イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2011. 08.11

中国、海外への贈賄を禁止

マックス・オルソン  クレイグ I. セルニカ  ルイーズ・ストゥープ  ダニエル P. レヴィソン  
ジャック・ロンデン  スティーブン E. コマー  寺澤 幸裕  矢倉 千栄


PDF版は こちら
Please click here for English version.

(参考訳)

執筆者 シェリー・イン/ポール・マッケンジー/ダニエル P. レヴィソン 


外国の当局者への贈賄を禁ずる新たな刑法を施行する国が増えているが、中国もこの流れに加わった。この中で、同国は増加する海外で事業展開を行う中国企業の法律に従った行為を奨励しようとしている。

2011年2月25日、全国人民代表大会常務委員会は中華人民共和国刑法の第8次修正案(「第8次修正案」)を可決し、同年5月1日に発効した。第8次修正案第29条は、同国法では初めて、外国政府当局者や国際公共団体の役人への贈賄を刑事罰の対象としている(「海外贈賄条項」)。海外贈賄条項は、中国の腐敗防止法を諸外国の法律、特に米国の海外腐敗行為防止法(「FCPA」)に近づけるものだ。

これまで中国政府は、贈賄側ではなく、国内の官僚の収賄に焦点を当てていた。

海外贈賄条項

第8次修正案第29条は、既存の中華人民共和国刑法第164条に以下の規定を加えている。

「不適切な商業的利得を得る目的で、外国人官僚または 国際公共団体の役人に金品を渡す者は誰でも前項の規定に従い罰せられるものとする。」 ここで「前項」とは、商業賄賂を刑事罰の対象とする第164条の既存の文言に言及したものである。

中華人民共和国刑法の下で、これらの条項は (i) 中国国内で贈収賄に関与しているいかなる者/事業体、および (ii) 世界のいずれの場所でも贈収賄に関与している中国国民および、中国で設立された海外資本の企業を含む中華人民共和国法に基づき組織された法人に適用される。

解釈

海外贈賄条項は短いもので、いくつかの重要な用語の定義を欠いている。よって、本条項がもたらす影響は、今後最高人民法院および最高人民検察院が公表する解釈上の指針に大きく依存することになろう。

不適切な商業的利益

例えば、金銭の授受はそれが「不適切な商業的利得」の見返りである場合に禁じられるのみである。海外贈賄条項は、商業賄賂を禁じる既存の第164条の規定を補完するためのものであるようだ。既存の条項は、「不適切な利得を得ようとする」目的で、「金品を与える」ことを禁じている。それに対し、海外贈賄条項は、「不適切な商業的利得」を得ようとする目的で「金品を与える」ことを禁じている。「利得」と「商業的利得」との間に大きな差異があるかは、現時点ではまだ分からない。既存の商業賄賂に対する禁止が適用された場合、「利得」は広く解釈がなされてきており、「不適切な利得」という用語は法律、行政規則・規制、または政策の違反を通して得た利得、または相手方に法律、行政規則・規制、政策、または産業規範に違反して援助や便益を提供するよう要求することにより得た利得を含むと解釈されてきている。一般的に言えば、競争入札や政府調達などの商取引において、競争上の優位性を確保するため、公正の原則に反し当該取引を担当する人物に金品を与えることも「いかなる不適切な利得のため」という意味に含まれると解釈される。

この広い見解は、解釈するFCPAにおける類似の要件に関するアメリカ判例法の解釈に似ている。FCPAは「事業を獲得または維持する」ことを意図した金銭の授受を禁ずるのみであるが、裁判所は 基本的に、(税金や関税の割引など)いかなる競争上の優位性を確保することは、事業を獲得または維持する手段であると考える。

金銭の授受

しかし、そのほかの点では、海外贈賄条項の文言はFCPAのものより禁止の対象が狭いように見受けられる。例えば、一般的に商業賄賂に関する法の規定は実際の金銭の授受のみを禁じるもので、単に金銭の授受を申し出たり、約束したりすることは(またはそれに関する許可でさえ)対象としていない。対照的に、FCPAは事業の獲得または維持することを意図した贈賄の申し出、約束、許可をはっきりと禁止している。

金品

一見したところ、海外贈賄条項は別の面からもまた同じくFCPAより狭義であるように見受けられる。海外贈賄条項は いかなる外国の役人に対する「金品」の供与を禁じている一方、FCPA は「価値のあるものは何でも」の供与を禁じている。しかし、最高人民法院および最高人民検察院が2008年11月20日に出した法解釈によると、中華人民共和国法の商業賄賂条項に関連して使われている「金品」の用語は、現物の金品のみならず、住宅装飾、金銭的価値を持つ会員カード、トークンカード(これも金銭的価値を持つもの)、そして旅費など通貨価値で計算することのできる財産的価値を有する物も含んでいる。この解釈は文言それ自体が示している範囲より広いが、それでも「価値のあるものは何でも」というFCPAの内容ほど広くはない。例えば、FCPAの下では、外国の役人の家族を雇い入れたり、外国の役人に関係するチャリティに寄付をしたりすることは、たとえその外国の役人が定量化できる金銭的利得を彼または彼女自身が受け取っていなくても、贈賄となる可能性がある。中華人民共和国の裁判所が「金品」を、「価値のあるものは何でも」がFCPAに基づき解釈されるのと同様の方法で解釈されるか否かを判断するのは時期尚早である。

物事を円滑に進めるための金銭の授受および合理的な真正の支出

FCPAとは違い、海外贈賄条項は、「物事を円滑に進めるための金銭の授受」について例外を含んでいない。つまり、ビザの発給や郵便物の配達など日常的な政府の仕事の実行を早めたり、確保したりするための金銭の授受はFCPAの下では許容されている。外国の役人が企業の施設を訪問するための旅費など、企業の製品やサービスのプロモーションやデモンストレーションに直接関係する「合理的な真正の支出」 もFCPAのもとでは許容されている。中国で一般的なホスピタリティの文化を鑑みると、FCPAの「合理的な真正の支出」に入ると通常考えられる食事・娯楽・贈答品の少額の支払いの積極的抗弁は、「不適切な商業的利得を得る目的で」との解釈に当てはまらない可能性がある。さらに、中国企業はサハラ以南のアフリカその他の発展途上国に大きく進出しているが、この地域は事業を行う上で物事を円滑に進めるための金銭の授受が必要であると通常考えられている。よってこのような金銭の授受が海外贈賄条項の範疇に入ると解釈されるか否かは興味深い。

施行

海外贈賄条項の有効性は、その施行にかかっている。2011年4月11日、海外の汚職慣行防止は政府のみならず、党自体の優先事項であるという、この条項に関する記事が、中国共産党のニュースポータルサイト(http://fanfu.people.com.cn/GB/14359776.html)に掲載された。この記事は、特に中国の既存の反贈賄条項は、外国企業による中国政府官僚への贈賄を禁じているが、中国はこれまで外国企業による贈賄に対しほとんど何も対策を採ってきておらず、そのかわりに賄賂を受け取る政府官僚に主に焦点を当ててきたとし、施行に関する懸念を表明している。同記事はまた、米国は米企業が中国国内で行う贈賄に対し、中国が行うよりもより積極的に対策を採ってきたと述べている。

同記事に書かれているような中国のこれまでの緩い施行にもかかわらず、中国政府は先ごろ中国で贈賄を行うものに関する法の施行に向け、これまで以上の努力を払い始めた。しかし、中国政府が海外贈賄条項に従って、中国国外で贈賄を行う企業や個人に対しても、同じ努力を払っていくのかは現時点ではまだ分からない。

モリソン・フォースターのFCPAおよび腐敗防止タスク・フォースに関する実務の詳細情報につきましては、下記窓口にご連絡ください。

ポール T. フリードマン
PAUL T. FRIEDMAN
サンフランシスコ
SAN FRANCISCO
+1 (415) 268-7444
pfriedman@mofo.com
  ダニエル P. レヴィソン 
DANIEL P. LEVISON

東京
TOKYO
+ 81 3 3214 6522
dlevison@mofo.com
  カールH. ローエンソン Jr.
CARL H. LOEWENSON, JR.
ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 468-8128
cloewenson@mofo.com
         
ランダル J. フォンズ
RANDALL J. FONS

デンバー
DENVER
+1 (303) 592-2257
rfons@mofo.com
  ロバート A. サレルノ
ROBERT A. SALERNO

ワシントンD.C.
WASHINGTON, D.C.
+1 (202) 887-6930
rsalerno@mofo.com
  シェリー イン
SHERRY YIN
北京
BEIJING
+ 86 10 5909 3566
syin@mofo.com
         
ケヴィン・ロバーツ
KEVIN ROBERTS

ロンドン
LONDON
+ 44 20 7920 4160
kroberts@mofo.com
  ルティ スミスライン
RUTI SMITHLINE
ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 336-4086
rsmithline@mofo.com
   

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません

 


 

China Outlaws Bribery Overseas

By Sherry Yin, Paul McKenzie, and Dan Levison

China has joined a growing number of countries that are implementing new criminal laws to prohibit payment of bribes to foreign officials. In doing so, China is seeking to encourage good behavior among the growing number of Chinese companies doing business overseas.

On February 25, 2011, the Standing Committee of the National People’s Congress passed the Eighth Amendment to the PRC Criminal Law (the “Eighth Amendment”), which took effect on May 1, 2011. Article 29 of the Eighth Amendment criminalizes, for the first time under PRC law, paying bribes to foreign government officials and to officials of international public organizations (the “Foreign Bribery Provision”). The Foreign Bribery Provision brings China’s anticorruption laws into closer alignment with those in other countries, most notably the United States Foreign Corrupt Practices Act (“FCPA”).

To date the Chinese government has been more focused on addressing domestic bribery of officials who accept bribes, rather than those parties who pay them.

THE FOREIGN BRIBERY PROVISION

Article 29 of the Eighth Amendment adds the following provision to the existing Article 164 of the PRC Criminal Law:

“Whoever, for the purpose of seeking an improper commercial benefit, gives money or property to any foreign public official or official of an international public organization shall be punished in accordance with the provisions of the preceding paragraph.” “The preceding paragraph” refers to existing language in Article 164 that criminalizes commercial bribery.

Under the Criminal Law of the PRC, these provisions apply to (i) any person/entity who engages in bribery within China; and (ii) PRC citizens and legal entities organized under PRC law, including foreign invested enterprises established in China, who engage in bribery anywhere in the world.

INTERPRETATION

The Foreign Bribery Provision is brief and lacks definitions of a number of key terms. The provision’s impact will, therefore, depend heavily on interpretive guidance to be issued by the Supreme People's Court and the Supreme People's Procuratorate in the future.

Improper Commercial Benefit

For example, payments are only prohibited if they are in exchange for “an improper commercial benefit.” The Foreign Bribery Provision appears on its face to supplement the existing provision of Article 164 prohibiting commercial bribery. The existing provision prohibits “giving money or property” for the purpose of “seeking an improper benefit.” In contrast, the Foreign Bribery Provision prohibits “giving money or property” for the purpose of seeking “an improper commercial benefit.” Whether there is any substantive difference between “a benefit” and “a commercial benefit” remains to be seen. In cases where the existing prohibition against commercial bribery has applied, “benefit” has been interpreted broadly, and the term “improper benefit” has been interpreted to include any benefit obtained through a violation of any law, administrative regulation or rule, or policy or by requiring the opposite party to provide aid or convenience in violation of any law, administrative regulation or rule, policy, or industrial norm. Generally speaking, in commercial dealings such as public tenders and government procurements, giving money or property to a person in charge of such activities in violation of the principle of fairness so as to secure a competitive advantage is also interpreted to be within the meaning of “for any improper benefit.”

This broad reading is similar to case law interpreting analogous elements under the FCPA. Although the FCPA only prohibits payments intended to “obtain or retain business,” the courts have essentially held that securing any competitive advantage – such as a reduction in taxes or customs duties – is a means of obtaining or retaining business.

Payment

In other respects, however, the text of the Foreign Bribery Provision appears to be narrower than the FCPA. For example, it is generally understood from statutory provisions that the existing prohibition against commercial bribery prohibits only the actual payment and not merely offers or promises (or even authorization thereof) to pay. In contrast, the FCPA expressly prohibits the offer, promise, or authorization of a corrupt payment intended to obtain or retain business.

Money or Property

At first blush, the Foreign Bribery Provision appears narrower than the FCPA in another respect as well. The Foreign Bribery Provision prohibits the giving of “money or property” to any foreign public official, whereas the FCPA prohibits the giving of “anything of value.” However, according to a judicial interpretation issued by the Supreme People’s Court and the Supreme People’s Procuratorate on November 20, 2008, the term “money or property” used in connection with commercial bribery provisions of PRC law includes not only money and property in kind, but also property whose value may be calculated in monetary terms, such as provision of home decoration, membership cards having monetary value, token cards (again having cash value), and travel expenses. Although this interpretation is broader than a reading of the text may indicate, it is still not as broad as the “anything of value” element in the FCPA. Under the FCPA, for example, hiring a family member of a foreign official or donating to a charity connected to a foreign official can constitute a corrupt payment, even if the foreign official receives no quantifiable, monetary benefit him or herself. It is too early to predict whether PRC courts will interpret “money or property” similarly to the way “anything of value” is interpreted under the FCPA.

Facilitating Payments and Reasonable, Bona Fide Expenditures

Unlike the FCPA, the Foreign Bribery provision does not contain an exception for “facilitating payments,” that is, payments to expedite or secure the performance of a routine governmental action, such as providing a visa or delivering the mail, are permitted under the FCPA. “Reasonable and bona fide expenditure[s]” directly related to the promotion or demonstration of a company’s products or services, such as travel costs for foreign officials to visit the company’s facilities, are also permitted under the FCPA. Given the culture of hospitality prevalent in China, it is possible that modest payments for meals, entertainment, and gifts often seen as falling within the FCPA’s “reasonable and bona fide expenditures” affirmative defense will be interpreted as not being “for the purpose of seeking an improper commercial benefit.” In addition, Chinese companies have a large presence in developing countries in sub-Saharan Africa and elsewhere, where facilitating payments are often seen as necessary for conducting business. It will therefore be interesting to see whether such payments are interpreted as falling within the scope of the Foreign Bribery Provision.

ENFORCEMENT

The effectiveness of the Foreign Bribery Provision will depend on its enforcement. On April 11, 2011, an article on this provision appeared on the news portal of the Communist Party of China (http://fanfu.people.com.cn/GB/14359776.html), stating that the prevention of corrupt practices overseas is a priority, not only of the government, but of the Party itself. The article voiced concerns over enforcement, noting in particular that while China’s existing antibribery provision prohibited foreign companies from bribing Chinese government officials, China has historically rarely taken action against foreign companies paying bribes, and instead has focused primarily on government officials accepting them. The article also notes that the United States has been more active than China in taking actions against U.S. companies making bribes in China.

Despite China’s history of lax enforcement noted in the article described above, the Chinese government has recently begun to make greater enforcement efforts with regard to those who make bribes in China. It remains to be seen, however, whether the Chinese government will focus those same efforts on entities and persons making bribes outside China pursuant to the Foreign Bribery Provision.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations.

page up