イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2011. 10.14

通信企業幹部、海外腐敗行為防止法(FCPA)違反で懲役4年 - 休眠会社の元幹部3名は今年中に判決言い渡し予定

マックス・オルソン  クレイグ I. セルニカ  ルイーズ・ストゥープ  ダニエル P. レヴィソン  
ジャック・ロンデン  スティーブン E. コマー  寺澤 幸裕  矢倉 千栄


PDF版は こちら
Please click here for English version.

(参考訳)

執筆者 アンソニー・ロドリゲス 

9月7日、米国フロリダ州南部地区連邦地方裁判所判事は、ホンジュラスの官僚に賄賂を贈ったことを理由として、フロリダを拠点とする電気通信企業Latin Node(休眠中)の元CEOに対して、懲役46か月の判決を言い渡した。ほか3名の元幹部に対しても今年度中に判決が言い渡される予定である。これにより、FCPAに関して多くの教訓をもたらし、広範囲にわたる影響を及ぼし、かつ、多大なコストを要した事件にも終止符が打たれることとなる。

ビジネス上の優位性を維持するための外国公務員への賄賂

国有通信企業の従業員に対する支払い

元CEOは、ほかの3名の同僚(当時のCFO、営業部のバイス・プレジデント及びチーフ・コマーシャル・オフィサー)と同様、ホンジュラスの国有通信企業Empresa Hondurena de Telecommunicaciones(以下「ホンデュテル」という。)のジェネラル・マネジャー、弁護士及び取締役会におけるホンジュラス政府代表者に対する賄賂を手配したとして、罪状を認める有罪答弁を行った。贈った賄賂は、およそ18か月間で総額500,000ドル超に及び、Latin Nodeのグアテマラ子会社を通じて、または官僚が管理するホンジュラスの口座を通じて、マネーロンダリングされた。賄賂が贈られる9か月前に、Latin Nodeはホンデュテルとの相互接続契約を単独で勝ち取り、これにより同社は2か国間の長距離通信サービスを提供することが可能となった。賄賂は、当該相互接続契約を維持し、ホンデュテルとのビジネスを継続するために支払われたものであった。司法取引合意書においてLatin Nodeは、ホンジュラスの官僚のみならずイエメンの官僚に対しても賄賂を支払ったことを認めた。

LATIN NODEの買収

デューディリジェンス及び契約上の防御措置の重要性

eLandiaは、Latin Nodeがホンジュラスの官僚へ賄賂を支払っていた最中に、Latin Nodeの所有者との株式買付契約(約2,000万ドル)に署名した。eLandiaは当該契約のクロージングの2か月後(株式買付契約締結の6か月後)にForm 10-Qを提出したが、これには、Latin Nodeの財務届出担当部門の管理が十分でない「可能性がある」と記載されていた。1か月後、eLandiaは、Latin Nodeの統合を進める過程で疑わしい支払いを特定したこと、そしてこれに関する調査を開始したことを公表した。それから3か月経たないうちに、調査は予備調査報告の段階に至り、その後まもなくeLandiaは状況を米国司法省及び米国証券取引委員会に自己申告したのであった。

最後の賄賂の支払いはクロージング前に行われたが、すでに株式買付契約の締結後であった。eLandiaはある程度はデューディリジェンスを行ったものと思われるが、どの程度行ったかは不明である。拠り所となる量刑ガイドラインに定めるよりも軽い刑罰を求めた元CEOの要請に対し、司法省は、同CEOはデューデリジェンスの際、eLandiaに対する賄賂の隠蔽工作(官僚の名前を記載しない偽造の「コンサルティング契約」の締結及びグアテマラのペーパーカンパニーを介したマネーロンダリング)を主導したと反論した。司法省は、元CEOが、従業員に対して当該賄賂に関係する電子メールやその他のファイルを従業員に削除させるなどして、eLandiaのその後の内部調査を妨害したことも指摘した。とはいえ、eLandiaによるクロージング後の開示の時期及び内容からすると、同社はクロージング前に厳密なデューディリジェンスを行っていなかったものと思われる。

本件その他過去の事件は、クロージング前のデューディリジェンスを行わなかった場合、または新興国の政府所有にかかる企業との重要な契約を伴うビジネスについて綿密なデューディリジェンスを行わなかった場合に、いかに重大なリスクが生じるかを示している。本件でも、例えば腐敗行為防止規定の遵守に関する表明保証、内部統制の妥当性及び会計帳簿の正確性、さらには補償義務の履行を確保するための対価の「預り金」など、FCPAに関する問題が後日明るみに出た場合に対処するための条項について、交渉を行っておくことの重要性が浮き彫りになった。

何百万ドルが水の泡に

FCPA問題で買収が紙切れ同然となる

eLandiaは、Latin Nodeの買収に約2,000万ドルを支払ったが、結局このほかにも、調査費用、Latin Node(当時すでにペーパーカンパニーであった。)が支払った200万ドル、従業員の解雇・営業停止に関する費用、その他様々な副次的な支払いも行うこととなった。eLandiaは、Latin Nodeの前オーナーを詐欺に基づき提訴し、売主の補償義務の履行を確保するため第三者に預託されていたeLandia株375,000株の返還を含む案で、最終的に和解した。しかしながら、訴訟はすでに発生した損失を軽減する試みであって、提訴するにも費用がかかる。eLandiaが「僅かな予防策」でも講じていればLatin Nodeの買収取引の実行を回避できたのではないか、または、異なる買収価格の設定ができたのではないか、いずれにせよeLandiaの幹部がその後一度ならず自問自答していたことは間違いない。

実刑判決

FCPAは効力を有する

司法取引合意書において、元CEOは、量刑ガイドラインに定める刑罰の半分以下の最長5年の懲役で折り合った。元CEOは、下肢静止不能症候群であること、パーキンソン病の初期段階の可能性があること、55歳以上で投獄された場合死亡率が増加すること、及びLatin Nodeがホンデュテルとの相互接続契約を維持するためにいかに賄賂を支払わ「ざるを得なかった」かに言及し、5年以下の刑罰を求めた。これに対し司法省は、被告人が50代のケースであっても本件よりはるかに長期間の刑罰を言い渡された事件が多数あること、下肢静止不能症候群を理由とするガイドラインからの減刑が認められていないこと、パーキンソン病の診断がなく、または、刑務局においてパーキンソン病の患者に対応できない旨の立証がないこと、及び元CEOは陰謀の「首謀者」としての役割を担っていたことを引き合いに出した。司法省は、米国量刑委員会が、強制及び強要があるケースにおける量刑ガイドラインからの減刑に関する方針声明のなかで、「個人的な財政難及び通商またはビジネスに対する経済的圧力を理由とする減刑は認められない」と述べていることも指摘した。さらに司法省は、強制に関する議論は、FCPAがビジネスチャンスの獲得またはビジネスの維持を目的とした賄賂を明示的に禁止していることにまさに相反するものであるとした。最後に司法省は、ホンデュテルとの「ダーティービジネス」に関してLatin Nodeの従業員からCEO及びその他の被告人に対し警告がなされており、当該従業員は賄賂の件を知って最終的に退職したことを述べた。司法省は、従業員が退職により個人的に財政的苦難に陥ることを選んだ事実と、元CEOが賄賂を支払い続けることを選んだ事実を対比した。

量刑判決は短文式で、懲役46か月が言い渡された。Latin Nodeの他の3名の元幹部についても今年中に判決が言い渡される予定である。これら被告人の司法取引合意書は、被告人が政府に協力することを前提として作成されたものであるが、最長で5年の懲役を求刑している。

他所では慎重に

このLatin Nodeの悲惨な話は、海外事業を展開している企業の買収にあたって、対象会社が新興国の政府所有企業との付き合いがある場合は特に、いかにFCPAに関するデューデリジェンスが重要であるかを示す良い例である。

モリソン・フォースターのFCPAおよび腐敗防止タスク・フォースに関する実務の詳細情報につきましては、下記窓口にご連絡ください。

ポール T. フリードマン 
PAUL T. FRIEDMAN

サンフランシスコ
SAN FRANCISCO
+1 (415) 268-7444
pfriedman@mofo.com 
  ダニエル P. レヴィソン 
DANIEL P. LEVISON
東京
TOKYO
+ 81 3 3214 6522
dlevison@mofo.com
  カールH. ローエンソン Jr. 
CARL H. LOEWENSON, JR.
ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 468-8128
cloewenson@mofo.com
         
ランダル J. フォンズ 
RANDALL J. FONS
デンバー
DENVER
+1 (303) 592-2257
rfons@mofo.com
  ロバート A. サレルノ 
ROBERT A. SALERNO
ワシントンD.C.
WASHINGTON, D.C.
+1 (202) 887-6930
rsalerno@mofo.com
  シェリー イン 
SHERRY YIN
北京
BEIJING
+ 86 10 5909 3566
syin@mofo.com
         
ケヴィン・ロバーツ 
KEVIN ROBERTS
ロンドン
LONDON
+ 44 20 7920 4160
kroberts@mofo.com
  ルティ スミスライン 
RUTI SMITHLINE
ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 336-4086
rsmithline@mofo.com
   

 

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。


Telecom Executive Sentenced to 4 Years in Prison for Violations of the Foreign Corrupt Practices Act - Three Other Former Executives of Now-Defunct Company to be Sentenced by End of the Year

By D. Anthony Rodriguez

On September 7, a United States District Court judge in the Southern District of Florida sentenced the former CEO of Latin Node, a now-defunct Florida-based telecommunication company, to 46 months in prison for paying bribes to Honduran government officials. Three other former executives will be sentenced later this year, bringing to a close the extensive -- and expensive -- fall-out from events that carry many lessons regarding the FCPA.

BRIBES TO FOREIGN OFFICIALS TO RETAIN A BUSINESS ADVANTAGE

Payments to Employees of State-Owned Telecommunications Company

The former CEO, like his three other colleagues (the then-CFO, vice president of business development, and the chief commercial officer), pled guilty to arranging bribes to the general manager, an attorney, and a Honduran government representative to the board of directors of Empresa Hondurena de Telecommunicaciones (Hondutel), the Honduran state-owned telecommunications company. The bribes totaled more than $500,000 over a nearly 18 month period, and were laundered through Latin Node subsidiaries in Guatemala and through Honduran accounts that the government officials controlled. Nine months before the bribes began, Latin Node had been named the sole winner of an interconnection agreement with Hondutel, allowing Latin Node to provide long distance service between the two countries. The bribes were paid to retain the interconnection agreement and to continue to do business with Hondutel. In its plea agreement, Latin Node admitted to having paid bribes to Honduran officials and also to Yemeni officials.

THE ACQUISITION OF LATIN NODE

The Importance of Diligence and Contractual Protections

Halfway through the period during which Latin Node was paying bribes to the Honduran officials, eLandia signed a share purchase agreement with Latin Node's owner for approximately $20 million. Two months after the closing (and six months after signing the share purchase agreement) eLandia filed a Form 10-Q in which it stated that control deficiencies in Latin Node's financial reporting departments "may exist." One month later, eLandia disclosed that, in the course of integrating Latin Node, it had identified questionable payments and had begun an investigation. Within three months, the investigation had reached the preliminary findings stage; soon thereafter, eLandia self-reported the situation to the Department of Justice and to the Securities and Exchange Commission.

The last bribe was paid before the closing, but after the execution of the share purchase agreement. It appears eLandia conducted some diligence, but how much is unclear. The Department of Justice, in responding to the former CEO's request for a lighter sentence than called for by the advisory sentencing Guidelines, stated that the CEO had directed steps (the execution of sham "consulting contracts" that did not name the government officials, and the laundering of payments through a Guatemalan shell company) to conceal the bribes from eLandia during the due diligence process. The DOJ also stated that the former CEO had obstructed eLandia's subsequent internal investigation, such as by directing employees to delete emails and other files that were related to the bribes. However, the timing and content of eLandia's post-closing disclosures suggests that it had not conducted rigorous pre-closing diligence.

This case and others before it demonstrate the serious risks that come with failing to conduct diligence pre-closing, or to conduct rigorous diligence of a business that has mission-critical agreements with a government-owned entity in a developing country. This case likewise highlights the importance of negotiating provisions to cover a later-discovered FCPA problem, such as representations and warranties regarding compliance with anti-corruption requirements, the adequacy of internal controls and the accuracy of accounting records, and the "holdback" of consideration to secure indemnification obligations.

MILLIONS OF DOLLARS DOWN THE DRAIN

FCPA Problems Make an Acquisition Worthless

eLandia paid approximately $20 million to acquire Latin Node for, it turns out, the opportunity to pay that amount and more in investigation costs, the payment of a $2 million fine by Latin Node (which was a shell by that time), the costs of terminating employees and operations, and other fallout. eLandia sued Latin Node's previous owner for fraud, and ultimately reached a settlement that included the return of 375,000 eLandia shares that had been placed in escrow to secure performance of the seller's indemnification obligations. A lawsuit, however, is an attempt to mitigate already-incurred losses, and costs money to bring. Whether an "ounce of prevention" could have kept eLandia from making the deal to acquire Latin Node, or to price it differently, no doubt is a question that eLandia executives have since asked themselves more than once.

PRISON SENTENCES

The FCPA Has Teeth

In his plea, the former CEO negotiated a maximum sentence of five years, less than half the sentence called for by the advisory Sentencing Guidelines. The former CEO requested that the judge impose a sentence of less than five years, citing his Restless Leg Syndrome, possible early stages of Parkinson's, the increased mortality among prisoners who enter the system at age 55 or older, and the degree to which Latin Node had been "coerced" into paying bribes in order to keep its interconnection agreement with Hondutel. In response, the DOJ cited numerous cases in which defendants in their 50s had been sentenced to much longer sentences; the lack of a showing that Restless Leg Syndrome warranted a downward departure from the Guidelines; the lack of any diagnosis of Parkinson's, or a showing that the Bureau of Prisons could not care for a Parkinson's patient; and the former CEO's role as "the ringleader" of the scheme. The DOJ also noted that the U.S. Sentencing Commission, in a policy statement regarding downward departures from the Sentencing Guidelines for coercion and duress, stated that "personal financial difficulties and economic pressures upon a trade or business do not warrant a downward departure." The DOJ also argued that the coercion argument was directly contrary to the FCPA's express prohibition of the making of corrupt payments to obtain or retain business. Finally, the DOJ cited the fact that a Latin Node employee had warned the CEO and another defendant about "dirty business" with Hondutel, and ultimately resigned after learning of the bribe payments. The DOJ contrasted that employee's choice to incur personal financial hardship by quitting his job to the former CEO's choices to keep making the bribes.

The judge's sentencing decision is stated in a short form, and imposes a 46 month prison term. The three other former Latin Node executives will be sentenced later this year. Their plea agreements, which reflect those defendants' cooperation with the Government, call for maximum sentences of five years in prison.

BE CAREFUL OUT THERE

The sad tale of Latin Node illustrates the importance of FCPA-related diligence when acquiring businesses with international operations, particularly if the target interacts with state-owned companies in developing countries.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations. 

page up