イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2009. 06.25

米国消費者製品安全委員会 追跡ラベル貼付義務条項の施行延期を拒否

Tokyo Litigation Client Bulletin

東京訴訟部
マックス・オルソン  マーク・ダーニー  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ  一色 太郎  
ダニエル P. レヴィソン  ジャック・ロンデン


PDF版は こちら
Please click here for English version.

 

(参考訳)

 

執筆者 リンダL.レーンロバートL.ファルク

 

はじめに

昨年成立した米国の消費者製品安全性改善法(Consumer Product Safety Improvement Act。以下「CPSIA」という。)により、新たに多くの義務が消費者製品のメーカー、販売業者および小売業者に課せられることとなりました。本稿は、2009年8月14日に施行されるすべての子供向け製品への追跡ラベル貼付義務に関するCPSIAの条項、および消費者製品安全委員会(Consumer Product Safety Commission、以下「CPSC」)によるこれら義務条項の1年間の応急的施行延期の要請に関する最近の検討(および少なくとも暫定的な拒絶)を中心に述べております(CPSIAに関する一般的な情報については、製造物責任に関するこれまでのリーガル・アップデートをご参照ください。)。

CPSIA第103条

CPSIA第103条「子供向け製品の追跡ラベル」は2009年8月14日に施行され、同日以降に製造されるすべての「子供向け製品」に適用されることとなります。CPSIAにおいては、「子供向け製品」とは、主として12歳以下の子供が使用することを目的とする消費者製品と定義されています。第103条により、子供向け製品および包装には、リコールの際にメーカーや消費者が当該製品の製造場所、製造日その他製品の出所の特定情報を確認できるように、「実行可能な範囲で」恒久的な識別マークを付すことが義務付けられます。

パブリック・コメントの募集

2009年1月CPSCの職員に対し、同委員会の検討のため追跡ラベルに関する指針を2009年6月までに策定するよう指示が出されました。そのためCPSCは2009年2月26日、CPSIAの追跡ラベルプログラムの実施に関するパブリックコメントを募集し、募集期限を2009年4月27日としました。CPSCが特にコメントを求めたのは次の数点についてです。

  • 子供向け製品に追跡ラベルを付すことが「実行可能」か否か判断するにあたって検討すべき事情および状況。
  • 追跡ラベルに載せる情報の用語、体裁および配列に関してラベル表示義務を標準規格化すべきか否か、および標準規格化することによりどのような影響があるか。
  • 追跡ラベルは英語によるべきか、その他の言語によるべきか、または英数字によるべきか。
  • プライベートブランド製品についてはどのようにメーカー情報を示すべきか。

130を超えるコメントが寄せられ、CPSCは現在これを検討中です。このほか追加情報を収集するため、2009年5月12日にはパブリックフォーラムも開催されました。

第103条の応急的施行延期要請

CPSCは2009年5月13日、全米製造業者協会からの第103条のラベル表示義務条項の応急的延期要請に対する回答を発表しました。ナンシー・ノード(Nancy Nord)委員長代行は延期要請を認めることに賛成しましたが、トーマス・ムーア(Thomas Moore)委員はこれに反対しました。延期の承認可決は全会一致によることが必要なので、この要請は有効に否決されました。

ノード委員長代行は施行の1年間延期を支持する声明のなかで、消費者に有害と判明した製品をリコールする権限はCPSCの最も重要な責任のひとつであり、追跡ラベルがその作用を促進すると指摘しています。しかしながら、当該規定の遵守を求めれば、メーカー、特に小企業に、著しい混乱と悪影響がもたらされるであろうことも認めています。同氏は、CPSCとしては、まずはリコール歴のある高価で長持ちする製品を対象とした上で、その他の製品にいかに追跡ラベルを適用すべきか判断するという方法を提案しています。

他方、延期反対の声明においてムーア委員は、メーカーによる追跡ラベル貼付義務条項の遵守の試みをCPSCが見ていくにつれて、同条項が時間の経過と共に徐々に発展していくことを期待している旨述べています。また同氏は、メーカーは、法律で義務付けられる情報を製品にラベル表示し、「実行可能な範囲で」という文言について「無頓着」でない限り、法律に違反しているとみなされることはないと示唆しています。同氏は目下のところでは、第103条全体の施行の延期要請に賛成することはできないと述べており、この発言は多分に大きな意義をもつものと思われます。同氏の認識としては、CPSCは以前特定の製品に関しCPSIAの施行を延期したことがあった(http://www.mofo.com/news/updates/files/15213.html)が、それは今回のような影響を受ける全製品に関して包括的な実施の延期要請を認めたわけではないというのです。

結論

CPSIA第103条の要件が漠然としているため、子供向け製品のメーカーは各方面で混乱に晒され、その結果当該メーカーは追跡ラベル義務条項の施行についての指導、更にはその施行の延期までも求めています。CPSCは、2009年6月に追跡ラベル義務条項の遵守に関する指針を公に示す予定ですが、これは義務条項の施行のわずか2ヶ月前となってしまうため、追跡ラベル義務条項の施行日である2009年8月14日までにメーカーが措置を講じるのに十分な時間があるのかと疑問視する向きもあります。

オバマ大統領は2009年5月5日、CPSCの新委員長(アイネズ・ムーア・テネンバウム(Inez Moore Tenenbaum))を指名し、4人目の委員(ロバート・アドラー(Robert Adler))を増員し、さらに5人目の委員の指名をも約束しました。経歴をみるかぎり、彼らが延期要請に賛成票を投じる可能性は低いと思われます。さらに大統領は、CPSCの予算として、2007年予算の71%増の1億700万ドルを要求しています。これらの変化により、上記義務条項その他のCPSIAに定める安全性に関する義務条項の実施が強化される可能性が高いというのが大方の見方です。

当事務所は、消費者製品安全性改善法について議会が検討を重ね、最終的に8月に成立するまでの過程を詳察し、以来その施行についてさまざまなクライアントに助言を提供し、CPSCの動きに迅速に対応できるよう支援しております。さらに、子供向け製品・消費者製品の企業や業界団体を代理して、多岐にわたる立法、規制、行政執行および訴訟案件について日頃から支援を行っています。本件に関する詳細または支援に関してのお問い合わせは、サンフランシスコ・オフィスのロバート・ファルク(Robert FalkRFalk@mofo.com)、サンディエゴ・オフィスのリンダ・レーン(Linda LaneLLane@mofo.com)、または東京オフィスのダン・レヴィソンDLevison@mofo.com)までご連絡ください。

 

CPSC Declines to Stay Tracking Label Requirements

By Linda L. Lane and Robert L. Falk 

Introduction

The federal Consumer Product Safety Improvement Act ("CPSIA"), which became law last year, imposes a number of new requirements on consumer product manufacturers, distributors, and retailers. The focus of this client alert is on the CPSIA's provisions regarding required tracking labels for all children's products, effective August 14, 2009, and the Consumer Product Safety Commission's ("CPSC") recent consideration, and at least temporary rejection, of a request for emergency one-year stay of enforcement of those requirements. (For additional general information on the CPSIA, please see earlier Product Liability updates.)

Section 103 of the CPSIA

Section 103 of the CPSIA, entitled "Tracking Labels for Children's Products," goes into effect on August 14, 2009, and would apply to all "Children's Products" manufactured after that date. Under the CPSIA, a "Children's Product" is a consumer product primarily designed or intended for use by children ages 12 and under. Section 103 requires, "to the extent practicable," the placement of permanent, distinguishing marks on Children's Products and packaging to enable manufacturers and consumers to ascertain the location, date of production, and other identifying information regarding the source of the product in the event of a recall.

Request for Comments

In January 2009, CPSC staff was directed to develop tracking label guidance for the CPSC's consideration by June 2009. In this regard, on February 26, 2009, the CPSC requested public comment regarding implementation of the CPSIA's tracking label program. The comment period ended April 27, 2009. The CPSC specifically requested comments as to the following:

  • The conditions and circumstances that should be considered in determining whether it is "practicable" to have tracking labels on Children's Products.
  • Whether labeling requirements should be standardized as to nomenclature, appearance and arrangement of information, and what effect standardization would have.
  • Whether tracking labels should be in English, in other languages, or by alpha numeric code.
  • How privately labeled products should communicate information regarding the manufacturer.

Over 130 comments were received and are now being analyzed by the CPSC. Moreover, a public forum was held on May 12, 2009, to gain additional information.

Request for Emergency Stay of Section 103

On May 13, 2009, the CPSC issued its response to the National Association of Manufacturers' request for emergency stay of the Section 103 labeling requirements. Acting Chair Nancy Nord voted to grant the request for a stay, while Commissioner Thomas Moore voted to deny the request. Because a unanimous decision was required to grant the stay, it was effectively denied.

In her statement in favor of a one-year stay of enforcement, Chairman Nord noted that one of the most important responsibilities of the CPSC is its ability to recall products found to be harmful to consumers and that tracking labels could facilitate these efforts. She recognized, however, that compliance with the provisions would cause significant disruptions and adverse impacts on manufacturers, especially small companies. She suggested that high-value, long-lasting products with a history of recall issues should be targeted first and that the CPSC could then determine how tracking labels should apply to additional products.

In his statement against the stay, Commissioner Moore stated that he expects the tracking label provisions to evolve over time as the CPSC learns more about manufacturers' attempts to comply with these provisions of the statute. He suggested that as long as manufacturers label their products with the information required by the statute and do not take a "cavalier" approach to the "to the extent practicable" language, they will not be found to violate the law. Perhaps significantly, he stated that he could not presently vote to grant the request for a stay of enforcement of the entire Section 103. He recognized that in the past the CPSC had stayed enforcement of the CPSIA for certain products, but that it has not granted such a blanket stay of enforcement for every affected product.

Conclusion

The vague requirements of Section 103 of the CPSIA have left a wide wake of confusion for manufacturers of Children's Products, leading such manufacturers to seek guidance on, and ultimately a stay of, the enforcement of the tracking label provisions. The CPSC is expected to offer guidance to the public as to compliance with the tracking labeling requirements in June 2009, but this is merely two months before the requirements go into effect, leaving some to wonder whether there will be enough time for manufacturers to act in advance of the August 14, 2009 statutory deadline for the required tracking labels.

On May 5, 2009, President Obama named a new Chair of the CPSC (Inez Moore Tenenbaum), added a fourth Commissioner (Robert Adler), and promised a fifth Commissioner. From their backgrounds, it seems unlikely that these appointees would be willing to vote in favor of the requested stay. Moreover, the President requested $107 million for the CPSC's budget, a figure that is a 71% increase over 2007 funding. Many feel that these changes will likely result in increased enforcement of these and other safety requirements set forth in the CPSIA.

Morrison & Foerster LLP has closely followed the Consumer Product Safety Improvement Act as it evolved in Congress and ultimately was signed into law in 2008. We have since advised a variety of clients on its implementation and helped them keep abreast of developments emanating from the CPSC. In addition, we regularly represent children's and consumer product companies and trade associations and assist them with a variety of legislative, regulatory, administrative enforcement, and litigation matters. For further information or assistance, please contact Robert Falk (RFalk@mofo.com) in our San Francisco office, Linda Lane (LLane@mofo.com) in our San Diego office, or Dan Levison (DLevison@mofo.com) in our Tokyo office.

 

page up