イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2012. 09.06

【ニュースレター】 SECが紛争鉱物に関する最終規則を採択: 日本の製造業に影響するおそれ

PDFは こちら
Please click here for English version.

(執筆者) ピーターJ. スターン/マルコム・ドート

米国証券取引委員会(SEC)は、2012年8月22日、米国で上場している発行者企業に対し、コンゴ民主共和国および近隣諸国(「DRC諸国」)を原産国とする一定の鉱物の使用を開示することを義務付けるという、かねてより予測されていた規則を採択した。「紛争鉱物に関する規則[1]」は、ドッド・フランク金融制度改革・消費者保護法[2]により義務付けられた規則であり、製品の製造において「紛争鉱物」である金、タンタル、錫、タングステンのいずれかに依存する発行者企業に対して公開・報告義務を課すことにより、DRC諸国の武装集団への資金源を断つことを目的としている。これらの鉱物は、携帯電話、コンピュータその他の消費者家電製品の重要な部品である。

製造工程において紛争鉱物を使用する米国上場の発行者企業に対し8月22日に採択された規則が課す義務は次の4項目である。(1) 当該鉱物の原産国がDRC諸国であるかどうかの判断、(2) 当該鉱物がDRC諸国の武装集団の資金源になっているかを判断するためのデューディリジェンスの実施、(3) デューディリジェンスの結果判明した事項を記載した紛争鉱物報告書の作成・提出、(4) 外部の民間監査会社による紛争鉱物報告書の監査報告の取得および開示である。規則では、規則の適用対象者、およびかかる対象者が遵守すべき具体的な報告要件に関するガイドラインを定めている。

紛争鉱物に関する規則は広範囲に及ぶものであり、影響を受ける会社は、コンプライアンス体制に相当な財源をつぎ込むことが要求される。SECの試算では、6,000社を超える発行者企業に影響を与え、合計で30億ドルを超えるコンプライアンス初期費用が必要であると見込まれる。

発行者企業は2013年1月1日以降、紛争鉱物に関する規則の遵守が義務付けられ、2014年5月31日までに最初の年次報告義務を満たさなければならない。発行者企業は、規則を遵守しなければ証券取引法第18条に基づく責任を問われることとなる。

紛争鉱物に関する規則は、日本企業、特に消費者家電製品メーカーにも、規則遵守の実務手続上で著しい影響を与える可能性がある。日本の発行者企業は、紛争鉱物に関する規則がどのように自社に対し適用されるかを認識し、しっかりしたコンプライアンス体制を築く手段を講じるべきである。さらに、発行者でない日本企業でも、紛争鉱物を使用する場合には、規則を熟知し、取引先である発行者企業からの紛争鉱物に関する問い合わせに対応できるよう準備しておくことが必要である。

紛争鉱物に関する規則の適用対象者

製造工程においてタンタル、錫、金またはタングステンを使用する会社のうち、紛争鉱物に関する規則が適用されるのは、(1) SECに報告書を提出する会社であり、かつ(2) 当該鉱物が、会社が製造する、または製造委託する製品の「機能または生産に必要」である場合である。

製品に「必要」かどうか、あるいは「製造委託」かどうかの判断は、最終的には各発行者企業の固有の事実状況に左右されるものであるが、紛争鉱物に関する規則には、これらの2つの用語の意味を明確にするのに役立つガイドラインが含まれている。

紛争鉱物が、製品の「機能に必要」かどうかを判断するには、発行者企業は、紛争鉱物が意図的に製品に加えられたものかどうか、および紛争鉱物が製品の機能に必要かどうかを特に考慮することが必要である。

発行者企業が紛争鉱物を含む製品の「製造委託」をしたかどうかは、当該製品に鉱物を含めることにつき発行者企業が行使する影響力の程度による。SECは、どの程度の影響力であれば「製造委託」とみなすのかについては、具体的な詳細は定めていない。しかし、例えば、第三者が製造した汎用製品に自社のロゴを付けることや、第三者が製造した製品を修理することは、発行者企業による「製造委託」とはみなされないとしている。

開示・報告義務: 2段階のプロセス

紛争鉱物に関する規則に基づく開示・報告義務は2段階の構成である。第1段階として、発行者企業は紛争鉱物の原産国がDRC諸国かどうかを判断しなければならない。第2段階として、必要であれば、紛争鉱物報告書を提出しなければならない。発行者企業はさらに、判明した事実を、SECに提出するフォームSDにて開示しなければならない。

第1段階: 妥当な原産国調査

第一に、発行者企業は、紛争鉱物の原産国がDRC諸国であるかどうかを判断するため「妥当な原産国調査」を行わなければならない。発行者企業は、紛争鉱物の原産国がDRC諸国ではないと判明した場合は、その事実を開示し、フォームSDにて調査の簡単な説明をしなければならない。発行者企業がなすべきことはこれだけである。

第2段階: 紛争鉱物報告書

しかし、発行者企業は、紛争鉱物の原産国がDRC諸国であるかもしれないと判断した場合は、当該鉱物の起源と流通過程についてデューディリジェンスを実施し、フォームSDの別紙として、紛争鉱物報告書を提出する必要がある。デューディリジェンスの方法は、OECDが作成した基準のような、国際的に認められた基準に一致しなければならない[3]

発行者企業が、デューディリジェンス手続によって紛争鉱物の原産国がDRC諸国である可能性があるが武装集団の資金源にはなっていないと判断した場合(すなわち、発行者企業の製品が「DRC紛争と無関係」であると判明した場合)は、紛争鉱物報告書につき、外部の民間監査会社による監査報告を取得し開示しなければならない。

発行者企業が、その製品がDRC紛争と無関係ではないと判断する場合は、当該製品、紛争鉱物が加工された施設、当該鉱物の原産国、およびその原産国を判断するために発行者企業が行った作業を明らかにしなければならない。

特筆すべき点として、発行者企業が鉱物の原産国を判断できない、あるいは当該鉱物が武装集団の資金源となっているかどうかを判断できない場合は、原則2015年まで、但し中小発行者企業については2017年まで、その製品のラベルに「DRC紛争との関係未確認」と記載することが認められている。発行者企業は、DRC紛争との関係未確認である製品に関しては、紛争鉱物報告書につき外部の民間監査会社の監査報告を取得する必要はない。

結論

紛争鉱物報告書の最初の提出義務は2014年5月であるが、多くのテクノロジー企業は、紛争鉱物に関する規則により生じる複雑な問題を予期して、紛争と無関係の調達実施およびコンプライアンス体制の開発をすでに進めている。この規則の範囲と複雑性を考えれば、米国上場の日本メーカーおよび米国上場企業と取引する非上場の日本メーカーも、今後数ヶ月、数年のうちに、規制と調達に関して新たな課題に直面すると思われる。

脚注
[1] 17 CFR 240.13p-1. 最終規則の詳細に関するSEC報告書はhttp://www.sec.gov/rules/final/2012/34-67716.pdf に掲載。最終規則のフローチャートによる概説は報告書33ページに掲載。
[2] Pub. L. 111-203, 124 Stat. 1376 (2010年7月21日)。
[3] 経済協力開発機構(「OECD」)「Draft Due Diligence Guidance for Responsible Supply Chains of Minerals from Conflict-Affected and High-Risk Areas (2010)」を参照のこと。
http://www.oecd.org/dataoecd/62/30/46740847.pdfに掲載。

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。

SEC Adopts Final Conflict Minerals Rule: Japanese Manufacturers Likely to be Impacted

By Peter J. Stern and Malcolm K. Dort

On August 22, 2012, the Securities and Exchange Commission (SEC) adopted a much-anticipated rule requiring U.S.-listed issuers to disclose their use of certain minerals that originate from the Democratic Republic of Congo or neighboring countries ("DRC countries"). The "conflict minerals rule,"[1] which was mandated by the Dodd-Frank Wall Street Reform and Consumer Protection Act,[2] aims to curtail funding sources for armed groups in the DRC countries by imposing public disclosure and reporting requirements on issuers that rely on one of four "conflict minerals"  gold, tantalum, tin, and tungsten  to manufacture goods. These minerals are key components of cell phones, computers, and many other consumer electronics products.

The rule as adopted on August 22 requires U.S.-listed issuers that use conflict minerals in their manufacturing processes to (1) determine whether those minerals originate from the DRC countries; (2) conduct due diligence to determine whether those minerals finance armed groups in the DRC countries; (3) publish a Conflict Minerals Report delineating the due diligence findings; and (4) obtain and publish an independent, private sector audit of the Conflict Minerals Report. The rule provides guidance regarding who must comply as well as specific reporting requirements for those who must comply.

The conflict minerals rule is far-reaching and will require affected companies to devote substantial resources to compliance programs. The SEC estimates that it may affect more than 6000 issuers, and initial compliance costs are expected to total more than $3 billion.

Issuers must comply with the conflict minerals rule starting on January 1, 2013, and they must meet their first annual reporting obligations by May 31, 2014. Non-compliance with the rule could leave issuers open to liability under Section 18 of the Exchange Act.

The conflict minerals rule could have a notable impact on the regulatory compliance practices of Japanese companies, particularly those in the consumer electronics sector. Japanese issuers should be aware of how the conflict minerals rule applies to them and take steps to develop robust compliance programs. In addition, Japanese non-issuers that use conflict minerals should be familiar with the rule and be prepared to respond to conflict minerals inquiries from issuers with whom they transact.

TO WHOM DOES THE CONFLICT MINERALS RULE APPLY?

The conflict minerals rule applies to a company that uses tantalum, tin, gold, or tungsten in its manufacturing processes if (1) the company files reports with the SEC, and (2) the minerals are "necessary to the functionality or production" of a product manufactured or contracted to be manufactured by the company.

Although determining whether a product is "necessary" or "contracted to be manufactured" ultimately depends on factual circumstances particular to each issuer, the conflict minerals rule contains guidelines that help clarify the meaning of each of these two terms.

To determine whether a conflict mineral is "necessary to the functionality" of a product, an issuer should consider, among other things, whether the conflict mineral is intentionally added to the product and whether the conflict mineral is necessary for the product's function.

Whether an issuer "contracts to manufacture" a product that contains conflict minerals depends on the degree of influence that it exercises over the inclusion of materials in that product. The SEC has not elaborated concretely on what degree of influence constitutes "contracts to manufacture." It has, however, stated that an issuer is not deemed to "contract to manufacture" if, for example, it affixes its logo to a generic product manufactured by a third party or repairs a product manufactured by a third party.

DISCLOSURE AND REPORTING OBLIGATIONS: A TWO-STEP PROCESS

Disclosure and reporting obligations under the conflict minerals rule consist of two steps. First, the issuer must determine whether its conflict minerals originated in the DRC countries. Second, it must file a Conflict Minerals Report, if required. The issuer then must disclose its findings on Form SD to be filed with the SEC.

Step 1: Reasonable Country of Origin Inquiry.

First, the issuer must undertake a "reasonable country of origin inquiry" to determine whether its conflict minerals originated in the DRC countries. If the issuer finds that its conflict minerals did not originate in the DRC countries, it must disclose this fact and provide a brief description of its inquiry on Form SD. The issuer need not take any further action.

Step 2: Conflict Minerals Report.

If, however, the issuer determines that its conflict minerals may have originated in the DRC countries, then it must undertake due diligence on the source and chain of custody of those minerals and file a Conflict Minerals Report as an exhibit to Form SD. Due diligence measures must conform to internationally recognized standards such as those drafted by the OECD.[3]

If the issuer determines through its diligence procedure that its conflict minerals may have originated from the DRC countries but do not finance armed groups (in other words, the issuer finds that its products are "DRC conflict free"), then it must obtain and publish an independent, private sector audit of its Conflict Minerals Report.

If the issuer determines that its products are not DRC conflict free, then it must identify those products, the facilities where the conflict minerals were processed, the country of origin of those minerals, and any efforts the issuer has taken to determine their origin.

Notably, the conflict minerals rule allows all issuers to label their products "DRC conflict undeterminable" until 2015, and smaller issuers until 2017, if they cannot determine the origin of the minerals or whether those minerals finance armed groups. Issuers need not obtain an independent private sector audit of any sections of its Conflict Minerals Report relating to products that are DRC conflict undeterminable.

CONCLUSION

Although the first Conflict Minerals Reports are not due until May 2014, many technology companies already are developing conflict-free sourcing practices and compliance regimes in anticipation of the complex issues that the conflict minerals rule raises. Given the scope and complexity of the rule, U.S.-listed Japanese manufacturers as well as unlisted Japanese manufacturers that do business with U.S.-listed companies may expect new regulatory and sourcing challenges in the months and years ahead.

FOOTNOTES
[1] 17 CFR 240.13p-1. An SEC report detailing the final rule is available at http://www.sec.gov/rules/final/2012/34-67716.pdf.
A flow chart summary of the final rule is available on page 33 of the report.
[2] Pub. L. 111-203, 124 Stat. 1376 (July 21, 2010).
[3] See Organisation for Economic Cooperation and Development ("OECD"), Draft Due Diligence Guidance for Responsible Supply Chains of Minerals from Conflict-Affected and High-Risk Areas (2010), available at
http://www.oecd.org/dataoecd/62/30/46740847.pdf.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations.

page up