覆し、控訴裁判所もこれを支持しました。

第二次煙草訴訟 - 判決 カリフォルニア州最高裁判所は2つの問題について検討を行ないました。第一に、新たに課された当事者適格要件はクラスの代表者にのみ適用されるのか、あるいは表に出ていないクラス構成員すべてにも適用されるのかです。第二に、「結果として」の意味についてです。同裁判所は判決を破棄し、再審理のため本件を差し戻しました。

第一の点について最高裁判所は、プロポジション64の「当事者適格要件はクラス代表者のみに適用されるのであって、表に出ていないクラス構成員すべてに適用されるのではない」としました(判決速報2ページ)。同裁判所は、カリフォルニア州法を示すだけでは不十分として、連邦法の下でも同じルールがあてはまると示唆し、「よってプロポジション64は、UCLに基づくクラス・アクション(別途クラス要件が定められている)における表には出ていないクラス構成員に対して、セクション17204の当事者適格要件を課すことを意図するものではなく、また、実際課していないものと考える。」と判示しました。(同速報28ページ)反対意見のなかでバクスター判事は、これは「クラス・アクションに関する法律の根底を覆してしまい、明白な州民発案のそもそもの意義に矛盾する。」と書いています。

第二の点について裁判所は、「結果として」という要件は、「UCLの詐欺行為に関する条項に基づき、訴追を行う原告に対して、『実際に依存した』という要件を課すものである」としています。(同速報31ページ)しかしながら多数意見は、この要件にいくつか制限を設けることとしています。

「原告は、被告の不実表示が加害行為の直接の原因であったことを主張する必要があるが、当該不実表示が、かかる加害行為の唯一、あるいは決定的な原因であった旨主張することを義務付けられているわけではない。さらに本件のように、原告が長期にわたる広告キャンペーンに晒されていたことを主張するのであれば、依存したとする広告・宣伝を非現実的な程度まで特定する義務を課されるわけではない。最後に、依存に関する主張は、消費者である原告にはそれ以外の情報が入手できた可能性があるからという理由だけで(たとえその情報が喫煙は癌の原因になるか否かというような顕著な問題に関するものであっても)無効とされることはないのである[引用略]。したがって、原告はセクション17204の当事者適格要件を満たすべく実際の依存関係を主張・立証するよう求められるが、上記原則にあるように、本件のように不実表示または虚偽の宣伝が広範かつ長期的な広告キャンペーンの一環として行われている場合に、特定の不実表示または虚偽の広告への個別の依存関係を主張・立証することを必ずしも義務付けられているのではないのである。」(同速報33-34ページ)

バクスター判事がその反対意見のなかで指摘したように、多数意見では、プロポジション64において、人身被害または損害を証明できないためにクラス・アクションを提起できないとされている者が、原告として名前があがっている損害を証明できる他の者が提起した同一のクラスアクションには参加できるということを意図していたはずはありません。(反対意見第11ページ参照)

あるカリフォルニアの原告弁護士のひとりは既に、「立証要件はプロポジション64の成立前とまったく変わらないものとなったこと」、「詐欺、依存そして被害を個々人が立証する必要はないこと」、また、「煙草事件以降UCLに基づく請求のクラス認定はプロポジション64の提案前と同じくらい容易(場合によっては困難)なはずであること」を指摘しています。 


Did The California Supreme Court Put Out A "Welcome Mat" For Consumer Class Actions?

By William L. Stern and David F. McDowell 


We wish the expression "only in California" hadn't become so clichéd, but there are times when nothing less will do. This is such a time.

On May 18, the California Supreme Court got its chance in In re Tobacco II Cases, No. S147345 to decide what the voters of California meant when they enacted Proposition 64, the November 2004 initiative that sought to curtail the abuses in California's unfair competition law, Bus. & Prof. Code § 17200 ("UCL"). But a 4-to-3 decision in this case, with a vigorous dissent, suggests that California's efforts to shape a sensible class action law - or, at least, one that resembles other states' and the federal courts' class action laws - remains elusive.

California's Section 17200 and Proposition 64. Under the old regime, anyone could sue whether harmed or not and, once in court, a plaintiff could recover classwide restitution without even certifying a class. These "nonclass class" or "private Attorney General" actions became de rigueur, resulting in waves of shakedown suits that swept though California industries and businesses large and small alike. Eventually, 59% of the voters said "enough is enough." Or so they thought.

Proposition 64 did two things. First, it ended "private Attorney General" actions by requiring that any relief brought on behalf of others had to comply with class action procedure. Second, it imposed a standing requirement on a private litigant, who now must show he "suffered injury in fact and has lost money or property as a result of such unfair competition." If this requirement sounds familiar, it is language that was taken verbatim from other states' "Little FTC Acts."

In re Tobacco II Cases - Background. This was a UCL class action filed in 2001 alleging that defendant tobacco manufacturers engaged in false advertising by concealing that their tobacco products contain a highly addictive drug called nicotine. This was not a personal injury case; these plaintiffs just wanted their money back for themselves and a class of smokers. All three testified in deposition, however, that the tobacco companies' public statements that allegedly downplayed the adverse health effects of nicotine had nothing to do with their decision to smoke.

The trial court certified a class of Californians who smoked one or more cigarettes during the class period, reasoning that all that was needed was proof that class members bought the product while exposed to the allegedly deceptive statements.
But after the passage of Proposition 64, the trial court decertified the class finding that "exposure" is not enough, that actual reliance is required, and that this means individual issues predominated.
The Court of Appeal affirmed.

In re Tobacco II Cases - Holding. The California Supreme Court took review as to two issues. First, does the new standing requirement apply only to the class representative, or does it apply to all absent class members. Second, what does "as a result of" mean? It reversed, and sent the case back for further proceedings.

On the first issue, the Court held that Proposition 64's "standing requirements are applicable only to the class representatives, and not all absent class members." (Slip opn., at 2.) And not content to declare just California law, the Court went on to suggest that the same rule applies under federal law. It ruled: "We therefore conclude that Proposition 64 was not intended to and does not, impose 17204's standing requirements on absent class members in a UCL class action where class requirements have otherwise been found to exist." (Id., at 28.) In a vigorous dissent, Justice Baxter wrote that this "turns class action law upside down and contravenes the initiative measure's plain intent."

On the second issue, the court held that the "as a result of" requirement "imposes an actual reliance requirement on plaintiffs prosecuting a private enforcement action under the UCL's fraud prong." (Id,. at. 31.) But the majority went on to impose several limitations on this requirement:

"[W]hile a plaintiff must allege that the defendant's misrepresentations were an immediate cause of the injury-causing conduct, the plaintiff is not required to allege that those misrepresentations were the sole or even the decisive cause of the injury-producing conduct. Furthermore, where, as here, a plaintiff alleges exposure to a long-term advertising campaign, the plaintiff is not required to plead with an unrealistic degree of specificity that the plaintiff relied on particular advertisements or statements. Finally, an allegation of reliance is not defeated merely because there was alternative information available to the consumer-plaintiff, even regarding an issue as prominent as whether cigarette smoking causes cancer. [Citations omitted]. Accordingly, we conclude that a plaintiff must plead and prove actual reliance to satisfy the standing requirement of section 17204 but, consistent with the principles set forth above, is not required to necessarily plead and prove individualized reliance on specific misrepresentations or false statements where, as here, those misrepresentations and false statements were part of an extensive and long-term advertising campaign."

(Id., at 33-34.) The majority opinion could not have intended, as Justice Baxter points out in his dissent, that a person barred by Proposition 64 from filing a class action because he cannot show any personal injury or loss, may still join in an identical class action brought by another named plaintiff who does show a loss. (See dissent, at 11.)

One California plaintiff's lawyer has already noted that "the showing required now is exactly the same as what it was pre-Prop. 64," that "[i]ndividualized proof of deception, reliance and injury are not required, and that "[a]fter Tobacco, class certification of a UCL claim now should be as easy (or difficult, as the case may be) as it was before Prop. 64."

page up