イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2011. 03.31

本格運用開始へのカウントダウン:www.saferproducts.gov

マックス・オルソン  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ  一色 太郎  
ダニエル P. レヴィソン  ジャック・ロンデン  スティーブン E. コマー  矢倉 千栄


PDF版は こちら
Please click here for English version.

(参考訳)

(執筆者) リンダ・レーン/ジェシカ・ロバーツ

消費者製品安全委員会(以下「CPSC」)は、2011年3月11日、大きく期待されていた「消費者製品安全性改善法データベース」の運用を開始する。CPSC Database:With Sunshine Comes Shadows 参照。運用開始後は、誰でもwww.saferproducts.govを通じて、CPSCに消費者製品に関する事故報告をオンラインで提供することができるようになる。報告を受けたCPSCは、5営業日以内に当該報告を対象製品のメーカー又プライベート・ブランド業者に送信しコメントを求める。報告を送信してから10日後に、CPSCは当該報告をウェブサイト上に公表する。このデータベースの目的は透明性の向上にあるが、その品質管理が不十分になされないと、公開で検索可能なデータベースに誤った情報が公表されるおそれがあるという指摘も多い。

消費者製品のメーカー、輸入業者及びプライベート・ブランド業者は、このデータベースに登録して、事故報告が公表される前に報告についてコメントできる体勢を整えるべきである。データベースへの登録には以下のメリットがあるとされている。

  • 企業の製品に関する全ての事故報告を当該企業の代表者に迅速かつ確実に電子メールで送付
  • CPSCによる審査のためのコメント提供用に便利かつ安全なオンライン・アカウントを作成
  • 事故報告が法に基づいて公開されるまでの10日間における貴重な時間の節約

現在、CPSCはデータベースの「試験運用」を行っており、企業は早期に登録しデータベースが公開される前に電子報告の受信を開始する機会を与えられている。試験運用期間中に受信した報告は公開のデータベースには登録されず、現在のFOIA請求手続によってのみアクセス可能となる。

試験運用ウェブサイトはwww.saferproducts.gov にログインし、「business registration」(事業者登録)のリンクをクリックするとアクセスできる。最初に登録する際、企業はその住所、「メーカー、プライベート・ブランド業者又は輸入業者の別」等のビジネス情報を入力しなければならない。適宜、複数の選択肢を選ぶことも可能である。また、企業は主たる連絡先も指定しなければならない。登録を終えると、主たる連絡先担当者は、サブアカウントとしてその他の連絡先(外部カウンセルを含む)を指定することもできる。

この試験運用期間を利用することにより、企業は事故報告に対する試験的手順を作成することができる。製品について事故報告がなされると、10日間という限られた期間内に効率的に対応しなければならないが、そうした困難な作業も、データベース運用開始時に適切な体制が整っていればかなり容易になるであろう。

当事務所は、消費者製品安全性改善法について議会が検討を重ね、最終的に2008年8月に成立するまでの過程を詳細に追跡した。以降、多数のクライアントに対し、同法の実施に関する助言を行うとともに、CPSCの新な動きに遅れぬよう助力を行っている。さらに当事務所は、児童用製品及び消費者製品のメーカー、輸入業者及びそれらの事業者団体に、法令、規制、行政処分及び訴訟に関わる多数の案件において代理・助言を行っている。

モリソン・フォースターの消費者製品安全性改善法に関する実務の詳細情報につきましては、下記窓口にご連絡ください。

ダニエル P. レヴィソン
DANIEL P. LEVISON
東京
TOKYO
+81 3 3214 6522
dlevison@mofo.com
ルイーズ・ストゥープ  
LOUISE C. STOUPE
東京
TOKYO
+81 3 3214 6522
lstoupe@mofo.com
リンダ・レーン
LINDA LANE
サンディエゴ
SAN DIEGO
+1 (858) 720-7989
llane@mofo.com
ロバート・フォーク
ROBERT FALK
サンフランシスコ
SAN FRANCISCO
+1 (415) 268-6294
rfalk@mofo.com

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。

3-2-1, Ready for Launch: www.saferproducts.gov

By Linda Lane and Jessica Roberts

The Consumer Product Safety Commission ("CPSC") will launch its highly anticipated "Consumer Product Safety Improvement Act Database" on March 11, 2011. See CPSC Database: With Sunshine Comes Shadows. Upon launch, the public will be able to provide the CPSC with reports of harm involving a consumer product online at www.saferproducts.gov. Within five business days of receipt, the CPSC will transmit those reports to the manufacturers or private labelers of the subject product for comments. Ten days after the reports are transmitted to the company, the CPSC will publish the reports on its website. Although the database is intended to increase transparency, many fear that lack of quality control will lead to misinformation being published in the public, searchable database.

Manufacturers, importers, and private labelers of consumer products are strongly advised to register with the database to best position themselves to comment on a report of harm before the report is published. As the database notes, the benefits of registration include:

  • Ensuring all reports of harm involving a company's products are sent to its representative quickly and securely via email;
  • Creating a convenient and secure online account to provide comments for CPSC's consideration; and
  • Saving valuable time during the ten-day period before the report of harm must be published by law.

Currently, the CPSC is running a "soft launch" of the database that provides companies an early opportunity to register and begin receiving electronic reports before the database becomes public. The reports received during this soft-launch period will not be included in the public database and will only be available through the current FOIA request process.

The soft-launch website is accessed by logging on to www.saferproducts.gov and clicking on the "business registration" link. For initial registration, a company will need to provide business information including the company's address and whether it is a "manufacturer," "private labeler," or "importer." If applicable, a company may select more than one option. The company will also need to designate a primary point of contact. After the company is registered, the primary contact may then designate other contacts (including outside counsel) in the form of subaccounts.

Taking advantage of this soft-launch opportunity will allow companies to create and test protocol for dealing with reports of harm. Should a report of harm be made regarding a product, having the appropriate system in place when the database goes live will make the difficult task of responding effectively in the limited ten-day time frame much easier.

Morrison & Foerster has closely followed the CPSIA as it evolved in Congress and was ultimately signed into law in 2008. We have since advised a variety of clients on its implementation and helped them keep abreast of developments emanating from the CPSC. In addition, we regularly represent children's and consumer product companies and trade associations and assist them with a variety of legislative, regulatory, administrative enforcement, and litigation matters.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations.

page up