イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2011. 10.13

カリフォルニア州、SECが課す紛争鉱物報告義務の遵守を受託業者に義務付ける

PDFは こちら
Please click here for English version.

(執筆者) ピーターJ. スターン/マルコム・ドート

2011年9月16日、カリフォルニア州議会は、同州から業務を受託している公開会社に対し、コンゴ民主共和国(「DRC」)を原産とする「紛争鉱物」が自社の供給プロセスに含まれないことを期するよう義務付ける法律であるSB 861[1]を可決した。これらの会社は、同州との業務関係の維持を望んだ場合、将来的に規制遵守義務に直面する可能性がある。

SB 861の背景

SB 861は、カリフォルニア州当局から業務を受託している公開会社または発行者企業に対し、米国証券取引委員会(「SEC」)が近日施行予定の紛争鉱物に関する規則の遵守を義務付けている[2]。SEC規制も同様に、2010年ドッド・フランク金融制度改革・消費者保護法(「ドッド・フランク法」)の一部である「紛争鉱物に関する規則」に起因するものである。「紛争鉱物に関する規則」は、製造過程において「紛争鉱物」である金、タンタル、錫、タングステンを使用する発行者企業に公開・報告義務を課すことにより、DRCの武装集団への資金源を断つことを目的としている。これらの鉱物は、携帯電話、コンピュータその他の消費家電製品の重要な要素である。紛争鉱物に関する規則の支持者は、調達行動の開示・報告により、発行者企業が「紛争と無関係」な出所からのみこれらの鉱物を入手するよう促すと考えている。

SB 861上の義務および採用スケジュール

SB 861は、カリフォルニア州と業務関係にある発行者企業に対し、近日施行予定のSEC規則に概要が記される公開義務を充足するよう義務付けている。これらの義務を充足しない発行者企業は、同州に調達契約を要請することを禁じられる。

対象となる発行者企業は、コンプライアンスを確実なものとするための手順について検討し始めるべきであると考えられる。SB 861は、2012年1月1日またはSECが紛争鉱物に関する最終的な規則を施行する日付(2011年中と予想される。)のいずれか遅く到来する日から運用される。対象となる発行者企業には、同法が採用されてから最初の事業年度後に、紛争鉱物に関する最初の開示および報告を行うことが義務付けられる。

カリフォルニアまたはその他政府団体から業務を受託している発行者企業にSB 861が与える影響

SEC規則の最終版は発行されていないが、同規規則は、カリフォルニア州と業務関係にある公開会社に影響を与える可能性がある。連邦レベルでは、同規則を遵守していない発行者企業は、SECによる行政手続の対象となる可能性がある。しかしながら、カリフォルニア州レベルでは、製品またはサービスについてカリフォルニア州当局から業務を受託することが禁じられるということのみを意味する。

カリフォルニア州以外の州と業務関係にある発行者企業であっても、紛争鉱物規則に関する体制の進展を注意深く見守るべきであると考えられる。SEC規則の遵守を義務付けている州は現時点ではカリフォルニア州のみだが、他州、さらには自治体が、近い将来同様の措置を講じる可能性もある。

脚注

[1] http://www.leginfo.ca.gov/pub/11-12/bill/sen/sb_0851-0900/sb_861_bill_20110913_enrolled.pdf
[2] 近日施行予定のSEC規則に関するより詳細な情報については、「コンゴ民主共和国の紛争鉱物:SEC新ルール案が日本の製造業に影響を与える」(http://www.mofo.jp/topics/legal updates/tlcb/20110322.
html
)を参照。

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。


California to Require its Contractors to Comply with SEC Conflict Minerals Reporting Obligations

By Peter J. Stern and Malcolm K. Dort

On September 16, 2011, the California Legislature passed SB 861,[1] a law that requires public companies contracting with the State of California to ensure that their supply chains are free of "conflict minerals" sourced from the Democratic Republic of the Congo ("DRC"). These companies may face a regulatory compliance burden in the future if they wish to maintain their business relationships with the state.

BACKGROUND TO SB 861

SB 861 requires public companies, or issuers, that contract with California state agencies to comply with forthcoming Securities and Exchange Commission ("SEC") regulations on conflict minerals.[2] The SEC regulations arise, in turn, from the "conflict minerals rule," part of the 2010 Dodd-Frank Wall Street Reform and Consumer Protection Act ("Dodd-Frank Act"). The conflict minerals rule aims to curtail funding sources for armed groups in the DRC by requiring the SEC to impose public disclosure and reporting requirements on issuers that use "conflict minerals"-gold, tantalum, tin, and tungsten-in their manufacturing processes. These minerals are vital components of cell phones, computers, and other consumer electronics products. Proponents of the conflict minerals rule have asserted that open disclosure and reporting of sourcing practices will encourage issuers to seek these minerals only from sources that are "conflict free."

OBLIGATIONS UNDER SB 861 AND TIMEFRAME FOR ADOPTION

SB 861 requires issuers that do business with the State of California to fulfill the public reporting obligations outlined in the forthcoming SEC regulations. Issuers that fail to meet these obligations will be prohibited from seeking procurement contracts with the state.

Affected issuers should start thinking about steps to ensure compliance. The bill will become operative on the latter of January 1, 2012, or the date on which the SEC issues its final conflict minerals regulations, which is expected to be before the end of 2011. Affected issuers will need to provide initial conflict minerals disclosures and reports after the first full fiscal year following adoption of the law.

IMPACT OF SB 861 ON ISSUERS CONTRACTING WITH CALIFORNIA OR OTHER GOVERNMENT ENTITIES

Although the SEC regulations are not yet finalized, they may impact public companies that do business with California. At the federal level, non-compliant issuers could be subjected to administrative proceedings before the SEC. At the California state level, however, non-compliance will simply mean being barred from contracting with any California state agency for goods or services.

Even issuers that do business solely with states other than California should monitor developments in the conflict minerals regulatory regime. Although California currently is the only state that requires compliance with the SEC regulations, it is possible that other states, or even municipalities, could follow suit in the near future.

FOOTNOTES

[1] http://www.leginfo.ca.gov/pub/11-12/bill/sen/sb_0851-0900/sb_861_bill_20110913_enrolled.pdf.
[2] For further information on the forthcoming SEC regulations, please see "Conflict Minerals in the Democratic Republic of Congo: New Proposed SEC Regulations to Impact Japanese Manufacturers," available at http://www.mofo.jp/topics/legal-updates/tlcb/20110322.html.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations.

page up