イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2011. 02.22

CPSIAの最新の修正: CPSC鉛規制の一部に追加猶予を与える

マックス・オルソン  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ  一色 太郎  
ダニエル P. レヴィソン  ジャック・ロンデン  スティーブン E. コマー  矢倉 千栄


PDF版はこちら
Please click here for English version.

(参考訳)

執筆者
リンダ・レーン

消費者製品安全委員会(以下「CPSC」)によって規制されている2008年消費者製品安全改善法(以下「CPSIA」)は、消費者製品の安全に関するルールの大幅な見直しを象徴している。2008年の8月に制定されて以来、CPSIAの厳しい要求に関する明確化及び調整が、相次いでいる。

2011年2月11日が、CPSCによる子供用品の鉛含有量の検査及び認証の施行猶予の期限となるはずであった。しかし、今月始め、子供用品の製造業者及びプライベート・ブランド業者に追加で10ヶ月、すなわち2011年12月31日まで、上記の厳しい要求を充足するにつき猶予が与えられることが発表された。

CPSCは、4対1で施行猶予期間を2011年中は引き延ばすことを可決した(コミッショナーのロバート.S.アドラーが唯一反対票を投じた)。施行猶予の延期は、金属製子供用製品(子供用金属製ジュエリーを除く。)及び非金属製子供用製品の鉛含有量の検査及び認証に適用される。またかかる延期は、子供用全地形型車両、子供用オフロード車、子供用スノーモービル、自転車、ジョギング用ベビーカー及び自転車トレーラーにも適用される(これらには、長年にわたり、種類によって異なる猶予期間が適用されてきた)。要するに、CPSCは子供用品の鉛含有量の検査及び認証の施行猶予期間を、さらに2011年12月31日まで引き延ばすことを決定したのである(子供用ジュエリーの金属部品を除く。)。

第三者機関の認証要件が公表されていない安全基準が適用される子供用品については、その検査及び認証の現在の施行猶予は、上記の発表に関わらず有効のままである。猶予されるものには、子供用玩具及び子供ケア用品に係るフタル酸類(禁止物質)の検査並びに玩具安全基準ASTM F-963の遵守状況の確認が含まれる。これらの施行猶予は、必要な認証要件が公表されるまでは有効である。

かかる施行猶予の延長は、子供用品の販売・製造ビジネスにとっては安堵の材料となるかもしれないが、これらビジネスにおいても限定された施行猶予の延期であることを念頭に置いておく必要がある。施行猶予の延長は検査及び認証に関してのみであって、子供用品は、今もCPSIAに規定された鉛、フタル酸類の含有量及びASTM-F-963基準によって厳しく規制されているのである。このような規制に違反する子供用品は販売できない。検査及び認証手続については本年の終わりまで猶予があるものの、製造業者及びプライベート・ブランド業者においては、今日現在の子供用品に関する規制を遵守していることを確認する必要がある。

モリソン・フォースターは、いくつもの製造業者、輸入業者、代理店及び小売業者並びにそれらの事業者団体に対して、CPSIAの導入並びにその他製品安全要件及び関連する施行に関する問題点やクラスアクションによる訴訟について、助言している。

モリソン・フォースターのCPSIAに関する実務の詳細情報につきましては、下記窓口にご連絡ください。

ダニエル P. レヴィソン
DANIEL P. LEVISON
東京
TOKYO
+81 3 3214 6522
dlevison@mofo.com
ロバート・フォーク
ROBERT FALK
サンフランシスコ
SAN FRANCISCO
+1 (415) 268-6294
rfalk@mofo.com  
リンダ・レーン
LINDA LANE
サンディエゴ
SAN DIEGO
+1 (858) 720-7989
llane@mofo.com

 

 

 

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。


Late Breaking Changes to the CPSIA: The CPSC Grants Additional Stay for Portions of Lead Requirements

By Linda Lane

The Consumer Product Safety Improvement Act of 2008 ("CPSIA") represented a major overhaul of consumer product safety rules and is regulated by the Consumer Product Safety Commission ("CPSC"). Since its enactment in August 2008, there has been a flurry of clarifications and refinements with respect to the exacting requirements of the CPSIA.

February 11, 2011 was supposed to be the expiration date for the CPSC's stay of enforcement of testing and certification requirements for lead content in children's products. Instead, it was announced the first week of this month that manufacturers and private labelers of children's products will have another ten months, until December 31, 2011, to meet the strenuous requirements.

The CPSC voted 4-1 (Commissioner Robert S. Adler was the sole negative vote) to revise the terms of the stay of enforcement to extend the stay through 2011. The stay effects the testing and certification requirements for total lead content in metal children's products (excluding children's metal jewelry) and in non-metal children's products. The stay also applies to youth all-terrain vehicles, youth off-road vehicles, youth snowmobiles, bicycles, jogger strollers, and bicycle trailers (which specific categories have been subject to different stays over the years). In short, the CPSC decided to extend the existing stay of enforcement on testing and certifications of the total lead content in children's products (except metal components of children's jewelry) until December 31, 2011.

Unaffected by this announcement, there remains in effect a stay of enforcement on testing and certification for children's products subject to safety rules for which a notice of requirements for accreditation of third-party laboratories has not yet been published-including testing of children's toys and child care articles for banned phthalates and compliance with the mandatory toy safety standard ASTM F-963. These stays will continue until the requisite notices of requirements for laboratory accreditation are published.

Although the recently announced stay may be a relief to businesses that sell and manufacture children's products, it is important for affected businesses to keep the limited nature of the stay in perspective. The stay relates only to testing and certification requirements. Children's products are still subject to the strict limits for lead content, phthalate content, and ASTM F-963 standards as set forth in the CPSIA. Children's products may not be sold that violate those applicable requirements. However, the testing and certification process for establishing this compliance will remain relaxed through the end of the year. Nevertheless, manufacturers and private labelers of those products need to know that their products comply with the underlying requirements today.

Morrison & Foerster is advising a variety of product manufacturers, importers, distributors, and retailers, and several of their trade associations, on issues relating to the CPSIA's implementation and other product safety requirements and related enforcement and class action litigation.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations.

page up