イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2012. 08.10

【ニュースレター】 米司法省、協力と窮状の提示により、FCPA 違反に対し「ディスカウントされた」罰金200万ドルを科す

マックス・オルソン クレイグ I. セルニカ ルイーズ・ストゥープ ダニエル P. レヴィソン
ジャック・ロンデン スティーブン E. コマー 寺澤 幸裕 矢倉 千栄


PDF版は こちら
Please click here for English version.

(参考訳)

執筆者 D. アンソニー・ロドリゲス/ニコラス・アラン・レスリスバーガー

7月17日、米国司法省(「DOJ」)は、オクラホマ州を本拠地とする航空機修理会社である私企業Nordam Group, Inc.が、その子会社および関連会社が、Nordamの従業員の承認を得た上で中国の国営航空会社の従業員に賄賂を贈り、海外腐敗行為防止法(「FCPA」)に違反したことを認めたと発表した。賄賂は9年間で総額およそ150万ドルに及び、Nordamの子会社および関連会社には250万ドル近くの利益がもたらされた。Nordamは、非訴追協定(non-prosecution agreement)に同意し、DOJが言うところの「ディスカウントされた」罰金200万ドル(FCPA違反に対する罰金としては比較的控えめな金額)を支払う予定である。

この不正行為は新しい事例ではなく、非訴追協定の条件も概ね標準的であるが、Nordam事件にはひとつ注目すべき特徴がある。DOJは、おそらく、特定の状況においては対象者を罰するが潰さない程度の罰金を科す意思があることを示唆した上で、Nordamが200万ドルを超える罰金を科されると、企業としての存続が「実質的に危ぶまれる」ことを示したため、罰金額を200万ドルとしたのである。

「必要なことをやれ」 - 中国において賄賂を支払うために海外関連会社を利用

非訴追協定[1]においてNordamは、シンガポールの子会社および関連会社の従業員が、仕事を得るために、中国の国営航空会社の従業員に賄賂を渡したことを認めた。賄賂は航空会社従業員に流れ、「手数料」および「仲介料」と呼ばれていた。Nordamの子会社および関連会社は、賄賂の支払のために顧客に対する請求を水増ししていた場合もあり、そのような場合、顧客は知らないうちに賄賂のコストを支払う結果となっていた。

賄賂は、米国に拠点を置くNordamの従業員によって承認されていた。Nordamの従業員が、一通の電子メールで、Nordamの関連会社の従業員2名に対し、賄賂には十分注意するようにと言いながらも、「仕事を得るために必要なことをしてください・・・私もアジアでビジネスを行うことの現実はわかっている」と伝えていた。また、これとは別の電子メールで、やはりNordamの従業員が、「我々の仲間が手を貸してくれるなら」、顧客からの支払のうち一定金額を超える部分を「50対50」に分けることに同意していた。

Nordamとその関連会社は、250万ドルの利益を確保するために合計150万ドルもの賄賂を支払ったのである。

帰結

NordamがDOJと交わした協定には次の4つの要素が含まれている。(1) 200万ドルの罰金を支払うこと、(2) 賄賂を支払った事実を認めること、(3) 法令遵守および監視体制を強化すること、および(4) 今後3年間DOJに協力すること。この見返りとして、DOJはNordamを訴追しないことに同意した。しかしながら、Nordamの役員、取締役、従業員または代理人は非訴追協定の対象とはなっていない。実際、Nordamは、賄賂に関与した個人に対して実施されている調査において、DOJに協力することに同意した。この条項は一般的なもので、DOJがしばしば用いる、FCPA違反について個人の責任を追及するという目的を反映している。

DOJは、捜査において、そして今後、Nordamが非訴追協定を取得するために、同社の協力が重要であると述べた。DOJは、Nordamについて、その不正行為を任意かつ「完全」に開示し、DOJに「即時」に協力したと述べている。この協力には、Nordamが内部調査を行うことや、DOJに対し従業員や文書へのアクセスを可能にすることが含まれていた。Nordamも、内部監査機能、法令遵守プログラムおよび第三者代理人のためのデューディリジェンス手続の強化など、改善努力を始めている。Nordamは、同社の法令遵守方針の監視と強化に関する年次報告書をDOJに提出することにも同意した。また、上記のとおり、Nordamは継続中の捜査においてDOJに協力することに同意している。

FCPAの基準からすると200万ドルという罰金は控えめであり、DOJがどのようにその金額を定めたかという点が重要である。協定によれば、DOJは、米国量刑ガイドラインでは、より高額の罰金を科すことが可能であると考えていた。Nordamから、それを上回る罰金が科されれば「同社の存続は実質的に危うくなる」ことが示されて初めて、DOJは、ガイドラインに定められた標準的な金額より「相当低い」額の罰金を科すことに同意したのである。Nordamは、数カ月間にわたって、独立した会計専門家による財務審査を受けた。審査の結果、専門家およびDOJは、「量刑ガイドラインに基づき、このディスカウントは適切であると結論付けた」。

NORDAMの経験から学ぶ

Nordamの不正行為は、FCPAをめぐる困難な状況に直面した企業がどのように対処していくかを示すひとつの実例である。仕事を得るために「必要なことを行う」ことを励行する、中国の国営企業から仕事を得るために海外関連会社を賄賂の支払に利用する、そして、賄賂の支払のために顧客に水増し請求をする──こうした事情が存在したために、Nordamは危うくビジネスから締め出されるところであった。Nordamの協力およびNordamをビジネスから締め出すべきではないというDOJの判断によりNordamは救われた。しかしながら、Nordamに対してディスカウントが与えられたのは極めて例外的であり、FCPA違反の責任を問われた企業が、常にこのようなディスカウントを受けられると期待すべきでないことはもちろんである。

脚注

[1] 協定全体およびDOJのプレスリリースは http://www.justice.gov/criminal/fraud/fcpa/cases/nordam-group.html に掲載。

モリソン・フォースターのFCPAおよび腐敗防止タスク・フォースに関する実務の詳細情報につきましては、下記窓口にご連絡ください。

 

ポール T. フリードマン
PAUL T. FRIEDMAN
サンフランシスコ
SAN FRANCISCO
+1 (415) 268-7444
pfriedman@mofo.com
  ダニエル P. レヴィソン
DANIEL P. LEVISON

東京
TOKYO
+ 81 3 3214 6522
dlevison@mofo.com
  ティモシー W. ブレークリー
TIMOTHY W. BLAKELY

香港
HONG KONG
+ 852 2585 0870
tblakely@mofo.com
  ランダル J. フォンズ
RANDALL J. FONS

デンバー
DENVER
+1 (303) 592-2257
rfons@mofo.com
             
カールH. ローエンソン Jr.
CARL H. LOEWENSON, JR.

ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 468-8128
cloewenson@mofo.com
  ケヴィン・ロバーツ
KEVIN ROBERTS
ロンドン
LONDON
+ 44 20 7920 4160
kroberts@mofo.com
  ロバート A. サレルノ
ROBERT A. SALERNO

ワシントンD.C.
WASHINGTON, D.C.
+1 (202) 887-6930
rsalerno@mofo.com
  ルティ スミスライン
RUTI SMITHLINE

ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 336-4086
rsmithline@mofo.com
             
リック ヴァスラ
RICK VACURA
ノーザン・バージニア
NORTHERN VIRGINIA
+1 (703) 760-7764
rvacura@mofo.com
  シェリー イン
SHERRY YIN
北京
BEIJING
+ 86 10 5909 3566
syin@mofo.com
       

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。

Cooperating and Showing Hardship Yields "Discounted" $2 Million Penalty for FCPA Violations

By  D. Anthony Rodriguez and Nicholas Alan Roethlisberger

On July 17, the U.S. Department of Justice ("DOJ") announced that Nordam Group, Inc., a privately held Oklahoma-based aircraft repair company, admitted that a subsidiary and an affiliate, with the approval of Nordam employees, violated the Foreign Corrupt Practices Act ("FCPA") by bribing employees of state owned or -controlled airlines in China. The bribes totaled almost $1.5 million over nine years, securing nearly $2.5 million in profits. Nordam assented to a non-prosecution agreement, and will pay what the DOJ described as a discounted $2 million penaltya relatively modest sum as FCPA penalties go.

The misconduct was not a novel fact pattern, and the terms of the non-prosecution agreement generally follow the norm, but one feature of the Nordam case is notable. Perhaps signaling the DOJ's willingness, in certain circumstances, to set a penalty that will punish but not destroy, the DOJ noted that it set the penalty at $2 million because Nordam had demonstrated that a larger penalty would "substantially jeopardize" the company's viability.

"DO WHAT YOU HAVE TO DO" - USING OVERSEAS AFFILIATES TO PAY BRIBES IN CHINA

In the non-prosecution agreement,[1] Nordam admitted that employees of its Singapore-registered subsidiary and affiliate bribed employees of state-owned or controlled airlines in China in an effort to obtain business. Payments were funneled to employees of the airlines, and were described as "commissions" and "facilitator fees." On some occasions, the payments were included in inflated invoices, resulting in the customer unknowingly covering the cost of the bribe.

U.S. based Nordam employees approved the bribes. In one email, a Nordam employee told two employees of a Nordam affiliate that they should be careful when paying bribes, but acknowledged that you "[d]o what you have to do to get the business. . . . I also understand the reality of doing business in Asia." In another, a Nordam employee agreed to split customer payments "50/50" over a certain amount, "if our friends can help us."

In all, Nordam and its affiliates paid as much as $1.5 million in bribes to secure about $2.5 million in profits.

THE CONSEQUENCES

Nordam's agreement with the DOJ includes four key components: (1) the $2 million penalty; (2) an admission that the bribery took place; (3) enhanced compliance and monitoring measures; and (4) cooperation with the DOJ over the next three years. In return, the DOJ agreed not to prosecute the company. The non-prosecution agreement, however, does not extend to Nordam's officers, directors, employees, or agents. Indeed, Nordam agreed to cooperate with the DOJ in its ongoing investigation of the individuals who were involved in the bribes. This provision is common, and reflects the DOJ's oft-stated intent to pursue individuals for FCPA violations.

The DOJ cited Nordam's cooperation, in the investigation and going forward, as important to Nordam obtaining a non-prosecution agreement. The DOJ described Nordam as having made a voluntary and "complete" disclosure of the misconduct, and as having cooperated in "real time" with the DOJ. This cooperation included Nordam conducting an internal investigation and making employees and documents available to the DOJ. Nordam also undertook remedial efforts, including enhancing its internal audit function, its compliance program, and its due diligence protocol for third-party agents. Nordam also agreed to provide annual reports to the DOJ on the monitoring and enhancement of its compliance policies. As noted above, Nordam also agreed to cooperate with the DOJ in ongoing investigations.

The $2 million penalty is modest by FCPA standards, and notable for how the DOJ described how that amount was set. According to the agreement, the DOJ believed that the United States Sentencing Guidelines permitted a larger penalty. The DOJ agreed to a fine "substantially below" the standard range set by the Guidelines only after Nordam demonstrated to the DOJ that anything larger would "substantially jeopardize the Company's continued viability." Nordam submitted to a months-long financial review by an independent accounting expert. From the review, the expert and the DOJ "concluded that this discount was appropriate under the Sentencing Guidelines."

LEARNING FROM NORDAM'S EXPERIENCE

Nordam's misconduct is a classic illustration of how a company lands in FCPA hot water. The apparent mindset of "do what you have to do" to win business, the use of bribe-paying overseas affiliates to secure business from state-owned businesses in China, and the use of sham arrangements to funnel bribes-all of them were present, and they almost put Nordam out of business. Nordam's cooperation and the DOJ's decision that Nordam did not deserve to be put out of business saved Nordam. The "Nordam discount" likely will be reserved for exceptional circumstances, and companies should not assume that they would receive such a discount should they find themselves facing FCPA liability.

FOOTNOTES

[1] The entire agreement and the DOJ's press release are at http://www.justice.gov/criminal/fraud/fcpa/cases/nordam-group.html.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations. Prior results do not guarantee a similar outcome.

page up