イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2011. 02.07

英国法務省、英国贈収賄法施行をさらに延期すると発表

マックス・オルソン  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ  一色 太郎  
ダニエル P. レヴィソン  ジャック・ロンデン  スティーブン E. コマー  矢倉 千栄


PDF版はこちら
Please click here for English version.

(参考訳)

執筆者
ケビン・ロバーツ/ケイリー・バーン 

2010年贈収賄法(以下「本法」といいます。)は、2010年4月に国王の裁可を受けて以来、経済界からの批判を浴びており、施行が延期されています。本法は「世界において最も厳格な腐敗防止法の一つ」と評され、当初は2010年後半に発効する予定でしたが、次に2011年4月まで延期された後、現在再び延期され、英国法務省によるさらなる指針の公表は先送りされています。

本法7条では、営利団体が贈収賄の防止措置を怠ったことを新たに違法行為と定めています。本法は域外適用され、本拠地に関係なく、英国で事業を展開している企業に影響を及ぼします。しかしながら、企業が贈収賄を防止するため「十分な手続き」を整備していたと示すことができる場合には、当該企業は本法7条の法的措置に対する抗弁を得ます。

2010年7月、新たに選出された連立政権は、企業がその実務を本法の要件に整合させるに当たり十分な時間を与え、また、何が「十分な手続き」を構成するかに関する指針の公表に必要な時間も考慮して、施行を2011年4月まで延期すると発表しました。2010年9月、英国法務省は、本法施行に先立ち公表する必要がある「十分な手続き」の抗弁についての指針案に関する2カ月間の意見書提出プロセスに参加する企業を募集しました。

2011年1月31日、英国法務省は、「十分な手続き」の抗弁に関する最終的な指針の公表を待つ間、本法の施行を延期すると発表しました。英国法務省の広報担当官は次のように述べています。「我々は、企業にとって実践的かつ包括的なものとなるよう、現在指針の作成に当たっています。さらなる詳細については今後お知らせすることになりますが、指針公表後は、3カ月の告知期間を以って本法が施行されることになります。」ただし、英国法務省は、指針がいつまでに公表されるのか、その日程については定めていません。

本法施行のさらなる延期は、本法を公然と批判している経済界からは好意的に受け入れられるでしょう。しかしながら、この決定により英国政府は、腐敗行為に対応するにあたり国際的な義務を十分に果たしていないという非難に晒されるでしょう。このとおり本法施行は延期されてはいますが、企業はこの機会を利用して、リスク評価を行い、その方針と手続きを英国法務省が作成した指針案に整合させておくことが重要です。

モリソン・フォースターの汚職防止に関する実務の詳細情報につきましては、下記窓口にご連絡ください。

ケヴィン・ロバーツ
KEVIN ROBERTS
ロンドン
LONDON
+44 20 7920 4160
kroberts@mofo.com

ダニエル P. レヴィソン
DANIEL P. LEVISON
東京
TOKYO
+81 3 3214 6522
dlevison@mofo.com

シェリー イン
SHERRY YIN
北京
BEIJING
+86 10 5909 3566
syin@mofo.com

ポール T. フリードマン
PAUL T. FRIEDMAN
サンフランシスコ
SAN FRANCISCO
+1 (415) 268-7444
pfriedman@mofo.com

カール H. ローエンソン Jr.
CARL H. LOEWENSON, JR.
ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 468-8128
cloewenson@mofo.com

ランダルJ. フォンズ
RANDALL J. FONS
デンバー
DENVER
+1 (303) 592-2257
rfons@mofo.com

ロバート A. サレルノ
ROBERT A. SALERNO
ワシントンD.C.
WASHINGTON, DC
+1 (202) 887-6930
rsalerno@mofo.com

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。


The British Ministry of Justice Announces Further Delay to the Implementation of the UK Bribery Act

By Kevin Roberts and Keily Beirne

Since the UK Bribery Act 2010 (the "Act") received Royal Assent in April 2010 it has been beset with criticism from the business community and subject to delay. The Act, which has been described as “one of the most draconian anti-corruption measures in the world”, was originally expected to come into force in late 2010, was then postponed until April 2011, and has now been postponed again pending the release of further guidance from the UK Ministry of Justice.

Section 7 of the Act creates the new corporate offence of failure to prevent bribery. The Act is extra-territorial and will affect any business with a presence in the UK regardless of where that business is domiciled. However, a company will have a defence to an action under section 7 if it can show that it had “adequate procedures” in place to prevent bribery.

In July 2010 the newly elected coalition government announced that the implementation of the Act would be postponed until April 2011 to allow businesses sufficient time to align their practices with the Act’s requirements and to allow for publication of guidance as to what would constitute “adequate procedures”. In September 2010 the Ministry of Justice invited businesses to participate in a two month consultation process regarding the proposed guidance on the adequate procedures defence which is required to be published prior to implementation of the Act.

On 31 January 2011 the Ministry of Justice announced that the implementation of the Act is to be postponed pending the publication of finalised guidance on the “adequate procedures” defence. A spokesperson for the Ministry of Justice said: “We are working on the guidance to make it practical and comprehensive for business. We will come forward with further details in due course. When the guidance is published it will be followed by a three-month notice period before implementation of the Act”. The Ministry of Justice has not set a date by which the guidance will be published.

The further delay in the implementation of the Act will be welcomed by the business community which has been overtly critical of the Act. However, this decision will leave the UK government open to the accusation that it is failing to live up to its international obligations in combating corruption. Notwithstanding the fact that the implementation of the Act has been delayed it is important that companies take this opportunity to conduct risk assessments and align their policy and procedure with the draft guidance produced by the Ministry of Justice.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations.

 

 

page up