イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2011. 04.07

IBM、長期間の汚職調査の和解金1千万ドルを支払う

マックス・オルソン  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ  一色 太郎  
ダニエル P. レヴィソン  ジャック・ロンデン  スティーブン E. コマー  矢倉 千栄


PDF版は こちら
Please click here for English version.

(参考訳)

執筆者 ポール T. フリードマン/クレイグ D. マーティン/クリスタル S. マッケラー

7年間にわたる調査の末、IBMは、連邦海外腐敗行為防止法(「FCPA」)の内部統制および会計帳簿等に関する条項の違反について米国証券取引委員会(「SEC」)と和解した[1]。同社は不正利得530万ドルの返還、ならびに罰金200万ドルおよび判決前利息(prejudgment interest)270万ドルの支払いに同意した[2]。同社は、内部調査費用や米国司法省の調査が継続されているか否かについては明らかにしていない。

IBM-China: FCPA違反の蔓延で100名超の従業員が関与

SEC事件には、IBMの中国子会社(「IBM-China」)によるFCPA違反が関わっている。IBM-Chinaはハードウェア、ソフトウェアその他サービスを中国政府が所有または支配する顧客に販売した。当該契約により、IBM-Chinaは、公務員を対象としてオフサイトトレーニングを行わなければならない場合があった。IBMのポリシーでは、トレーニングプログラムに関係のない立寄りや途中下車は禁止され、旅費にはすべて事前承認が必要とされていた。

このポリシーを回避する手立てを考え出した100名を超えるIBM-Chinaの従業員がいたのである。米国コロンビア特別区連邦地裁に提出された訴状によると、従業員らは、現地旅行代理店を利用して、官僚の旅費の支払いのうち、(1) 承認されていないもの、(2) 未承認の観光旅程およびその他承認済出張からの逸脱行為を含むもの、(3) 業務内容にほとんどまたは全く関係がないもの、ならびに(4) 日当や不適切な贈答品の供与も行った。SECは、2004年から2009年までの少なくとも114件の違反行為を発見できなかったことについてIBMの責任を問うた。

韓国の官僚に対する現金およびパソコンの供与

SECは訴状の中で、メインフレームコンピュータおよびパソコンに関する政府調達契約での5,400万ドルの確保にあたり支援を受けた見返りとして、韓国子会社IBM-Koreaおよび過半数所有合弁会社LG IBMが、16の韓国政府官僚に対し、現金200,000ドル以上を賄賂として支払ったと主張している。IBM-KoreaとLG IBMの従業員は、韓国ウォンを一杯に詰めたショッピングバッグを重要な政府の意思決定者に渡したとされる。

SECは、LG IBMの現地取引先を通じて少なくとも賄賂1件が支払われたとしている。訴状によれば、当該取引先の支払分は、LG LBMがインストール費用を余分に支払うことで埋め合わされたという。訴状では、IBM-KoreaおよびLG IBMは、官僚にノート型パソコンを無償供与したのみならず、旅行や接待の費用を不適切に支払ったとも述べられている。

興味深いことに、違反が疑われている行為のうちいくつかは1998年に遡り、2003年以降は1件も生じていない。SECの法的措置は、韓国政府が入札談合を行ったことを2004年にIBMが明らかにし、IBM-Korea、LG IBMおよび従業員数名が収賄罪に問われたことがきっかけとなって講じられたものと思われる[3]。両社が韓国政府に罰金を支払い、何名かが有罪として刑を言い渡されたほか、IBM-Koreaは韓国で政府との契約締結を一時禁止された[4]。その後IBMはLG IBMを解散させた[5]

IBMによる過去のFCPA違反

IBMがFCPAに関しSECと和解したのは本件が始めてではない。 2000年、2億5千万ドルの契約に関連してIBMのアルゼンチン子会社が賄賂450万ドルを支払ったとのSECの申立てにより、IBMは和解金300,000ドルを支払っている[6]。IBMは、民事制裁金に加え、収賄に関与したアルゼンチン人従業員を解雇し、内部統制の強化に同意した。

結論

汚職防止に関するポリシーは、コンプライアンス実施規制と同様確固たるものであるということにほかならない。多くのプログラムで依然として問題なのは、不適切な支払い行為のパイプ役である第三者を発見できるか否かである。IBMの経験により、海外のコンサルタント、取引先その他エージェントおよび従業員の行為を監視できるFCPAコンプライアンスプログラムの確立・維持の重要性が浮き彫りになった。内部統制は、FCPA違反を防止および発見するのに十分なものでなければならない[7]

脚注

[1] 訴状 (SEC v. IBM, Case No. 1:11-cv-00563 (D.D.C. 2011年3月18日), 第4項)(http://www.sec.gov/litigation/complaints/2011/comp21889.pdfに掲載) 。SEC Litigation Release第21889号 (2011年3月18日)(http://www.sec.gov/litigation/litreleases/2011/lr21889.htmに掲載) 。
[2] SEC Litigation Release第21889号、IBM Form 8-K (2011年3月18日)(http://www.sec.gov/Archives/edgar/data/51143/000110465911015327/a11-8263_18k.htmに掲載)。
[3] 2004年12月期IBM Form 10-K (第70頁)(http://www.sec.gov/Archives/edgar/data/51143/000104746905004595/a2152314zex-13.htmに掲載)を参照。
[4] 同文献
[5] 2008年12月期IBM Form 10-K (第97-98頁)(http://www.sec.gov/Archives/edgar/data/51143/000104746909001737/a2189817zex-13.htmに掲載)。
[6] SEC Release第43761号 (2000年12月21日)(http://www.sec.gov/litigation/admin/34-43761.htmに掲載)。SEC Litigation Release第16839号 (2000年12月21日)(http://www.sec.gov/litigation/litreleases/lr16839.htmに掲載)。
[7] 訴状 (SEC v. ABB Ltd., Case No. 1:04-cv-1141 (D.D.C. 2004年7月6日), 第1-2項および第31-32項)(http://sec.gov/litigation/complaints/comp18775.pdfに掲載) 参照。

モリソン・フォースターのFCPAに関する実務の詳細情報につきましては、下記窓口にご連絡ください。

ポール T. フリードマン
PAUL T. FRIEDMAN
サンフランシスコ
SAN FRANCISCO
+1 (415) 268-7444
pfriedman@mofo.com
ダニエル P. レヴィソン
DANIEL P. LEVISON
東京
TOKYO
+81 3 3214 6522
dlevison@mofo.com  
 
     
カール H. ローエンソン JR.
CARL H. LOEWENSON, JR.
ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 468-8128
cloewenson@mofo.com
ランダル J. フォンズ
RANDALL J. FONS
デンバー
DENVER
+1 (303) 592-2257
rfons@mofo.com
 
     
ロバート A. サレルノ
ROBERT A. SALERNO
ワシントン D.C.
WASHINGTON, D.C.
+1 (202) 887-6930
rsalerno@mofo.com
シェリー・イン
SHERRY YIN
北京
BEIJING
+ 86 10 5909 3566
syin@mofo.com
ケヴィン・ロバーツ
KEVIN ROBERTS
ロンドン
LONDON
+ 44 20 7920 4160
kroberts@mofo.com

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。


IBM Pays $10 Million to Settle Long-Running Corruption Probe

By Paul T. Friedman, Craig D. Martin, and Crystal S. McKellar

After a seven-year investigation, IBM settled United States Securities and Exchange Commission ("SEC") charges that IBM had violated internal controls and books and records provisions of the Foreign Corrupt Practices Act("FCPA").[1] IBM agreed to disgorge $5.3 million and to pay a $2 million penalty and $2.7 million in prejudgment interest.[2] IBM did not disclose the cost of the internal investigation, or whether the United States Department of Justice continues to investigate.

IBM-CHINA: WIDESPREAD FCPA VIOLATIONS BY OVER 100 EMPLOYEES

The SEC's case included FCPA violations by IBM's Chinese subsidiaries ("IBM-China"). IBM-China sold hardware, software, and other services to customers owned or controlled by the Chinese government. Those contracts sometimes called for IBM-China to provide offsite training to officials. IBM policies prohibited payment for side trips or stopovers unrelated to the training programs, and it required all travel to be pre-approved.

More than 100 IBM-China employees found a way to circumvent this policy. According to a complaint filed in U.S. District Court for the District of Columbia, the employees made use of a local travel agency to pay for government officials' travel that (1) had not been approved; (2) included unapproved sightseeing itineraries or other deviations from approved travel; (3) had little or no business content; and (4) involved per diem and improper gifts. The SEC faulted IBM for failing to detect at least 114 instances of this misconduct from 2004 through 2009.

PAYMENTS AND PERSONAL COMPUTERS TO KOREAN GOVERNMENT OFFICIALS

The SEC's complaint also alleges that employees of IBM-Korea, a Korean subsidiary, and LG IBM, a majority-owned joint venture, paid more than $200,000 in cash bribes to officials at sixteen South Korean government entities in exchange for help securing $54 million in government procurement contracts for mainframe and personal computers. Employees of IBM-Korea and LG IBM allegedly delivered shopping bags filled with South Korean Won to key government decision makers.

The SEC charged that at least one bribe was paid through LG IBM's local business partner. According to the complaint, the business partner was compensated by LG IBM through the overpayment of installation charges. The complaint also alleges IBM-Korea and LG IBM provided free notebook computers to government employees and paid for improper travel and entertainment expenses.

Interestingly, some of the alleged conduct goes back to 1998, and none of it occurred after 2003. The SEC action appears to have been prompted by IBM's 2004 disclosure that the South Korean government had brought bid-rigging and bribery charges against IBM-Korea, LG IBM, and several employees.[3] Both companies paid fines to the South Korean government, a number of individuals were convicted and sentenced, and IBM-Korea was temporarily debarred from government contracting in South Korea.[4] IBM subsequently dissolved LG IBM.[5]

IBM'S HISTORY OF FCPA VIOLATIONS

This was not IBM's first FCPA-related settlement with the SEC. In 2000, IBM paid $300,000 to settle an SEC claim that IBM's Argentine subsidiary had paid $4.5 million in bribes in connection with a $250 million contract.[6] In addition to paying the civil fine, IBM fired the Argentine employees involved in the bribery and agreed to enhance its internal controls.

CONCLUSION

Anti-corruption policies are only as robust as the controls that enforce their compliance. The ability to detect third-party conduits for improper payments remains the Achilles' heel of many programs. IBM's experience underscores the importance of establishing and maintaining an FCPA compliance program that can monitor the conduct of consultants, business partners, and other agents overseas, as well as company employees. Internal controls should be sufficient to prevent and detect FCPA violations.[7]

FOOTNOTES

[1] Complaint, SEC v. IBM, Case No. 1:11-cv-00563 (D.D.C. Mar. 18, 2011), ¶ 4, available at http://www.sec.gov/litigation/complaints/2011/comp21889.pdf; SEC Litigation Release No. 21889 (Mar. 18, 2011), available at http://www.sec.gov/litigation/litreleases/2011/lr21889.htm.
[2] SEC Litigation Release No. 21889; IBM Form 8-K (Mar. 18, 2011), available at http://www.sec.gov/Archives/edgar/data/51143/000110465911015327/a11-8263_18k.htm.
[3] See IBM Form 10-K for the year ended Dec. 31, 2004, at 70, available at http://www.sec.gov/Archives/edgar/data/51143/000104746905004595/a2152314zex-13.htm.
[4] Id.
[5] IBM Form 10-K for the year ended Dec. 31, 2008, at 97-98, available at http://www.sec.gov/Archives/edgar/data/51143/000104746909001737/a2189817zex-13.htm.
[6] SEC Release No. 43761 (Dec. 21, 2000), available at http://www.sec.gov/litigation/admin/34-43761.htm; SEC Litigation Release No. 16839 (Dec. 21, 2000), available at http://www.sec.gov/litigation/litreleases/lr16839.htm.
[7] See Complaint, SEC v. ABB Ltd., Case No. 1:04-cv-1141 (D.D.C. July 6, 2004), ¶¶ 1-2, 31-32, available at
http://sec.gov/litigation/complaints/comp18775.pdf.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations.

page up