イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2011. 04.15

2011年7月1日施行予定の英国贈収賄法 - 英国法務省が英国贈収賄法の適用に関する指針を発表 -

マックス・オルソン  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ  一色 太郎  
ダニエル P. レヴィソン  ジャック・ロンデン  スティーブン E. コマー  矢倉 千栄


PDF版は こちら
Please click here for English version.

(参考訳)

執筆者 ケヴィン・ロバーツ/ケイリー・バーン

2011年3月30日、英国法務省は、英国2010年贈収賄法(以下「本法」といいます。)第7条における、営利団体が贈収賄の防止措置を怠ったという主張に対する「十分な手続き」の抗弁を構成し得る要素を定めた指針(以下「本指針」といいます。)を、満を持して発表しました。本法の規定において義務付けられていた本指針の発行は、本法の2011年7月1日施行への地固めをするものです。

本指針の前書きにおいて、ケネス・クラーク法務大臣は、本法が経済界に与える影響を認識し、腐敗に立ち向かう英国の献身的な取組みについて改めて表明する一方で、本法が「腐敗の責任を負うべき少数の者に困難を課すことを目的としており、法を遵守する善良な大多数の団体に不当な負担をかけることを目的としたものではない」と述べています。

本指針は長文であるため、本書においては、主要な問題のいくつかに焦点を当てています。本指針の全文は、http://www.justice.gov.uk/guidance/bribery.htmにてご覧いただけます。本書では、「十分な手続き」を構成し得る要素として6つの原則を記載し、(i)本法の域外適用の影響、(ii)本法におけるホスピタリティおよび接待、(iii)業務円滑化を目的とした支払の禁止、ならびに(iv)本法に基づく訴追への対処方法について検討しています。

6つの原則

本指針の基本原則は「相当性」であり、営利団体が直面する贈収賄リスクは、その団体によって極めて異なると認識されています。本指針は、その性質上、規範的なものではない代わりに、関連営利団体が贈収賄防止に関する指針および手続きを作成・実施する際に検討すべき6つの基本原則に焦点を当てています。

6つの原則は以下のとおりです。
原則1 - 相当な手続き
原則2 - 経営陣のコミットメント
原則3 - リスク評価
原則4 - デュー・ディリジェンス
原則5 - 情報伝達(研修を含む。)
原則6 - 監視および検討

本指針はまた、様々な実際の状況においてこれらの6つの原則の適用に焦点を当てたケーススタディをいくつか提供しています。6つの原則およびこれらのケーススタディの詳細につきましては、本指針の20-43ページをご覧ください。

域外適用

本法は、域外適用される予定です。英国内およびその他の管轄区域内で犯された犯罪については、当該犯罪を犯した者(法人か自然人かを問いません。)が、自らの居住地、設立地または市民権(場合に応じます。)のいずれかを理由として英国と密接に関連している場合、英国裁判所がその裁判管轄を有します。本法は、英国で設立または組織された営利団体に対し適用されるのは勿論のこと、英国で事業の全部または一部を行う団体にも適用されます。英国裁判所は、かかる犯罪を犯した者が英国国民か居住者かにかかわらず、また、当該犯罪が行われた場所にかかわらず、裁判管轄を有します。

英国外で設立されたまたは英国外に拠点を有する団体の場合、かかる団体が英国で事業の全部または一部を行っていると判断されるか否かはケースバイケースで決定され、紛争が生じた場合、英国裁判所が最終決定権を有します。本指針は、ある会社が本法の対象範囲に該当するかを決定する際には「常識的な方法」が適用されると述べています。例えば本指針は、英国政府が、ロンドン証券取引所での取引を認められている有価証券の発行会社である会社に対し、その上場のみを理由として英国で事業を行っていると判断されることはないと述べています。英国で事業の全部または一部を行う可能性があると合理的に考える全ての営利団体におかれましては、本法が自らの事業に与える影響をご検討され、適切な措置を講じられることを推奨いたします。

ホスピタリティ

本指針の前書きにおいて、クラーク法務大臣は、「ある会社が顧客をウィンブルドンやF1グランプリ等のイベントに連れて行くことでその顧客とより親密な関係を築くことを止めさせたいわけではない」と述べていますが、この記載により、これらのイベントを楽しみにしている多くの団体およびそのクライアントが胸をなでおろしていることは間違いありません。営利団体のホスピタリティに対する姿勢は、「相当性」の基本原則に基づくべきでしょう。

本指針は、営利事業における善意のホスピタリティおよび接待の役割を認識しており、「本法がそのような行動を犯罪とみなすことを意図しているわけではない」と述べています。ホスピタリティは、合理的且つ相当であるべきであって、本法第1条、第2条または第6条の違反となるような方法でホスピタリティを受ける側に影響を及ぼす意図で提供・実施されるべきではありません。そのような影響を与える意図がない限り、本法上の犯罪は成立しないのであり、営利団体は、ホスピタリティその他営業上の支出に対して取るべき姿勢を検討する際には、このことを念頭に置くべきでしょう。ホスピタリティに関するケーススタディーにつきましては、本指針の36ページをご覧ください。

業務円滑化を目的とした支払

本指針は、英国政府が「世界の特定の地域で、また特定の分野において営利団体が直面している問題」を認識していると述べているものの、業務円滑化のための支払は、米国FCPA法上での位置付けとは異なり、本法では許可されていません。この不許可が、英国において現在施行中の法律の位置付けからの逸脱とはならないことに留意することが重要です。

日常業務の円滑化を目的とした少額の賄賂の支払が、本法第1条から第6条への抵触をもたらす可能性があり、その結果、そのような支払に関与している者と関係を有する営利団体は本法第7条の罪を犯していることになります。本法における訴追に対する「セーフ・ハーバー」または最小閾値は一切存在せず、英国で事業の全部または一部を行っているとみなされる営利団体は、本法のかかる条項を認識する必要があります。業務円滑化を目的とした支払のケーススタディにつきましては、本指針の33ページをご覧ください。

訴追方法

本指針は、「本法における犯罪を訴追するか否かは、訴追を担当する当局が決める問題である」と述べ、また、犯罪を訴追するか否かを決定する際には、(i)十分な証拠が存在するか、(ii)存在する場合は、かかる訴追が公益にかなうかを、当局が検討するとしています。本指針は、ホスピタリティのための支出または業務円滑化を目的とした支払が本法に抵触している可能性がある場合、当局が、「訴追するか否かを決定する前に、何が公益となるかを極めて慎重に検討する」と述べています。イングランドおよびウェールズにおける業務円滑化を目的とした支払に対する訴追に関する問題については、重大不正捜査局(SFO)長官および公訴局長官の指針が参照されることになっています。またSFOは、贈収賄の発生時に自己申告をする営利団体との連携に基づく施策を実施しています。

重要なのは、本指針が「チェックリスト」を構成するものではなく、各営利団体が採用する方針および手続きがケースバイケースで評価されることに留意することです。本法が2011年7月1日に施行されることを踏まえ、本法の影響を受ける営利団体は、施行に備えるためのリスク評価を現時点で行うべきでしょう。

モリソン・フォースターの汚職防止に関する実務の詳細情報につきましては、下記窓口にご連絡ください。

ケヴィン・ロバーツ
KEVIN ROBERTS
ロンドン
LONDON
+ 44 20 7920 4160
kroberts@mofo.com
ダニエル P. レヴィソン 
DANIEL P. LEVISON
東京
TOKYO
+81 3 3214 6522
dlevison@mofo.com
 
     
シェリー・イン
SHERRY YIN
北京
BEIJING
+ 86 10 5909 3566
syin@mofo.com
ポール T. フリードマン
PAUL T. FRIEDMAN

サンフランシスコ
SAN FRANCISCO
+1 (415) 268-7444
pfriedman@mofo.com
 
     
カール H. ローエンソン JR.
CARL H. LOEWENSON, JR.
ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 468-8128
cloewenson@mofo.com
ランダル J. フォンズ
RANDALL J. FONS
デンバー
DENVER
+1 (303) 592-2257
rfons@mofo.com
ロバート A. サレルノ
ROBERT A. SALERNO
ワシントン D.C.
WASHINGTON, D.C.
+1 (202) 887-6930
rsalerno@mofo.com

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。


UK Bribery Act to come into force on 1 July 2011
Ministry of Justice releases guidance on the application of the UK Bribery Act

By Kevin Roberts and Keily Beirne

On 30 March 2011 the Ministry of Justice released its long awaited guidance (the Guidance) setting out what may constitute an "adequate procedures" defence to an allegation that a commercial organisation failed to prevent bribery under section 7 of the UK Bribery Act 2010 (the Act). The publication of the Guidance, which was required under the provisions of the Act, paves the way for the entry into force of the Act on 1 July 2011.

In the foreword to the Guidance, the Secretary of State for Justice Mr. Kenneth Clarke recognises the impact of the Act on the business community and, while reiterating the UK's commitment to tackling corruption, states that the Act is "directed at making life difficult for the mavericks responsible for corruption, not unduly burdening the vast majority of decent, law-abiding firms."

The Guidance is a lengthy document, and as such, this alert will focus on some of the key issues. The full text of the Guidance can be found at http://www.justice.gov.uk/guidance/bribery.htm. This alert sets out the six guiding principles as to what may constitute "adequate procedures" and considers (i) the extra-territorial implications of the Act, (ii) hospitality and client entertainment under the Act, (iii) the prohibition of facilitation payments and (iv) the approach to prosecutions under the Act.

SIX GUIDING PRINCIPLES

The core principle of the Guidance is "proportionality" and it is recognised that different organisations face very different bribery risks. The Guidance is not prescriptive in nature and instead focuses on six core principles which should be considered when relevant commercial organisations are compiling and implementing anti-bribery policies and procedures.

The six guiding principles are:
Principle 1 - Proportionate procedures
Principle 2 - Top-level commitment
Principle 3 - Risk Assessment
Principle 4 - Due diligence
Principle 5 - Communication (including training)
Principle 6 - Monitoring and review

Further, the Guidance provides a number of case studies which focus on the application of the six principles in various factual scenarios. Details of the six principles and the case studies can be found at pages 20 - 43 of the Guidance.

EXTRA-TERRITORIALITY

The Act is intended to have extra-territorial reach. The UK courts will have jurisdiction over offences under the Act committed both in the UK and in other jurisdictions where the person (legal or natural) committing those acts has a close connection with the UK either by virtue of their domicile, incorporation or citizenship as applicable. Although the Act will obviously apply to commercial organisations incorporated or formed in the UK, it will also apply to organisations which carry on a business or part of a business in the UK. The UK courts will have jurisdiction regardless of whether the person committing those acts is a UK national or resident, or where the relevant acts take place.

In the case of organisations incorporated or based outside the UK, whether or not those organisations can be regarded as carrying out a business or part of a business in the UK will be determined on a case-by-case basis, and the UK courts will be the final arbiter in the event of a dispute. The Guidance states that a "common sense approach" will be applied in determining whether a company falls within the scope of the Act. By way of example, the Guidance states that the UK government would not expect a company whose securities have been admitted to trading on the LSE to be carrying out a business in the UK by virtue of that listing alone. All commercial organisations which reasonably believe that they may be carrying out a business or part of a business in the UK may wish to consider the implications of the Act for their business and take appropriate action.

HOSPITALITY

In the foreword to the Guidance, Secretary Clarke states that "no one wants to stop firms getting to know their clients by taking them to events like Wimbledon or the Grand Prix" and no doubt this is reassuring to many organisations and many clients who enjoy such events. Commercial organisations' approach to hospitality should be guided by the core principle of proportionality.

The Guidance recognises the role that bona fide hospitality and client entertainment play in commercial enterprise and states that "it is not the intention of the Act to criminalise such behaviour". Hospitality should be reasonable and proportionate and should not be offered or entered into with the intent to influence the recipient in a manner which would fall foul of sections 1, 2 or 6 of the Act. Without an intention to influence, an offence cannot be committed under the Act and organisations should bear this in mind when considering their approach to hospitality and other such business expenditures. There is a case study on hospitality which can be found at page 36 of the Guidance.

FACILITATION PAYMENTS

Although the Guidance states that the UK government recognises "the problems that commercial organisations face in certain parts of the world and in certain sectors", unlike the position under the FCPA, facilitation payments are not permitted under the Act. It is important to note that this does not constitute a departure from the position under the current legislation in force in the UK.

The payment of a small bribe to facilitate routine action, or a facilitation payment, could trigger sections 1 or 6 of the Act and as such result in the commission of an offence under section 7 of the Act by the commercial organisation associated with the person engaging in the payment of a facilitation payment. There is no "safe harbour" or minimum threshold for prosecution under the Act and organisations which could be said to carry on a business or part of a business in the UK must be aware of this provision of the Act. There is a case study on facilitation payments which can be found at page 33 of the Guidance.

APPROACH TO PROSECUTION

The Guidance states that "whether to prosecute an offence under the Act is a matter for the prosecuting authorities" and that in deciding whether to prosecute an offence, the authorities will consider (i) whether there is sufficient evidence and (ii) if so, whether such a prosecution would be in the public interest. The Guidance states that where hospitality expenditures or facilitation payments appear to trigger the Act, the authorities will "consider very carefully what is in the public interest before deciding whether to prosecute". Issues relating to prosecutions for facilitation payments in England and Wales are referred to in the guidance of the Director of the Serious Fraud Office (SFO) and the Director of Public Prosecutions. In addition, the SFO operates a policy of co-operation with commercial organisations that self-report incidents of bribery.

It is important to note that the Guidance does not constitute a "checklist" and that the policies and procedures adopted by each commercial organisation will be assessed on a case-by-case basis. As the Act comes into force on 1 July 2011, commercial organisations affected by the Act should now be conducting risk assessments to ensure that they are prepared for its implementation.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations.

 

page up