イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2010. 12.15

FCPA: 司法省、意見をきくもアプローチに変更なし

東京訴訟部
マックス・オルソン  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ  一色 太郎  
ダニエル P. レヴィソン  ジャック・ロンデン  スティーブンE. コマー


PDF版はこちら
Pease click here for English version.

(著者)ポール T. フリードマン/ルティ・スミスライン/アンジェラ E. クライン

(参考訳)

2010年11月19日付のFCPAに関するクライアントアラートで論じたように、米司法省刑事局司法次官補Lanny Breuer氏は近ごろ、「一部の実務家等から、反トラスト法の分野と同様の刑事免責制度をFCPAの分野に導入すべきだ、という声がきかれます。」と認めた[1]。また、FCPAに関わる被告弁護士や社内弁護士で埋め尽くされたホテルの会議場で、同氏は、「このような熟考された提案に対し、我々は耳を傾けます。」と述べた。しかし2010年11月30日、上院司法委員会の犯罪・薬物小委員会において、司法次官補代理Greg Andres氏は、FCPAに関する事件への刑事免責制度導入の可能性を否定した。

この上院公聴会でのAndres氏の発言は、一見、Breuer氏が司法省は刑事免責制度について検討する用意があると示したのと食い違うように見える。しかし、実のところ「広範な批判にかかわらず、司法省はFCPA執行を積極的に進める」というBreuer氏の基本路線に沿ったものに他ならない。

何か月もの間、最近のFCPA執行の姿勢を批判する人々は、規制当局に対し、司法省反トラスト局が採用した制度に倣ったリーニエンシー制度を採用することを求めてきた。反トラスト局の企業リーニエンシー制度では、価格操作カルテルの当事者のうち、最初に違反行為を自主的に報告し、ひいては政府への全面協力に同意した者は免除を受けることができる。政府による刑事免責付与の根拠は、自主的に名乗り出るカルテルの当事者がいなければ、政府が不法行為を発見して訴追することは困難または不可能であろう、というものである。

同様のことはFCPAについてもあてはまるとして、リーニエンシー制度の提唱者は、自己開示がなければ、政府がFCPA違反を発見する可能性が低くなると主張している[2]。国際的な贈収賄調査は時間を要し、費用もかさむ上、政府が使える資金は限られている。しばしば政府は、対象会社自身の内部調査及びその結果報告に依存しているのである。政府の積極的なFCPA執行を批判する人々は、規制当局が自ら発見できないような違反を自主的に報告した会社を、刑事免責、あるいは少なくともリーニエンシーの対象とすべきと主張する。

FCPAの刑事免責制度の提唱者は、FCPA上の有罪判決が会社に及ぼし得る弊害(当該会社が連邦政府の各種プログラムの対象から除外されることを含む。)についても指摘する[3]。自己開示や協力が評価されれば、会社は、不正行為の修正・対処に取り組みながら、壊滅的な結果になりかねない状況を回避し得る。また、会社に対して刑事免責を付与しても、政府による、不法行為を行った個人への追求を妨げることはないだろう。

さらに、ある批判者が指摘するとおり、刑事免責制度は、FCPAの執行を、規制当局の迅速な実施が可能で、長期化する法的措置を伴わないものへと、大きく改善させることができるだろう。新たな方針を打ち出すことにより、「[司法省は]明日にでもこれを行なうことができる。」[4]のである。

刑事免責制度導入を求める意見があるにもかかわらず、Andres氏は、司法省は現在の執行方針の変更に関心がないことを明確にした。同氏は、司法省は、「銀行強盗が、銀行強盗を働いた事実を公表することで免責されるとは考え[られない]ように、免責することが適当である」とは考えていないと述べている[5]。Andres氏によれば、会社が違反行為の自己開示を行なっても、当該会社は「犯罪に対する処罰の免除を受ける」に値しないのである。

またAndres氏は、会社は既に違反行為の自主的報告による優遇措置を受けていると指摘している。同氏によれば、従来より司法省は、協力に対する見返りを約束することで会社による自主的報告を奨励しており、司法省担当者は「自ら名乗り出た会社は、そうでない会社よりも有利な解決を図ることができる。」と一貫して断言している[6]。そして同氏は、自主的報告を行なった会社が司法省から得ている見返りを考慮すれば、「公式な刑事免責制度は果たして必要なのであろうか。」と述べている。

しかしながら、会社が、現在の執行体制において自主的報告を行なうことで実際どれだけの「見返り」を得られるかは、激しい論争の的である。実務家の間では、会社は、違反の報告により何らの利益も得ることはできず、場合によっては事実上さらに不利な状況に陥ると広く考えられている。少なくとも刑事免責制度は、明確な「交通規則」により規定された、会社が違反行為を自己開示するための、具体的かつ透明性あるインセンティブとなるだろう。

結論

司法省が刑事免責制度を拒絶したことで、FCPAの執行に関し、2つの重大な傾向が浮き彫りとなった。

一点目は、会社が、自主的報告が有益か否かの判断を行うにあたり、不確定かつ不安な立場に置かれたまま、ということである。自主的に報告を行なうか否かを決断するのは困難であり、その検討においては、協力への見返りについての司法省の発言以外のことも考慮する必要がある。かかる決断は、特定の事実及び状況を把握し、専門家と相談しながら全ての関連する事実を検討した上で行うべきである。

二点目は、政府は批判の高まりにもかかわらず、引き続きFCPA関連事件での訴追を強化するだろう、ということである。政府は、建設的な批判や提案について「耳を傾ける用意がある」かもしれないが、これまでのところ、ますます積極的になる執行方針を変更する必要があるとは説得されていないのである。

脚注

[1] 当事務所発行の2010年11月19日付Client Alert (http://www.mofo.com/files/Uploads/Images/101118-FCPA-Enforcement.pdf) をご参照ください。スピーチの内容は (http://www.justice.gov/criminal/pr/speeches/2010/crm-speech-101116.html) に掲載されています。
[2] 米国商工会議所後援の2010年10月27日のLegal Reform Summitの内容をご参照ください。
[3] 2010年11月30日付、上院司法委員会の犯罪・薬物小委員会におけるMichael Volkov氏の証言 (http://judiciary.senate.gov/hearings/hearing.cfm?id=4869) をご参照ください。
[4] 同上
[5] 2010年11月30日付、上院司法委員会の犯罪・薬物小委員会における司法次官補代理Greg Andres氏の証言 (http://judiciary.senate.gov/hearings/hearing.cfm?id=4869) をご参照ください。
[6] 2010年11月のLanny Breuer氏のスピーチの内容(http://www.justice.gov/criminal/pr/speeches/2010/crm-speech-101116.html)をご参照ください。

モリソン・フォースターのFCPAに関する実務の詳細情報につきましては、下記窓口にご連絡ください。

ポール T. フリードマン
PAUL T. FRIEDMAN
サンフランシスコ
SAN FRANCISCO
+1 (415) 268-7444
pfriedman@mofo.com

ダニエル P. レヴィソン
DANIEL P. LEVISON
東京
TOKYO
+81 3 3214 6522
dlevison@mofo.com

 
カール H. ローエンソンJR.
CARL H. LOEWENSON, JR.
ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 468-8128
cloewenson@mofo.com
ランダルJ. フォンズ
RANDALL J. FONS

デンバー
DENVER
+1 (303) 592-2257
rfons@mofo.com
 
ロバート A. サレルノ
ROBERT A. SALERNO
ワシントンD.C.
WASHINGTON, DC
+1 (202) 887-6930
rsalerno@mofo.com
シェリー イン
SHERRY YIN
北京
BEIJING
+86 10 5909 3566
syin@mofo.com
ケヴィン・ロバーツ
KEVIN ROBERTS

ロンドン
LONDON
+44 20 7920 4160
kroberts@mofo.com
 

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。


FCPA: DOJ May Be Listening, But It Is Not Changing Its Approach

By Paul T. Friedman, Ruti Smithline and Angela E. Kleine

As we wrote in our November 19, 2010 FCPA Client Alert, Assistant Attorney General Lanny Breuer, Criminal Division, Department of Justice, recently acknowledged that "some practitioners and others would like to see, in the FCPA area, an amnesty program similar to the one that exists in the realm of antitrust."[1] In a hotel ballroom filled with FCPA defense attorneys and in-house counsel, Mr. Breuer stated that "we listen to considered suggestions of this kind." But on November 30, 2010, in front of the Senate Judiciary Committee's Subcommittee on Crime and Drugs, Acting Deputy Assistant Attorney General Greg Andres rejected the possibility of an amnesty program for FCPA cases.

Although seemingly inconsistent with Mr. Breuer's suggestion that DOJ was willing to consider an amnesty program, Mr. Andres's remarks at the Senate Hearing reinforced Mr. Breuer's basic theme: the DOJ's aggressive enforcement of the FCPA is here to stay irrespective of extensive criticism.

For months, critics of the recent approach to FCPA enforcement have urged regulators to adopt a leniency program modeled after one effectively used by DOJ's Antitrust Division. Under the Antitrust Division's Corporate Leniency Program, the first member of a price-fixing cartel that self-reports the violation-and agrees to cooperate fully with the government-can receive a free pass. The government's rationale for granting amnesty is that, without a member of the cartel coming forward, it may be difficult or impossible for the government to discover and prosecute the illegal conduct.

Similarly in the FCPA context, advocates of a leniency program argue that, in the absence of self-disclosure, the government is not as likely to discover the FCPA violation.[2] International bribery investigations are lengthy and expensive, and the government has limited resources. The government often relies on companies to conduct their own internal investigations and report their findings. Critics of the government's aggressive FCPA enforcement argue that companies should get amnesty, or the very least leniency, for self-reporting violations that regulators are otherwise unlikely to find.

Advocates of an FCPA amnesty program also point to the detrimental effects an FCPA conviction can have on a company, including debarment from federal programs.[3] By rewarding self-disclosure and cooperation, companies could be spared potentially devastating outcomes while still remediating and addressing the improper conduct. And, giving the company amnesty would not prevent the government from pursuing the individuals who perpetuated the illegal conduct.

Moreover, as one critic pointed out, an amnesty program would be a significant improvement to FCPA enforcement that regulators could implement quickly and without protracted legislative action. "[The Justice Department] could do it tomorrow" by making a new policy.[4]

Despite the advocacy for an amnesty program, Mr. Andres made clear that DOJ is not interested in making changes to its current enforcement practices. Mr. Andres stated that DOJ does not believe "that immunity is appropriate, just as [it] do[esn't] believe that a bank robber could get immunity for disclosing that he robbed a bank."[5] According to Mr. Andres, the fact that a company self-discloses a violation does not merit the company "getting a pass for those crimes."

Mr. Andres also pointed out that companies already receive favorable treatment for self-reporting violations. According to Mr. Andres, DOJ has traditionally encouraged companies to self-report, promising credit for cooperation, and DOJ officials consistently assert that "a company that comes forward on its own will see a more favorable resolution than one that doesn't."[6] As a result, Mr. Andres said that, given the credit self-reporting companies already receive from DOJ, he was "not sure there's a need for a formal amnesty program."

However, just how much "credit" a company receives by self-reporting under the current enforcement regime is subject to vigorous debate. There is a widespread belief among practitioners that a company may not benefit at all by having reported the violation and, in some instances, it is in fact worse off. An amnesty program would at least give companies a concrete and transparent incentive to self-disclose a violation, governed by clear "rules of the road."

CONCLUSION

DOJ's rejection of the amnesty program highlights two significant trends in FCPA enforcement:

One, it leaves companies in the same uncertain and uncomfortable position of deciding whether self-reporting is beneficial. The decision about whether to self-report is a difficult one, and the analysis needs to take into consideration more than just DOJ's statements about cooperation credit currently available. The decision is necessarily informed by the specific facts and circumstances, and should be made only after consideration of all relevant facts, in consultation with expert counsel.

Two, the government will continue its heightened prosecution of FCPA cases regardless of mounting criticism. While the government may be "willing to listen" to constructive criticism and suggestions, thus far it has not been convinced that any change to its increasingly aggressive enforcement policies is warranted.

FOOTNOTES

[1] Please see our Client Alert from November 19, 2010, available at http://www.mofo.com/files/Uploads/Images/101118-FCPA-Enforcement.pdf. A transcript of the speech is available at http://www.justice.gov/criminal/pr/speeches/2010/crm-speech-101116.html.
[2] See transcript from October 27, 2010 Legal Reform Summit, sponsored by U.S. Chamber of Commerce.
[3] See Testimony of Michael Volkov before the Subcommittee on Crime and Drugs, Committee on the Judiciary, United States Senate, November 30, 2010, available at http://judiciary.senate.gov/hearings/hearing.cfm?id=4869.
[4] See id.
[5] See Testimony of Deputy Assistant Attorney General Greg Andres before the Subcommittee on Crime and Drugs, Committee on the Judiciary, United States Senate, November 30, 2010, available at http://judiciary.senate.gov/hearings/hearing.cfm?id=4869.
[6] See transcript from Lanny Breuer's November 2010 speech, available at http://www.justice.gov/criminal/pr/speeches/2010/crm-speech-101116.html.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations.

page up