イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2011. 06.09

FCPA アップデート: 米国司法省(DOJ)による「外国公務員」の拡大的な定義に対する新たな挑戦も失敗、しかしDOJの立証負担を明確化

マックス・オルソン  クレイグ I. セルニカ  ピーター J. スターン  ルイーズ・ストゥープ  ダニエル P. レヴィソン  
ジャック・ロンデン  スティーブン E. コマー  寺澤 幸裕  矢倉 千栄


PDF版は こちら
Please click here for English version.

(参考訳)

執筆者 ポール T. フリードマン/ルティ・スミスライン/ジャロッド・テイラー 

海外腐敗行為防止法(Foreign Corrupt Practices Act)(以下、「FCPA」)の判例に新たな展開をもたらす契機となった事件であり、行方が注視されていたUnited States v. Carson 事件 で、連邦裁判所は被告の起訴棄却申立てを却下した[1]。連邦規制当局のFCPAにおける「外国公務員」の拡大解釈に対する被告の異議申立てが否定されたのは、これで4度目となる[2]。 とはいえ、今回の判決は、今後類似の申立てを行う被告にとって、FCPA違反について争う上で必要とされ、かつ被告を支援する材料としても役立ちうる法的ガイダンスを与えるものとなるかもしれない。

Carson事件では、カリフォルニア州に本社を置くバルブ製造会社、Control Components, Inc.のCEOと他の上級役員が、中国、韓国、マレーシア、アラブ首長国連邦にある取引先の国有企業職員らに約490万ドルの賄賂を手渡したとして告訴された[3]。被告らは、国有企業(SOE)の職員らはFCPAで定める外国公務員には当たり得ないとして、告訴棄却を求めた[4]。FCPA違反を立証するために必要な要件の1つが、賄賂の相手として意図された受領者が「外国公務員」であることという点に基づき、被告らは、告訴の内容は事実が不十分であり、ゆえに事件は棄却されるべきであると主張したのである。

被告らは、SOEの職員がFCPAで定める「外国公務員」に当たるかどうか、という純然たる法的論点は提起されていると主張した。政府側は、事件に関与するSOEがFCPAでいうところの政府機関もしくはその関連支部であることを裁判で立証する意向であったため、被告の申立ては時期尚早であると主張した[5]裁判所ではDOJの意見を支持し、被告らの申立てを退け、SOEはFPCAの下では「政府の関連機関」とみなされる場合があると結論付けたが、そうであるからといって「外国公務員」の定義に当たるかどうかは、別個事実上の論点である[6]。裁判所では、その結論の根拠として、「同論点を審議し」、「同様の結論に達した」他の地区裁判所による3つの意見に依拠している[7]

Carson事件を取り上げた裁判所では、決定的要因は一つもないと判断したものの、「事業者が政府機関の関連支部であるかどうかという点に関わる要因がいくつかある・・・」と述べている[8]。これらの要因として挙げられたのは、 (1) 外国政府によるSOEとその職員の性格付け、 (2) 外国政府による支配の程度、(3) 事業者の活動目的、(4) 資金援助の規模などを含む政府による所有の度合い、などであった[9]。裁判所では、これらの要因は排他的ではなく、それらの「主な有用性は、国有企業がFCPAの下で『政府機関の関連支部』としてみなされるかどうかを判断する際に、いくつかの種類の証拠が重要性を持つことを端的に示すことにある」としている[10]

裁判所は、FCPAが「政府機関の関連支部」を明確に定義していないことを認めながらも、政府関連支部とは、「部署や機関」と同類でなければならないとする被告の定義を認めなかった[11]。裁判所はむしろ、この用語は「外国政府の<部署>もしくは<機関>ではない組織でありながら、政府の機能や目的を遂行する組織を意図したもの」と結論付けた[12]。裁判所はまた、「FCPAにおける法律の文言は明確であるため」、FCPAの立法の歴史を調べる必要はないとの決断を下している[13]

Carson事件の判決が、そして同様の判決に至った他の類似事件とも合わせ、今後のFCPAによる執行の範囲にどのような影響を及ぼすかは、これからも注視すべき課題である。しかし、Carson事件は、SOEが「政府関連支部」としてみなされるためには、外国政府により単に支配もしくは資金援助を受けている以上の政府の関与が必要であることを明らかにした。

FCPAによる執行の歴史上初めて、「事業者の機能とその特徴」を考慮に入れる必要があるという法的ガイダンスが与えられたと言えよう[14]。したがって、Carson事件はSOE職員がFCPAにおける「外国公務員」には当たり得ないとする被告の主張を全面的に退けたものの、その逆、つまり、SOE職員が常に「外国公務員」であるとは限らない、ということをも示唆している。 Carson事件は、SOEの場合、今や政府の所有もしくは支配以上の関与を立証しなければならなくなったという理由から、連邦規制当局がFCPAの「外国公務員」について与えた拡大的な定義を疑問視させることになったと言えよう。

さらに、SOEが「政府機関の関連支部」としてみなされるかどうかの判断を事実の問題として結論付けることにより、Carson事件は、「事業者が政府機関の関連支部である・・・とする実質的な立証負担」をDOJに負わせることとなった[15]Carson事件によれば、今後出てくる類似事件の被告は、DOJがこの立証要件を満たせなかったという根拠に基づき、FCPAの執行行為に対して立ち向かうことも可能である。Carson事件や他の類似事件で、DOJがこの立証要件を満たすことができるかどうか、今後も注視し続ける必要がある[16]

脚注

[1] 刑事裁判審議録(Criminal Minutes) - 起訴状の訴因1から10までの棄却申立ての却下命令(Order Denying Motion to Dismiss Counts 1 through 10 of the Indictment), United States v. Carson事件, No. 8:09-cr-00077 (C.D. Cal. May 18, 2011), Docket No. 373を参照。
[2] これらの事件要約は、当事務所のClient Alert, FCPA: 規制当局による「外国公務員」の定義拡大が非難の的にFCPA: Regulators' Expansive "Foreign Official" Definition Under Attack) (2011年5月20日)、http://www.mofo.com/files/Uploads/Images/110520-FCPA-Foreign-Official.pdfを参照。
(参考訳: http://www.mofo.jp/topics/legal-updates/tlcb/201106007.html
[3] United States v. Carson事件、 棄却申立ての却下命令(Order Denying Motion to Dismiss)第 2項を参照。
[4]
同文書 第1項。
[5] 同文書 第4項。
[6] 同文書 第1頁。 FCPA は、「外国公務員」を「外国政府、もしくはその部署、機関、あるいは関連支部の役員もしくは職員」として定義している。15 U.S.C. § 78dd-2(h)(2).
[7] 同文書 第 12項。また、2011年5月20日付の Client Alert, 上記脚注 2を参照されたい。
[8] United States v. Carson, 棄却申立て却下命令(Order Denying Motion to Dismiss)第 5項。
[9] 同文書
[10] 同文書
[11] 同文書 第7項 (引用省略)。
[12] 同文書 (強調は執筆者による。)。.
[13] 同文書 第11-12項。
[14] 同文書 第12項 (強調は執筆者による。)。
[15] 同文書 第16項。
[16] スケジュール及び公聴会日程報告に関する命令(Order Regarding Briefing Schedule and Hearing Date)、 United States v. Carson, No. 8:09-cr-00077 (C.D. Cal. May 17, 2011), Docket No. 371、(2011年8月12日を「政府機関関連支部」審判員指示("instrumentality" jury instruction)に関する公聴会日とする決定)。

モリソン・フォースターのFCPAおよび腐敗防止タスク・フォースに関する実務の詳細情報につきましては、下記窓口にご連絡ください。

ポール T. フリードマン
PAUL T. FRIEDMAN
サンフランシスコ
SAN FRANCISCO
+1 (415) 268-7444
pfriedman@mofo.com
  ダニエル P. レヴィソン 
DANIEL P. LEVISON

東京
TOKYO
+ 81 3 3214 6522
dlevison@mofo.com
  カールH. ローエンソン Jr.
CARL H. LOEWENSON, JR.
ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 468-8128
cloewenson@mofo.com
         
ランダル J. フォンズ
RANDALL J. FONS

デンバー
DENVER
+1 (303) 592-2257
rfons@mofo.com
  ロバート A. サレルノ
ROBERT A. SALERNO

ワシントンD.C.
WASHINGTON, D.C.
+1 (202) 887-6930
rsalerno@mofo.com
  シェリー イン
SHERRY YIN
北京
BEIJING
+ 86 10 5909 3566
syin@mofo.com
         
ケヴィン・ロバーツ
KEVIN ROBERTS

ロンドン
LONDON
+ 44 20 7920 4160
kroberts@mofo.com
  ルティ スミスライン
RUTI SMITHLINE
ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 336-4086
rsmithline@mofo.com
   

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。

FCPA Update: Another Challenge to DOJ's Expansive "Foreign Official" Definition Fails, But Clarifies DOJ's Burden

By Paul T. Friedman, Ruti Smithline, and Jarod G. Taylor

In yet another key development in the evolution of Foreign Corrupt Practices Act ("FCPA") case law, a federal court has denied the defendants' motion to dismiss the indictment in the closely watched United States v. Carson case.[1] This marks the fourth unsuccessful bid by a defendant to challenge the federal regulators' expansive interpretation of "foreign official" under the FCPA.[2] This decision may nevertheless provide future defendants with some much-needed judicial guidanceand possibly assistancein fighting FCPA charges.

In Carson, the CEO and other executives of Control Components, Inc., a California-based valve manufacturing company, were charged with allegedly paying approximately $4.9 million in corrupt payments to employees of state-owned customers in China, Korea, Malaysia and the United Arab Emirates.[3] The defendants moved to dismiss on the basis that employees of state-owned enterprises ("SOEs") can never be foreign officials under the FCPA.[4] Since a necessary element to prove a violation of the FCPA is that the intended recipient of the corrupt payment be a "foreign official," defendants contended that the indictment was facially insufficient, and that the case should be dismissed.

Defendants argued that a purely legal issue was presented: whether employees of the SOEs qualified as "foreign officials" under the FCPA. The Government argued that defendants' motion was premature because the Government intended to prove at trial that the SOEs involved were agencies or instrumentalities pursuant to the FCPA.[5] Agreeing with DOJ, the Court denied defendants' motion and concluded that an SOE may be considered an "instrumentality" under the FCPA, but whether it qualifies as such is a question of fact.[6] In support of its position, the Court relied on three opinions by other district courts "considering this issue" that "have reached similar conclusions."[7]

The court in Carson determined that no single factor was dispositive, but rather that there are several factors that "bear on the question of whether a business entity constitutes a government instrumentality...."[8] These factors include: (1) the foreign state's characterization of the SOE and its employees; (2) the degree of control by the foreign state; (3) the purpose of the entity's activities; and (4) the extent of government ownership, including level of financial support.[9] The Court noted that these factors were not exclusive, and their "chief utility is simply to point out that several types of evidence are relevant when determined whether a state-owned company constitutes an ‘instrumentality' under the FCPAwith state ownership being only one of several considerations."[10]

The Court acknowledged that the FCPA does not define the term "instrumentality," but declined to adopt defendants' definition that an instrumentality must be "akin to departments and agencies."[11] Rather, the Court concluded that the term was "intended to capture entities that are not ‘departments' or ‘agencies' of a foreign government, but nevertheless carry out governmental functions or objectives."[12] The Court also found it unnecessary to examine the legislative history of the FCPA given that the "statutory language of the FCPA is clear."[13]

The impact of the Carson decisionas well as the other recent cases reaching similar conclusionson the future scope of FCPA enforcement remains to be seen. Carson makes clear, however, that for an SOE to qualify as an "instrumentality," it needs to be more than simply controlled or funded by the foreign state.

For the first time in FCPA enforcement history, there is judicial guidance that the "nature and characteristics of the business entity" must be taken into consideration.[14] Therefore, while Carson unequivocally rejected defendants' argument that employees of SOEs can never be "foreign officials" under the FCPA, it also suggests the converse: employees of SOEs are not always "foreign officials." Carson has thus called into question the expansive application federal regulators have given to the "foreign official" element of the FCPA because, in the case of SOEs, there must nowbe a showing of more than government ownership or control.

Moreover, by holding that the determination of whether an SOE qualifies as an "instrumentality" is a question of fact, Carson places the "substantial evidentiary burden to establish that a business constitutes a government instrumentality...." on the DOJ.[15] Relying on Carson, it is possible that future defendants will now challenge FCPA enforcement actions on the grounds that the DOJ failed to meet this burden. In Carson, and in other cases, it remains to be seen if the DOJ will be able to meet that burden.[16]

FOOTNOTES

[1] See Criminal Minutes - Order Denying Motion to Dismiss Counts 1 through 10 of the Indictment, United States v. Carson, No. 8:09-cr-00077 (C.D. Cal. May 18, 2011), Docket No. 373.
[2] For a summary of these cases, please refer to our Client Alert, FCPA: Regulators' Expansive "Foreign Official" Definition Under Attack (May 20, 2011), http://www.mofo.com/files/Uploads/Images/110520-FCPA-Foreign-Official.pdf.
[3] See United States v. Carson, Order Denying Motion to Dismiss, at 2.
[4] Id. at 1.
[5] Id. at 4.
[6] Id. at p.1. The FCPA defines the term "foreign official" as "any officer or employee of a foreign government or any department, agency or instrumentality thereof." 15 U.S.C. § 78dd-2(h)(2).
[7] Id. at 12. Please also refer to our May 20, 2011 Client Alert, supra note 2.
[8] United States v. Carson, Order Denying Motion to Dismiss, at 5.
[9] Id.
[10] Id.
[11] Id. at 7 (citation omitted).
[12] Id. (emphasis added).
[13] Id. at 11-12.
[14] Id. at 12 (emphasis added)
[15] Id. at 16.
[16] Order Regarding Briefing Schedule and Hearing Date, United States v. Carson, No. 8:09-cr-00077 (C.D. Cal. May 17, 2011), Docket No. 371, setting hearing to address "instrumentality" jury instruction for August 12, 2011.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations.

page up