イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2011. 12.22

規制当局、上院議員の意見に耳を傾ける : シーメンス幹部8名がFCPA違反により起訴

マックス・オルソン  クレイグ I. セルニカ  ルイーズ・ストゥープ  ダニエル P. レヴィソン  
ジャック・ロンデン  スティーブン E. コマー  寺澤 幸裕  矢倉 千栄


PDF版は こちら
Please click here for English version.

(参考訳)

執筆者 ポール T. フリードマン/ルティ ・スミスライン  


シーメンス事件が、FCPA執行史上最大の事件であることに疑いの余地はない。用いられた「贈賄のパターン」は、「規模の面でも地理的範囲の面でも前例がない」ものであった[1]。シーメンスAGが米国とドイツ当局に支払うことにつき合意した罰金の合計金額16億ドルは、腐敗防止に関する罰金としては未だ史上最高の金額である一方で、シーメンス事件では、米国司法省(DOJ)の「執行戦略」の「要」が欠けていた[2]-シーメンスでの行為について、個人が誰一人責任を問われなかったのである。 しかし、12月14日を境に状況が一変した。

シーメンスの元幹部と代理人8名に関する罪状

シーメンスAGとその子会社三社(シーメンス・アルゼンチンを含む。)が巨額のFCPA事件で和解に達した日からほぼ3年後の12月14日、DOJは、シーメンスの元幹部と代理人8名の罪状を発表した。起訴状によると、上記8名は、国民IDカードの作成を目的とした10億ドル規模の契約を確保するために、アルゼンチンの公務員への1億ドルの送金という共謀に加担したとされる。被告らは、FCPA違反の共謀、有線通信不正行為の共謀、実際の不正行為およびマネーロンダリングの共謀の罪に問われている。並行して行われた訴訟において、証券取引委員会(SEC)は、個人7名を起訴した。

ニューヨーク南部地区のPreet Bharara米国弁護士によれば、

主張のとおり、本件の被告らは、10億ドル規模の契約を確実に実行するため、連続する2政権にわたりアルゼンチン政府高官に賄賂を送り、その他数え切れないほどの人間を買収した。被告らは、プロジェクトの終了時に不当に締結された契約から得られたであろう利益の回収を試みさえした[3]

起訴状によれば、プロジェクトの入札および実施段階において、被告らがシーメンスに、在職中のアルゼンチン政府高官および契約の履行段階において政権につく可能性が高かった野党党員に対して、1億ドル近い賄賂を支払わせたとされる。起訴状によれば、被告らは、数百万ドルの現金を国境を越えて輸送したり、少なくとも17のオフショアのペーパーカンパニーを利用する等様々な方法で、このような違法な支払を隠蔽した。

起訴状はまた、共謀に加担したメンバーが、プロジェクトの終了時に、ワシントンD.C.においてアルゼンチン共和国に対する不正な仲裁請求を申し立てることで、プロジェクトにおいて得られると予想される収益を回収しようとしたと主張している。DOJは、被告らが「プロジェクトに関する契約が贈収賄と汚職という方法で確保されたという事実を、供述書の改ざんや腐敗の存在を不当に否定する申立て等を行うことにより、シーメンスをして裁判所から隠蔽させた」と主張している[4]。余談だが、シーメンスの体系的な汚職は、ワシントンD.C.での訴訟手続中には発見されず、裁判所はシーメンスに有利な判決を下し、同社には、2.2億ドル近い損害賠償請求が認められた。しかし、世界的な汚職スキームが明るみにでると、シーメンスの新経営陣は、賠償金の受領を辞退した。

DOJにより起訴された個人8名は全員、ドイツ人、スイス人およびアルゼンチン人といった外国人であるが、そのうちの誰も未だ逮捕また送還されていない。Lanny Breuer司法次官補は、起訴された幹部のうち最も役職が高い、シーメンス役員会の元メンバーであるUrief Sharefに対する起訴が、FCPA史上、フォーチュン・グローバル50にランクしている企業の役員に対する初めての起訴であると指摘した。

12月14日、SECも被告の一人であるBernd RegendantzがSECの制裁金を支払済みであることを発表した。Regendantzは、前述の主張の認否を行うことなく、最終判決の登録と4万ドルの民事制裁金を支払うことに同意した。かかる4万ドルは「ドイツ・ミュンヘンの検事総長により支払を命じられた3万ユーロの行政的罰金をRegendantzが支払ったことにより、支払ったものとと見なされた」[5]。RegendantzがSECとの間で上記の内容で和解したことおよびRegendantzがDOJにより起訴されていないという事実は、Regendantzが政府による訴追手続きに協力していることを示唆している。

引き続き個人に焦点が当てられる

シーメンス事件における勝者は明らかにDOJとSECだったが、規制当局は、個人に対する起訴に持ち込めなかったことについて非難を受けた。例えば、FCPAの執行に関して昨年上院で行われた審問中、Arlen Specter元上院議員は、シーメンス事件が海外での贈収賄についての最大の事件であるにもかかわらず、なぜ誰にも懲役刑が課されなかったのかという疑問を呈した。審問中、同上院議員は、以下のように述べた。「罰金は事業運営費として処理され」てしまうため、「懲役刑こそが犯罪を防止するものだ」[6]

個人8名に対する起訴は、規制当局が Specter上院議員の意見に耳を傾けていたことを示すものである。個人を訴追し責任を課すことが、今後も規制当局の執行戦略の最も重要な焦点になるであろう[7]。 Breuer司法次官補の言葉を借りれば、「企業は言うまでもなく個人の行為を通じて運営されるものであり、かかる個人が法律に違反したことを示す証拠を我々が有する場合には、我々はかかる個人を訴追する」。

脚注

[1] DOJプレスリリースNo.08-1105「シーメンスAGおよび子会社3社が海外腐敗行為防止法違反の罪を認め、合計4.5億ドルの罰金の支払に同意」(2008年12月15日)(http://www.justice.gov/opa/pr/2008/December/08-crm-1105.html より入手可能。)参照。
[2] DOJ、Lanny A. Breuer「海外腐敗行為防止法についての第22回ナショナルフォーラムでのスピーチ原稿」(2009年11月17日)(http://www.justice.gov/criminal/pr/speeches-testimony/documents/11-17-09aagbreuer-remarks-fcpa.pdf より入手可能。)参照。
[3] DOJプレスリリースNo. 11-1626「シーメンスの元役員と代理人8名が1億ドル規模の海外贈収賄スキームの疑いで起訴」(2011年12月13日)(http://www.justice.gov/opa/pr/2011/December/11-atj-1626.html より入手可能。)参照。
[4] 同プレスリリース参照。
[5] SECプレスリリースNo. 22190「SEC、アルゼンチンの官僚を贈賄の罪でシーメンスの元幹部7名を起訴」(2011年12月13日)(http://www.sec.gov/litigation/litreleases/2011/lr22190.htmより入手可能。)参照。
[6] 「贈収賄撲滅を目的としたDOJの措置はやりすぎか、それとも足りないか」(2010年11月30日)(http://blogs.wsj.com/law/2010/11/30/is-doj-doing-too-much-or-not-enough-to-combat-foreign-bribery/より入手可能。)参照。
[7] 当事務所のクライアント・アラート「通信企業幹部、FCPA史上最長の15年の懲役刑を言い渡される(英語版)」(2011年10月28日掲載)、「FCPAに関する個人の起訴に更に成功-ハイチへの贈賄の罪で、より多数のテラ・テレコム幹部に懲役刑が課せられる模様(英語版)」(2011年8月29日掲載)および「2010年:またもや記録的なFCPA執行の年-「新時代」の到来を裏付ける」(日本語版2011年1月24日掲載)参照。

モリソン・フォースターのFCPAおよび腐敗防止タスク・フォースに関する実務の詳細情報につきましては、下記窓口にご連絡ください。:

ポール T. フリードマン
PAUL T. FRIEDMAN

サンフランシスコ
SAN FRANCISCO
+1 (415) 268-7444
pfriedman@mofo.com 
  ダニエル P. レヴィソン
DANIEL P. LEVISON
東京
TOKYO
+ 81 3 3214 6522
dlevison@mofo.com
  ティモシー W. ブレークリー
TIMOTHY W. BLAKELY
香港
HONG KONG
+ 852 2585 0870
tblakely@mofo.com
         
ランダル J. フォンズ
RANDALL J. FONS
デンバー
DENVER
+1 (303) 592-2257
rfons@mofo.com
  カールH. ローエンソン Jr.
CARL H. LOEWENSON, JR.
ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 468-8128
cloewenson@mofo.com
  ケヴィン・ロバーツ
KEVIN ROBERTS
ロンドン
LONDON
+ 44 20 7920 4160
kroberts@mofo.com
         
ロバート A. サレルノ
ROBERT A. SALERNO
ワシントンD.C.
WASHINGTON, D.C.
+1 (202) 887-6930
rsalerno@mofo.com
  ルティ スミスライン
RUTI SMITHLINE
ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 336-4086
rsmithline@mofo.com
  シェリー イン
SHERRY YIN
北京
BEIJING
+ 86 10 5909 3566
syin@mofo.com

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。

Regulators Listen to Senate Critics: Eight Ex-Siemens Execs Charged for FCPA Violations

By Paul T. Friedman and Ruti Smithline

The Siemens case is undoubtedly the biggest case in FCPA enforcement history: the "pattern of bribery" involved was "unprecedented in scale and geographic reach."[1] The $1.6 billion combined settlement with U.S. and German authorities remains the record-breaking anti-corruption penalty of all time. But what was missing from the Siemens case was the "cornerstone" of the Department of Justice's "enforcement strategy"[2]-not a single individual had been held accountable for the conduct at Siemens. That is, until December 14.

THE CHARGES

Almost exactly three years to the day since Siemens AG and three of its subsidiaries, including Siemens Argentina, settled the massive FCPA case, on December 14 the DOJ announced charges against eight Siemens former executives and agents. The indictment alleges that the eight individuals were involved in a conspiracy to funnel $100 million to Argentine officials to land a $1 billion contract to make national identification cards. The defendants were charged with conspiracy to violate the FCPA, conspiracy to commit wire fraud, substantive wire fraud, and conspiracy to commit money laundering. In a parallel action, the Securities and Exchange Commission charged seven individuals.

According to U.S. Attorney for the Southern District of New York, Preet Bharara:

As alleged, the defendants in this case bribed Argentine government officials in two successive administrations and paid off countless others in a successful effort to secure a billion dollar contract. When the project was terminated, they even sought to recover the profits they would have reaped from a contract that was awarded to them illegitimately in the first place.[3]

The indictment alleges that during the bidding and implementation phases of the project, the defendants caused Siemens to pay nearly $100 million in bribes to sitting Argentine government officials and members of the opposition party who were likely to come to power during the execution phase of the contract. According to the indictment, the defendants concealed the illicit payments in various ways, including transporting millions of dollars in cash across international borders and using at least 17 offshore shell companies.

The indictment also alleges that when the project was terminated, members of the conspiracy sought to recover the anticipated proceeds from the project by filing a fraudulent arbitration claim against the Republic of Argentina in Washington, D.C. DOJ alleges that defendants "allegedly caused Siemens to actively hide from the tribunal the fact that the contract for the [] project had been secured by means of bribery and corruption, including tampered witness statements and pleadings that falsely denied the existence of corruption."[4] As an aside, the company's systemic corruption was not uncovered during the proceedings in Washington, and the tribunal found for Siemens. The company was awarded nearly $220 million in damages. But once the global corruption scheme unraveled, Siemens' new management declined to claim the award money.

The eight individuals charged by DOJ are all foreign nationals from Germany, Switzerland, and Argentina. None of the defendants have yet been arrested or extradited. Assistant Attorney General Lanny Breuer pointed out that the charges against Uriel Sharef, the most senior executive charged and a former Siemens managing board member, are the first under the FCPA against a board member of a Fortune Global 50 company.

The SEC also announced on December 14 that one defendant, Bernd Regendantz, has already settled the SEC charges. Without admitting or denying the allegations, Regendantz consented to the entry of final judgment and a civil penalty of $40,000, "deemed satisfied by Regendantz' payment of a €30,000 administrative fine ordered by the Public Prosecutor General in Munich, Germany."[5] The settlement with Regendantz and the fact he was not indicted by DOJ suggests that he is cooperating with the government's prosecution.

FOCUS ON INDIVIDUALS CONTINUES

Although the Siemens case was admittedly a big win for DOJ and SEC, the regulators had faced criticism for failing to bring charges against any individuals. For example, during last year's Senate hearings into FCPA enforcement, former Senator Arlen Specter questioned why no one had gone to jail for the biggest case of overseas bribery. During the hearing, Senator Specter stated: "Criminal fines are added to the costs of doing business," but "going to jail is what works to deter crimes."[6]

The charges against the eight individuals show that the regulators were listening to Senator Specter. Prosecuting and holding individuals accountable continues to be a central focus of the regulators' enforcement strategy.[7] As Mr. Breuer noted, "[c]ompanies, of course, operate through the actions of individuals and when we have evidence we believe shows those individuals violated the law, we will prosecute them."

FOOTNOTES

[1] DOJ Release No. 08-1105, Siemens AG and Three Subsidiaries Plead Guilty to Foreign Corrupt Practices Act Violations and Agree to Pay $450 Million in Combined Criminal Fines (Dec. 15, 2008), available at http://www.justice.gov/opa/pr/2008/December/08-crm-1105.html.
[2] See DOJ, Lanny A. Breuer, Prepared Address to the 22nd National Forum on the Foreign Corrupt Practices Act (Nov. 17, 2009), available at http://www.justice.gov/criminal/pr/speeches-testimony/documents/11-17-09aagbreuer-remarks-fcpa.pdf.
[3] DOJ Release No. 11-1626, Eight Former Senior Executives and Agents of Siemens Charged in Alleged $100 Million Foreign Bribe Scheme (Dec. 13, 2011), available at http://www.justice.gov/opa/pr/2011/December/11-atj-1626.html.
[4] Id.
[5] SEC Release No. 22190, SEC Charges Seven Former Siemens Executives with Bribing Leaders in Argentina (Dec. 13, 2011), available at http://www.sec.gov/litigation/litreleases/2011/lr22190.htm.
[6] See "Is DOJ Doing Too Much, or Not Enough, to Combat Bribery?" (Nov. 30, 2010), available at http://blogs.wsj.com/law/2010/11/30/is-doj-doing-too-much-or-not-enough-to-combat-foreign-bribery/.
[7] Please refer to our Client Alerts: Telecom Exec Sentenced to Record Breaking FCPA Prison Term: 15 Years (October 28, 2011), Another Successful FCPA Prosecution Against Individuals-More Terra Telecom Execs Appear Headed for Prison for Haiti Bribes (August 29, 2011), and 2010: Another Record-Breaking Year for FCPA Enforcement, Confirming "New Era" (January 12, 2011).

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations.

 

page up