イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2010. 05.10

米国消費者製品安全委員会、民事罰算定の根拠となる要素に関する規則を公布

Tokyo Litigation Client Bulletin

東京訴訟部
マックス・オルソン  マーク・ダーニー  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ  一色 太郎  ダニエル P. レヴィソン  ジャック・ロンデン


PDF版は こちら
Please click here
for English version.

(参考訳)

執筆者 Robert Falk/William Tarantino/Rachel Peterson

米国消費者製品安全委員会(「CPSC」)から、消費者製品安全法、連邦有害性物質法および可燃布法の違反による民事罰算定の根拠として、CPSCおよび裁判所が今後適用する要素に関する最終規則が公布された。実務的には、同規則の制定により、消費者製品のリコールに至る法令違反に対して罰則を請求する際や関連する和解協議の際にCPSCが用いる枠組みも確立されることになる。

背景

このCPSCによる規則作成は、消費者製品安全性改正法(「CPSIA」)(Pub. L. 110-314号(2008年8月14日))のなかで、連邦議会が要求していたものである。これは、CPSIAの民事責任算定の根拠となる要素をいかに解釈するかについてのCPSCの指針であり、CPSIA制定以降相次いでなされている規制活動の一環である。(2009年におけるCPSCの活動に関する当事務所のクライアントアラートについてはここをクリック。)

規則の前文は、連邦官報第75巻15993に記載されている。罰金算定根拠の要素に関する規則は2010年3月31日に施行され、最終的には連邦規則集第16巻第1119条として法典化予定である。

民事責任算定の根拠となる要素に基づく罰則の評価

CPSCは一般に、法定の枠組みのなかで「最大限の柔軟性」を留保すると同時に、規制対象となる業界その他グループに対して罰金算定の枠組みを明らかにしたいと述べている。CPSCの民事罰に関する規則整備の目的は、「『CPSIA』の基本目標、具体的には消費者製品に伴う不合理なけがのリスクから国民を保護するという目標の達成を図ること」である。

以下は、規則において検討対象とされている、民事責任算定根拠として適用され得る法定要素に関する、CPSCの解釈である。

違反の性質、状況、程度および重大性(連邦規則集第16巻第1119.4条(a)(2))

ここでCPSCは、違反の深刻度を評価するため、違反に関するすべての事実について考察できるよう、「状況全体」を検討するという方法をとるとしている。この要素の評価にあたっては、下記の連邦規則集第16巻第1119.4条(b)に定める「適切な」他の要素も参照される。

製品の欠陥の性質(連邦規則集第16巻第1119.4条(a)(3))

ここではCPSCは、違反によってもたらされた危険性に焦点を当てている。製品の危険性が「高ければ高いほど」、他の要素を考慮した上で算定される罰則は重くなる。しかしながら、罰則の根拠となる違反に、必ずしも欠陥製品が絡んでいるとは限らないことに留意することが重要である。例として、提出されるべき製品認証が提出されていない場合が挙げられる。CPSCは、このような場合、他の法定要素に依拠して民事罰を算定すると示している。

けがのリスクの大きさ(連邦規則集第16巻第1119.4条(a)(4))およびけがの発生の有無(連邦規則集第16巻第1119.4条(a)(5))

CPSCは、傷病事故または死亡事故の発生可能性、リスクの対象となるグループ、および、製品の意図されたまたは合理的に予見可能な使用方法・誤用について検討する。これとは別だが関連する要素として、CPSCは、違反に伴い傷病事故または死亡事故が実際に生じたことがあるか否かについても検討を行なう。

欠陥製品の販売数(連邦規則集第16巻第1119.4条(a)(6))

CPSCは、一連の商流におかれた商品の「実際の」数に基づき本要素を評価する裁量を留保している。本要素は、リコールを通じて商流中の製品数を減らす企業に対する罰則を軽減し、特に用心のために「必要以上に広範囲に及ぶ」リコールを行う企業の処罰を軽減する可能性がある。

処罰対象人の事業規模との関連における罰金の妥当性(連邦規則集第16巻第1119.4条(a)(7))

現在CPSCにより科される罰金は、故意の違反1件につき最高10万ドル、また、一連の違反事件につき最高1,500万ドルにのぼり、違反の経済的影響は、いずれの企業にとっても深刻となり得る。この点において、とりわけ中小企業にとっては、罰金軽減に関するCPSCの権限は非常に重要である。ここでCPSCが主として懸念するのは、民事罰の抑止効果と企業の支払能力とのバランスである。そのため、CPSCは、企業の流動性資産、支払能力および収益性を罰金の妥当性評価の指針とするが、これらを裏付ける証拠を提出しなければならないのは罰金を支払う企業側である。CPSCが指摘しているように、企業は罰金による経済的影響がマイナスであるのみならず、「不当」であると証明しなければならない。

必要に応じて考慮されるその他の要素(連邦規則集第16巻第1119.4条(b))

最後に、CPSCまたは違反を問われた者は、罰金額の算定に関連すると思われる他の要素を何でも提起することができる。たとえば、これらの要素の一例として、安全またはコンプライアンスに関するプログラムが先に存在していたことを企業側が示したり、企業が過去に違反したことや引き延ばし策をとったことをCPSCが示す可能性もある。

結論

消費者製品を市場に出す企業は、今後、CPSCや裁判所が消費者製品の安全性に関するさまざまな法律を執行するにあたって、リコールに至るケースであるか否かを問わず、本規則が適用されると考えるべきである。実際、Daiso Holding USA, Inc.は、2010年3月12日付の同意判決に基づきCPSC要件の違反により205万ドルの罰金を支払っており、CPSC議長アイネズ・テネンバウムは、これが「先例」となると述べている。

当事務所は、CPSCに関する問題その他州や地方自治体の消費者保護に関する同様の要件に関し、さまざまな消費者および子供向け製品のメーカー、販売業者および小売業者、ならびにその事業者団体に対して助言を提供しています。詳細については、Robert FalkもしくはBill Tarantino(サンフランシスコ・オフィス)またはLinda Lane(サンディエゴ・オフィス)までお問合せください。

担当者連絡先:

Robert Falk
(415) 268-6294
rfalk@mofo.com
Bill Tarantino
(415) 268-6358
wtarantino@mofo.com
Linda Lane
(858) 720-7989
llane@mofo.com

モリソン・フォースターについて

モリソン・フォースターは、多くの分野において優れた実績を誇る世界的な法律事務所です。クライアントには大手金融機関、Fortune 100企業、投資銀行、テクノロジー・ライフサイエンス関連企業等が名を連ねています。当事務所は、他に類を見ない問題解決やビジネスマインドによる問題解決について、そうしたクライアントの信頼を得ており、そのニーズを第一に考える姿勢により、クライアントとの関係持続や高品質のサービスを実現しています。過去6年間、American Lawyer誌のA-Listに選ばれてきただけでなく、Fortune誌が「働きたい全米トップ100企業」として当事務所を挙げています。また、長年にわたりプロボノ活動に貢献している有数の事務所であり、モリソン・フォースターの弁護士はクライアントのために最良の結果をだすため共に責任を負う一方で、より強固な事務所となるべく各弁護士の個性を失わないよう配慮しています。当事務所のウェブサイトはこちら(www.mofo.com)です。

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。


U.S. Consumer Product Safety Commission Issues Final Rule on Civil Penalty Factors

By Robert Falk, William Tarantino, and Rachel Peterson

The U.S. Consumer Product Safety Commission (the "CPSC") has just issued a final rule on the civil penalty factors it and courts will apply in future enforcement actions resulting from violations of the Consumer Product Safety Act, the Federal Hazardous Substances Act and the Flammable Fabrics Act. As a practical matter, the rulemaking also establishes the framework the CPSC will use in making penalty demands associated with statutory infractions resulting in consumer product recalls and in related settlement negotiations.

BACKGROUND

This CPSC action was required by Congress in the Consumer Product Safety Improvement Act ("CPSIA"), Pub. L. 110-314 (August 14, 2008). It offers the CPSC's guidance about how it will interpret the CPSIA's civil liability factors to calculate penalties, and is part of a flurry of regulatory activity that has taken place since the CPSIA was enacted. (Click here for our client alerts on the CPSC's activities in 2009.)

The rulemaking preamble can be found at 75 Fed. Reg. 15993; the penalty factor rule went into effect on March 31, 2010 and will eventually be codified at 16 Code Fed. Reg. § 1119.

ASSESSMENT OF PENALTIES UNDER THE CIVIL LIABILITY FACTORS

In general, the CPSC has stated that it prefers to reserve "maximum flexibility" within the statutory framework, and at the same time make its framework for penalty calculations transparent to the regulated community. It intends to deploy civil penalties "to promote the underlying goals of the CPSIA-specifically that of protecting the public against unreasonable risks of injury associated with consumer products."

The following is the CPSC's interpretation of each potentially applicable civil liability statutory factor addressed by its rulemaking:

Nature, Circumstances, Extent, and Gravity of the Violation (16 CFR § 1119.4(a)(2))

The CPSC's approach here will be to examine the "totality of the circumstances," allowing it to weigh all of the facts involved in a violation to assess its seriousness. In evaluating this factor, the CPSC will also refer to the other "appropriate" factors described in 16 CFR § 1119.4(b), discussed below.

Nature of the Product Defect (16 CFR § 1119.4(a)(3))

Here, the CPSC focused on the nature of the hazard presented by the violation: the more "substantial" the product hazard, presumably, the greater the penalty after other factors are considered. It is important to note in this regard, however, that a violation warranting a penalty can occur without involving a defective product; for example, a failure to supply a product certification where required. In such instances, the CPSC indicated that it will turn to the other statutory factors for determining civil penalties.

Severity of the Risk of Injury (16 CFR § 1119.4(a)(4)) and Occurrence or Absence of Injury (16 CFR § 1119.4(a)(5))

The CPSC will examine the likelihood of injury, illness, or death, the population group exposed, and the intended or reasonably foreseeable use or misuse of the product. In a separate but related factor, the CPSC will consider whether illness, injury, or deaths have in fact occurred associated with the violation.

Number of Defective Products Distributed (16 CFR § 1119.4(a)(6))

The CPSC reserved its discretion to evaluate this factor based on the "actual" number of products placed in the stream of commerce. This could lighten penalties for entities that reduce the number of products placed into commerce through a recall, and particularly benefit those that conduct a cautionary, "wider-than-necessary," recall.

Appropriateness of Penalty in Relation to the Size of the Business of the Person Charged (16 CFR § 1119.4(a)(7))

With CPSC-imposed penalties now ranging to a high of $100,000 for each knowing violation and $15 million for a series of violations, the economic consequences of a violation for any business can be serious. In this regard, and especially for small and mid-size businesses, the CPSC's authority to mitigate a penalty takes on particular importance. CPSC's central concern here is a business's ability to pay, balanced against the deterrent effects of civil penalties. To that end, a business's liquidity, solvency, and profitability will guide CPSC's assessment of the appropriateness of the penalty, but the burden is on the business facing a penalty to provide such evidence-and as CPSC noted, the economic consequence must be "undue," not merely adverse.

Other Factors As Appropriate (16 CFR § 1119.4(b))

Finally, the CPSC or the person charged with the violation can raise any other factors believed relevant to determining a penalty amount. For example, such factors might include a business pointing to the pre-existence of a safety or compliance program or CPSC pointing to a business's history of noncompliance and/or dilatory tactics in response to the CPSC's requests.

CONCLUSION

Businesses placing consumer products on the market can expect to see the CPSC and courts apply this rule in future enforcement actions brought pursuant to a variety of consumer product safety laws, both in recall situations and even where violations do not result in a recall. Indeed, under a March 12, 2010 consent decree, Daiso Holding USA, Inc. paid a $2.05 million civil penalty for violations of CPSC requirements and this was heralded by CPSC Chair Inez Tenenbaum as "precedential."

Morrison & Foerster advises a variety of consumer and children's product manufacturers, distributors, and retailers and several of their trade associations on issues relating to CPSC and similar state and local consumer protection requirements. For further information, please contact Robert Falk or Bill Tarantino in our San Francisco office or Linda Lane in our San Diego office.

Contact:

Robert Falk
(415) 268-6294
rfalk@mofo.com
Bill Tarantino
(415) 268-6358
wtarantino@mofo.com
Linda Lane
(858) 720-7989
llane@mofo.com


About Morrison & Foerster:

We are Morrison & Foerster-a global firm of exceptional credentials in many areas. Our clients include some of the largest financial institutions, Fortune 100 companies, investment banks and technology and life science companies. Our clients count on us for innovative and business-minded solutions. Our commitment to serving client needs has resulted in enduring relationships and a record of high achievement. For the last six years, we've been included on The American Lawyer's A-List. Fortune named us one of the "100 Best Companies to Work For." We are among the leaders in the profession for our longstanding commitment to pro bono work. Our lawyers share a commitment to achieving results for our clients, while preserving the differences that make us stronger. This is MoFo. Visit us at www.mofo.com.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations.

page up