イメージ

Topics

worldwide offices

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Home > Topics > Newsletter > Tokyo Litigation Client Bulletin

  • 最新情報
  • プレスリリース
  • 受賞・評価
  • ニュースレター
  • イベント
  • 著作

2012. 11.06

【ニュースレター】 重大不正捜査局が2010年英国贈収賄法の重要な問題および自己申告に関する指針の更新版を公表

マックス・オルソン クレイグ I. セルニカ ルイーズ・ストゥープ ダニエル P. レヴィソン
ジャック・ロンデン スティーブン E. コマー 寺澤 幸裕 矢倉 千栄


PDF版こちら
Please click here for English version.

(参考訳)

執筆者 ケビン・ロバーツ/ケイリー・ブレア

2010年英国贈収賄法(以下「本法」という。)は2011年7月に施行され、英国における国内および海外の贈収賄罪の訴追を認めるという、より強固な立法の枠組みを創出した。重大不正捜査局(以下「SFO」という。)は、イングランド、ウェールズおよび北アイルランドにおける域内および海外の汚職事件の捜査および訴追の主導機関である。

2012年10月9日、SFOは本法の下で生じた特定の重要問題についての指針書の更新版を公表した。この指針書は本法の下での業務円滑化のための支払いや営業支出といったテーマを扱っている。SFOはさらに、企業による犯罪の自己申告についての基本方針も更新している。

指針書の更新は次の事項を目的としている。

a) 汚職を含む重大または複雑な不正行為の捜査機関および訴追機関としてのSFOの主たる責務の記述を変更すること、

b) 他の訴追機関との整合性を確保すること、および

c) 経済協力開発機構(OECD)の一定の勧告に応じること。

改訂指針書は即時に効力を生じ、上記の課題に関してSFOが従前に作成し、またはSFOのために作成された指針書又はこれまでの実務に代わることになる。

指針書

本法における業務円滑化のための支払い

SFOは次の点を確認している。

  • 業務円滑化のための支払いは贈賄の一類型であること。
  • 支払額または頻度に関係なく、業務円滑化のための支払いは本法においては違法であること。

本法における営業支出(接待)

SFOは次の点を認識している。

  • 偽装でない真正な接待または販売促進その他の合法的な営業支出は確立したビジネス遂行上の重要な一部であること。
  • 賄賂は合法的な営業支出を装うことがあること。

自己申告

SFOは、企業の自己申告についての指針を全体的に更新している。この指針は、本法に基づく犯罪行為に関する企業の自己申告だけでなく、SFOの捜査範囲に該当する全ての事項に関する企業の自己申告に適用される。

SFOは次の点を確認している。

  • 企業が自己申告したという事実は、企業訴追に関する共同指針(Joint Guidance on Corporate Prosecutions)(「企業訴追に関する指針」)に定める範囲内で相当の考慮がなされること。
  • 企業訴追に関する指針それ自体は更新または改定が行われていないこと。企業訴追に関する指針は、訴追しないことによる公共の利益のファクターとして考慮すべき自己申告について、「当該犯罪がその告知で明らかとなった時、企業の経営陣が取った真に積極的な態度」の一部を構成しなければならないと説明している。
  • 自己申告は、訴追が行われないという保証ではなく、各事件は個々の事実次第となること。
  • SFOが自己申告を行った企業を訴追しない場合であっても、SFOは(i) 申告されていない法律違反について当該企業を訴追する権利、および(ii) 申告された違反行為に関する情報を他の機関(外国の警察など)に合法的に提供する権利は留保すること。

SFOはどのような事情の下で訴追するか

SFOは、証拠に基づいて、有罪の現実的な見込みがあり、訴追することが公共の利益に適う場合にのみ訴追すると繰り返し述べている。

更新された各指針書において、SFOは再び、違法行為を訴追する決定はすべて、公訴官に関する規則(Code for Crown Prosecutors)ならびに2010年贈収賄法に係るSFO長官および公訴長官の共同訴追に関する指針(Joint Prosecution Guidance of the Director of the SFO and the Director of Public Prosecutions on the Bribery Act 2010)の完全規範テスト(Full Code Test)に準拠することを強調している。該当する場合、企業訴追に関する共同指針(Joint Guidance on Corporate Prosecutions)が適用されることもある。

SFOの自己申告に関する従前の方針への言及を除き、上記の方針書面等は変更されていない点に留意することが重要である。

改訂指針書の影響

SFOは、「新たなアプローチはSFOの主たる目的(すなわち、SFOの捜査範囲に該当する犯罪の捜査および訴追)を再表示する」と述べている。そのため、指針書更新版は上記の問題に関するSFOの立場の変更を反映していない。

SFOが企業に対し訴追するか否かの判断に用いられる指針は依然として同じものである。SFOは今後もその事情に応じて各事件を見直しおよび評価を続けるであろう。さらに、特に企業体にとって重要なことは、指針書は、本法第9条に基づく「十分な手続き」に依拠するために企業組織が実施できる手続きに関して法務省が定めた指針を変更していないことである。十分な手続きに関する法務省の指針の全文(英文)は下記のサイトから入手できる。

http://www.justice.gov.uk/downloads/legislation/bribery-act-2010-guidance.pdf

このように、上記のSFOの方針の更新の実務上の意味合いはごくわずかである。但し、SFOがこの指針書更新版の公表を決定したことは、本法がSFOの検討課題として優先度が高いことを示している。批評家らは、国際的な贈収賄罪に係る企業訴追がないことを本法の実務上の効果の欠如として指摘し続けるものの、訴追がないことは、本法に遡及効がないこと、およびこのような性質の複雑な訴訟を提起するために相当の期間を要することに起因すると考えられるが、今後、本法に基づき提起される注目すべき訴訟が増加することは予想される。

モリソン・フォースターの汚職防止に関する実務の詳細情報につきましては、下記窓口にご連絡ください。

 

ポール T. フリードマン
PAUL T. FRIEDMAN
サンフランシスコ
SAN FRANCISCO
+1 (415) 268-7444
pfriedman@mofo.com
  ダニエル P. レヴィソン
DANIEL P. LEVISON

東京
TOKYO
+ 81 3 3214 6522
dlevison@mofo.com
  ティモシー W. ブレークリー
TIMOTHY W. BLAKELY

香港
HONG KONG
+ 852 2585 0870
tblakely@mofo.com
  ランダル J. フォンズ
RANDALL J. FONS

デンバー
DENVER
+1 (303) 592-2257
rfons@mofo.com
             
カールH. ローエンソン Jr.
CARL H. LOEWENSON, JR.

ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 468-8128
cloewenson@mofo.com
  ケヴィン・ロバーツ
KEVIN ROBERTS
ロンドン
LONDON
+ 44 20 7920 4160
kroberts@mofo.com
  ロバート A. サレルノ
ROBERT A. SALERNO

ワシントンD.C.
WASHINGTON, D.C.
+1 (202) 887-6930
rsalerno@mofo.com
  ルティ スミスライン
RUTI SMITHLINE

ニューヨーク
NEW YORK
+1 (212) 336-4086
rsmithline@mofo.com
             
リック ヴァスラ
RICK VACURA
ノーザン・バージニア
NORTHERN VIRGINIA
+1 (703) 760-7764
rvacura@mofo.com
  シェリー イン
SHERRY YIN
北京
BEIJING
+ 86 10 5909 3566
syin@mofo.com
       

本稿は一般的なもので、ここに含まれる情報はあらゆる事案に適用されるものではなく、また個別の事案に対する具体的な法的アドバイスを提供するものでもありません。

The Serious Fraud Office releases updated guidance on key aspects of the UK Bribery Act 2010 and self-reporting

By Kevin Roberts and Keily Blair

The Bribery Act 2010 (the Act), which came into force in July 2011, created a more robust legislative framework allowing for the prosecution of domestic and international bribery offences in the UK. The Serious Fraud Office (the SFO) is the lead agency in England, Wales and Northern Ireland for investigating and prosecuting cases of domestic and overseas corruption.

On 9 October 2012, the SFO published updated statements of policy on certain key issues arising under the Act. These statements of policy deal with the topics of facilitation payments and business expenditure under the Act. In addition, the SFO has updated its general policy on corporate self-reporting of offences.

The statements of policy have been updated in order to:

a) restate the SFO's primary role as an investigator and prosecutor of serious or complex fraud, including corruption;

b) ensure there is consistency with other prosecuting bodies; and

c) meet certain recommendations of the Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD).

The revised statements of policy will have immediate effect and supersede any statements of policy or practice previously made by or on behalf of the SFO regarding these issues.

THE STATEMENTS OF POLICY

Facilitation Payments under the Act

The SFO confirms that:

  • A facilitation payment is a type of bribe.
  • Facilitation payments are illegal under the Act regardless of the size or frequency of the payment.

Business Expenditure (Hospitality) under the Act

The SFO acknowledges that:

  • Bona fide hospitality or promotional or other legitimate business expenditure is an established and important part of doing business.
  • Bribes are sometimes disguised as legitimate business expenditure.

Self-reporting

The SFO has updated its guidance on corporate self-reporting generally. This guidance will apply to corporate self-reporting on all matters which fall within the remit of the SFO and not just corporate self-reporting in relation to offences under the Act.

The SFO confirms that:

  • The fact that a corporate body has reported itself will be a relevant consideration to the extent set out in the Joint Guidance on Corporate Prosecutions (the Corporate Prosecution Guidance).
  • The Corporate Prosecution Guidance itself has not been updated or amended. The Corporate Prosecution Guidance explains that, for a self report to be taken into consideration as a public interest factor tending against prosecution, it must form part of a "genuinely proactive approach adopted by the corporate management team when the offending is brought to their notice."
  • Self-reporting is no guarantee that a prosecution will not follow, and each case will turn on its own facts.
  • Even in cases where the SFO does not prosecute a self reporting corporate body, the SFO reserves the right (i) to prosecute it for any unreported violations of the law, and (ii) to lawfully provide information on the reported violation to other bodies (such as foreign police forces).

WHEN WILL THE SFO PROSECUTE?

The SFO has reiterated that it will only prosecute if, on the evidence, there is a realistic prospect of conviction and it is in the public interest to do so.

In each of the updated statements of policy, the SFO has reemphasized that all decisions to prosecute unlawful activity will be governed by the Full Code Test in the Code for Crown Prosecutors and the Joint Prosecution Guidance of the Director of the SFO and the Director of Public Prosecutions on the Bribery Act 2010. Where relevant, the Joint Guidance on Corporate Prosecutions will also be applied.

It is important to note that these policy documents have not changed, save for the reference to the SFO's previous policy on self-reporting.

The impact of the revised statements of policy

The SFO has stated that "the new approach restates the SFO's primary purpose," namely the investigation and prosecution of offences which fall within its remit. As such, the updated statements of policy do not reflect a change in the SFO's position on these issues.

The guidance used to evaluate whether the SFO will bring a prosecution against a corporate entity remains the same. The SFO will continue to review and assess each case according to its own circumstances. Additionally, and of particular importance for corporate entities, the statements of policy have not altered the guidance provided by the Ministry of Justice regarding the procedures that a corporate organization can implement in order to rely on the "adequate procedures" defense under section 9 of the Act. The full text of the Ministry of Justice Guidance on adequate procedures is available at

http://www.justice.gov.uk/downloads/legislation/bribery-act-2010-guidance.pdf.

As such, the practical implications of these updates to SFO policy is minimal. However, the decision by the SFO to issue these updated statements of policy indicates that the Act remains high on its agenda. While critics continue to point to the absence of corporate prosecutions for international corruption offences as an indication of the lack of practical effect of the Act, we believe that the lack of prosecutions has been caused by both the lack of retrospective effect of the Act and the length of time it takes to bring complex actions of this nature. We continue to expect to see an increase in high-profile actions being brought under the Act in the future.

Because of the generality of this update, the information provided herein may not be applicable in all situations and should not be acted upon without specific legal advice based on particular situations. Prior results do not guarantee a similar outcome.

page up