イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2011. 01.24

2010年:またもや記録的なFCPA執行の年‐「新時代」の到来を裏付ける

マックス・オルソン  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ  一色 太郎  
ダニエル P. レヴィソン  ジャック・ロンデン  スティーブン E. コマー  矢倉 千栄


PDF版は こちら
Please click here for English version.

(参考訳)

執筆者
ポール T. フリードマン/ルティ・スミスライン/アンジェラ E. クライン 

2007年以降毎年、規制当局や評論家は一様に、その年を記録的なFCPA執行の年であると盛んに言ってきたが、2010年も例外ではなかった。米国司法省(DOJ)および米国証券取引委員会(SEC)により提訴された事件数は、昨年、爆発的な増加をみせた。また、過去12ヶ月間には、記録破りの法人に対する罰金・制裁金ないし個人に対する懲役刑が課されることとなった。

司法省刑事局司法次官補Lanny Breuer氏は、昨年11月、「FCPA執行の新時代」の到来を宣言した[1]。2010年を振り返ると、Breuer氏の言っていることがわかる。たしかに、FCPA執行の歴史において、2010年のような年はこれまでになかった。

件数

2009年から2010年にかけて、FCPAの執行件数は85%増加した。昨年、司法省は48件の刑事訴訟を提起し、SECは新たに26件を提訴した。この数を本件の文脈におくと、一般的に記録的なFCPAの執行の最初の年とされている2007年の提訴件数は、司法省18件、SEC20件であった。この数は年々徐々に増加しているが、純粋な執行件数でみると、2010年の数はこれまでのどの年よりも多かった。

2010年に法人に対して課された罰金の金額も驚くべき金額にのぼった。2010年に法人から司法省およびSECに支払われた金額の合計額は、空前の18億ドルを記録した。Siemensが8億ドル(一回の罰金額としては依然として最高額)を支払うに至った2008年でさえ、司法省とSECが一年間で徴収した合計額は8億9千万ドルであった。これまでのFCPA関連の和解金のトップ10件のうち8件は、2010年に記録されたのである[2]。以下は、その一部の例である。

 会社名     和解金額  
(百万)
 BAE Systems  $400
 ENI/Snamprogetti      $365
 Technip  $338
 Daimler  $185
 Alcatel-Lucent  $137

また、FCPAに関連して、7年3カ月という今までで最長の懲役刑が言い渡されたのも2010年であった[3]。映画祭に関する契約を獲得するためタイ政府に対して賄賂を贈ったとされたGerald GreenおよびPatricia Greenの両氏が受けた懲役6ヶ月など、比較的短い刑期の判決もいくつか出されている。しかしながら、2010年は、全体として、検察官が積極的に個人の責任を追及し、個人に対し重い懲役刑が下された年であった。例えば、Haiti Telecom関連の捜査に係る2人の被告人には、それぞれ48カ月および57カ月の刑が言い渡されている[4]

初めての年

2010年はまた、米国の規制当局と腐敗防止を目指す国際的なコミュニティの双方が、創造的かつ積極的な執行を行った最初の年として、目立った年でもあった。ほんの一例だが、2010年に初めて起きた出来事は以下のとおりである。

  • SECが、米国の発行者("Issuer")ではない会社をFCPA違反で告訴[5]
  • 司法省が、マネーロンダリング共謀罪による外国政府高官の収賄行為の立件に成功[6]
  • 汚職に関する大規模なおとり捜査において米国および英国の法執行機関が協力[7]
  • 米国議会が、FCPAの内部告発者に対する報奨金の支払いを定めた新法を制定[8]
  • 英国において、個人間の汚職や商業賄賂を会社が阻止できなかった場合に、会社に刑事責任を負わせる英国2010年贈収賄法が可決[9]

結論

2010年は、FCPA執行にとって重大な転機であったことは明らかである。規制当局は、積極的かつ広範な訴追により、執行の「新時代」の到来を告げた。そして、規制当局は、この「時代」が2011年以降も続くことを約束している。そうであるとすれば、2011年はまた新たな記録的な年となるであろう。

脚注

[1] 当事務所発行の2010年11月19日付Client Alert (http://www.mofo.com/files/Uploads/Images/101118-FCPA-Enforcement.pdf) をご参照ください。スピーチの写しは (http://www.justice.gov/criminal/pr/speeches/2010/crm-speech-101116.html) に掲載されています。
[2] FCPAブログ(2010年1月5日) の「最近の訴訟 トップ10の大半は海外勢」 (http://www.fcpablog.com/blog/2011/1/5/recent-cases-foreign-companies-dominate-new-top-ten.html) をご参照ください。
[3] DOJプレスリリースNo. 10-422 (2010年4月19日) (http://www.justice.gov/opa/pr/2010/April/10-crm-442.html)
[4] DOJプレスリリースNo. 10-639 (2010年6月2日) (http://www.justice.gov/opa/pr/2010/June/10-crm-639.html)、DOJプレスリリースNo. 10-883 (2010年7月30日) (http://www.justice.gov/opa/pr/2010/July/10-crm-883.html)
[5] SEC対Panalapina, Inc. (S.D. Tex. 2010年11月4日) の訴状 (http://www.sec.gov/litigation/complaints/2010/comp21727.pdf)
[6] DOJプレスリリースNo. 10-639 (2010年6月2日) (http://www.justice.gov/opa/pr/2010/June/10-crm-639.html)
[7] DOJプレスリリースNo. 10-048 (2010年1月19日) (http://www.justice.gov/opa/pr/2010/January/10-crm-048.html)
[8] 当事務所発行の2010年11月4日付Client Alert (http://www.mofo.com//files//Uploads/Images/101104-Dodd-Frank-Whistleblower.pdf) をご参照ください。
[9] 当事務所発行の2010年9月30日付Client Alert (http://www.mofo.com/files/Uploads/Images/100930-UK-Bribery-Act-2010.pdf) をご参照ください。

モリソン・フォースターのFCPAに関する実務の詳細情報につきましては、下記窓口にご連絡ください。

ポール T. フリードマン
PAUL T. FRIEDMAN
サンフランシスコ
SAN FRANCISCO
+1 (415) 268-7444
pfriedman@mofo.com

ダニエル P. レヴィソン
DANIEL P. LEVISON
東京
TOKYO
+81 3 3214 6522
dlevison@mofo.com

 

カール H. ローエンソン Jr.
CARL H. LOEWENSON, JR.
ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 468-8128
cloewenson@mofo.com
ランダルJ. フォンズ
RANDALL J. FONS

デンバー
DENVER
+1 (303) 592-2257
rfons@mofo.com

 


ロバート A. サレルノ
ROBERT A. SALERNO
ワシントンD.C.
WASHINGTON, DC
+1 (202) 887-6930
rsalerno@mofo.com

シェリー イン
SHERRY YIN
北京
BEIJING
+86 10 5909 3566
syin@mofo.com

ケヴィン・ロバーツ
KEVIN ROBERTS

ロンドン
LONDON
+44 20 7920 4160
kroberts@mofo.com
 

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。


2010: Another Record-Breaking Year for FCPA Enforcement, Confirming "New Era"

By Paul T. Friedman, Ruti Smithline and Angela E. Kleine

Since 2007, regulators and commentators alike have touted each passing year as a record-breaking year for FCPA enforcement. 2010 was no exception. Last year saw an explosion in the number of cases brought by the Department of Justice (DOJ) and the Securities and Exchange Commission (SEC). The last 12 months also brought the imposition of record-breaking corporate fines and prison terms for individual defendants.

In November of last year, Assistant Attorney General Lanny Breuer, Criminal Division, DOJ, announced that "[W]e are in a new era of FCPA enforcement."[1] A look back at 2010 confirms Mr. Breuer's statement-in the history of FCPA enforcement, there has never been a year quite like 2010.

THE NUMBERS

The number of FCPA enforcement actions increased by 85% from 2009 to 2010. Last year, the DOJ brought 48 criminal cases. The SEC filed 26 new actions. To put these numbers in context, in 2007-commonly anointed the first record-breaking year of FCPA enforcement-the DOJ brought 18 cases and the SEC filed 20 cases. Although these numbers have been steadily increasing from year to year, 2010 overshadowed any prior year in sheer numbers of enforcement actions.

The monetary penalties assessed against corporations in 2010 were also astounding in their magnitude. In total, companies paid a record $1.8 billion in financial penalties to the DOJ and SEC in 2010. Even in 2008, when Siemens paid $800 million (which remains the largest single fine ever paid), the DOJ and SEC collected $890 million in total for that year. Of the top 10 biggest FCPA settlements of all time, eight of them were reached in 2010.[2] These include:

 COMPANY   SETTLEMENT AMOUNT  
(in millions)
 BAE Systems  $400
 ENI/Snamprogetti      $365
 Technip  $338
 Daimler  $185
 Alcatel-Lucent  $137

And 2010 also brought the longest FCPA prison sentence ever handed down: seven years and three months.[3] There were a few relatively short sentences, such as the six months that Gerald and Patricia Green received for allegedly paying bribes to Thai government officials in order to win film festival contracts. But, overall, 2010 saw prosecutors aggressively going after individuals, and individuals receiving hefty prison sentences. For example, two of the defendants involved in the Haiti Telecom investigation received sentences of 48 months and 57 months.[4]

A YEAR OF FIRSTS

2010 was also remarkable as a year of firsts in terms of creative and aggressive enforcement, both by U.S. regulators and the international anti-corruption community. To list just a few examples, 2010 was the first year that:

  • The SEC charged a company that is not a U.S. issuer with FCPA violations.[5]
  • The DOJ successfully used money-laundering conspiracy charges to reach the conduct of foreign government officials accepting bribes.[6]
  • U.S. and UK law enforcement cooperated in a massive corruption undercover sting operation.[7]
  • U.S. Congress enacted a new law providing a bounty program for FCPA whistleblowers.[8]
  • The UK passed the UK Bribery Act 2010 criminalizing a company's failure to prevent bribery and commercial bribery between private parties.[9]

CONCLUSION

2010 was unquestionably a watershed year for FCPA enforcement. Regulators ushered in a "new era" of enforcement through aggressive and expansive prosecutions. Regulators are promising the "era" to continue in 2011, and beyond. If so, 2011 may produce yet another record-breaking year.

FOOTNOTES

[1] Pleases see our Client Alert from November 19, 2010, http://www.mofo.com/files/Uploads/Images/101118-FCPA-Enforcement.pdf. A transcript of the speech is available at http://www.justice.gov/criminal/pr/speeches/2010/crm-speech-101116.html.
[2] See "Recent Cases, Foreign Companies Dominate New Top Ten," FCPA Blog (Jan. 5, 2010), http://www.fcpablog.com/blog/2011/1/5/recent-cases-foreign-companies-dominate-new-top-ten.html.
[3] DOJ Press Release No. 10-422 (Apr. 19, 2010), http://www.justice.gov/opa/pr/2010/April/10-crm-442.html.
[4] DOJ Press Release No. 10-639 (June 2, 2010), http://www.justice.gov/opa/pr/2010/June/10-crm-639.html; DOJ Press Release No. 10-883 (July 30, 2010), http://www.justice.gov/opa/pr/2010/July/10-crm-883.html.
[5] Complaint, SEC v. Panalapina, Inc. (S.D. Tex. Nov. 4, 2010), http://www.sec.gov/litigation/complaints/2010/comp21727.pdf.
[6] DOJ Press Release No. 10-639 (June 2, 2010), http://www.justice.gov/opa/pr/2010/June/10-crm-639.html.
[7] DOJ Press Release No. 10-048 (Jan. 19, 2010), http://www.justice.gov/opa/pr/2010/January/10-crm-048.html.
[8] Please see our Client Alert from November 4, 2010, http://www.mofo.com//files//Uploads/Images/101104-Dodd-Frank-Whistleblower.pdf.
[9] Please see our Client Alert from September 30, 2010, http://www.mofo.com/files/Uploads/Images/100930-UK-Bribery-Act-2010.pdf.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations.

page up