イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2011. 06.03

米国最高裁判所は高い基準を設定: 特許侵害の誘引の立証には認識または故意の無知を要する

マックス・オルソン  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ   
ダニエル P. レヴィソン  ジャック・ロンデン  スティーブン E. コマー  矢倉 千栄


PDF版は こちら
Please click here for English version.

(参考訳)

執筆者 ディアン E. メイナード/ピーター J. スターンサラ E. シモンズ

2011年5月31日、米国最高裁判所は、Global-Tech Appliances, Inc. v. SEB S.A.事件について判決を下した。同裁判所は、合衆国法典第35編第271条(b)に基づく侵害の誘引に該当するには、誘引された行為が特許侵害に当たるという認識があったことを要するとした。また、この認識の存在は、「故意の無知」の法理に基づき立証され得ると判示した。

事件の背景

最高裁は、合衆国法典第35編第271条(b)に基づく特許侵害の積極的誘引責任の立証に必要な意図の基準を決定するために、Global-Tech Appliances, Inc. v. SEB S.A.事件の裁量上告(certiorari)を認めた[1]。本件は、Global-Techに特許侵害の誘引責任があるとした巡回控訴裁判決からの上告事件である[2]

係争の発端は、Global-Tech Appliancesの子会社PentalphaがSEBの特許を侵害する揚げ器を設計したことにある。事実審裁判所における侵害誘引の分析上、重要な点として、Pentalphaが、香港でSEBの揚げ器を購入し、その特徴を一部コピーして、侵害品である揚げ器を設計したという事実がある。その後、Pentalphaは揚げ器を米国市場で発売する準備をし、それに関連して米国特許弁護士から特許非侵害の鑑定書を取得した。この鑑定書は、Pentalphaの揚げ器は米国特許を侵害していないという内容のものであるが、Pentalphaは、弁護士に対し、既に市場に出ている別の製品の特徴をコピーしてその揚げ器を設計したことを告げていなかった。この事実を開示していれば、弁護士はSEBの特許を見つけていた可能性がある。両当事者は、SEBが本特許訴訟を提起するまで、Pentalphaが侵害対象特許の米国特許第4,995,312号(以下、「'312特許」という)について知らなかったことに合意している[3]

連邦地裁における訴訟

SEBは、本訴訟をニューヨーク南部地区連邦裁判所に提起した。同裁判所の陪審員評決で、Global-Techは、直接侵害並びに侵害誘引の両方について責任があるとされた。最高裁に上告されたのは、誘引に関する争点についてのみである。

誘引に関する争点についてのSEBの根拠は、Global-TechがPentalphaの揚げ器を、Sunbeam、Montgomery Ward、Fingerhut等の小売業者に販売し、それら小売業者がこの揚げ器を米国に輸入し、販売することでSEBの特許を侵害したということである。連邦地裁は、DSU Med. v. JMS事件[4]における巡回控訴裁の大法廷の意見に従うものであるとして、原告が誘引に関する争点で勝訴するには、「侵害者とされる者が、意図的に特許侵害を誘引し、特許侵害を行うよう他者に促す具体的な意図を有していたこと」、および誘引者に「当該特許について現実のまたは擬制の認識」があったことの双方を示さなければならないとした[5]。しかしながら、SEBにより訴訟が提起される前の時点では、Global-Techには'312特許について現実の認識がなかったにもかかわらず、裁判所は「具体的な意図および侵害誘引行為を認めるに足る証拠がある」として、侵害の誘引を認定した陪審評決を支持した[6]

巡回控訴裁への控訴

両当事者は本件を巡回控訴裁に控訴した。巡回控訴裁の意見は、DSU Medical事件の大法廷判決で、「侵害者とされる者が、自らの行為が実際の侵害を誘引することを認識していたか、または認識するべきだったことを、原告が立証しなければならない」、そして、これを立証するためには、「当然のことながら、侵害者とされる者が当該特許を認識していることを要する」とされたことの確認から始まった[7]。しかしながら、巡回控訴裁は、認識という要素に焦点を当て、もし、被告が「[原告が]保護されるべき特許を有しているとの既知のリスクを意図的に看過していた」のであれば、「特許権者が、侵害者とされる者が訴訟対象の特許を実際に認識していた直接証拠を提示していなくても、誘引による侵害主張は認められ得る」と判示した[8]。巡回控訴裁は、Global-Techがコピーにより製品を設計したということを弁護士に開示していなかったため、この基準は満たされているとした[9]

最高裁の判決

最高裁は、積極的誘引であるとする判決を支持したが、その判断基準は巡回控訴裁とは異なるものであった。

最高裁は(8人の判事のためにAlito判事が起草した意見書の中で)、第一に、「第271条(b)に基づく侵害の誘引に該当するには、誘引された行為が特許の侵害に当たるという認識があったことを要する」と判示した[10]。同裁判所は、まず法文を分析し、誘引者の責任を問うためには、誘引者が何を認識していた必要があるのかについて、法文は曖昧であると認定した。同様に、1952年に第271条(b)が制定される前に出された寄与侵害に関する判例法も曖昧であると認定した。

最高裁は、第271条(b)と第271条(c)が1952年以前の寄与侵害の理解という共通の起源を有すること、類似した不明瞭な表現が用いられていることを勘案し、第271条(b)は第271条(c)と一貫性をもって解釈されるべきであるという結論を下した。最高裁は、Aro Manufacturing Co. v. Convertible Top Replacement Co.事件における大きく意見が分かれた先の判決で、第271条(c)について、侵害されている特許の存在の認識が必要とされると解釈されたとして、第271条(b)もこれと同じ認識を要するものとした[11]

しかしながら、最高裁は、誘引者側の現実の認識は要求されないことを明確にした。誘引された行為が特許の侵害に当たる可能性について被告が故意に気付かないようにしたことが立証できれば十分である。同裁判所は、刑法における故意の無知の法理に基づき、「(1) 被告は主観的に、ある事実が存在する可能性は高いと考えていなければならず、かつ(2) 被告は当該事実を知ることを回避するために意図的な行動をとらなければならない」という要件が満たされなければならないことを基準とすると述べた[12]。従って、この基準は「無謀さと過失を超える適切に限定された範囲」を持つものである[13]

最高裁が巡回控訴裁の「既知のリスクへの意図的な無関心」という基準を拒絶した理由は、誘引された行為が侵害に当たるという「既知のリスク」の存在だけでは認識の立証に不十分であることと、単なる意図的な無関心は「活動の侵害性について知ることを回避するための誘引者による積極的な努力を要しない」ことである[14]

このように、最高裁は巡回控訴裁の基準を拒絶しつつ、その一方で、巡回控訴裁の判決を支持した。その理由は、最高裁の見解によれば、陪審員が「PentalphaがSunbeamに促した販売に侵害性があることをPentalphaが故意に気付かないようにした」という評決を下すに十分な証拠があるからである[15]

最高裁は、「故意の無知」の基準が、侵害に当たる誘引された行為の発生にも適用されるか否かという争点については留保した。同裁判所は、この争点が本訴訟で提起されていないと説明し、その理由を、自社の顧客が自社の製品を米国市場で販売していることをPentalphaが知っていたことに議論の余地がないためであるとした[16]

Kennedy判事は、ただ一人反対意見で「故意の無知」の基準は拒絶されるべきとした。

担当者連絡先:

ディアン E. メイナード
+1 (202) 887-8740
dmaynard@mofo.com
ピーター J. スターン
+81 3 3214 6522
pstern@mofo.com

脚注

[1] 合衆国法典第35編第271条(b):「何人も、積極的に特許侵害を誘引した者は侵害者としての責を負う」。
[2] Global-Tech Appliances, Inc. v. SEB S.A.事件 (No. 10-6, Slip. Op., 3)。巡回控訴裁意見は594 F.3d 1360 (2010 年)に掲載。
[3] 原告側の趣意書 (7, Global-Tech, No. 10-6 (2010年11 月29 日))。
[4] DSU Med. Corp. v. JMS Co. Ltd.事件 (471 F.3d 1293 (Fed. Cir. 2006 年) (大法廷))。
[5] SEB S.A. v. Montgomery Ward & Co.事件 (No. 99 Civ. 9284, 2007年 U.S. Dist. LEXIS 80394, *9 (S.D.N.Y. 2007年10月9日) (内部引用は省略))。
[6] 同文書
[7] SEB S.A. v. Montgomery Ward & Co., Inc.事件 (594 F.3d 1360, 1376 (Fed. Cir. 2010 年) (DSU Med.(471 F.3d (1304))を引用))。
[8] 同文書 (1377)。
[9] 同文書
[10] Global-Tech Appliances, Inc. v. SEB S.A.事件 (No. 10-6, Slip. Op., 10)。
[11] 同文書 (8-10)。
[12] 同文書 (13)
[13] 同文書 (14)。
[14] 同文書。(強調を追加。)
[15] 同文書。最高裁は、Pentalphaが巡回控訴裁の陪審員説示に異議を唱えなかったことを理由として、最高裁の基準に基づく再審のための差し戻しを求めるPentalphaの請求を棄却した。同文書 (14 n. 10)。
[16] 同文書 (12)。

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。

Supreme Court Sets the Bar High: Requires Knowledge or Willful Blindness to Establish Inducing Infringement of a Patent

By Deanne E. Maynard, Peter J. Stern, and Sarah E. Simmons

On May 31, 2011, the Supreme Court of the United States issued its opinion in Global-Tech Appliances, Inc. v. SEB S.A. The Court ruled that induced infringement under 35 U.S.C. §271(b) requires knowledge that the induced acts constitute patent infringement, but also held that knowledge could be established under the doctrine of "willful blindness."

CASE BACKGROUND

The Supreme Court granted certiorari in Global-Tech Appliances, Inc. v. SEB S.A. to determine the standard of intent necessary to establish liability for actively inducing patent infringement under 35 U.S.C. § 271(b).[1] This case is on appeal from the Federal Circuit, which held Global-Tech liable for inducing patent infringement.[2]

The controversy originated when Pentalpha, a subsidiary of Global-Tech Appliances, designed a deep fryer that infringed one of SEB's patents. Of importance to the trial court's analysis of inducement to infringe, Pentalpha designed its infringing deep fryer by purchasing an SEB deep fryer in Hong Kong and copying some of its features. Subsequently, Pentalpha prepared to launch its deep fryer in the U.S. market and in that connection secured a non-infringement opinion from a U.S. patent attorney. This opinion stated that Pentalpha's fryer did not infringe any U.S. patent; Pentalpha failed, however, to inform its attorney that it had designed the fryer by copying features from another product on the marketa disclosure that might have enabled the attorney to locate SEB's patent. The parties agree that Pentalpha did not learn of the infringed patent, U.S. Patent No. 4,995,312 (the "'312 patent"), until SEB sued to enforce the patent.[3]

THE DISTRICT COURT CASE

SEB filed this case in the U.S. District Court for the Southern District of New York. There, a jury found Global-Tech liable for both direct infringement and inducement of infringement. Only the inducement claim is before the Supreme Court.

SEB based its inducement claim on Global-Tech's sales of the Pentalpha deep fryers to retailers such as Sunbeam, Montgomery Ward, and Fingerhut, which then infringed SEB's patent by importing and selling the deep fryers in the United States. Purportedly following the Federal Circuit's en banc opinion in DSU Med. v. JMS,[4] the district court found that a successful plaintiff on an inducement claim must demonstrate both "that the alleged infringer knowingly induced infringement of a patent and possessed specific intent to encourage another's infringement," and that the inducer had "actual or constructive knowledge of the patent."[5] However, despite Global-Tech's lack of actual knowledge of the `312 patent prior to SEB's suit, the court affirmed the jury's finding of inducement of infringement, stating that the "evidence was sufficient to establish specific intent and action to induce infringement."[6]

THE FEDERAL CIRCUIT APPEAL

The parties appealed the case to the Federal Circuit, which began its opinion by acknowledging that under its en banc decision in DSU Medical, "the plaintiff must show that the alleged infringer knew or should have known that his actions would induce actual infringements," a showing which "‘necessarily includes the requirement that he or she knew of the patent.'"[7] However, focusing on the knowledge element, the Federal Circuit held that "a claim for inducement is viable even where the patentee has not produced direct evidence that the accused infringer actually knew of the patent-in-suit," if the defendant "deliberately disregarded a known risk that [the plaintiff] had a protective patent."[8] The Federal Circuit held that this standard was met because Global-Tech failed to disclose to its attorney that it designed its product through copying.[9]

THE SUPREME COURT'S DECISION

The Supreme Court affirmed the judgment of active inducement, although it applied a different standard than the Federal Circuit.

The Court (in an opinion written by Justice Alito for eight Justices) held first that "induced infringement under §271(b) requires knowledge that the induced acts constitute patent infringement."[10] The Court first examined the statutory text and found it ambiguous as to what the inducer was required to know to be liable. Likewise, the Court found that the case law regarding contributory infringement prior to the 1952 enactment of §271(b) was also ambiguous.

The Court concluded that §271(b) should be interpreted consistently with §271(c), given their common origin in the pre-1952 understanding of contributory infringement, and similar ambiguous phrasing. The Court held that its prior badly-fractured decision in Aro Manufacturing Co. v. Convertible Top Replacement Co., 377 U.S. 476 (1964), had interpreted §271(c) to require knowledge of the existence of the patent that is infringed. It thus applied the same knowledge requirement to §271(b).[11]

The Court, however, made clear that it did not require actual knowledge on the part of the inducer. It is enough to show that the defendant was willfully blind to the possibility that the induced acts constituted patent infringement. Drawing on the doctrine of willful blindness in criminal law, the Court stated that the standard requires "(1) the defendant must subjectively believe that there is a high probability that a fact exists and (2) the defendant must take deliberate actions to avoid learning of that fact."[12] This standard thus has "an appropriately limited scope that surpasses recklessness and negligence."[13]

The Court rejected the Federal Circuit's "deliberate indifference to a known risk" standard, on the grounds that the presence of a "known risk" that the induced acts are infringing is insufficient to show knowledge, and that mere deliberate indifference "does not require active efforts by an inducer to avoid knowing about the infringing nature of the activities."[14]

While the Court thus rejected the Federal Circuit's test, the Court nonetheless affirmed the Federal Circuit's judgment because, in the Court's view, there was easily sufficient evidence for the jury to have found that "Pentalpha willfully blinded itself to the infringing nature of the sales it encouraged Sunbeam to make."[15]

The Court reserved the question whether the willful blindness standard would also extend to the occurrence of the induced acts that constitute infringement. The Court explained that that question was not presented in the case because Pentalpha was indisputably aware that its customers were selling its product in the American market.[16]

Justice Kennedy, dissenting alone, would have rejected the "willful blindness" standard.

Contact:

Deanne E. Maynard
+1 (202) 887-8740
dmaynard@mofo.com
Peter J. Stern
+81 3 3214 6522
pstern@mofo.com

FOOTNOTES

[1] 35 U.S.C. § 271(b) states: "Whoever actively induces infringement of a patent shall be liable as an infringer."
[2] Global-Tech Appliances, Inc. v. SEB S.A., No. 10-6, Slip. Op. at 3. The Federal Circuit opinion appears at 594 F.3d 1360 (2010).
[3] Brief for Petitioners, 7, Global-Tech, No. 10-6 (Nov. 29, 2010).
[4] DSU Med. Corp. v. JMS Co. Ltd., 471 F.3d 1293 (Fed. Cir. 2006) (en banc).
[5] SEB S.A. v. Montgomery Ward & Co., No. 99 Civ. 9284, 2007 U.S. Dist. LEXIS 80394, at *9 (S.D.N.Y. Oct. 9, 2007) (internal quotation omitted).
[6] Id.
[7] SEB S.A. v. Montgomery Ward & Co., Inc., 594 F.3d 1360, 1376 (Fed. Cir. 2010) (quoting DSU Med., 471 F.3d at 1304).
[8] Id. at 1377.
[9] Id.
[10] Global-Tech Appliances, Inc. v. SEB S.A., No. 10-6, Slip. Op. at 10.
[11] Id. at 8-10.
[12] Id. at 13.
[13] Id. at 14.
[14] Id. (emphasis added).
[15] Id. The Court rejected Pentalpha's request for remand for a new trial under the Court's standard, because Pentalpha had not objected to the jury instructions in the Federal Circuit. Id. at 14 n.10.
[16] Id. at 12.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations.

 


page up