イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2011. 03.31

消費者クラスアクションは欧州連合にやって来るか?

マックス・オルソン  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ  一色 太郎  
ダニエル P. レヴィソン  ジャック・ロンデン  スティーブン E. コマー  矢倉 千栄


PDF版は こちら
Please click here for English version.

(参考訳)

(執筆者) レベッカ E. コフマン
アンドリュー D. ムルバック
アラン・オーウェンズ
オローラ V. カイザー
ジェイムズ ロイド

アメリカ式クラスアクションの採用可能性を探る中、欧州委員会(以下、「EC」または「委員会」という。)は先頃、欧州連合(「EU」)における集団的救済のオプションの可能性についてのパブリックコメントを求める取組みを発動した。[1] この取組みは、企業に対しての不正競争に係る請求についてEUの消費者が利用できる救済オプションが欠如していることおよび一般的に集団的救済メカニズムがないことに対する大きな懸念から起こったものである。

ECは、集団訴訟が公的資金で賄われるべきか否かまたは集団的損害賠償救済措置を消費者保護の枠を超えて金融サービスや環境法など他の分野にまで広げるべきか否かなど、一連の質問についてのパブリックコメントを求めている。注目すべきは、委員会が自らの手続的・実質的な提案を打ち出しておらず、米国式のクラスアクションと足並みをそろえた集団的救済形式を推進した2008年の健康・消費者保護総局のグリーンペーパーを白紙撤回するように映る点である。

現在のところ、EU法の下ではごく限られた集団的救済メカニズムしかなく、EU諸国はこのギャップを埋めるべく幅広い手段を採用してきた。現行のEU法および国際協定では、加盟国に対して消費者保護および環境法の分野で個人が差止による救済を求める手続きを確立するよう求めているものの、補償救済の準拠法となるEU全体としての法はなく、ましてや米国に浸透しているクラスアクションのようなものは皆無である。

EUに加盟する27カ国の集団的救済手続きはそれぞれ大きく異なり、1つとして同じシステムを有する国はない。主な違いの例としては、(1) あらゆるセクターについてのあらゆる法的損害について救済が利用できるか、(2) 一個人に訴訟を提起する当事者適格がある(ポルトガル)か、公的機関のみ(フィンランド)か、特定の民間組織のみ(ブルガリア)か、あるいは (3) そのメカニズムが「オプト・イン型」か「オプト・アウト型」かなどが挙げられる。このように各国で手続きが様々であるため、委員会は、EU法の侵害者に対して分権的でありながら一貫性のある集団的救済措置を講じることができる一般原則を導入する可能性を探ることに意欲的である。実施に向けてEUが首尾一貫した取組みを行っていくことにより、個人での手続(その費用は損害額をはるかに上回る場合が多い。)を余儀なくされているEU市民が直面している問題の克服につながることが期待されている。このような状況では市民による個人訴訟の提起が見込めないということが、米国をはじめ多くの国で消費者のためにクラスアクションの制度が必要と考えられた最大の理由である。

しかし、米国式クラスアクションへの動きはこの問題に対処する正しい方法なのか。米国におけるクラスアクションの蔓延(実際には消費者が損害を被っていない請求も多い。)、そしてその結果、相当な訴訟関連費用を避けるために失当な請求さえも和解せざるを得ない圧力が企業にかかっていることは悪評高い。例えば、人口3,700万人足らずのカリフォルニア州では、2005年だけで連邦・地方裁判所に1200件のクラスアクションが申し立てられた。[2] これに比べ、人口5,000万人超のイングランドおよびウェールズでは、同期間中に下された「集団訴訟命令」は6件のみで、共通または関連した事実上または法律上の問題に係る複数の請求が共同で争われた。[3]

この違いにはいくつかの要因がある。例えば、イングランドの訴訟件数が少ないのは、イングランドに「オプト・イン」システムがあるためで、原告らはそれぞれが該当グループに入らなければならない。イングランドで「代表訴訟」方式を使う試みは、代表訴訟に関する法律の不備を理由として裁判所から拒絶されてきた。これとは逆に、クラスアクションの「オプト・アウト」メカニズムが米国中の至るところに存在する。米国では、そのクラスの誰かが明示的に異議を唱えない限り、ほぼ全ての個人が同様の「損害を受けた」個人に代わって訴訟を提起することができる。カリフォルニア州において特に問題となっているもので、このような格差に寄与しているもう一つの要因は、原告らが提起した訴訟に勝訴した場合の弁護士報酬については法に規定されているもののこれに匹敵する敗訴した場合の規定はほとんどないか皆無であることである。

委員会は、米国におけるクラスアクション制度の濫用をよく承知していると思われ、最近の意見公募により米国方式の特徴を認識している。この特徴とは、「懲罰的損害賠償、当事者適格に制限がない(事実上、被害者として開かれているクラスを代理して誰でも訴訟を提起できる)こと、弁護士の成功報酬制の可能性および証拠の入手のための広範なディスカバリー(証拠開示手続)」など、「総合的にヨーロッパの伝統的な法制度とは相容れないような訴訟の濫用のリスクを高める」特徴である。[4] 但し、委員会は引き続き「オプト・イン」または「オプト・アウト」メカニズムの採用および「敗者が支払う」原則の導入の是非についての意見を求めている。

委員会はアメリカでの教訓をよく検討したとしても、これらの特徴またはその他の特徴が最終的な制度に組み込まれ、これがアメリカと同様のまたはそれ以上の濫用を招く可能性は残っている。例えば、委員会は、集団的救済について利用可能な資金調達法について意見を求める一方で、弁護士の成功報酬制に伴う危険を指摘する。慎重に考えられたメカニズムによってのみ「実体のある請求については資金を拠出しつつ実体のない請求申立てを妨げることができる」。[5]

本件は欧州連合内における事業の運営にとって重要な問題であるため、EUで重要な事業を展開する企業は2011年4月30日の期限までに、EC-collective-redress@ec.europa.eu宛て、Eメールにて意見を提出することを検討されるよう推奨する。

モリソン・フォースターの消費者団体訴訟に関する実務の詳細情報につきましては、下記窓口にご連絡ください。

ダニエル P. レヴィソン 
DANIEL P. LEVISON
東京
TOKYO
+81 3 3214 6522
dlevison@mofo.com
ルイーズ・ストゥープ 
LOUISE C. STOUPE
東京
TOKYO
+81 3 3214 6522
lstoupe@mofo.com
アンドリュー D. ムルバック
ANDREW D. MUHLBACH
サンフランシスコ
SAN FRANCISCO
+1 (415) 268-7221
amuhlbach@mofo.com 
アラン・オーウェンズ
ALAN OWENS
ロンドン
LONDON
+44 20 7920 4162
aowens@mofo.com

 脚注

[1] European Commission, Commission Staff Working Document, Public Consultation: Towards a Coherent European Approach to Collective Redress, SEC(2011)173 (2011):
http://ec.europa.eu/justice/news/consulting_public/0054/ConsultationpaperCollectiveredress4
February2011.pdf
(以下、「意見公募」という。)
[2] Federal Judicial Center, Progress Report to the Advisory Committee on Civil Rules on the Impact of CAFA on the Federal Courts 5 (2007):
http://www.uscourts.gov/uscourts/RulesAndPolicies/rules/CAFAProgressReport-Final.pdf.
[3] Her Majesty's Court Services, Group Litigation Orders: http://www.hmcourts-service.gov.uk/cms/150.htm (最終閲覧日2011年2月11日)
[4] Public Consultation, at 9.
[5] Id. at 11.

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。

Are Consumer Class Actions Coming to the European Union?

By Rebekah E. Kaufman, Andrew D. Muhlbach, Alan Owens, Aurora V. Kaiser, and James Lloyd

In a potential move towards U.S.-style class actions, the European Commission (“EC” or “the Commission”) recently launched an initiative seeking public comments about potential options for collective redress in the European Union (“EU”).[1] This initiative arises from substantial concerns about the lack of options available to consumers in the EU to redress unfair competition claims against businesses, as well as the lack of a collective redress mechanism generally.

The EC is seeking public comments on a series of questions such as whether collective actions should be publically funded and whether collective compensatory redress should be extended beyond consumer protection to other areas like financial services and environmental law. Notably, the Commission does not set forth its own procedural or substantive suggestions, and appears to be wiping the slate clean and withdrawing from the EC Director General of Health and Consumer Policy’s Green Paper of 2008, which promoted forms of collective redress closely aligned to U.S.-style class actions.

Currently, there is a very limited collective redress mechanism under EU law, and EU member states have adopted a wide variety of approaches to fill in the gaps. Existing EU law and international agreements require member states to have procedures in place for individuals to seek injunctive relief in the areas of consumer protection and environmental law, but there is no EU-wide law governing compensatory relief, and certainly nothing approaching the types of class actions so prevalent in the U.S.

The procedures allowing for collective redress in the twenty seven individual member states vary greatly. No two national systems are alike. Among the major distinctions are (1) whether the relief is available for all types of legal harms in all sectors; (2) whether an individual has standing to bring suit (Portugal), or only a public authority (Finland), or certain private organizations (Bulgaria); and (3) whether the mechanism is “opt-in” or “opt-out.” Due to these differences, the Commission is keen to explore further the possibility of introducing common principles enabling decentralized but consistent collective redress against infringers of EU law. It is hoped that the introduction of a coherent EU approach to enforcement will overcome the problems faced by EU citizens who are forced to bring individual proceedings, the costs of which can often far outweigh the loss suffered. The unlikelihood that individuals will bring individual proceedings under those circumstances is seen by many, especially in the U.S., as the primary appeal of making class actions available for consumers.

But is a move toward U.S.-style class actions the right way to address these concerns? The proliferation of class actions in the U.S. — often involving claims in which consumers have suffered no real injury — and the resulting pressures on businesses to settle even meritless claims in order to avoid the significant costs associated with litigation is notorious. To illustrate this, in California, with a population of close to 37 million, there were close to 1200 class actions filed in federal and state courts in 2005 alone.[2] Compare this to England and Wales, with a population of over 50 million, where six “group litigation orders,” in which multiple claims giving rise to common or related issues of facts and law are litigated jointly, were issued during the same period.[3]

Several factors account for this difference. For example, contributing to the small number of cases in England is the fact that England has an “opt-in” system, in which the plaintiffs must individually join the group. Attempts to use “representative actions” in England have been rejected by the courts due to the lack of legislation on the issue. Conversely, throughout the United States there is an “opt-out” mechanism for class actions. In the United States, nearly any individual may sue on behalf of similarly “injured” individuals, unless the class members expressly object. Another factor contributing to the disparity, which is particularly problematic in California, is the body of law which provides for attorneys’ fees for successful suits brought by plaintiffs, with little or no corresponding risk for unsuccessful suits.

The Commission appears well aware of the abuses seen in U.S. class actions, and identifies, in the recent Public Consultation, the features of the U.S. system which “taken together increase the risk of abusive litigation to an extent which is not compatible with the European legal tradition,” including “the availability of punitive damages, the absence of limitations as regards standing (virtually anybody can bring an action on behalf of an open class of injured parties), the possibility of contingency fees for attorneys and the wide-ranging discovery procedure for procuring evidence.”[4] Note, however, that the Commission continues to seek input on whether to have an “opt-in” or “opt-out” mechanism, as well as whether to institute a “loser pays” principle.

Although the lessons from the U.S. may be on the Commission’s radar, it remains possible that these or other features will become part of the final system, leading to the same or worse abuses. For example, on the one hand the Commission points out the perils of contingency fees for attorneys, while on the other it seeks input on possible methods of financing collective redress. Only a carefully conceived mechanism could “allow for the funding of meritorious claims but avoid any incentives for pursuing unmeritorious claims.”[5]

Given the importance of these issues to businesses operating in the European Union, we urge those undertaking significant business in the EU to consider submitting a comment by the deadline of April 30, 2011 by e-mailing public submissions to EC-collective-redress@ec.europa.eu.

FOOTNOTES

[1] European Commission, Commission Staff Working Document, Public Consultation: Towards a Coherent European Approach to Collective Redress, SEC(2011)173 (2011), available at http://ec.europa.eu/justice/news/consulting_public/0054/ConsultationpaperCollectiveredress4
February2011.pdf 
(hereinafter “Public Consultation”).
[2] Federal Judicial Center, Progress Report to the Advisory Committee on Civil Rules on the Impact of CAFA on the Federal Courts 5 (2007), available at
http://www.uscourts.gov/uscourts/RulesAndPolicies/rules/CAFAProgressReport-Final.pdfrules/CAFAProgressReport-Final.pdf.
[3] Her Majesty’s Court Services, Group Litigation Orders,
http://www.hmcourts-service.gov.uk/cms/150.htm (last visited February 11, 2011).
[4] Public Consultation, at 9.
[5] Id. at 11.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations.

page up